相互RSS募集中です

カテゴリ:そんなことは言ってないの記事一覧

パク・クネがアフリカで外交成果! 「ウガンダ大統領が北朝鮮との関係をすべて絶つと宣言」 → 嘘でした

ウガンダ大統領「北朝鮮との安保・軍事協力を中断」(中央日報)
    ↓
ウガンダが韓国発表の「北朝鮮との関係やめる」を全否定 「真実ではなく起こりえない」(産経新聞)
ウガンダのムセベニ大統領が29日(現地時間)、安保・軍事・警察分野で北朝鮮との協力中断を宣言した。ムセベニ大統領は首都カンパラにある大統領宮で行われた朴槿恵(パク・クネ)大統領との首脳会談で、国連安全保障理事会の対北朝鮮制裁決議2270号について「国際社会が広範囲の支持を送っている。北朝鮮との安保・軍事・警察分野の協力中断を含む安保理決議を忠実に履行するよう関係部処に指示した」と述べたと、金奎顕(キム・ギュヒョン)青瓦台(チョンワデ、大統領府)外交安保首席秘書官が伝えた。

朴大統領は会談でムセベニ大統領に対し、「北の核開発が韓半島(朝鮮半島)はもちろん、世界の安保に脅威となっている」とし「北の核オプション放棄のための国際環境形成にウガンダの参加が重要となる。韓半島の非核化と安保理決議の忠実な履行のために協力してほしい」と要請した。
(引用ここまで)
   ↓
 フランス公共ラジオによると、ウガンダ政府高官は29日、同国のムセベニ大統領が韓国の朴槿恵大統領との首脳会談で、北朝鮮との軍事分野などでの協力をやめると表明したとの韓国大統領府の発表を否定した。

 ウガンダ政府高官は発表について「プロパガンダだ」と批判し、仮に北朝鮮との協力をやめると決めたとしても「(決定は)公表されるものではない。だから真実ではなく、起こり得ない」と述べた。
(引用ここまで)

 G7に招待されたものの、それを足蹴にするようにして向かっていったアフリカ外遊。
 そこでパク・クネ大統領はウガンダの大統領から「北朝鮮との軍事関係をすべて取りやめる」という確約を得てきたのです。
 さすが「外交の名人!」となったのですが、案の定「そんなことは言っていない」でした。
 まあ、いつものこと、ではあるのですが。

 北朝鮮の歴代政権がアフリカ諸国へ経済援助をしているのはよく知られた事実。
 今回の韓国、北朝鮮の争いというのは、偉大さの争いでもあるのですよね。どちらがの言葉がより偉大か、その威光がどこまで到達するかの争い。

 韓国側の大統領府から発表された文章って、まだ理性的ですがちょっといじれば「我々の偉大なる大統領様が『北朝鮮とのつきあいをやめるように』との言葉をかけたところ、ウガンダの首脳はひれ伏して従いました」というような感じになるのですよね。

 それに加えて、韓国では外遊があったのであれば確実に外交成果が求められます。
 イ・ミョンバク大統領がエリクソンの役員に会えば1500億円の投資を申し込んでくる
 パク・クネ大統領がイランに行けば42兆ウォン規模の大規模投資が実現する。
 そして、アフリカに向かえば、北朝鮮とのつきあいをやめることを約束する。

 なにしろ偉大な大統領様ですから?
 ちょちょいと外遊すればG7なんて比較にならないほどの外交成果を手に入れてくるのですよ。
 原則的にその大半が嘘なのですけどね。



岡田克也「メルケル首相の発言はあった、間違いない」 → ドイツ政府報道官「そのような発言はなかった」と追撃

メルケル「和解」発言 民主・岡田氏は「紛れもない事実」と反論(産経新聞)
   ↓
メルケル「和解」発言 独政府報道官も「正しくない」(産経新聞)

