相互RSS募集中です

カテゴリ:日韓関係の記事一覧

韓国人窃盗犯「日本のほうが空き巣がしやすい」とわざわざ来日してまで窃盗にくる……その実際の理由とは?

カテゴリ:日韓関係 コメント:(78)
「日本は韓国より空き巣しやすい」…日本に「遠征窃盗」の韓国人の告白(中央日報)
日本で空き巣をして捕まった韓国人の男が警察の取り調べで「日本が韓国より空き巣をしやすい」と話したと、朝日新聞が20日報じた。

同紙によると、韓国人の男A(72)は兵庫県警の捜査関係者が「なぜ、わざわざ日本で空き巣をしたのか」と質問すると、「韓国では小さな路地にも監視カメラがあり、住宅地にも大阪・ミナミくらいの数のカメラが設置されている。泥棒はできない」と答えたという。
(引用ここまで)


 ここのところ、盛んにPPP基準のひとりあたりGDPが韓国に抜かれるという話題が出ているのですが。
 PPP基準で比べたところでそんな大きな意味はないのですよ。
 もちろん、ひとつの指標としては尊重すべきでしょうけどね。
 PPPのドルではCPUが買えるわけでもなく、原油やLPGが買えるわけでもない。

 そして、韓国の貧富の差がアメリカと同レベルであることを知っているので「生活の質が高い」と言われてもまあ……。
 すべての韓国の庶民が半地下の部屋に住んでいるというわけではないですが、あの人たちに「あなたたちはひとりあたりのPPP基準のGDPで日本を上回ったのですよ」って言ってみなさいな、という話でもありますかね。

 で、どちらが富んでいるかの基準に「出稼ぎに来ているほうがより貧しい」という判断基準もありまして。
 若者の1年限りのワーキングホリデーであればともかく……というかワーキングホリデーでもかなり出稼ぎ感があるのは韓国からは26歳以上の女性はビザが取れなくなったことからも分かりますか。
 指紋を偽造してまで日本に出稼ぎにきた女性もいましたね。
 同様に韓国で「日本で就職しよう」って話が増えている。
 じゃあ、日本で「韓国で就職しよう」って話が増えているのか……と。

 この「日本のほうが空き巣がしやすい」っていうのも同様で。
 日本のほうが稼ぎやすい、のでしょう。
 大元の朝日新聞でも「口裏あわせで『監視カメラが少ない』ことを動機としているのでは」との指摘があります。

韓国の地方自治体「文禄・慶長の役に参戦した武将の銅像を建てて平和公園にしよう」→韓国人「日本人の銅像などとんでもない!」→日韓関係は絶望であることが判明

カテゴリ:日韓関係 コメント:(111)
韓国順天市「土着倭寇か」議論で…朝鮮侵略した「日本の武将の銅像」結局撤回(中央日報)
全羅南道順天市(チョンラナムド・スンチョンシ)は18日、「韓日中平和庭園」を作りながら計画していた日本の武将の銅像設置を結局撤回した。

これに先立ち順天市は平和庭園を作って朝鮮侵略の先鋒となった小西行長の銅像設置を推進し議論を呼んだ。小西行長は1592年、婿である対馬国領主の宗義智とともに兵力1万8000人を率いて釜山(プサン)を侵攻して日本軍の先頭で活躍し、平壌(ピョンヤン)城まで陥落させた人物だ。

当初順天市は2025年までに順天倭城一帯に国費・道費・市費など総額311億ウォンをかけて平和庭園を作り、丁酉再乱(慶長の乱)に参戦した韓日中の将軍5人の銅像設置を推進してきた。東アジア3カ国の7年戦争を追慕し平和共存の場にするという趣旨だ。 (中略)

結局順天市は平和庭園に銅像を立てる代わりに名もなく死んでいった民衆と無名勇士の魂を賛える記念物と平和のメッセージを込めた板石だけ作るよう計画を変更した。

順天市関係者は「中国から丁酉再乱に参戦した将軍の銅像を寄贈され3カ国将軍の銅像設置を検討してきた。意見を取りまとめの結果が否定的で設置計画を取り消すことにした」と明らかにした。また「国民感情を考慮し多様な意見を取りまとめて平和公園を作りたい」と付け加えた。
(引用ここまで)

