相互RSS募集中です

カテゴリ:日韓関係の記事一覧

徴用工裁判:韓国首相イ・ナギョン「韓国政府が対策を出すには限界がある」と明言……それが韓国政府の回答なら粛々と対抗措置を出すしかないのだが

韓国首相、出口見えない韓日関係めぐり苦悩を吐露(朝鮮日報)
 李首相は「韓日関係の進展を妨げているさまざまな問題は、歴史に由来するものだ」として「人権に対する国際的な規範が今以上に普遍化する流れがあり、歴史による問題やそれによって傷ついた方々の問題は避けられない」と説明した。

 さらに「これを韓国も日本も受け入れるところから出発するしかないのではないかと考える」として「過去の問題は知恵をもって対処しつつ、未来志向的な関係を阻害しないようにしようと文在寅(ムン・ジェイン)大統領も提案したが、日本が受け入れていない状況だ」と述べた。その上で「日本が受け入れ、共に知恵を出し合えばよいと友情の提案をしたい」と付け加えた。

 李首相はまた「両国の外交部(省に相当)の間では対話が進んでいる。6月末に大阪で行われる主要20か国・地域首脳会議(G20サミット)に合わせた韓日首脳会談では、何らかの原則的合意があることを期待する」と述べた。

 韓日首脳会談が開かれた場合「韓日が今後解決すべき多くの問題が影響を受けないようにしつつ、互いに知恵を出し合おう、という意見交換が行われてほしい」とした上で「見通しを示しているのではなく、私の希望を述べている」と説明した。
(引用ここまで)

 イ・ナギョン首相は徴用工裁判に関する韓国政府の対応を決めるためのタスクフォースの座長でもあります。
 何度か有識者会議をやっていますね。
 そのイ・ナギョンの発言ですから、かなり重い。……これが韓国の「正式回答」なんですかね?
 さすがに違うか。

 言っていることはいつもと同じ。
 「互いに知恵を出し合おう」だの「未来志向的な関係を構築する」だのなんの意味も持たない話。
 まあ、イ・ナギョンも厳しいところですけどね。
 ムン・ジェインの「日本の内政干渉に応じるな」という強硬策を押しつけられ、2+1の財団方式すら否定されてますからね。
 かつ日本からは「日韓基本条約を守れ」とだけ言われ続ける。
 とりつく島がない。
 であれば、直接の上司であるムン・ジェインの言うことを聞く以外にない。

 ま、韓国側の正式な言い分がこれになるのであれば日本側は粛々と対抗措置を執るしかないのですね。
 国連が認めている対抗措置として韓国政府の資産差し押さえというものがあるのですが。
 そういえば、四谷の一等地に韓国政府所有のビルがあったっけなー。あれは大使館ではないから、差し押さえにはちょうどいいかもしれませんね。

G20大阪での首脳会談を巡って日韓間で激しい神経戦……どこに神経戦が?

G20大阪サミットでの首脳会談開催は…韓日が激しい神経戦(朝鮮日報)
 来月28-29日に日本の大阪で開催される主要20か国・地域首脳会議(G20サミット)の際に韓日首脳会談を開催するかどうかをめぐり、韓日が激しい神経戦を繰り広げている。

 日本の菅義偉官房長官は14日、G20サミット期間中の韓日首脳会談について「現時点では何ら決まっていない」と述べた。菅官房長官は「日韓関係は非常に困難な状況」だとして「われわれは一貫した立場に基づいて引き続き韓国側に適切な態度を強く求めている」と述べた。

 前日には西村康稔官房副長官が、日本のBS-TBS放送で「韓国が徴用工問題でしっかりと対応してくれないとだめだ」と述べ、G20サミット期間の韓日首脳会談開催は困難との認識を示した。西村副長官は、強制徴用賠償問題に関連し「1965年の日韓請求権協定で全て解決しているにもかかわらず、これに違反しているようなことが起きている」として「(韓国に)正すよう求めているし、協議も求めているが、韓国政府は応じない」と述べた。韓日首脳会談見送りの可能性に言及しつつ、韓国政府に対し、強制徴用問題を解決するよう圧力をかけたわけだ。