ドイツのメルケル首相=9日、首相官邸 メルケル独首相が民主党の岡田克也代表との会談で「(日韓関係は)和解が重要」と発言したことを独政府が「事実はない」と否定したことを受け、岡田氏は13日、「(メルケル氏から)問題を解決した方がよいという話があった。「私もかなり丸めて言っているが、(メルケル氏が)慰安婦問題を取り上げたことは紛れもない事実だ」と述べた。国会内で記者団に語った。会談内容を独政府と岡田氏がそれぞれ否定する異常事態となった。

 岡田氏によると、独政府は民主党に「何も言ってきていない」という。

 岡田氏は「和解が重要」発言について「(メルケル氏が)一般論としてドイツの話を説明していく中で日本についても言及した。そういう説明をしたということは、日本のことについて当然念頭に置いて発言しているということだ」と説明した。
(引用ここまで)
ドイツのメルケル首相=9日、首相官邸 ドイツ政府のザイベルト報道官は13日の記者会見で、メルケル独首相が民主党の岡田克也代表との会談で「(日韓関係は)和解が重要」と促したとする報道について「正しくない」と否定した。

 ザイベルト氏は、メルケル氏が日本で質問に答える形で、ドイツがナチス時代の過去とどう向き合ってきたかについて発言したと説明。日本での記者会見で「(過去との向き合い方を)助言するために日本に来た訳ではない」との立場を表明したとし、岡田代表との会談でも同じ「表現を用いた」と強調した。 (中略)

 日本政府筋によると、ドイツ政府はメルケル、岡田両氏の会談内容を伝える報道を受け、在日ドイツ大使館を通じ日本外務省に連絡してきた。日本政府側からは照会していないという。
(引用ここまで)

 昨日、ドイツ政府から直々に「民主党党首との会談で『韓国との和解は大事だ』と発言したとされているが、メルケル首相はそんなことは言っていない」とばらされてしまいました。
 しかし、岡田も往生際悪く「確かにメルケル首相は言った。ちょっとはしょった部分はあるにしても、発言そのものがあったことには間違いない」と応酬したのですよね。

 でも、ドイツ政府の報道官からも「そんなことは言っていない」の追撃。
 しかも、日本政府から照会があったというわけではなく、日本での報道を見たドイツ政府がドイツ大使館を通じて直接日本政府に通知があったと。
 つまり、「メルケル首相は民主党党首との会談でそんなことは言っていないと広めてくれ」と要望があったということですね。

 それまでの来日してからのメルケル首相の発言と比べても、岡田との会談での発言はかなり浮いているのですよね。
 ドイツは常に周辺国から監視されているといっても過言ではない中、あんな話をするわけがないのですよ。
 そもそもが内政干渉ですし。

 もう、これはちょっとしたいいわけで済む話ではなくなってしまったように思えます。
 ドイツの行政の長と会談して、その内容を明かしたまではよいでしょうが。
 それが真っ赤な嘘であると先方から言われたわけですから。
 そして、それに対して「そんなことはない、確かに発言はあった」と抗弁したのですから。
 もはや、会談の一言一句を明らかにする以外に手はないと思いますが。
 そんなことができますかねー。

 韓国側も渡りに船とばかりに、この会談であったとされていた「メルケル首相の発言」を大きく取り上げていたのですが。
 いきなりはしごを外されちゃいましたね。


岡田民主党党首「メルケル首相は韓国との和解が大事と言われた」 → 嘘でした

メルケル独首相「和解が重要」発言「事実はない」 独政府、日政府に説明 民主・岡田氏と食い違い(産経新聞)
 メルケル氏は、安倍晋三首相と9日に首脳会談を行い、10日に都内のホテルで岡田氏と会談した。

 会談後、岡田氏や同席した民主党議員は「メルケル首相は会談で自ら慰安婦問題を取り上げた」と記者団に説明。「メルケル氏は『慰安婦の問題などはきちんと解決した方がよい。和解をすることが重要だ』と述べた」との旨も説明していた。

 日本政府関係者によると、会談には日本政府関係者は同席しておらず、会談内容に関する報道を受け、在京の独大使館側が、日本政府に「事実はない」と説明したという。
(引用ここまで)

