相互RSS募集中です

カテゴリ:日韓関係の記事一覧

韓国の首相側近「徴用工問題は解決していない」「日韓関係をよくするには日本の努力が必要だ」と発言……もう本当にそういうのいいから……

韓国首相側近、長嶺大使と登山(時事通信)
韓国の李洛淵首相の秘書室長を務める鄭雲鉉氏は14日までに、長嶺安政駐韓大使と共にソウルの山に登ったとして、自身のフェイスブックに写真付きで投稿した。日韓関係について、元徴用工訴訟の判決を巡ってぎくしゃくしているものの「いやが応でも背を向けることのできない隣国だ」と書き込み、改善に意欲を示した。

 鄭氏は投稿で、日韓の歴史問題は「過去の出来事にとどまらず現在進行形だ」とし、「きちんと解決されなかった過去の歴史は現在の出来事としてよみがえり、議論の的になりがちだ」と指摘。両国関係が良かった時代の再来は「特に日本の努力が加われば可能」と訴えた。
(引用ここまで)

 いやぁ……駐韓大使と登山して、フェイスブックに投稿して「日韓関係をよくするには日本の努力が必要」とかもうね。
 隣国であるのは遺憾ながら間違いない事実ですが、隣国だからといって関係性を良好にしなければいけないなんて話にはならないわけで。
 日本側は現在の日韓関係にそう不満はないのですよ。
 近くて遠い関係でなんの問題もない。
 もはや「適切にマネージする関係性」でしかないのですからね。

 この記事が絶望的なのは、徴用工裁判に関するタスクフォースの陣頭指揮を執っている(もしくはムン・ジェインから対策を丸投げされている)イ・ナギョンの秘書室長からのメッセージであるということ。
 韓国側の基本方針がこうなりつつある、というのが透けて見えてきているのですよ。
 日本側だけに負担を強いる方向性であると。
 まあ、当初から予想されていたことではありますが。
 最終的にはICJまで行かざるを得ないし、それに韓国が付きあうかどうかは微妙。
 解決のしようがないので、対抗措置を執らざるを得ない。
 普通なら「日韓基本条約で解決済み」でいいはずなのに。
 面倒くさいことこの上ない。

 それはそれとして、韓国の高齢者の趣味っていうのがハイキングにしかないんだなっていうのがよく分かります。
 文在寅の大統領経済担当補佐官が「50-60代の男性は山に登ってばかりいないでASEANやインドに行け」と暴言(?)を吐いて辞任することになりましたが、本当に山登りしかしていないのだなということがよく分かります。
 ま、実際には町の近くにある低山に登って大騒ぎするのが目的ですけどね。
 世界遺産に登録された南漢山城なんかもそんな連中のおかげでゴミだらけって話です。

日帰り登山のススメ あした、山へ行こう! (講談社文庫)
鈴木みき
講談社
2016/5/13

釜山市、日本総領事館近くに置かれていた「強制徴用労働者像」を電撃撤去!

釜山市、強制徴用労働者像を撤去…市民団体が反発(中央日報)
釜山市(プサンシ)が12日、東区草梁洞(チョリャンドン)の鄭撥(チョンバル)将軍銅像付近に設置された強制徴用労働者像(労働者像)を強制撤去したことについて「造形物設置のための法的手続きを履行していない不法造形物設置に対して行政措置を避けらない状況だった」と説明した。

市はこの日、公務員と重装備を動員して労働者像を撤去した行政代執行の後、報道資料で「歴史の痛みを記憶し、真実を究明しようという委員会の努力には何度か誠意をもって共感の意を表した」とし、このように明らかにした。続いて「平和な合意を通じて合理的な案を見いだせず公権力を動員することになった部分について、労働者像建立委と市民に遺憾の意を伝える」と付け加えた。 (中略)

委員会は「市が市民が置いて行った花やリボンを捨てて奇襲的に労働者像を運んだ。日本政府があれほど望んでいたことを、わが政府が公務員を動員してした」とし「強制徴用労働者の歴史は100年が過ぎても清算されず、また再び繰り返された」と主張した。
(引用ここまで)