 こうした状況の中、韓国外交部(省に相当)は14日、G20サミットでの韓日首脳会談について「決まったことはない」と述べる一方で「今月22-23にパリで開催される経済協力開発機構(OECD)の閣僚理事会に合わせて韓日外相会談を行う方向で日本側と調整中」と説明した。康京和(カン・ギョンファ)外交長官と日本の河野太郎外相が、韓日首脳会談の開催や強制徴用賠償問題について話し合うとみられる。しかし、日本が徴用賠償問題で一貫して「韓国側が先に措置すべき」と求めており、話し合いの結果は予測がつかない状況だ。

 文在寅(ムン・ジェイン)大統領は、9日に行われた就任2周年の対談で「来月には日本を訪問するが、安倍首相と会談できれば良い」と述べた。その後5日が過ぎたが特に進展は見られない。一方、安倍首相は米中首脳とはG20サミット期間に相次いで会談する予定だ。
(引用ここまで)

 G20大阪での日韓首脳会談開催を巡って日韓間で激しい神経戦が行われているのだそうですよ。
 ……どこで?
 日本からは少なくともG20での日韓首脳会談について拒絶するコメントが主となっています。
 西村官房副長官のインタビューもそのひとつですし、4月半ばの時点で「今回のG20では見送り」という日本側の見解がリークされていました。
 韓国側に「G20での日韓首脳会談があるはずだ」という前提の下で動いていた節があって不思議だったのですけどね。
 天皇謝罪要求発言の撤回や謝罪もしない。徴用工裁判についての見解も持ってこないんじゃどうしようもない。

 今回の拒絶具合で面白いのが、パク・クネ政権時代との対応の違いですね。
 当時は「我々のドアは開いている」と常に安倍総理自ら述べていました。
 いくつか当時のエントリを参照してみましょうか。

安倍首相の「ドアは開いている」という言葉はただのリップサービス? いえ、外交戦略です
韓国外交関係者「日本のドアは開いているという発言は、国際社会に対するアピールなのでは……」 正解です!
日韓関係が悪化する中、安倍首相だけが首脳会談を熱望する?

 当時は「日本側にやましい部分はない。必要があればいつでも首脳会談を開催する」という方向性でした。
 そのほうが国際社会に(具体的にはアメリカに対して)のエクスキューズがつきましたし、なによりもそうすることで韓国側の対応を苦しいものにさせることができていた。
 当時、パク・クネは「歴史問題(慰安婦問題)が片付かなければ日韓首脳会談は行わない」と明言していました。
 日本側は逆の対応を見せることができていた、というわけです。

 今回は真逆で、ムン・ジェインが「G20で会えたらよいだろう」とか言い出しているのに対して、安倍総理は韓国との首脳会談について一言も言及しない。
 韓国側にはいくつかの懸案を棚上げしていても会いたい理由があるのですね。たとえば日韓漁業協定や経済協力について。
 でも、日本側は「徴用工裁判の結果によって日韓基本条約が侵されている状況の中、日韓首脳会談を行うことはできない」というスタンス。

 これがもっとも韓国を窮地に追い詰めうる動きだ、ということでしょうね。
 協力が必要なシーンであれば、苦渋の選択で会談を行うという選択肢もあったのでしょうが。
 現状の日韓関係はかつてよりもはるかに希薄になっている。
 アメリカの都合、意向は考慮する必要があるのでしょうが、現在の米韓関係は中長期的に離間する方向性。少なくともムン・ジェイン政権の間は同盟の重要性において韓国が日本よりも重要視されることはないでしょう。

 そういう状況だからこそ会談しろっていう生温い意見もあるでしょうが、基本条約を無視している中でその当該国の国家元首と会談はできませんよ。
 事態を解決するためであればともかく、韓国側にそうするつもりは毫ほどもないのですからね。

 

韓国メディア「日本はG20で中国と首脳会談しても韓国とはしない? なぜだ!」→西村官房副長官「信頼関係が崩れている」

カテゴリ:日韓関係 コメント:(132)
G20での日韓首脳会談は「困難」 西村官房副長官(産経新聞)
韓日会談に消極的な安倍首相、中国とのシャトル外交復元には死活(中央日報)
西村康稔官房副長官は13日のBS-TBS「報道1930」で、6月に大阪で開く20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)の際の安倍晋三首相と韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領による首脳会談は、現状では実現困難との認識を示した。いわゆる徴用工問題について「しっかりと韓国が対応してくれないと駄目だと思う」と述べた。

 この問題に関し西村氏は「(昭和40年の)日韓請求権協定ですべて解決済みだ。これに違反しているようなことが起きている。正すよう求めているし、協議も求めているが、韓国政府は応じない。まずは韓国側がしっかり対応してもらいたい」と述べた。