 韓国で市立公園に日本、明、李氏朝鮮の武将の銅像を設置しようというアイディアが韓国の順天市から出たそうですわ。
 日本代表とされたのは小西行長の銅像、すなわち文禄・慶長の役。
 さすがに加藤清正の像は無理でも、小西行長であれば……と考えたということでしょうかね。

 で、その計画が発表されたら例の大統領府の国民請願掲示板に「この計画を潰してください」って要望が出るっていう。
 ま、賛成は1万人ちょっとだったそうですけどね。
 けっきょく、順天市は計画を白紙撤回したと。

 400年前の戦いを歴史の一場面とすることができず、「日本人の銅像だ」として糾弾する。
 日韓関係が絶望的であることが分かります。

 日本とアメリカはそれぞれの首脳が真珠湾と広島に訪れることができる。
 謝罪はせずに「勇者は勇者を敬う」とビアスの詩の一編を引用して、戦いを歴史として語ることができる。
 「世界はここで変わってしまった」「あるHibakushaの女性は原爆投下をしたパイロットを許したといいます」と語ることができるのですよ。

 歴史は歴史として厳然として存在する。
 だけども、我々にはそれよりも重要な現在と未来があるのだと。
 お互いにお為ごかしではありますが、それ以外には外向的に手だてがない。永遠に対立するわけにもいきませんしね。
 どこかできりをつける必要があるのです。

 それが国と国の間での関係性では条約ですし、相互の約束であるわけです。
 アメリカはサンフランシスコ平和条約を遵守するでしょうし、それ以外の約束も守るという前提でつきあうことができる。
 それは多くのヨーロッパの国々でも同様ですし、アジアの国々とでもその考えかたは有効でしょう。
 でも、韓国はそうではない。
 それはそれでよいと思いますけどね。この関係性を保って「遠い隣国」であり続けることはそれほど悪い話ではない。
 というか、もうそれ以外には日韓は関係性を保つことができない間柄ですわ。

「戦争犯罪人の息子である天皇は謝罪しろ」発言のムン・ヒサン、「日韓関係の放置は双方に害がある」と発言……どの口で言うんだか……

カテゴリ:日韓関係 コメント:(117)
「韓日関係の放置、両国に百害無益」「さらに遅くなる前にわれわれが手を差し出さなければ」(中央日報)
日本で「菅義偉内閣」が発足した中で、韓国で文喜相(ムン・ヒサン)元国会議長が韓日両国の指導者に対して「積極的な(葛藤)解決に向けて直ちに動かないなら、歴史の前に大きな罪を犯すことになる」と話した。駐米特派員出身のジャーナリストの集まり「韓米クラブ」が17日発行した外交安保専門季刊誌「韓米ジャーナル」インタビューでだ。(中略)韓日関係に関連し、文氏は「これ以上、韓日関係が放置されるのは両国にとって百害無益だ」とし「両国指導者は双方ともに無責任で、両国国民すべてに被害を与えることだ」と語った。文氏は第20代国会で両国企業と国民の寄付金で強制徴用被害者に慰謝料を提供するいわゆる「文喜相案」関連法案を発議した。インタビューで文氏は「強制徴用被害者問題を両国議会で立法的に解決しようと思った」と話した。
(引用ここまで)


 前韓国国会議長のムン・ヒサン氏が「日韓関係を放置したままでは両国に害が及ぶ」と発言したそうですわ。
 お前がなにを言ってるんだか……。
 はっきり言って、いまの日韓関係がこじれた原因の何パーセントかはムン・ヒサンの責任ですからね?

