相互RSS募集中です

カテゴリ:パク・クネの記事一覧

【速報】パク・クネ、懲役24年・罰金180億ウォンの有罪判決

カテゴリ:パク・クネ コメント:(139)
タグ: パク・クネ
 パク・クネに一審で懲役24年、罰金180億ウォンの判決が下りました。

 以下は実況で有罪、無罪になったものの一覧です。実況をその場で翻訳したものなので、異なっている部分があるかもしれないことをご承知おきください。

 Kスポーツ財団、ミール財団への財閥に対する支援金強要について職権乱用罪、強要罪で有罪。
 チェ・スンシルの企業によるヒュンダイ自動車への広告出稿強要について一部有罪。
 ポスコへのフェンシングチーム設立強要についても有罪。
 KTへの採用強要、広告代理店の選定についても強要罪、職権乱用罪で有罪。
 サムスングループへの「英才センター」への支援金でも有罪。
 CJグループの経営陣を退陣させるための強要未遂で有罪。
 チェ・スンシルの意見を聞くために大統領府の機密書類47件について流出。公務上の機密漏洩で有罪。
 Kスポーツ財団へのロッテからの70億ウォン支援を求めた件について「第三者賄賂」で有罪。
 サムスングループのチェ・スンシルへの213億ウォン支援については無罪。
 SKグループへの89億ウォン要求容疑で有罪。
 サムスン36億ウォン支援について賄賂罪で有罪。
 サムスンによるチェ・スンシル、チョン・ユラへの馬術競技用の馬購入などのサポートについても賄賂認定。
 イ・ジェヨンへの英才センター支援については「黙示的請願」を賄賂と認めず無罪。
 文体部局長が「ブラックリスト作成」に消極的だったために辞職を強要した件について職権乱用で有罪。
 文化人のブラックリスト作成で排除は憲法違反。職権乱用で有罪。


魔女狩り 西欧の三つの近代化 (講談社選書メチエ)
黒川正剛
講談社
2014/3/10

韓国与党議員「パク・クネ政権は怪我をした元慰安婦を治療し、見舞いまでして世論工作していた。とんでもないヤツらだ!!!」……えーと、もう1回最初から言ってもらっていいかな?

カテゴリ:パク・クネ コメント:(48)
「挺対協実体知らせなさい」... 朴政府、慰安婦関連世論工作(ノーカットニュース・朝鮮語)
朴槿恵政府が「12 .28韓日慰安婦合意」以降急激に悪化した世論を反転させるために挺対協など日本軍慰安婦被害おばあさん支援団体をまるで反政府勢力のように描写するなど、積極的に世論工作を行った情況が明らかになった。

さらに8月死去したハ・サンスク日本軍慰安婦被害おばあさんが生前に、中国での事故で重体に陥った切ない状況を世論工作に活用することもしたし、民弁(民主社会のための弁護士の会)が外交部を相手に、日韓慰安婦の合意の交渉文書公開訴訟を提起したことについてもいちいち青瓦台が対応方針を指示した情況も分かった。

11日共に民主党イ・ジェジョン議員とCBSノーカットニュース取材によると、昨年1月4日に作成された「秘書室長の指示履行と対策(案)」(以下「秘書室長の指示」)文書には、「大多数の国民が慰安婦問題背後にある挺対協などの批判勢力の実体をよく知らないので、国民がその実体をひとつひとつ知ることができようにする方案を講ずること」とされている。

挺対協(韓国挺身隊問題対策協議会)は、1990年に結成された団体で、日本帝国主義の蛮行として行われた日本軍慰安婦問題の解決を促して、被害者(生存者)の名誉回復など率先してきた団体だ。

昨年1月24日に作成された「秘書室長の指示」文書にも挺対協など慰安婦を支援する市民団体を狙った部分が出てくる。

この文書には、「挺身隊対策協などが『慰安婦の合意無効』を主張する大規模な集会(1.30予定)を推進するが、一度ローキー(Low - Key)基調を維持しながら、慰安婦対象説得努力を継続する一方で、参加団体の実体がメディアに自然にさらされる可能性のある方策も検討する」と明示されている。