 西村氏は、慰安婦問題をめぐる日韓合意に基づく「和解・癒やし財団」の解散決定にも言及し、「文氏は首脳会談で『財団は解散しない』『再交渉することもない』と明言した。しかし、解散の手続きに入っている。信頼関係が崩れている感じがする」と韓国側の姿勢を批判した。「日韓首脳会談については何も決まっていない」とも語った。
(引用ここまで)
習近平中国国家主席が6月末に大阪で開かれる主要20カ国(G20)首脳会議に参加した後の8月または12月に安倍首相が中国を訪れる線で調整しているという。

毎日新聞は「首相の訪中後には習氏が国賓として再訪日。首脳間の相互訪問を軌道に乗せたい考えだ」と伝えた。 (中略)

昨年5月に東京で開かれた韓日中首脳会議には李克強首相が中国首相として7年ぶりに日本を訪れ、10月には安倍首相が中国を訪問して習主席と会談をした。

日中関係改善の動きが明確になり今年は両国首脳間の交流速度がさらに速くなる姿だ。

安倍首相は大阪でのG20首脳会議を契機にした韓日首脳会談開催には消極的な姿勢を見せている。だが中国とのシャトル外交復元には腕をまくって乗り出している。
(引用ここまで)

 大阪でのG20開催まで1ヶ月半といったところ。
 その時点で決まっていないのなら、もう日韓首脳会談はないと言ってもいいでしょうよ。
 とにかく韓国側に日韓間の課題を解決するつもりがない。
 なんら手土産を持ってくるつもりがないのに、「日韓首脳会談を行った」という利益だけを掠め取ろうという魂胆は許さないってところですかね。

 中央日報の記事にあるように、中国とは盛んに外交を繰り広げているにも関わらず、韓国とは接触しようとしない……というような報道も増えつつあります。
 日中で会談が持てる場合はそれなりの利益があるということですよ。
 もはや終身皇帝(というよりも終身独裁官?)となった習近平を日本に呼んだとこと自体に意味がありますしね。
 それに比べて韓国と首脳会談をする意味がない。
 慰安婦合意も徴用工問題も火器管制レーダー照射事件も天皇謝罪要求発言も解決しようとする姿勢すら見せようとしない。
 であれば、日本も外交青書から「未来志向」の一文を除いたように、それなりの対応をするのみってことですよ。

 おそらくG20での会談を画策するであろうがために日韓議員連盟の幹事会が前倒しして開催されるとのことですが……まあ無駄でしょう。パク・クネ以上の不通大統領であるムン・ジェインが対話相手である以上は。

天皇謝罪要求発言のムン・ヒサン来日&再発言となるか? 衆議院と韓国国会の交流開催に暗雲……

日韓議員交流の開催に黄信号 慰安婦巡る議長発言に衆院反発(共同通信)
 日韓の国会議員による交流「日韓議会未来対話」の年内開催に黄信号がともっている。天皇陛下(現上皇さま)の謝罪で慰安婦問題が解決するとした文喜相韓国国会議長の発言に日本政府は抗議。国会でも文氏の言動に反発する議員は多く、開催時期の調整を打診してきた韓国側に対し、衆院は回答を保留している。関係者が12日明らかにした。

 未来対話は今年、日本で開催する順番。両国の国会関係者は「政府の関係とは切り離して議会交流は継続すべきだ」との立場から、事態打開を模索してきた。

 だが文氏が発言を撤回する可能性は低く、日本主催の対話でも言及しかねないとの懸念が日本側には根強い。
(引用ここまで)

 「日韓議会未来対話」というものが日韓議員連盟とは別に存在していて、2016年から開催されているそうです。公式な「衆議院と韓国国会の議会間交流」なのだそうですね。

第1回日韓議会未来対話 (衆議院)

 まあ……ムン・ヒサンが「10年来の持論」として公言している「天皇が慰安婦に謝罪しろ」って話を日本主催の会場でされたら、日本側議員はメンツを失うでしょう。
 ついでにすでに嘘であることが判明済みとなっている「10年前に天皇に会って訪韓の仲介を打診された。そのときに謝罪しろって言ってやった」っていうアレをぶちかましてくる可能性すらある。