 ……うわ。
 岡田は相変わらず言葉が軽いというか、行動がバカそのものですね。

 今回のメルケル首相訪日に関して、楽韓Webではなんら記事をピックアップしていませんでした。
 想定以上の話にはならなかったかなーというのが実際のところです。
 ただ、まるでメルケル首相のコメントひとつひとつを神の言葉ででもあるかのように頂戴していた韓国マスコミと韓国政府には苦笑しましたが。
 「見たか聞いたか、日本! 神はこう仰っておられる! ひれ伏せ! ひれ伏すのじゃあああ!」みたいな感じでしたね。


 でもまぁ、それを含めて想定内でした。
 ただ、さすがに会談内容を発表するのに嘘をつく、それも日本人がというのは考えていなかったですね。
 メルケル首相に日本政府(自民党)がやりこめられるというような構図を描きたかったのでしょうが。

 今回、メルケル首相は言葉をきっちり選んでいたなぁというのが印象でした。会見場に朝日新聞の選んだりしていたのは、もちろん意味があると思います。
 でも、実際の言葉は中韓に悪用されないレベルのものだったと思います。
 それがもっとも恐れていた事態でしたでしょうし、二国間関係はもちろん日韓間で解決すべきことだと慎重になっていたと思います。
 そりゃ、日本を必要以上に刺激して「いや、おまえらナチスだし」って話を蒸し返されたくはないでしょうしね。

 そういう側面があったので、日本政府側に政府レベルで「メルケル首相はそんなことは言っていない」って話を出したということになるのかな。

やぶへび
大沢在昌
2012-09-28

陸軍銃乱射事件:「搬送時に代役を使ったのは病院の依頼」 → 嘘でした 「救急車が…」 → 嘘でした 「救急隊員が…」

<韓国兵銃乱射>脱営兵の病院搬送写真、軍が代役使って演出した“偽物”だった(中央日報)
【取材日記】不必要な論争、自ら招いた軍の秘密主義=韓国(中央日報)

>偽兵士の護送という初めての事件に非難があふれると、軍は24日「江陵(カンヌン)峨山(アサン)病院の要請でそのようにした」と釈明した。とこ ろが病院側は「そのような要請はしたことがない」と反論すると軍は「再確認したところ、江陵峨山病院と契約していた129救急車だった」と言葉を変えた。 ところがその釈明も1日でこじれた。129救急車側が「軍にそのような依頼をしたことはない」と明らかにしたためだ。江陵峨山病院側も「調べてみたら、そ のようなことはなかった。129救急要員は医療スタッフでもなく病院機関でもなく、いかなる権限もない」として「常識的に救急要員が軍に要請できる部分で はない」と反論した。 再び論議が起きるとイム兵長を護送した国軍江陵病院側は26日「救急車に患者を乗せたところ(129側)の運転者が『峨山病院側から偽兵士を乗せて応急室 と地下室に分かれて入ることにした』と話して、そのまま従った」として「ただし病院側に特に確認はしていない」と明らかにした。しかしこの釈明も問題だ。 民間人である救急車の運転手の言葉だけを聞いて軍が偽患者を急ごしらえした輸送作戦を行ったという話のためだ。果たして国民がこれで納得できるだろうか。 (中略)

イム兵長のメモをめぐる軍と遺族の間の真実攻防も同じだ。イム兵長が自殺を図る前に残したメモは、今回の事件の核心的な端緒だ。内容を公開してほしいとい う要請に軍は「遺族が強力に反対しているのでメモを公開できない」と明らかにした。だが遺族側は26日、そのような要請をしたことがないと反論した。遺族 側は「軍が私たちを言い訳に嘘をついている」と不満を言い放った。
(引用ここまで)

 銃乱射事件の犯人が自殺を図って、病院に搬入されたときに代役を使ったのですよ。
 ですが、「なんでそんなことをした!」と非難の声が上がると陸軍が「病院からの依頼でそうした」コメント。
 で、これが真っ赤な嘘でした。

 病院側が「そんなことは言っていない」と反論すると「病院ではなく、民間救急車の依頼だった」と。
 今度は民間救急から「そんなことは言っていない」と言われると、「救急車の運転手がそう言ったので従った」と話を変更。