慰安婦の合意に反発した団体を、反政府勢力やまるで背後勢力があるかのように描写しながら、これらを牽制することを当時の青瓦台の李丙ギ秘書室長が直接指示したもので、大統領府が慰安婦合意以後悪化した世論を反転のための世論工作の司令塔の役割をしたものと思われる。

朴槿恵政府が海外に居住する慰安婦被害おばあさんの転倒を世論工作の手段として活用した情況も明らかになった。

故ハ・サンスク慰安婦被害おばあさん(8月28日死去)は、昨年2月に中国に居住する当時の階段で倒れ大きく負傷した。肋骨が肺を刺し重篤な状況になったのだ。

これに対して政府は4月1日報道資料を出しておばあさんの治療のために、国内の医療陣を派遣すると発表した。また、一週間後にしおばあさんを国内に移送して治療を行うという事実もメディアに知らせ、ハおばあさんの手術が終わった後には、黄教安首相(当時)とユン・ビョンセ前外交部長官、ガン・ウンフイ前女性家族部長官などが相次いでお見舞いをした。

しかし、このような政府の対応に真正性を疑わせる部分が4月1日に作成された「秘書室長の指示」文書で出てくる。

この文書には、「最近の事故で重体に陥っている中国の居住慰安婦に政府が専門医療陣を派遣し、健康状態を確認した後、国内移送するかどうかなどを検討する計画だが、このような政府の努力を促進することが必要」と出てくる。

政府の素早い対応と政府高官らの相次ぐ見舞いが韓日慰安婦合意以降悪化した世論を反転させようとの世論工作の次元で行われたものと解釈することができる内容である。

宗教団体を動員し、世論工作を行った情況も分かった。(以下略)
(引用ここまで)
 おや、残念。挺対協の背後関係をきっちり洗い出すようなことができれば、それは韓国のためにもなったと思うのですけどね。
 これも「前政権への報復」のひとつといえるでしょう。
 ノーカットニュースと共に民主党の議員が明らかにした、ということですからね。
 「日韓で慰安婦合意を決めたあとに、世論工作をした」と決めつけていますから。

 でも、この「世論工作」と言われるもの、中身を見たら普通のことにしか見えません。
 一度、政権として取り決めた合意を遵守するために世論を自らの政権にとって好ましいものにするというのは普通の行為ではないですかね?
 それに反対する挺対協や他の団体は明らかに北朝鮮からの息がかかっているのは間違いないし、そこをつくのは常套手段でしょう。

 引用部分の後半にある「中国在住の元慰安婦がけがをしたから、韓国国内に移送して治療」っていうのも、同様のことで。
 実際にこれをやってまして。ユン・ビョンセやファン・ギョアンが見舞いに行ってましたね。
 これが世論工作だったそうですよ。
 ……いや、まあなぁ。

 何度も楽韓Webでも書いているように韓国の政権交代は確実に易姓革命であり、前政権は叩き潰す対象にしかならない。
 パク・クネ政権を弾劾することで成立した今回のムン・ジェインの場合は、その性格を過去の政権よりもより多く持っている……にしても。
 これは普通にパク・クネ政権の善意だろ。
 「こうして温情を見せることで世間にパク・クネ政権の正統性を広めようとしているのだ」みたいな考えかたなんでしょうが。
 意図が悪であっても行動が善であれば、それは善なんだよなぁ……。ましてや、これは意図そのものも悪とはいえない。

 こんなことまで「悪」として認定するのであれば、その悪意は次に政権を失うであろう5年後だか13年後だかにより増幅されて自分たちに帰ってくるだけでしょうにね。
 もっと他にやることないのか、おまえらって話です。