 おや、東区は「労働者像建立委」と「とりあえず公園内に設置する」という妥協をしたところだったのですよ。
 公園の場所はこの図の赤丸。



 昔の図なので徴用工像がより総領事館に近いところになっていますが、今回は赤丸の公園に設置されています。
 公園といっても本当に小さなもので、休憩所のような場所。
 その中心に文禄・慶長の役で釜山を守ったというチョン・バル将軍の像があるという公園です。



 本当に小さい公園で、こんなところに像を追加で置いたら邪魔でしかたないっていうくらいの大きさしかないのですよ。
 新宿駅とアルタの間にある小さなスペースくらいを想像してもらえればいいかな。東京住みの人にしか理解してもらえない気もしますが。

 で、この公園に設置することを東区は許可したのですが、上位の自治体である釜山市が「まかりならぬ」として電撃撤去。
 まあ、韓国も一枚岩ではないということですね。


   何度か書いていますが、この像をあちこちに建てようとしている労働者像建立委というのは世界最悪の労働組合ともされている民主労総の下部組織。
 「貴族労組」として悪名高い連中がなんとかして自らの活動について国民の理解を得ようとして運動しているという部分があるのです。
 そのために日本を共通の敵としている、というのは韓国伝統の手法。
 ですが、いまのところそれほどの盛り上がりを見せていません。少なくとも慰安婦像に比べたらどうということのない反響しかないのが実際ですね。
 民主労総のやろうとしていることを韓国人も看破している、ということなのでしょう。

韓国政府「徴用工裁判などの課題をG20、即位礼での日韓首脳会談で解決したい」→日本政府、日韓首脳会談見送りへ

韓国次官「韓日首脳会談、6月に開催の可能性も」(WoW! Korea)
首相、日韓首脳会談の見送り検討(共同通信)
 趙次官は12日に報道された日本メディアとのインタビューで来る6月、大阪で主要20か国・地域(G20)首脳会議が開かれる予定であると聞き「まだ決まっていないが、文在寅(ムン・ジェイン)大統領はこれまでもそうしてきたように、今回も(会議に)出席するだろう」とし「そうなれば首脳会談もできる」と述べた。

 また趙次官は「難しい問題も首脳間で解決してくれるという期待を、実務者として抱いている」と説明した。
(引用ここまで)
 安倍晋三首相は6月に大阪で開く20カ国・地域(G20)首脳会合の際、韓国の文在寅大統領との個別の首脳会談を見送る方向で検討に入った。複数の政府関係者が13日、明らかにした。韓国人元徴用工の対日賠償請求問題などを踏まえ「文氏に冷え込んだ日韓関係を改善する意思が感じられず、建設的な対話が見込めない」(官邸筋)との判断に傾いた。
(引用ここまで)

 ひとつ目の記事の「日本メディアとのインタビュー」っていうのは、日経新聞によるものです。

日韓懸案「首脳間の対話期待」 韓国・趙外務次官(日経新聞)

 このインタビューでは事務折衝もうまくいかない状況を首脳会談でなんとかできるのではないかという期待を見せていました。
 先月にはイ・ナギョン首相も「6月のG20と、10月の即位礼で少なくとも2回の日韓首脳会談の機会がある」という国会答弁をしていました。
 実際、日経新聞によるインタビューでもG20のホスト国として安倍総理とムン・ジェインの日韓首脳会談があるだろうという前提で「難しい問題も首脳間で解決できるはずだ」という話をしています。

 ですが、日本としては徴用工裁判にしっかりと対応するという確約がないのに首脳会談をする謂われがないのですよ。
 まともな対応をしないうちに首脳会談をした日には一方的に「韓日は未来志向の二国間関係を築くことに同意した」とか言い出しかねない。
 ちょうど「ローマ法王は北朝鮮訪問を快く決めてくれた」と韓国大統領府が勝手に発表してしまったのと同じように。

 政策がなにもかも行き詰まっているムン・ジェインの手助けをするわけにはいかんのですよ。
 徴用工裁判への韓国側の対応によっては対抗措置を準備している日本側としては、そんな事態を避けたいという意向もあるでしょうね。
 「日韓首脳会談がある」という見通しで対応を遅らせているのであれば、その前提を取っ払ってしまえばいいというのはよい判断ですね。