 最後の段落の「メモを公開するなと遺族に言われた」に至ってはもうもはや意味不明。

 その場その場で言い訳をするためだけに嘘をつく。
 もはやなんのために嘘をついているのかすら不明。
 なにかを守ろうとしているのか、それとも嘘をなかったことにしようとしているのか、それともただ単に広報担当者が口から出任せを言っただけなのか。

   「現場が混乱するから、そういった方策を軍の指針として行った」とか、最悪でも「現場が混乱していてどのようにしてそうなったのか不明」でいいと思うのですが。
 まあ、下品だとは思いますがやりかたとしてはありかなとも思います。
 その場を言いつくろうためだけに嘘をつくよりはよっぽどありですわ。
 それができないのはメンツを守るためなのかなんなのか。
 今回の出来事自体が軍のメンツをなくすには充分なものではあると思うので、それ以上のことがあってはいけないという保身かなぁ。

 ま、韓国人の文化と嘘の親和性というのはものすごく高いので、こうして嘘をつくことに馴れきっているという可能性も高いと思います。
 それが思ってた以上に叩かれて慌てている……というのが実際ですかね。

 彼らは政府のプレスリリースで普通に嘘をつける人たちですから。

首相談話の「お渡しする」を「返還する」と嘘の翻訳をしてくれる韓国外交部
世間話を「エリクソンが韓国に投資する」と韓国政府がプレスリリースに掲載

 このくらいの嘘、あってもなんの不思議もないのですよね。
 ……そういう韓国人の所業に馴れすぎてしまっているな、とは思いますが(笑)。


 

「日韓局長級協議の議題は慰安婦問題だけだ」と韓国大使が断言した……いつものアレです

局長級協議の議題 慰安婦問題でほぼ合意=韓国駐日大使(聯合ニュース)
慰安婦に絞り協議、日本側と「約束」 韓国の駐日大使(産経新聞)

韓国の李丙ギ(イ・ビョンギ)駐日大使は7日、ソウル市内で記者団に対し、日本との局長級協議について、「慰安婦問題だけでまずは始める考えだ。(日本側と)ほぼ合意している」と明らかにした。4月中旬の開催については「(実現するよう)努力する」と述べた。

 慰安婦問題に関しては、「日本の政治指導者たちも本心は同様だ。(慰安婦問題について)一度向き合おうとしている」と述べた。(中略)
――局長級協議の議題は。

「まずは慰安婦問題だけで始める考えだ。具体的に誰が何をするかについては決まってないが、ほぼ合意している」(中略)
――法的に解決済みという日本が慰安婦協議に応じる理由は。

「慰安婦問題は1965年の請求権協定締結時に懸案として浮上しなかった。請求権交渉の別途条項の中には(協議された)以外の紛争は(外交上のルートを通 じて)解決していくというものがある。我々は(日本との協議で)これを示す。誰とは明かせないが、日本の政治指導者たちと話をしてみると、本心は同様だ。 一度は向き合って検討してみようというのだ。しかし、政治的な負担にならないよう表には出てこない」
(引用ここまで)
   ↓
> 一方、日本政府筋は「議題が慰安婦問題に絞られることはない」と主張した。日韓は協議開催では大筋合意しているものの、元慰安婦女性の賠償請求権問題だけを扱いたい韓国と、他の両国間の懸案を幅広く扱うべきだとする日本との間で調整が難航している。
(引用ここまで)

 まず間違いなく、「そんなことは言っていない」になると思います。
 韓国独特の「言ってしまえば勝ち」という精神、声闘ですね。
 いつものことです。

 コンサートの出演者とか韓国代表監督だとかを先にアナウンスだけしておくってヤツ。オファーよりも前に発表。
 断られたら「もう発表しているのにこっちのメンツはどうなる!」ってアレ。
 昔ならそれも通用したかも知れませんが、もはやその手は見え透いているのですよ。
 無理。