 開催以前にムン・ヒサンが謝罪要求発言を撤回するか、謝罪するか。
 そもそもムン・ヒサンを来日させないようにするか。
 ただ「日韓議会未来対話」議員連盟の集会ではなく、議会同士の公式交流という建前。であれば韓国国会議長であるムン・ヒサンが来ないというのはあり得ない。
 韓国は一院制ですので。

 であれば、そもそも開催させないというのが次善の策といえるのではないでしょうか。
 楽韓Webは常日頃から「遺憾ながら隣国である」という表現で、日韓交流そのものの拒絶はしていません。ただ、これに関しては如何せん開幕大火傷が確実。
 まあ……ムン・ヒサンが韓国国会議長を辞するまでは日本側での開催はなし、でいいんじゃないでしょうかね。

知られざる皇室外交 (角川新書)
西川 恵
KADOKAWA / 角川書店
2016/10/8

新駐日韓国大使「改元があり、G20があり、東京オリンピックがある。日韓関係も新たなセッティングができそうだ」……苦し紛れだけども、こうまでしないと「いい話」ができないという意味でもあるわけか

新駐日韓国大使「韓日関係再設定の良い機会」 G20首脳会談など(聯合ニュース)
韓国の南官杓(ナム・グァンピョ)新駐日大使は7日、記者団に対し、「本当に難しい時期に駐日大使として赴任することになった」とし、「日本も(改元により)新たな時代が開かれ、来月にはG20(主要20カ国・地域)首脳会議、さらに東京五輪など両国関係を新しくセッティングする良い条件が作られている」との認識を示した。

 また「わが政府は韓日関係をとても重要視しており、韓日関係がうまくいくべきだということに揺るぎはない」として、「両国で知恵を出し合い、様々な懸案を解決するのに最善を尽くす」と付け加えた。

 南氏は「両国で知恵を出し合う意思疎通は何よりも相互尊重、相手の立場を互いに尊重することが重要だ」とし、相互尊重と理解を基に解決方法を探すと話した。
(引用ここまで)

 これまで恩賞として与えられていた駐日大使の地位が、駐日大使館に勤務した経験のある人物に変わるということで一部では期待されているとのことです。
 それがこのナム・グァンピョ氏。
 外交部勤務を続けてきた外交官である、とのこと。

 ムン・ジェイン政権の大統領選スタッフであっただけの前任者とは多少は異なるのでしょう。 それでもまあ、こんな間抜けな話をせざるを得ない。
 大使としては苦しい立場ではありますね。
 新時代に突入したからって韓国とは関係ないって言われりゃそれまでの話。
 苦し紛れでしかないですね。
 韓国側からしてみたらG20、即位の礼、東京オリンピックと首脳会談の機会があるとの認識なのでしょうが。
 まずG20ではないだろうなぁ……。

 すでにG20での日韓首脳会談は日本側から拒絶するという話がリークされています。
 加えて以前も書いたように、首脳会談の前条件として日本側としてはムン・ジェインが徴用工裁判についての対応策、それも日本側が望む形での解決策を持ってこなければならない。
 そうでなければ日韓基本条約を侵害した形のままで首脳会談を行ったことで、日本側が現状を黙認していると考えられかねない。
 逆にいえば韓国側としたらそれが狙い目なのでしょうけども。

 日韓首脳会談が決まっていないであろうことはムン・ヒサンから特使が派遣されてくるというエントリでもちらっと引用しておいた、日韓議連・韓日議連の合同幹事会を前倒ししたことからも分かります。
 本来の日韓議連の合同幹事会が開かれる6月上旬では、G20のすべてのスケジュールが決まってしまった後になってしまう。G20大阪は6月末開催。
 そこで急遽3週間以上も繰り上げて5月中旬に開催して状況を確認しようということになったのだろうと思われます。
 この動きから見ても、G20での日韓首脳会談は決まっていないことは間違いない。

 かつてであればなし崩しに首脳会談が開催されてしまっていたのでしょうけども。
 日韓関係にとって去年から今年、来年にかけての令和元年前後はまさに記念的な年になるのではないかと思われますよ。

ムン・ヒサンからの特使が天皇謝罪要求発言の釈明のために日本に派遣される模様。さて、どう扱うべきか……

韓国国会議長の特使、13日訪日で調整(産経新聞)
 韓国の文喜相(ムン・ヒサン)国会議長の特使が13日に訪日する方向で調整が進んでいることが7日、分かった。日韓議員連盟(額賀福志郎会長)幹部が明らかにした。