韓国メディア「今回の日本は雰囲気が違う。報復もあり得るぞ」→韓国大統領府「報復なんてありえないっすわー」と楽観視

カテゴリ:日韓関係 コメント:(182)
【コラム】報復カードに手をかける日本政府…民間では「断交」まで議論(中央日報)
ところが最近聞こえてくる話の中には「今回だけは日本国内の雰囲気が通常ではない」というものが多い。最近、筆者の手元に届けられた日本の雑誌に掲載された記事が日本国内の雰囲気を物語っている。日本の知識層が愛読しているという月刊誌「文藝春秋」4月号の表紙には「日韓断交完全シミュレーション」という見出しの特集記事のタイトルが出ていた。元駐韓大使をはじめとする日本各界の知韓派5人の座談会をまとめた記事だった。いつからか日本出版界では嫌韓または嫌中感情をあおる内容の本が一つのジャンルを形成するまで多くなったが、今まで「断交」という用語が権威ある出版物に公然と議論されたことはなかった。

日本の世論がどれほど悪化したのかを把握するために、日本政界である永田町の知人と現職外交官、学界・メディア界の知韓派の要人をソウルと東京の両方で取材した。表現の強さは違いこそすれ、彼らは異口同音に「過去とは次元が違う」と話した。「日本政府が韓国に対する対応措置を真剣に検討中」としながら「実際の行動に移す場合には(THAAD報復をした)中国と全く同じだと言われないように、国際社会が納得できる措置を選択するだろう」という話も出てきた。 (中略)

--韓日関係は葛藤と回復のサイクルを繰り返してきた。今回もそうならないだろうか。

「歴史問題は過去にもあったが、最悪の事態は避けなければならないというコンセンサスによって、結局はうまく管理されてきた。だが、いまの日本政府と世論主導層の考えは『これ以上韓国を信じることができない』というものだ。慰安婦合意と請求権判決以外にも、意外にレーダー事件の波紋が大きい。近接飛行で論点を曇らせていく韓国の態度に対する失望が大きい」

--日本政府が報復措置を取る可能性は。

「訴訟の原告側が、押収された日本企業の資産に対する現金化措置を申請すれば、直ちに手続きを踏むことになる。そうなれば日本企業が目に見える損失を被ることになり、日本政府が何某かの措置を取らざるをえない状況になる」 (中略)

現地取材を通じて感じたのは、韓国を見る日本朝野の見方が過去とは全く違うというのが事実だったことだ。「断交」という極端な用語が政治家と時事評論家の口にのぼることからしてそうだった。このような雰囲気が韓国政府には加減なしでそのまま伝えられているかどうか気になった。
(引用ここまで)

 韓国国内から、ようやくいまになって「今回の話はわけが違う」というような話が出てくるようになりました。
 実際に日本に来て聞いてみればすぐ分かることではありますが。
 アポなしで何度か日本に来ている日本製鉄への訴訟を担当した弁護士が、差し押さえまではやってもなかなか現金化にまでは至らないことなんかがその証拠のひとつといえるでしょうね。
 中央日報がいくら「目黒側桜祭りでハットグが売れているから大丈夫」とかいう能天気な記事を書いても、実際には日本の韓国に対する態度というのは確実に変化している。
 それもおそらく不可逆に。
 同じような記事が朝鮮日報にも掲載されていますね。

「日本は韓国製品の不買運動でも起きそうな雰囲気だった」(朝鮮日報)

 こちらも日本側の空気、雰囲気というものが根本的に異なっている、という記事です。
 ですが、韓国政府からはそれに対応する危機感は生まれていないとのこと。中央日報の記事から後半も部分引用してみましょうか。
ソウルで会った政府当局者の話はこうだ。

「韓国政府も日本の動向を時々刻々注目している。外交部では日本が報復する可能性があるという報告を上げている。産業通称資源部など経済部署では日本がそんなに簡単に報復措置を持ち出せないという意見のほうが優勢だ。青瓦台の判断もほぼ同じのようだ」

判断の根拠は簡単だ。今、韓国メディアに登場しては消える▼ビザ免除の撤回▼送金制限▼就職制限などの報復カード--は日本にも打撃を与えるのが明らかなためだ。たとえば、年間800万人の韓国人が日本を訪ねて観光収益を引き上げているが、入国ビザ免除を撤回すれば日本観光業界にブーメランになって返ってきかねないということだ。ところが他の関係者の口からはやや意外な言葉が続いた。