 ま、このニュースについているコメントはほぼすべて「パク・クネを高く吊せ」ってものばかりなので、これはこれで正解なのかもしれませんけどね。

「韓国広報専門家」のソ・ギョンドク教授、選挙時の世論操作をしていた容疑で捜査される → 「関係していたら教授も広報活動もやめる」→ 嘘でした

ソ・ギョンドク「お金ないた→受けた」と言葉を翻した理由とは(韓国経済TV・朝鮮語)
「国家情報院のコメント部隊」チーム長(外郭長)の活動疑惑を受けているソ・ギョンドク教授が国家情報院のお金を受け取ったことがない従来の主張をひっくり返し作品展示のための運搬費支援を受けたことがあると明らかにした。

先立って去る4日JTBCは国家情報院の民間人のコメント部隊長に活動費を与えた後、領収書のソ・ギョンドク教授のサインが入った200万ウォン相当の領収書が発見され、証拠として提出されたと報道した。

これに対してソ・ギョンドク教授は、「教授と20年以上してきた韓国の広報活動をすべて降りておく」と断言し、国家情報院側とどのような出会いを持つことも全くなく、活動費を受けた内容は事実ではないと否定した。

特にソ・ギョンドク教授は、「(国家情報院から)お金を受け取った記憶が全くない。率直に言って、領収書のような紙に署名した記憶も出ない。国家情報院が確保したという領収書は、私に一度見せたらいいだろう」と自信を見せた。この疑惑が浮上したのには、国家情報院に通う知人が自分の名前を売って虚偽の事実を報告したという説明も付け加えた。

しかし、5日ソ・ギョンドク教授は、国家情報院から支援費を受けており、署名した事実もすべて認め、既存の主張を覆した。ただしこれは、コメント部隊活動費名目ではなく、ユネスコハングルの作品展示のための運搬費支援だったと釈明した。また、この支援費も、「知っている国家情報院職員が助けてくれただろう」と言って議論の余地を残した。
(引用ここまで)


 ソ・ギョンドク教授がいわゆる「コメント部隊」として働いていたのではないかということで警察から捜査を受けている、という話題。
 このコメント部隊の話を書くのははじめてじゃないですかね?
 ちょっと解説しておきましょう。

 2012年の大統領選で「パク・クネ(あるいはイ・ミョンバク)は正しい、ムン・ジェインの言うことは間違っている」とNAVERだのDAUMだので書き続けて、世論を操作したという疑惑がありまして。
 疑惑というか、公職選挙法で逮捕された国情院職員がいたので事実やっていたのですが。
 これを主導していたのが「国家情報院=国情院」なのですね。

 すでに終わった事件かとも思われたのですが、ムン・ジェインが大統領になってから再捜査がはじまっています。なんでかって?
 そりゃ、そういった手段で2012年に自分を落選させたパク・クネ(とイ・ミョンバク)に復讐するためですよ。
 それもかなり徹底したものとなっているとのことです。

 で、その徹底した捜査の中でソ・ギョンドクの関与が浮かんできたというのが今回の話。
 当初、この疑惑が明らかになったときには一切関係ないと明言していたのですよ。

「(国情院との)関係は一切ない」
「(関与していたら)20年間続けてきた韓国広報活動をやめる」
「教授も辞める」
「200万ウォンの領収書が出た? サインした覚えなどない」
「その領収書とやらを私に見せてみろ」

 このくらいの強さで断言していたのですね。
 で、昨日になってから──

「やっぱりお金はもらっていた」
「200万ウォンの領収書にサインしたのも自分だった」
「コメント部隊としてではなくて、ユネスコのハングル展の運営費支援のお金だった」

 などと言い出したとのこと。
 1日でなにがあったのか気になるところですね(笑)。
 ちなみにこのスクープを出したのはJTBCで、チェ・スンシルのタブレットPCを入手したとして世紀のスクープを手にしたところです。