 「戦犯の息子である天皇は元慰安婦に謝罪すべきだ」とブルームバーグでのインタビューで語り。
 「戦争犯罪者という言葉は使わなかった」と嘘をつき。
 責任をなすりつけられそうになったブルームバーグは「戦争犯罪者の息子」と言っている音声ファイルをTwitterにアップロードする
 日本から「なんだその発言は、謝罪しろ!」と言われて「10年来の考えだ。謝罪すべき側が謝罪しろとは何事だ。盗人猛々しい」と語り。
 さらに「10年前に天皇に会って『訪韓の仲立ちをしてほしい』と言われたのだ。そのときにも『謝罪すべきだ』と話した」と語り。
 そして、宮内庁からは「件の人物が天皇陛下に面会した事実はありません」とぶった斬られるという。
 最終的には謝罪の言葉を口にしたのですが、なんと謝罪相手が鳩山由紀夫元首相

 もうね、なにがなにやら。
 日本人の間に「韓国人は嘘つきだ」という認識を広めたのはムン・ジェインが慰安婦合意を破棄し、日韓請求権協定を無視していることも大きいですが。
 ムン・ヒサンの一連の嘘も大きい。
 国会議長という要職に就いている人物が、こう易々と言い訳で嘘をつくのだって認識を広めてくれたわけです。
 あとタマネギ男ことチョ・グクの貢献も忘れられないところではありますが。

 まあ、そういう面においては日韓関係を史上最悪に叩きこんだ功労者のひとりとすら言えますかね。
 そんな人間が「日韓関係の改善を」とか言ったところで説得力ゼロ。むしろ油を注ぎに来てるくらい。
 でもまあ、彼がこうして発言を自重しないで続けるのはいいことかもなぁ。
 うん、むしろ「頑張れ、ムン・ヒサン!」ってくらいなものですかね。

朝日新聞「正義連理事が起訴され、菅総理が就任した。今こそ慰安婦合意を再評価して日韓関係を改善しよう」……何周遅れの話なんだか……

(社説)慰安婦合意 意義を再評価し前進を(朝日新聞)
 韓国の元慰安婦らを長年支援してきた団体の運営をめぐり、不正の疑惑が浮上している。団体のトップだった国会議員らが詐欺などの罪で在宅起訴され、批判が高まっている。

 寄付金の流用など疑惑の内容はさまざまあるが、真相の究明は司法の審理を待つほかない。ただ、疑惑の真偽がどうあれ、改めて元慰安婦の救済という問題に光があたっている現状を、日韓両政府とも重くとらえるべきだろう。

 2015年に両政府は被害者の支援を含む合意を結んだが、形骸化し、意義が見失われている。韓国政府は、人権問題の原点に立ち戻り、合意の再評価と履行を進める契機にするべきではないか。 (中略)

 そのためには、日本側も協力に動かねばならない。安倍政権は、合意を境に問題がなくなったかのような姿勢だったが、その冷淡な言動が韓国の反対運動を勢いづかせてきた。

 歴史問題は、一つの合意でただちに解消するものではなく、双方が合意に込めた意識と行動を未来につないでこそ意義がある。菅義偉政権はこじれた関係のリセットに向け、新たな政府間対話を始めてはどうか。

 両国はいま、徴用工問題に直面している。慰安婦合意の趣旨を双方が再確認することは、複合的な危機を回避するためにも有効だろう。
(引用ここまで)


 朝日新聞の社説。
 恐ろしいことに今日の社説。
 ユン・ミヒャンの起訴が扱われているから今日のに決まっているんですが。

 「慰安婦合意の意義を再認識し、日本も歩み寄れ」ですって。
 すごいなぁ……もう、朝日新聞は新しい読者を獲得しようなんて努力は完全にかなぐり捨てたのですね。
 自分たちの既存読者だけを相手にして、彼らに受け入れられるような話だけをしている。
 先週は「日本は韓国を相手にするときに加害者であることを忘れるな」なんて社説を出してました。
 もう戦後75年が経過しているにも関わらず、「原罪意識を持たなければならない」とか言っているわけですよ。

 朝日新聞がどんな社説を書こうとも、もはやなんの影響力もない。
 日本人の大半は慰安婦合意なんてものは「韓国(ムン・ジェイン)によって破棄されたという認識しかない。
 それによって日本人の多くは「韓国人となにを約束しても無駄」という知見を得たのですよ。
 慰安婦合意に菅官房長官(当時)が大きく関与していた、それもアメリカを巻きこんだ……という話もありましたね。
 であればなおのこと。