「青瓦台や経済部署の判断が合っていてほしいが、外交部の報告通りその反対の可能性にも注意を注がなければならない。ところが今、そのような声を傾聴する雰囲気ではない。そうでなくても間違った慰安婦合意を作ったとして『積弊』の烙印を押された外交部が、そのような意見を強く提示する立場でもない。また、誰であろうと外交部の意見に肩を持ったら『親日派』と言われるのが関の山だ」
(引用ここまで)

 青瓦台、つまり大統領府は報復措置はないだろうと踏んでいるとのこと。
 一方で「積弊」として外交の現場からすら追いやられようとしている外交部からは「報復に備えてほしい」というレポートが上がっているそうですが、無視されているとのこと。
 ……いや、これまた見事なくらいに秀吉に向けて朝鮮通信使を送ってきた時のリフレイン。
 副使の「日本は一切戦争準備などしていない」という報告を重んじて、李氏朝鮮はなんの用意もしていなかったのであっという間に満州まで向かうことができたのです。前線の動きが早すぎて兵站が追いつかなかった部分もあるほど。

 さて、2016年の年末に釜山の日本総領事館横に慰安婦像が置かれた時、年末年始をはさんでほぼ仕事始めとなる6日には通貨スワップ協定の交渉中止をはじめとする報復措置が発表されました。現在も中止されたまま。漁業協定を結ばないことも同様の措置と見ていいでしょうね。
 このスピードを鑑みるに事前から「慰安婦像が設置されたらこうしよう」という計画が練られていたのでしょうね。
 今回もそれと同様であると思われます。現金化という「日本企業に直接の被害」が生じた時には、迅速に対応するでしょう。
 そのときはやっぱり「後頭部を殴られた!」と大騒ぎするのでしょうね。

文藝春秋2019年4月号[雑誌]
立花隆 / 塩野七生 / 橋下徹 / 宮城谷昌光 / 有働由美子 / 山下達郎 / 浅田次郎 / 中野信子 / 堀江貴文 / 山中伸弥 / 三浦和良 / 又吉直樹
文藝春秋
2019/3/9

ソウルの日本大使館、新築の計画を事実上放棄……どのような意図なのか?

カテゴリ:日韓関係 コメント:(178)
ソウルの日本大使館、新築計画を事実上放棄(朝鮮日報)
 日本政府が2013年から進めてきた在韓日本大使館の新築を事実上、放棄したことが分かった。日本は1976年に建てられたソウル市鍾路区中学洞の大使館を2016年に撤去、その敷地に地上6階・地下3階建ての新しい建物を建てる計画だった。

 ところが、本紙が取材した結果、新しい日本大使館の建築許可は先月、取り消されていたことが明らかになった。大使館側が着工延長申請をしなかったためだ。 (中略)

 鍾路区庁は昨年、日本大使館に「工事を始めてほしい」という公文書を数回送った。鍾路区庁は「着工延期事由があれば教えてほしい」と伝えたが、日本大使館は反応を示さなかったという。そして、今年2月の協議で日本側が建築許可を放棄したということだ。この敷地(2382平方メートル)は日本政府が所有しているため、日本側は再び建築許可を申請することができる。しかし、この場合も許可手続きを終えるのに1年以上かかる。大使館の敷地は現在、フェンスで取り囲まれたまま、雑草だけが生い茂った状態で放置されている。

 外交関係者の間では、日本大使館前にある従軍慰安婦を象徴する少女像の取り扱いについて、韓日双方で解決の糸口が見つからず、両国関係が最悪の状況に突き進んでいることを示す例だと言われている。
(引用ここまで)

 ソウルに新築予定だった在韓日本大使館の建築許可が自治体によって取り消されるという事態。
 記事を読んだかぎりでは日本大使館側が主体となって「現在は建築しない」という選択肢をとったように見えます。
 朝鮮日報や他のメディアからは「慰安婦像が設置されていることが原因ではないか」ともされていますが。
 正直、目的が分からんなーというのが感想。