 反日的である、ないを別にしてどうもこの教授、言っていることがおかしかったので人間的にアレなんじゃないかなぁ……という感じはしていたのですよね。
 「国外に衣料品を送るボランティア活動の送料を作るために、衣料品の99%を国内で売り払った」とか。
 「日本の主要都市に数万枚単位のポスターを貼ってきた」って豪語したのに、そのポスターを見たという日本人がひとりもいなかったり。
 ニューヨークのタイムズスクエアに独島広告を出した広告料を代理店が持ち逃げしていたなんてこともありましたね。
 韓国人としては当然といえる行動ですが、論文盗用もやっていました
 化けの皮がついにはがれたというか、個人的にはすごく納得しています。
 こういう行動をしていくには、韓国では政権とべったりになっている必要があるのだろうな、とも思いますしね。

ムン・ジェイン政権「パク・クネ政権が慰安婦合意を違法に指示していた文章を発見したぞ!」→菅官房長官「韓国の国内事情にはコメントを控えたい」

慰安婦合意の違法支持文書発見も、日本「韓国は合意履行を」(朝鮮日報)
 朴槿恵(パク・クンヘ)政権が2015年の韓日慰安婦合意に関して違法な指示を出していたことを示す文書が見つかったことに関連し、日本政府は18日「合意の着実な履行を求める」という従来の立場を繰り返した。

 日本政府の菅義偉官房長官は同日午前の定例会見で、問題の文書の発見が慰安婦合意見直しの動きに影響を与えるかとの質問に対し「韓国政府内部の文書であり、(日本)政府としてはコメントを差し控えたい」と述べた。
(引用ここまで)

 まあ、韓国国内でなにがあろうとどんな事情であろうと。そして、それが違法であろうと適法であろうと脱法であろうと知ったこっちゃないのですけどね。
 政府間で合意を形成したのであって、その片方の国内事情なんかどうでもいいのですよ。

・パク・クネは前政権だ→知らんがな
・パク・クネは弾劾された→知らんがな
韓国国民が情緒的に受け入れられない→知らんがな
・当事者が受け入れていない→7割受け取ってる
・パク・クネが違法に行った→知らんがな

 韓国側がどんな事情を全面に押し出そうと、日本側には一切関係がない。
 安倍総理が言っているように、慰安婦合意は日韓関係の一丁目一番地
「最終的かつ不可逆的に解決」された問題を再度持ち出すのであれば、裏書きをしたアメリカとの関係も含めてそれなりの覚悟をすべきなのですが。
 ここをスルーしてツートラック外交とかあり得ないのですけどね。

パク・クネの父親、朴正熙の生誕100周年記念切手が発行取り消し。もちろん、理由は……

元大統領の朴正熙誕生100周年記念切手 発行計画取り消し=韓国(朝鮮日報)
 韓国の郵政事業本部は12日、切手発行審議委員会を開き、9月に予定していた朴正熙(パク・チョンヒ)元大統領の誕生100周年記念切手の発行計画を取り消すことを決めた。

 決定していた切手の発行計画が取り消しになるのは今回が初めて。朴元大統領の娘である朴槿恵(パク・クネ)氏が大統領在任中だった昨年4月に発行を要請し、同年5月に発行が決定した。政権交代後に発行計画が撤回されたことで政治問題に発展する可能性もある。

 切手の発行を巡っては国家公務員労働組合や市民団体などが反発。郵政事業本部は革新系の「共に民主党」の文在寅(ムン・ジェイン)氏が大統領に就任した後の今年6月中旬には計画通り発行するとしていたが、同月末には方針を変え、再審議するとした。

 審議委員会では12人中、8人が取り消しに賛成、3人が発行に賛成した。
(引用ここまで)

 パク・クネの本来の任期は来年の2月まででした。
 なのでこの朴正熙の生誕100周年切手もパク・クネの任期中に出すことができるはずのものだったのですね。
 ですが、ご存じの通りに弾劾成立で任期は短縮され、今年の5月からムン・ジェイン政権下となりました。