 ヨーロッパから中国への非難が決定的になったのは、「香港は一国二制度で民主主義下に置く。それは50年間、保証される」という約束を反故にしたからです。
 去年くらいから対中感情は悪化していましたが、決定的になったのはこれです。
 国と国の間で交わされた約束を守らないのであれば、なにひとつとして約束しても無駄。

 韓国は中国がイギリスに対してやったことと同じことを日本に対してやっている。
 朝日新聞的には「ユン・ミヒャンも起訴されて、菅総理が誕生したいまだから新たな交渉余地がある」ということなのでしょうが。
 少なくとも共に民主党がユン・ミヒャンを粛清するか、正義連(旧挺対協)の法人取り消しをするくらいまでは慰安婦合意について語ることはできませんわ。

ムン・ジェイン大統領から菅総理に祝いの書簡……あー、これ面倒くさいヤツだ

カテゴリ:日韓関係 コメント:(109)
文大統領が菅新首相に書簡 関係改善へ対話呼びかけ(聯合ニュース)
 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は16日、菅義偉新首相に首相就任を祝う書簡を送り、韓日関係の発展に向け努力しようと呼びかけた。青瓦台(大統領府)の姜珉碩(カン・ミンソク)報道官が伝えた。

 文大統領は書簡で、「菅首相の在任期間中に韓日関係がさらに発展するよう努力しよう」と呼びかけた。歴史問題や日本の対韓輸出規制などで両国関係が悪化する中、文大統領が菅内閣の発足を機に関係改善に向けた意思を示した形だ。

 書簡の具体的な内容は公開されなかったが、姜報道官によると、文大統領は基本的価値と戦略的利益を共有するだけでなく、地理的・文化的に最も近い友人である日本政府といつでも向かい合って対話し、意思疎通する準備ができており、日本側の積極的な呼応を期待していると伝えたという。  未来指向の韓日関係のため対話努力を続けるというこれまでの立場を改めて示したといえる。 
(引用ここまで)


 あー、これめんどくさいやつ。
 ムン・ジェイン大統領はこれまでも3・1節や光復節演説で日本について言及しています。
 で、韓国側曰く「大統領から演説という場で手を差し伸べたのに日本は対応しなかった」とか言い出すのですよ。
 3・1節演説に対して、日本が対応しなかった。メンツが潰されたので半導体材料の輸出管理強化についてWTOに提訴再開したとかいうニュースもありましたし。
 「(日本との)協議の扉を大きく開けている」とした光復節演説についても「ムン・ジェイン大統領から日本に向けて対話を呼びかけたのに、読売新聞は社説で解決策を持ってこいとか書いている。何様のつもりだ」くらいの言い草でした。
 韓国からしてみれば「大統領自ら対話を呼びかけている。これに対応してないことは外交的欠礼」くらいの認識なのでしょう「。

 日本からしてみれば日韓請求権協定に基づいて外交協議を呼びかけて何も反応がなかった。
 さらに日韓請求権協定に基づいて仲裁委設置についても韓国大使を通じて正式な外交ルートで呼びかけている。
 でも、韓国政府からの反応なし。
 大統領がいうところの主旨不明な「手を差し伸べた」演説や、祝賀書簡よりも正式な外交ルートでのやりとりを優先してくれってだけの話なのですが。

 日本からは留任した茂木外相がこの書簡についてコメントしています。

茂木外務大臣臨時会見記録(外務省)
【共同通信 高尾記者】日韓関係について伺います。菅総理大臣の就任を受け、韓国の文大統領が、「いつでも向き合い、対話する準備はできている。日本が積極的に応じることを期待する」などと記した書簡を送りました。菅新政権の発足で、いわゆる徴用の問題を懸案事項として抱えている日韓関係が、今後改善の方向に進むかどうかについて、大臣のご見解をお願いします。

【茂木外務大臣】韓国は重要な隣国でありまして、北朝鮮問題を始めとして、アジア地域の安定には、日韓であったりとか、日米韓の連携、極めて重要だと考えております。ただ隣国でありますから、懸案というのはつきものだと思っておりまして、特に旧朝鮮半島労働者問題、これは大きな課題であると思っております。率直に申し上げて、国際法違反しているのは韓国の側である、これは間違いないと、そんなふうに考えております。ただ、しっかりした会話の中でですね、物事を解決していく、こういう方向で考えたいと思います。
(引用ここまで)