 セキュリティの面から見てもオフィスビルよりも一棟の建物のほうが好ましいのは間違いがありません。
 実際、慰安婦合意に反対する大学生が30人ほど乱入してきて宣言文を貼りつけたなんていう事件がありました。
 宣言文を貼りつける、という行動ができるのであれば実際に他の行動もなんであってもできたでしょう。
 ちなみにこの事件については主犯に対して大法院で200万ウォンの罰金刑が確定しています。去年の4月。

 主要国において日本大使館がオフィスビル内に設置されているということはそうはないでしょうね。
 「日韓関係が悪化している象徴」のひとつではあるのでしょうが。「日本は韓国に大使館すら建てられない状況が続いているのだ」ということで。
 それでも……まあ、よく分からんな。どんな効果があるのか、ということも含めて。

晩餐会とかも開きづらいだろうから「韓国側とは交渉をしない」という遠回しの意思表示かねぇ……。分からん。
大使閣下の料理人(1) (モーニングコミックス)
西村ミツル / かわすみひろし
講談社
1999/5/21

韓国メディア「新1万円札の肖像が渋沢栄一だと! 韓国への配慮が足りない!!」……知らんがな

カテゴリ:日韓関係 コメント:(134)
「侵略の歴史代弁する人物」=韓国メディア、渋沢の肖像採用で批判-新紙幣(時事通信)
日本、最高額札に「韓半島侵奪先鋒」顔入れる(ニューシス・朝鮮語)
韓国メディアは9日、新1万円札の肖像に採用された渋沢栄一について、朝鮮半島で紙幣発行や鉄道敷設を主導したことを挙げ、「侵略の歴史を代弁する人物」(ソウル新聞電子版)などと批判した。

 同紙は「(肖像採用は)植民地支配の被害国である韓国への配慮が欠けているという批判が韓国だけでなく、日本国内でも出るとみられる」と伝えた。
(引用ここまで)

 今日の新1万円札の肖像画が渋沢栄一になるというニュースを聞いて、直感的に「あ、これは韓国からクレームがくるな」と思いました。
 というか明治期における政治関連の偉人を取り上げるのであれば誰であろうと韓国側からは文句がくるしかないのですけどね。
 かつての1000円札の肖像であった伊藤博文は韓国統監府の初代統監。
 現在の1万円札の肖像である福沢諭吉はいわずとしれた脱亜論の著者。
 で、渋沢栄一は韓国から見れば「収奪の先鋒者」であると。
 好き嫌いを別にして、政府の高官であればどうしたって朝鮮半島とつきあわざるを得なかった時代ですからね。

 「韓国への配慮」とか知ったこっちゃない。
 経済の偉人として取り上げるのであれば渋沢栄一か高橋是清かって感じで、歴史に詳しい日本人であればそれほど違和感はないでしょうね。
 それほど一般に知られている人物でもないからさらっと説明するのは難しいところですが。
 ま、それでも現在の日韓関係を顧みるになかなか面白い人選ではあるとは感じます。
 そのあたりの「考慮」がゼロだったかといえばそうでもないだろうな、というところかな。極小ではあるでしょうけども。

前も書いたけどホントに激動の人生ですよ。
小説 渋沢栄一(上) (幻冬舎文庫)
津本陽
幻冬舎
2007/2/9

韓国人「日韓は政経分離を明確にすべきだ」……政治にも経済にも歴史問題を持ちこんだのはおまえらだろ……

カテゴリ:日韓関係 コメント:(160)
韓経:「韓日政経分離明確にして…民間会合増やし信頼から回復しなければ」(中央日報)
「韓日間の政治・外交的対立が経済分野まで広がる最悪の状況を防がなければなりません。そのためには両国の政界だけでなく政府関係者と財界リーダーがどのような形ででも交流を強化しなければなりません」。

専門家らは悪化の一途をたどる韓日関係回復のためには政府と民間がともに参加する「1.5トラック」を構築するのが至急だと口をそろえる。

外交界では政府間交流を1.0トラック、民間交流を2.0トラックとし、官民がともに参加するものを1.5トラックと呼ぶ。政界から始まった対立がこれ以上悪化しないよう企業、学界、元官僚らがともに乗り出すべきとの指摘だ。日本が主導した環太平洋経済連携協定(TPP)に韓国が参加するのも関係改善に向けた代案として言及される。 (中略)