 となれば、こういった朴正熙関連のものはすべて覆されて当然です。
 そもそも去年の11月の時点でソウルの光化門にできる予定だった立像も、ソウル市長であるパク・ウォンスンによって拒絶されています。
 その他、生家が放火されたりもしていましたね。
 ムン・ジェインは就任時、「わたしはすべての人間にとっての大統領となる」ときれい事を宣言したものの、その2日後には「イ・ミョンバクのやった事業はすべて精査せよ」との命令を出しています。
 今回の記念切手発行取り消しも易姓革命の韓国における政権交代であれば、当然起こるべくして起きた事例です。

 民間ではムン・ジェインを支援してきた労組があたかも正義の代行者であるかのように振る舞い、ムン・ジェインもそれを追認しています。
 今回の記念切手事業取り消しもムン・ジェイン本人の指令ではないでしょうが、その意向を忖度して行われたものでしょうね。
 ま、パク・クネも同じように左派を弾圧してきたので、今度は保守派が弾圧される番ということです。
 そのわかりやすい例として、ピックアップされるでしょうね。

この政敵を弾圧する感じ、北朝鮮のそれと同じ空気だなぁ……。
超・反日 北朝鮮化する韓国
呉善花
PHP研究所
2017/6/30

韓国保守派論客「改革を志したパク・クネ大統領が愚かな群衆に弾劾されてしまった……」

韓国経済新聞論説顧問「愚かな群衆が改革大統領を弾劾」(中央日報)
鄭顧問は先月31日に出演したインターネット放送「鄭奎載TV」で、「朴前大統領が逮捕された事態をめぐって泣く人は少数。多くの国民、すなわち広場の踊る群衆は魔女を鉄の檻に閉じ込めたことを祝い嘲弄している」と批判した。鄭顧問はまた「彼らは『われわれが主権者だ。いま正義は実現された』として祝杯を上げている」と話した。

彼は続けて「朴前大統領は1日で魔女になった。こうしてひとつの時代が終わりに向かって走って行っている」として崔順実(チェ・スンシル)事態の性格を規定した。彼は今回の事件を「巨大になり腐敗した国会が改革大統領を弾劾した事件」「狂気にとらわれたメディアが改革大統領を逮捕した事件」「労働者の血を吸う強硬路線労組が改革大統領を弾劾した事件」「悪魔のささやきにあまりに簡単に自身の耳を貸す愚かな群衆が改革大統領を弾劾した事件」と定義した。

その上で鄭顧問は「行き来した金がないわいろ事件という希代の犯罪を記憶しなければならない。謀略と陰謀と大衆の無知が作り出した希代の事件を私たちは永遠に記憶しなければならない」と付け加えた。
(引用ここまで)

 このチョン・ギュジェという韓国経済新聞の論説顧問という人、1月末にパク・クネにインタビューしてその様子を自らが主催するインターネット番組で公開した人物です。
 「極右論客」とも呼ばれる人物だそうですね。
 インタビュー当時、主筆という肩書きでした。
 主筆はその社における論説の背骨となる人物のことです。新聞における編集長的な存在……ですかね。
 韓国経済新聞自体が保守派メディアなので、その色を濃く出した論客であるのは間違いなかったのですが。
 それが2ヶ月ちょっとしたら「論説顧問」になったのは降格とも受け取れるものですが……ま、実際にはどんな意図の下でそうなったのかは不明ではあります。

 さて、その「極右論客」とされる、チョン・ギュジェ氏が今回の弾劾→罷免の流れについて「愚かな群衆が改革大統領を弾劾した事件」と語ったことがニュースになっています。
 現在の韓国における保守派の気分というものがよく分かりますね。
 パク・クネが改革大統領であったかどうかはともかく、日本から見たら「そんなことで弾劾されるもんかねー」みたいな部分があるのは確か。