 もし、いまの日本で局長級会議でそんな風に議題を絞ったとしたら、ヘタをしたら罷免されますわ。
 もしくは外務省で誰がそんな話をしたのかが個人特定されて、大炎上すらありえる。
 この「大嫌韓時代」で「慰安婦問題だけを外交問題として語る」なんてのは煮えたぎる油壺に手を突っこむような行為ですわ。
 大やけど必至なハイリスクなのに、見返りのほとんどないローリターンな貧乏くじを引きたがる輩はいませんよ。

「国防総省の朝鮮戦争展示展に日本海と書いてあったので抗議したったw」 → 嘘でした

米国防総省の朝鮮戦争展示館、地図に日本海単独表記(朝鮮日報)
「日本海『東海』呼称を検討」との韓国報道を完全否定 米国防総省「要請すらない」(産経新聞)


> 米国防総省は12日、日本海の呼称を東海に変えるよう求めた韓国軍トップの要請に対し、米当局者が呼称変更を検討すると回答したと伝えた韓国メディアの報道について、「(検討どころか)要請はまったくない」と明確に否定した。産経新聞の取材に答えた。

 韓国の聯合ニュース(12日付電子版)は、鄭承兆(チョン・スンジョ)合同参謀本部議長が今年6月、米国防総省内で開催中の朝鮮戦争休戦協定60周年記 念展示会で、展示物の地図に記載された「Sea of Japan(日本海)」を「East Sea(東海)」に書き換えるよう求め、米国防総省当局者は 「検討すると回答した」と報じた。
(引用ここまで)

 まーた、「そんなことは言ってない」と「嘘でした」で「ローマに来てもローマ人が韓国人に従え」ですね。
 日本人は「言ったら実現してしまう」という呪いとしての負の言霊信仰がありますが、韓国人はその逆の信仰があるようです。
 まあ、信仰だのなんだのそんなきれいなものじゃなくてただの言ったもの勝ちなだけなのですが。

 この場合はほとんど「国内向け」の発言ですよね。
 アリバイ作りというか、『アメリカが日本海と書いていたので抗議してみたwww』というくらいのもの。
 実際にそういう要請をしたのかどうか、抗議したのかどうかなんてどうでもいい話。むしろ、アメリカの方針として却下されるのは目に見えているのだから要請しないほうが効率的とすら言えるんじゃないでしょうかね。

 国内向けに「アメリカに対して要請したったwww」って言えれば韓国的には充分。
 メンツはそれで立ちますし、実際にどうだったかなんて普通の国民は看過しようがないですからね。
 でも、こうやって取材されちゃったら終わりなんですけども(笑)。


 

「アジア各国政府と協力して慰安婦像を建立していく。まずはシンガポール政府と協力する」→嘘でした

韓国の団体がアジア諸国に慰安婦像設置の計画、シンガポールは拒否―中国報道(新華社通信)

>インドネシアのジャカルタグローバル紙は30日、韓国の団体、韓国挺身隊問題対策協議会がこのほど、「シンガポールを皮切りに複数のアジアの国に慰安婦像を設置し、旧日本軍の性的奴隷となったアジアの女性たちの記念とする」と表明したと伝えた。同団体は、すでにシンガポール当局と協議し、代表団をシンガポールに送って最終プランを決定すると説明。シンガポール以外では中国やマレーシア、インドネシアに慰安婦像を設置する予定だとした。

シンガポール文化省は30日、「シンガポール政府と韓国挺身隊問題対策協議会が慰安婦像の設置について協議、検討したことはない」と表明した。
(引用ここまで)

 いつものようにいつものごとく。
 挺対協としては、すでに協力体制のところがあるように見せかけて、他の国との交渉材料にしようとしたのでしょう。
 これは韓国人が本当によくやる手です。
 たとえば「韓国芸能人関係者」とか「工業団地誘致局」なんかがやってますね。
 あ、大統領府もやってましたっけ