一部では経済分野で日本との関係改善に向けTPP加入を「テコ」として活用すべきという話が出ている。TPPは日本、カナダ、オーストラリア、ベトナム、メキシコなど11カ国が参加した多国間自由貿易協定(FTA)だ。韓国は加盟国のうち日本とメキシコを除く9カ国とFTAを締結した。

このため韓国のTPP加入を事実上の韓日FTA締結とする見方が多い。通商当局はTPP加入の意志を公式に明らかにしたことはないが肯定的に検討すべきという気流が強いという。
(引用ここまで)

 ……ツートラック外交が成立する条件というのは先日書きましたね。
 両国がそれに同意していることが前提であって、片務的に「政経分離」を強いることはできないのですよ。
 そもそも「政経分離の原則」なんてものは世界のどこを探してもない。
 たまたま日中では危うい綱渡りの上にそういった同意が成立しているというだけの話。
 それを韓国が日本に対して「うちもこの路線でやってくれ!」とか言ってきているのが前提としておかしい。
 日本がそうやってくれって言ったわけでもないのに。

 というか、日韓関係の場合は徴用工裁判の結果を日韓基本条約を無視したままで、日本製鉄や三菱重工に対して差し押さえを許してしまっているのは韓国政府。
 日本の経済関係に負担を与えているのは韓国政府自身なのですよ。
 政治にも経済にも歴史問題を持ちこんできているのは韓国側であって、日本ではない。
 経済状況が苦しいので日本にも頼りたいってことなのでしょうが。
 つきあいきれないって話ですね。
 そんな「未来志向の二国間関係」は存在しないんだっていう。

 んで、CPTPPに韓国が参加することがあたかも日本に利益を与えて、関係改善のポイントにできるというような話にも苦笑を禁じ得ない。
 そもそもアメリカがTPPから抜けた原因のひとつは韓国が米韓FTAでやりすぎたからですよ。
 FTAを結んだ上で為替介入なんかやられた日には抵抗のしようがないのですよね。
 オバマの失点をあげつらいたいトランプが大統領選で「NAFTAや米韓FTAを再考するし、拡大版FTAのTPPからも離脱する」って公約をしたのは、まんまそこに原因があるわけです。
 それ以前にオバマ政権時代から「米韓FTAは大失敗だ」っていうのがアメリカ議会側からの評価でしたしね。パク・クネは危うく米韓首脳会談で「私は為替介入をしました」っていうプラカードを首から提げさせられるところだったなんてこともありました。

 いくら為替介入の結果を公表するっていっても現状はおそらく半年に1回。それも売買内容詳細は公開せずに総額のみ。
 少なくとも片手は縛ることができているとは思いますが、CPTPPに参加するほどの水準ではない。
 っていうか、中国主導のRCEPに注力すればいいのに。
 日本がCPTPPの旗振り役になったように韓国もRCEPの旗振り役をすればいいじゃないですか。
 自称「途上国からの尊敬を受ける立場」である韓国の言うことなのですから。

2012紳士の国

 難航しているRCEPも一気に立ち上がるでしょうよ。

「日韓関係の修復」など必要ないことが、米朝首脳会談決裂から見えてきた……というお話

安倍内閣は米朝会談決裂の可能性を察知していた…韓国と対照的(朝鮮日報)
 東京にいる複数の外交筋によると、安倍内閣は米国務省のビーガン特別代表が2月6日から訪朝し、北朝鮮の金赫哲(キム・ヒョクチョル)国務委員会対米特別代表と協議した後から、米朝間に異常な空気が流れていることを把握した。ハノイの首脳会談準備のために訪朝したビーガン特別代表に対し、北朝鮮は自分たちの考える「寧辺の非核化」ばかり主張したため、日本は「首脳会談が決裂する可能性」に関する情報を集め始めたのだ。日本は主に米国にある日本大使館を通じて情報を集めたという。

 安倍内閣はさらに、2月22日からハノイで開催されたビーガン氏と金赫哲氏の最後の協議でもただならぬ空気が流れていることを感知した。そのため安倍内閣は会談決裂に備え、決裂した場合のさまざまなシナリオを想定して準備を進めたという。