 でも、それが韓国国民の大半が望んだことです。
 国会議員であろうとも憲法裁判所の判事であろうとも、誰も国民情緒法という至高法には逆らえないのですからね。
 あれを「韓国こそ本当の民主主義を体現した国だ」とか言ってしまう輩もいて苦笑せざるを得なかったのですが。
 気に入らないことがあったら大統領やめさせて再選挙が民主主義の姿なのかって話ですわな。

アテネ民主政 命をかけた八人の政治家 (講談社選書メチエ)
澤田典子
講談社
2010/4/8


パク・クネが報道陣の殺到する裁判所の玄関から入らざるを得なかった理由とは……

国政介入:朴槿恵前大統領を逮捕(朝鮮日報)
朴槿恵前大統領を逮捕、拘置所に収容 韓国検察(産経新聞)
 ソウル中央地検特別捜査本部は31日、在任中に総額433億ウォン(約43億円)の賄賂を受け取った疑いなどで朴槿恵(パク・クンヘ)前大統領(65)を逮捕した。

 ソウル中央地裁は30日午前10時半から午後7時すぎまで9時間近くにわたり逮捕状交付の是非をめぐる審査を行い、31日午前3時3分に逮捕状を交付した。前職の大統領が逮捕されるのは、1995年の全斗煥(チョン・ドゥファン)元大統領、盧泰愚(ノ・テウ)元大統領に続き3人目となる。(中略)

 前職大統領に対する裁判所による礼遇はなかった。朴前大統領は一般の被疑者と同じく、ソウル中央地裁西館の出入り口を通り、法廷がある3階まで階段で上った。検察による聴取時の「大統領」という呼称は裁判所では「被疑者」へと変わった。
(引用ここまで)
 検察によると、朴容疑者は友人で女性実業家の崔順実(チェ・スンシル)被告と共謀し、最大財閥、サムスングループから約298億ウォン(約30億円)の賄賂を受け取った疑い。高額の賄賂犯罪を処罰する特定犯罪加重処罰法上の収賄などの容疑がある。

 また、朴容疑者は同法違反に加え、崔被告が実質支配した財団に対する計約774億ウォンの出資を大企業に強いた職権乱用や強要のほか、大統領府秘書官を通じて機密文書を崔被告に渡した公務上機密漏えいなどの容疑ももたれている。

 サムスンの経営トップである李在鎔(イ・ジェヨン)被告は既に起訴済みで、朴容疑者の起訴は避けられない情勢だ。
(引用ここまで)

 まあ、「やっぱりな」以外の言葉は出てきません。
 昨日は地裁で午前中から長時間の聴取を受けたのですが、パク・クネ側は地裁前の報道陣が集中する場所を避けたいと裁判所に依頼していたのだそうですよ。
 チェ・スンシルがもみくちゃにになって靴が脱げた場所ですね。で、それがプラダ製だったので、なおのこと韓国国民からの怒りを買ったという。
 あとナッツ姫が小声で「申し訳ございません」って言ってたところでもあります。
 いわば、あの裁判所前というのは「罪人が晒し首」になる場所なのですよ。

 地裁に入るのであれば地下駐車場から直接入ることのできるエレベーターもあるので、そちらを使わせてくれという依頼があったとのこと。
 だけども、地裁はそれを却下して「玄関口から入るように」とわざわざ通達したのだそうですよ。
 つまり、「おまえはもはやただの一般の被疑者と同じなのだ」ということを通達したのです。
 というか、そうしないと国民情緒が許さない。
 ヘタに特別扱いでもしようものなら、暴徒と化した国民情緒が裁判所に向かいかねないという危惧からこうしたというのが実際のところなのでしょう。

 実際の審理でも同様の経緯を辿ることになるのでしょうね。
 国民が求める逮捕で、国民が求める起訴をされ、国民が求める有罪になって、国民の求める即時拘束になって、国民の求める収監……。
 そしてその度に「我々はろうそく革命で正義を成し遂げた!」と気持ちよくなるのでしょうよ。