 文氏は、今年2月に米メディアのインタビューで慰安婦問題をめぐり譲位前の上皇さまに謝罪を求める発言を繰り返し、日韓関係を悪化させた。

 特使の訪日は発言の釈明が目的。自民党幹部らとの面会を目指しているが、安倍晋三首相や政府高官との面会は不明。

 また、日韓議連と韓国の韓日議員連盟が、6月上旬に予定していた韓国での合同幹事会を約2週間前倒しして5月中旬に開催することが7日、分かった。

 日韓議連幹部によると、前倒しは韓国側の要請。
(引用ここまで)

 韓国国会議長のムン・ヒサンが日本に向けて特使派遣をするという話はでていましたが、それが本決まりになりそうだとのこと。
 やってくる理由は「天皇謝罪要求発言の釈明」だそうで。

 ……おそらくは日韓議員連盟所属の議員と会合をするのでしょうが、彼らがどのようなリアクションをするかをチェックしておくべきでしょうね。
 なにしろ、ムン・ヒサンは謝罪要求を一度ならず、数度重ねて発言している
 さらにムン・ヒサンは謝罪要求発言だけではなく、「10年前に天皇(当時)に会った時に訪韓の仲介を依頼された」「その際に慰安婦に謝罪すべきだと言葉をかけた」というような虚偽の発言を重ねている。
 上皇陛下が面会されたことはないとの宮内庁からの回答もあります。
 現状を指して「戦後最悪の日韓関係」ともされていますが、その状況の責任の何割かはムン・ヒサンによるものですからね。

 その言葉を特使がどう釈明するのか。
 そして、それを受けた国会議員がどのようにリアクションするのか。
 しっかり記憶しておくべきでしょう。

 個人的には特使と首相と面会してもらいたいのですよね。
 で、例の椅子に座らせて、かつ2分間で面会を終わらせるってやってほしいのです。
 まあ、ムン・ジェインとトランプ大統領とのあれはカウンターパートでやられたからこそ効果が大きかったという部分もありますが。
 もはやムン・ジェインとの日韓首脳会談はないので、そういった扱いをしようにもできません。
 ここでしっかりと韓国という国がいま日本においてどういった立ち位置にあるのか、外交プロトコル的に知らせておいたほうがいいと思いますよ。

ただいま50%ポイント還元中。明日まで。
プロトコールとは何か 世界に通用する公式マナー (文春新書)
寺西千代子
文藝春秋
2016/11/20

韓国メディア「天皇に祝電も送ったし、日王とも書かなかった。これでG20で日韓首脳会談ができれば関係改善できるかも」……いや、ないでしょ。ない。

【コラム】文政権、韓日関係破綻すれば李明博元大統領のせいにするのか(中央日報)
韓日関係の破綻の最初の危機を何とか乗り越えた。文在寅(ムン・ジェイン)大統領が1日、即位した徳仁天皇に祝電を送り、退位した明仁天皇にも謝意を込めた書簡を送った。1998年の金大中(キム・デジュン)政権以降の慣例通り「日王」でなく「天皇」と明記して礼遇した。31年間の平成時代を終えて令和時代を迎えた日本を無視する状況にはならなかった。

友好国の新旧国王に祝電と書簡を送るのは基本的な礼儀だ。ところが、すんなりと出てきた決定ではなかった。外交部の建議を受けた青瓦台(チョンワデ、大統領府)は決定できずにいた。慰安婦合意不履行や徴用工賠償判決など過去の問題で最悪の状況を迎えている韓日関係を表す場面だ。この時、共に民主党の重鎮、金振杓(キム・ジンピョ)議員が動いた。盧英敏(ノ・ヨンミン)秘書室長、鄭義溶(チョン・ウィヨン)安保室長、姜キ正(カン・キジョン)政務首席秘書官を説得し、大統領の決心を引き出した。

昨年10月の韓国最高裁の賠償判決で力を得た強制徴用被害者は令和時代が開かれた初日の5月1日、日本戦犯企業の国内資産の現金化手続きに着手した。日本はすでに現金化に対する全方向からの報復を予告した状態だった。こうした状況で韓国大統領が日本国民に絶対的な存在である天皇に祝電を送らなければどうなっていただろうか。日本としては祝うべき日に屈辱を受けたと見なしたはずだ。 (中略)