 菅新総理からはコメントなし。就任会見でも韓国への言及ゼロ。
 まあ、外相コメントですべてですからね。
 でもって韓国はこれらを「塩対応だ」と報じて、NAVERニュースには1300を超えるコメントがつく……と。

ムン大統領は日本に祝賀の書簡送った……菅「沈黙」、外相「韓国が国際法違反」(ヘラルド経済・朝鮮語)

 失礼だと言わんばかりの論調ですが。
 ……まあ面倒くさいことこの上ない。

お前ら全員めんどくさい!(1) (メテオCOMICS)
TOBI
フレックスコミックス
2016-04-20

韓国メディア「慰安婦合意に『アメリカを証人とすべき』と主導したのは菅官房長官だった」……であれば外交手腕は侮れないものになるかも

【グローバルアイ】侮れない首相菅義偉(中央日報)
菅氏が外交分野で役割がなかったのではない。2016年の米大統領選挙でだれもがヒラリー・クリントン氏の当選を楽観していた時、菅氏はトランプ系関係者と会ってあらかじめつながりを作っていた。2015年の韓日慰安婦合意締結の際にも「米国を証人として立てるべき」として米国の歓迎声明を引き出したのも菅氏の作品だった。

菅氏は主要国大使らと定期的に会い昼食をするなど外交使節とも幅広い接点を維持してきた。駐日大使を務めたある要人は「済州島(チェジュド)で休暇を過ごし、参鶏湯(サムゲタン)を食べた話をするなど韓国に多くの関心を見せた」と回想した。

そうするうちに韓国に対する感情が急速に悪化したのは慰安婦合意が白紙化の危機に置かれてからだという。政界事情に明るいある消息筋は「慰安婦合意議論で韓国に対し相当に腹が立った状態」と話した。安倍政権で長く首相官邸に出入りしたある中央メディアのデスクは「オフレコを含め、韓国に対して言及した記憶はない」ともした。韓国は「アウトオブ眼中」という話だ。
(引用ここまで・太字引用者)


 慰安婦合意当時、アメリカが裏で暗躍していたことは間違いありません。
 ユン・ビョンセ外交部長官と岸田文雄外相のふたりによる発表直後にアメリカのケリー国務長官から合意への賛同が発表されました(役職は当時のもの)。
 当時のパク・クネ大統領は「歴史問題が解決されなければ日韓首脳会談は行わない」と頑なでした。
 それどころかアメリカに対して「歴史認識を改めない日本との協力体制を見直せ」というような話までしていたとされています。  その状況に業を煮やしたアメリカが主導し、日本が乗っかった上で韓国に同意を強いたと考えています。アメリカ側で合意形成を主導したのはおそらくCSISのマイケル・グリーン氏。

 個人的には合意に対して喝采してました。
 合意が守られて慰安婦像が撤去されて、かつ国際的に慰安婦問題を持ち出さないようになるのもよいし、韓国側が破ってきて「国家間の約束を破る国である」と認識させるのもいい。
 特にアメリカを巻き込んだのは最良手だった、というような話をしていましたね。

 そして、この記事にあるように、アメリカに合意の裏書きをさせるよう主導したのが菅官房長官であったというのであれば、外交手腕も期待できると思います。
 去年の夏、日韓関係に明るいアメリカの識者がこぞって「日韓関係の悪化は韓国に問題がある」という認識を披露したことがあるのですが。
 あれはムン・ジェイン政権が慰安婦合意を実質的に破棄したからこそ、そこに至った部分が少なくありません。
 こうしたアメリカの韓国への正しい認識を形成したのは菅氏である、ということですからね。

朝日新聞「日本の対韓外交は『加害者であること』を忘れてはならない」……そういうとこだぞ?