朴槿恵の真実 哀しき反日プリンセス (文春新書)
呉善花
文藝春秋
2015/8/20

パク・クネの逮捕は月末に決定、そしてムン・ジェインは党内予備選を圧勝で勝ち抜ける模様

朴前大統領の逮捕状発付是非 決定は31日未明か(聯合ニュース)
韓国大統領選 最大野党の初の予備選で文氏が圧勝(聯合ニュース)
ソウル中央地裁が収賄などの容疑で逮捕状が請求された朴槿恵(パク・クネ)前大統領の令状審査を30日午前10時半から行うと決めたことにより、朴氏が逮捕されるかどうかは30日深夜から31日未明ごろ決まる見通しになった。

 法曹界などによると、逮捕状発付の是非をめぐる令状審査は容疑者が立ち会って立場を明らかにするが、当事者が外部に露出することを望まないか、裁判所が質問を行う必要がないと判断すれば審査を行わない場合もあり、朴氏が出席するかは不明だ。

 朴氏が審査に出席すれば、弁護士の立ち会いの下、質問を受けることになる。容疑を否認しているだけに、長い時間を要すことが予想される。 (中略)

 記録が膨大な上、容疑が多岐にわたり、検察と弁護団の激しい意見対立が予想されることから裁判長の記録検討には相当な時間がかかる見通しだ。

 李被告の逮捕は審査開始から19時間後の翌日午前5時半ごろ決定した。

 そのため法曹界では31日未明に朴氏逮捕の是非が決定されるとの観測が出ている。
(引用ここまで)
5月9日に実施される韓国大統領選の公認候補選びに向け、最大野党「共に民主党」が27日に全羅道で行った初の地域別の予備選で、文在寅(ムン・ジェイン)前代表が60.2%を得票して圧勝した。

 安熙正(アン・ヒジョン)忠清南道知事は20.0%、李在明(イ・ジェミョン)城南市長は19.4%を得票した。
(引用ここまで)

 ふたつの「やっぱりな」、もしくは「知ってた」をお送りします(笑)。
 まず、パク・クネに対して逮捕状請求が行われました。
 パク・クネの逮捕は太極旗デモ=保守派を除いた国民の多くが望むものになっているのですね。
 たとえ罪状が本当に逮捕しなければならないものかどうか怪しくても、検察は逮捕状請求を行い、裁判所はそれを認めなければならない。

 サムスン電子副会長であるイ・ジェヨンに対して逮捕状請求が行われ、裁判所から棄却された際には担当裁判官に対して「あいつの息子はサムスン電子に就職したそうだ」だのなんだののデマが流れました。
 なお、担当裁判官には息子はいなかったというオチ。

 2度目の逮捕状請求では逮捕が認められて、韓国全土が歓声を上げたと言っても過言ではなかった状況になりました。
 ニュースのユーザーコメントでは「裁判官、よくやった!」と喝采されていましたね。
 それとまったく同じ構造がパク・クネへの逮捕状請求でも見えています。
 この逮捕状請求を棄却できるような胆力のある裁判官はいないでしょうね。
 憲法裁判所の判事が8-0というパーフェクトゲームで弾劾を成立させたように、です。

 もうひとつの「やっぱりな」はムン・ジェインの大統領予備選挙の圧勝。
 ムン・ジェインは得票率60%オーバー。保守派の指示を集めているアン・ヒジョンは20.0%。「日本は敵性国」発言で知られるイ・ジェミョンは19.4%。
 まあ、予備選挙は党内選挙ですからね。こうなって当然。
 よほどなにかイレギュラーな事柄が起きないかぎりは党公認の大統領候補となり、5月9日には大統領に就任し、「新しい韓国」が誕生するでしょう。

 ムン・ジェインの就任で日韓関係の悪化を懸念するニュースが出るでしょうが、その悪化は「良好な悪化」なので心配することもないのですよ。
 そもそも日韓関係が悪化したからってなにが起こるというわけでもなし。

SAPIO (サピオ) 2017年 4月号 [雑誌]
SAPIO編集部
小学館
2017/03/04