 一方の韓国大統領府は、2月28日にトランプ米大統領が金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長との会談で「北朝鮮は米国の望む非核化を実施する準備ができていなかった」として会談を決裂させることを、全く予想していなかった。韓国大統領府は会談決裂の30分前に「南北対話が再び本格化すると予想している」と発表したが、直後にトランプ大統領が一方的に会談場を後にしたとのニュースが流れ、慌てふためいた。
(引用ここまで)

 以前にも「日本側は米朝首脳会談が決裂するのではないかという情報を早期に得ていた」という話が出ていましたが。
 その確認ともいえる記事。
 ビーガン北朝鮮特別代表が北朝鮮に飛んで事前協議を行った時点で日本側は異常を察知して情報収集に努めていたと。
 さらにハノイでの事前協議でも同様だったために、決裂を含めた複数のパターンのシナリオを用意していたとの話。

 これ、実際にうちも感じていたことで。事前協議からは米朝の主張が行き違っていることが見えていたのですよ。
 ですが、韓国国内からは楽観的な見通ししか出てこなかったのですね。政府筋からも、メディアの予想としても。

 その最たるものが2月25日のムン・ジェインによる談話でして。
 曰く「(キム・ジョンウン委員長に)核に代わり経済発展を選び、未来へ進もうとする決断に拍手を送りたい」「朝鮮半島の運命の主役は我々だ」「繁栄に向かう新朝鮮半島体制を主導的に準備する」とか言っていたのですよ。

「新朝鮮半島体制を主導的に準備」 米朝再会談控え文大統領(聯合ニュース)

 見ての通り、もうなにもかもが上手くいっているとしか思っていない。警戒心ゼロ。
 韓国の大統領府からは決裂の10分前にも「これで南北関係もうまく動き出すだろう」という談話を出していましたっけね。

 正直、米韓の事前情報にかなりの幅があって、楽韓さんも「……どういうこと?」と混乱してました。
 あまりにも韓国側が楽観一辺倒だったので「なにか水面下で情報があるのかなぁ」とも思っていたのですが、ただの幻想でした。
 アメリカでも「今回もなにも決まらないのではないか」という観測もあれば、韓国側の発表を受けてか楽観視しているメディアも少なからずありましたしね。

 韓国側は決裂に相当の衝撃を受けていたことは「決裂は日本のせいだ」という話が複数出てきたことからも分かります。

 ・韓国閣僚「日本は南北統一を妨害している。韓国は立ち向かわなければならないのだ!」……ですって
 ・米朝首脳会談が決裂した裏には日本の存在があった? 韓国メディア「最大の受益者は日本だ」「日本のロビー活動が背後に」
 ・今度は韓国野党党首が「米朝首脳会談決裂の裏には日本の影がある」と発言……日本ってすごい国なんですねー(棒読み)

 とまあ、米朝首脳会談が決裂した前後は情報面においてかなりの混乱具合であったわけです。
 ただ、韓国側からは悲観的な視点はゼロであったことは間違いないでしょう。

 さて、今回の米朝首脳会談決裂を通じて理解できたことがひとつあります。
 韓国側は事前になんの情報もキャッチできていなかった、ということです。
 日韓関係を修復する必要があるとする韓国メディアからは幾度となく「北朝鮮の核問題を解決するには韓国との連携が必要なはずだ」という声が聞こえてきています。
 最新のものだと中央日報の社説がそれですね。
 日本側でも日韓関係の必要性、動機として対北朝鮮の連携は挙げられることは少なくありません。

 ですが、今回の決裂で韓国側との連携なんて本当に最低限でいいのではないか、ということが見えてきました。
 日本側が入手できていた情報すら韓国側は入手できていなかった。
 むしろ、幻想しか抱いていなかったことがムン・ジェインの談話から理解できます。
 それでなくても韓国の外交筋は素人だらけになっていることは明白です。これまでの積み重ねをしてきた人材を「積弊勢力」として追放してしまいましたからね。
 韓国が北朝鮮情報について特別なラインを築く必要がない相手であれば、現状の日韓関係のままでいてもよいのではないか、ということになるのですけどね。