カテゴリ:日韓関係 コメント:(191)
(社説)朝鮮半島外交 対話を重ね関係修復を(朝日新聞)
 日本と韓国の関係が冷え込んで久しい。国際会議や五輪などを除くと、首脳が単独で相手国を訪ねることは、第2次安倍政権下では一度もなかった。

 ともに民主主義を尊び、自由貿易を志向し、北朝鮮問題の悩みを共有する隣国である。この異常な事態をどう正していくのか。次の政権が外交で着手すべき最優先課題の一つだ。

 懸案は歴史問題である。この8年を振り返れば、韓国側に時にかたくなな態度や、時に対応の鈍さがあったのは確かだ。

 しかし日本側も、安倍首相の対韓外交に大きな問題があった。加害者としての歴史に対する謙虚さを欠いた姿勢である。その修正なしに関係の立て直しを図ることは難しい。
(引用ここまで)


 朝日新聞が全国紙として凋落しているのはこれを社説として出せてしまうから……という言い方もできるかな。
 それは世論調査でも目に見えている。
 例えば去年のGSOMIA破棄に際して、韓国は半導体材料輸出管理強化を見直すように言ってきましたが、日本政府はそれに対して無視を決め込みGSOMIA破棄やむなしという方針でした。
 これに対して、支持政党による「破棄やむなし」とした割合は──
支持政党別でみると、「延長」と答えたのは自民党が11・4%、公明党12%、立憲民主党17・9%、共産党16・4%、日本維新の会5・4%などだった。「破棄」は自民72・7%、公明72・1%、立民71・2%、共産65・1%、維新85・8%などで、いずれも大幅に上回った。
(引用ここまで)

 引用元は去年の 11月中頃の産経新聞・FNNの共同世論調査。委託先が不正していた時期の調査ではありますが、おおよその数字は変わらないでしょう。不正していた委託先は半数分だったようですから。
 去年の内閣府の外交に関する世論調査でも約70%が「韓国に(どちらかというと)親しみを感じない」としています。
 韓国の言いがかりに対応してはならないというのは、もはや国民レベルで共通認識されていることと言っても過言ではないでしょう。

 隣国だから、あるいはかつて植民地支配した国だから、というような建前はもう通用しないのです。
 その通用しない建前をいまだに前面に掲げてる時点で、朝日新聞は民意と乖離しているんですね。
 こういった社説を嬉々として受け取るような人しかもう朝日新聞は相手にしていない、というべきか。
 となるともはや縮小再生産していくしかないわけで。

 せめて徴用工裁判について日本側が外交による解決を呼びかけ、さらに仲裁委立ち上げを呼びかけたことを書くべきでしょうにね。
 法の支配に基づく「まともな外交」を蹴ったのはどっちか、という話すらできないレベルになったか……ってとこですわ。

韓国メディア「もうすでに日本全体が韓国を厳しい目で見ている。韓国のほうから開かれた姿勢を見せなければ」……いや、ムン・ジェインにそれは無理

カテゴリ:日韓関係 コメント:(172)
【時視各角】第2、第3の安倍氏を懐に迎える勇気(中央日報)
日本のある週刊誌が「安倍氏の辞任を最も歓迎しているのは韓国かもしれない」と書いた。隣国の指導者の不幸の前で、あからさまに表現することがはばかられる韓国人の胸の内を読んだものでないかと思う。日本国内や国際社会の総体的評価とは別に、韓国人は最悪の韓日関係にした張本人として安倍氏を記憶している。(中略)昨年の輸出規制を契機に起きた不買運動スローガンが「ノージャパン(NO JAPAN)」から「ノー安倍」に変わったのは、そのような怒りを代弁している。経緯がどうであれ、「ノー安倍」は成功したので、韓日関係は改善だけが残っているという期待感が巷にはあるようだ。辞任発表直後、参謀陣の反対を押し切って発表したという文大統領のメッセージからもそのような期待を読むことができる。そうなれば良いが現実は簡単でない。

何よりも日本社会全般の雰囲気が変化した点をわれわれは冷静に認識しなければならない。 (中略)

合理的で謙虚な歴史認識所有者や改憲党論に反対する政治家は立つ瀬がない。野党はもっと支離滅裂だ。そのため安倍氏が退いても、第2、第3の安倍氏が登場するよりほかはない。それが今の日本政界の現実で、社会全般の雰囲気だ。いわゆる「主流の交代」が確固として実現したのだ。日本と戦って最後までいこうが、話し合いで問題を解決して和解しようが、一応このような日本国内の事情を正確に把握しておくことが優先だ。