 しかし、シンガポール当局からあっさりと嘘をばらされて終了。
 慰安婦問題は日本と韓国の政治的なイシューであるという認識ができているのかもしれませんね。

 こんな風に自分たちで自分たちの首を絞めていくのですから、韓国人というものは御しやすいのです。
 「こうすればこういうリアクションが返ってくるだろうな」と想定したら、その通りに行動してくれるのですから。
 深慮とかそういうものごとからもっとも遠い位置にあるのですよ。
 時としてはるか彼方斜め上のリアクションをしてくれることもありますけどね。

反対尋問の手法に学ぶ 嘘を見破る質問力反対尋問の手法に学ぶ 嘘を見破る質問力
著者:荘司 雅彦
販売元:日本実業出版社
(2008-06-19)
販売元:Amazon.co.jp

イ・ミョンバク「竹島問題でこれ以上の騒ぎは起こさない」「天皇謝罪要求は曲解されている」 → そんなことは言ってない

韓国大統領、竹島問題「これ以上騒がない」(読売新聞)
李大統領、天皇謝罪要求発言について釈明(朝鮮日報)

> 韓国の李明博(イミョンバク)大統領が、自らの竹島上陸や天皇陛下への謝罪要求発言で冷却化した日韓関係の打開策を探るため、日本に詳しい韓国人有識者5人を大統領府の朝食会に招いて非公式に意見交換していたことがわかった。

 出席者が本紙に明らかにした。

 朝食会は5日、約2時間行われた。大統領が日本研究家を集めた会合を持つのは異例。(中略)

 大統領は、天皇陛下に対する謝罪要求発言については「歴史問題については首相が何度もおわびするより、日本で最も尊敬されている(天皇 陛下が)訪韓してお言葉を述べれば容易に解決されるという意味だった」と説明したという。出席者は「(天皇陛下が)日韓和解の決定的役割を果たすことがで きると大統領は期待していた」と話す。大統領は、日本政府が求める謝罪や発言の撤回には触れなかった。
(読売新聞より引用ここまで)

> とりわけ朝日新聞は、李大統領がそのとき、先月に天皇の謝罪を求めた発言をめぐり「私の発言がねじ曲げられて日本に伝わっている。過去の問題が 浮上するたび、日本との関係が悪くなるという悪循環を、天皇の韓国訪問で断ち切れないか、日本の首相が何度も謝罪するよりも、日本で最も尊敬されている天 皇が言葉を述べれば、歴史問題が容易に解決するという意味だった」と語った、と報じた。

 この発言は、見方によっては、李大統領や韓国政府の対日政策の基調が一部変更されたものと解釈される余地がある。これに対し大統領府の関係者は「懇談会を行ったのは事実だが、対日政策の基調が変更されたことはない」とくぎを刺した。(中略)

 今月5日の会合に出席したA教授は、李大統領が「天皇に対する謝罪要求発言について釈明した」との朝日新聞の報道に関して「会合の際、天皇の謝罪 についての話はほとんどなく、考えを変えたとか変えないといった話題もなかった。むしろ李大統領は『(天皇の謝罪を求めた発言の際)記者はいないと思って いた』と語った」と話した。問題の発言は、李大統領の普段からの考えを表明したものというわけだ。
(朝鮮日報より引用ここまで・太字引用者)

 いくつかの報道では「謝罪だけを求めたわけではない」というようなニュアンスで報じられていますが、朝鮮日報での報道を見るかぎりではイ・ミョンバクの真意というのは謝罪要求そのものであることが分かります。
 朝鮮日報にある「(謝罪要求は)イ・ミョンバクの普段の考え方を述べたもの」という話のほうがしっくりきますよね。
 どちらにせよ、伝聞なのであまり意味のある報道でもないですね。
 イ・ミョンバク自身が記者会見をしてきっちりと謝罪するか、最低限として発言の撤回でもないかぎり、なんら意味を持たないでしょ。

 そもそも、実際に「竹島についてこれ以上騒がない」って言ったところで、これ以上の騒ぎかたって実際に開戦するくらいしかありませんよ。こっちは大使の召還までやってるんだから。
 とりあえず一線を越えたことは自覚しているようで、それが確認できただけでもよかったですけどね。