今からが問題だ。日本は韓国政府が最高裁の徴用工賠償判決以降の状況を放置するのは1965年の韓日協定を否定するものと見なしている。韓日協定で個人請求権が最終的かつ完全に解決したというのが日本の立場だ。6月28日に大阪G20(主要20カ国・地域)首脳会議を機に韓日首脳会談が開かれるには、韓国政府が徴用工問題の解決策を用意しなければいけない。

しかし政府の立場は「司法府の判断を尊重するしかない」というものだ。最高裁の徴用工判決が出た後、元老専門家を呼んで意見を聴いた李洛淵(イ・ナギョン)国務首相も6カ月間にわたり沈黙を続けている。安倍首相は7月の参議院選挙で勝利して平和憲法を改正しようとしている。我々が何もしなければ、歴史修正主義と改憲という右傾化の旗を掲げた安倍首相は韓日葛藤を選挙に利用するためにも首脳会談に背を向けるだろう。 (中略)

過去の問題が韓日間の経済と安全保障の協力の土台をのみ込むのを目を開けたまま眺めることはできない。日本にも損害となるが、韓国は致命傷を受ける。徴用工問題はラクダの背を折る最後のわらだ。2012年の李明博(イ・ミョンバク)大統領の独島(ドクト、日本名・竹島)訪問、天皇謝罪発言が韓日関係悪化を触発したのは事実だ。とはいえ、現政権が6カ月間放置してきたのは無責任だ。
(引用ここまで)

 ムン・ジェインから今上陛下の即位へ祝電、上皇陛下の退位の際に書簡を送ったことが「礼遇」になるんだそうですよ。
 ちなみに蔑称である「日王」ではなく「天皇」と書いて送ったとか外交部報道官が堂々と語っていましたが、実際には外交文書としては「天皇」と書かれているのが慣例です。
 これ、エントリを書いていた時に「おそらく外交的な慣例としてはそうなのだろうな」と思っていたのですが、ソースが見つけられなかったので確信が得られずに書きませんでした。
 ここで慣例を破って「日王」って書いてたらどうなっていたかなぁ……とちょっと想像しますけどね。

 で、韓国メディア的にはその礼遇を行ったからにはG20で日韓首脳会談が行われるべきだし、それをきっかけに日韓関係が改善されなければいけないとのことですが。
 その前段階として徴用工裁判の解決策を持ってこなければならない、という話は理解している模様。
 ただ、問題はその中身……ですよね。
 変なものを持ってくるつもりであれば、事前折衝で潰しておいてG20での日韓首脳会談はないと思っていたほうがよい。
 日本にとっても無駄な時間を使うことになるし、韓国にとってもわざわざ「解決策」を持ってきたのに無視されるという実績ができてしまう。
 それくらいなら今回は無視しあうくらいでちょうどいいと思います。
 これまで徴用工裁判の判決が確定してから半年間も無視していたものが、いきなり日本側の望むような解決になるわけもないですしね。

 どちらにしても日韓関係にはもう芽がないのです。
 韓国政府が「日韓基本条約を遵守する」という確約を掲げる以外の解決方法はない。
 ですが、韓国政府はポピュリズムを優先していて、日韓基本条約を守ることができないのですから終わっているのです。
 もしくは日本政府がICJに提訴し、韓国政府がそれを受けた形にして敗訴するまで動きようがない。
 無駄に動けば日本側からの不信感が増えてなおさら嫌韓が増幅されるだけですよ。
 ムン・ヒサンは特使派遣を考えているとのことですが、天皇謝罪要求発言をしたムン・ヒサンから送られるというだけでも日本側からは拒絶反応が出るでしょうし。
 とりつく島なんてないのです。

 少なくともムン・ジェインが政権にあるうちはこの状態が続きます。
 次期政権でどうなるか……ですが、現状のままであればさらなる反日家であるソウル市長のパク・ウォンスンが最有力候補である以上、変化はないでしょうね。

 日本にとっては現状はそれほど悪い状態というわけでもない。
 日韓関係を改善させてなにかメリットがあるというわけでもない。対アメリカにも慰安婦合意を覆されたことを見せることでエクスキューズはもう充分。
 どこにも改善させる必要がない。
 であれば、このままでよいでしょ。ネットジャーゴン的にいえば「日韓関係はもうオワコン」なのですよ。

韓国メディア「日本でJINROの売上が急落。原因は週刊文春の嫌韓記事だ」……そうかなぁ?