もう一つ深刻な問題は、日本国内で親韓派が消滅直前になった点だ。たとえ残っていたとしても、自分の主張をするのが難しい雰囲気だ。これは日本のせいばかりにするのはなく、韓国側にも問題がないかどうか振り返らなくてはならないことだ。親韓でも反韓でもなかったが、最近になり確実な反韓に立場を固めた人も珍しくない。次期首相として有力な菅義偉官房長官もそのような部類に属すると考える。昨年、東京で会った政界消息筋によると、菅氏は自身の作品といえる慰安婦合意を文在寅政府が、事実上覆したことに対して反感と失望を私席で表したことがあるという。「李丙ギ(イ・ビョンギ)-菅義偉」ラインを稼動させて注ぎ込んだ努力が水泡に帰したことに対し、反発心が非常に深いということだ。

このように、韓日両国政府の間には抜け出すことが難しい不信のドロ沼が横たわっている。永遠に恨み合いながら生きていくつもりなら関係ないが、そうでないのなら両国の指導者が立ち上がって打開するしかない。「相手のせいだ」と言って相手の立場が変わることだけを待つのではなく、自分のほうが先に変わることができるという開かれた姿勢が必要だ。第2、第3の安倍氏が登場しても懐に迎えていくべきだということだ。
(引用ここまで)

 要は韓国……というかムン・ジェイン政権に対して対日外交を変化させていくことを求めているコラムなのですが。
 無理でしょ。
 ムン・ジェイン政権は「間違っていない」ことが前提の政権なのです。
 世界4大革命に数えられる(と韓国人は思っている)ろうそく革命を経て、誤った政権であるパク・クネを弾劾した素晴らしい民衆が選んだ素晴らしい人物こそがムン・ジェイン。
 そして、その彼に率いられているのが素晴らしいムン・ジェイン政権なのですよ。

 そうした素晴らしい政権が間違うことなどがあるだろうか。
 いやない。
 Q.E.D.

 実際問題として、ムン・ジェインは間違いを認めません。
 経済政策の所得主導成長も「最低賃金を上げればすべてが解決する」とばかりに一気に17%も最低賃金を上げて阿鼻叫喚となっている状況の中でさらに翌年に10%近く上昇させました。
 さすがに3年目はブレーキを踏みましたが、それでも微増。
 都合、3年で最低賃金を30%引き上げて低所得者層を苦しませています。

 国際的に対北朝鮮外交が行き詰まっているのもムン・ジェインが強力に対北外交を推し進めて、米朝首脳会談を破滅させたことが原因。
 アメリカには「北朝鮮の非核化の意思は揺るぎない」と報告し、北朝鮮には「アメリカには寧辺の施設あたりを壊すといえば経済援助が得られる」と進言して、米朝首脳会談をやらせてしまったがために相互不信が深まっている。
 少なくとも8割がたは韓国の問題ですわ。北朝鮮も問題といえば問題ですが、そもそも連中は非核化なんてするつもりがないんだからしょうがない。交渉ではなく、制裁か戦争かの二択でしかないので。
 そこに「交渉すればなんとかなる」とか言い出したムン・ジェインが最大の問題というわけです。

 対日外交も就任以来なにも変わっていない。
 自分たちの主張だけを通そうとしていて、そのためであれば二国間で決めた合意も実質的に破棄。
 基本条約(に付随する協定)すら遵守しない。
 間違っても後戻りしない。なぜなら間違っていないから。

 もう、日本ができるのは残りの任期が1年半のムン・ジェイン政権はスルーして、次の政権でどうなるかを見定めるくらいしかないですね。
 とはいえ、次の政権もおそらくこのまま共に民主党から輩出されるであろうことを考えると、膠着が続くのも目に見えているのですけどね。
 なんだったらもう「日本は敵性国家」と発言しているイ・ジェミョンが大統領になったほうが分かりやすい部分もありますよ。
 これについては今日明日にちょっとしたエントリを書く予定。