最悪の韓日関係、企業が報復を受ける(東亞日報)
韓日関係の悪化が続き、政治葛藤が経済分野に波及する兆しが出ている。特に、韓国の大企業よりも日本の消費者を対象に製品を販売する韓国の中堅、中小企業や韓国レストランなどの零細商人が直撃弾を受け始めた。

日本で焼酎を販売するJINRO(眞露)の販売が上半期に急に下落した。発端は週刊誌「週刊文春」が1月24日付で、「韓国<文在寅大統領>には『国際羞恥プレイを』」というタイトルの記事を載せてからだ。同誌の記事によると、日本政府は元徴用工判決などに対する報復措置として関税引き上げを検討し、輸入品のうち韓国の割合が高い焼酎や海苔などを対象に取り上げた。

刺激的な記事で販売部数を増やす雑誌の特性上、嫌韓記事は常に存在したが、この記事は文大統領の写真と共に商号である「JINRO」がはっきり見える商品の写真を載せた。その直後、日本国内の焼酎の販売が打撃を受けた。同誌の発行部数は約68万部で、30~50代のサラリーマン男性が多く読む。焼酎の主要な販売対象年齢層と一致する。権弘鳳(クォン・ホンボン)JINROジャパン社長は、「売り上げの下落も問題だが、ブランド価値の下落、職員の士気低下が心配だ。営業は士気がいのちだ」と話した。 (中略)

さらに大きな問題は、現在の状況が「始まり」にすぎないと心配される点だ。韓国人元徴用工判決の被告である新日鉄住金、三菱重工業など日本企業に対する株式が現金化されれば、影響は新たな段階に移る可能性がある。訴訟の原告が5、6月頃に株式の現金化に出れば、日本政府が本格的な報復措置に出て、韓国の大企業も被害射程圏に入るという観測も流れている。

ソウル大学国際大学院の朴喆熙(パク・チョルヒ)教授は、「韓日政府間に危機意識がないという認識が広まっている」と懸念を示した。専門家たちは、両国政府が政権よりも大きな国益を考えて知恵を集める時だと強調した。
(引用ここまで)

 JINROが売上急落……。
 うーん、どうなんだろうな。JINROって個人消費というよりは居酒屋とかで安いチューハイのアルコール源とされている印象です。
 もちろん、好んで買っている人もいないわけじゃないでしょうけども。
 それは「売上急落」するのであれば、卸価格を上昇させて他の安い焼酎に切り替えられたんじゃないかと感じますが。
 「急落」ゆーても前期比や前年同期比の売上が数字として出ているわけでもないのでなんとも……って感じです。

 で、記事にあるようにもちろんこれは「はじまり」に過ぎません。
 もし、徴用工裁判の原告側によって差し押さえられている財産の現金化が認められ、日本企業に被害が出るようになったら「JINROの売上が減少しました」なんて話じゃ済まないのは当然のこと。
 どのくらいまで拡がるかは予想も予測も不可能ですね。
 まあ、それはそれで当然の話ですし、韓国側が好んでそうしているのでどうしようもないことではありますけどね。

 あ、それとこっちも書いておこう。
 ゴールデンウィーク中、特に前半ははそこそこ東京の繁華街に出歩いていたのですが、割と例のチーズドッグを見かけましたね。
 店によっては流行っていたりいなかったりしましたが。
 問題はその大半がケバブ屋さんが片手間に作っているってことくらいですか。
 新大久保であればまた事情が違うのでしょうけども。
 盛んに日韓関係の最後の絆である「民間関係の象徴」みたいな扱いになっているハットグ(チーズドッグ)ですが、日韓関係をよくしてくれる……ねぇ?

 それよりもびっくりしたのはゴンチャ(貢茶)の行列でした。ゴンチャでないタピオカティー屋さんもけっこうな行列。
 もし、ハットグが日韓関係をつないでくれるっていうなら、ゴンチャは日台関係をさらによくしてくれるはずですが……果たしてそんな期待している人はいるんでしょうかね。
 建前としてはそういう話もするかもしれません。でも、本質的にはあまり関係ない気がしますね。
 以前書いたようにティラミスが流行ろうとナタデココが流行ろうと、その国と大きな関係の変化が生まれなかったように、です。
 逆に韓国でいくら日本料理は流行ろうと、ユニクロが売上を伸ばそうとも日韓関係には根本的な影響はないってことでもあるのですよ。