相互RSS募集中です

カテゴリ:ニホンガーの記事一覧

韓国人記者「日本はなぜ韓国のG7参加を拒むのか」→茂木外相「日本だけではなくG7全体が枠組みの維持が重要と考えている」

カテゴリ:ニホンガー コメント:(91)
日本外相「日本企業の資産現金化されれば深刻な事態…会員国すべてがG7拡大反対」(中央日報)
茂木外相は「G7拡大に反対する理由は何か」という質問に、「わが国(日本)だけでなくG7がこうした枠組みを維持することが極めて重要と考える」とした。

「G7は基本的価値を共有する参加国首脳が国際社会が直面した課題について自由闊達な議論をすることに意義がある。これがG7の共通認識」とも主張した。
(引用ここまで)

 茂木外相が韓国のテレビ局であるYTNの記者からの「日本がG7拡大に反対する理由はなにか」との質問に答えています。



 件の質問は4分過ぎくらいから。
 「会員国拡大に事実上反対する理由はなんですか?」かな。


世界的な経済危機から始まりまして,世界の主要経済国がそういったテーマについて議論をすると,こういうフォーラムから始まりまして,それが単純に経済でなくて国際社会の様々な問題について議論をする場になっていると,このように考えておりまして,これについては我が国だけでなく,このG7がこのような枠組みを維持することが極めて重要であると,こういう考えであると考えております。
(引用ここまで)

 国際社会の様々な問題について議論する場になっている。我が国だけではなく、G7(の他のメンバー国)がこの枠組みを維持することが極めて重要であると考えている、ということですね。
 ロシアのG7復帰について、イギリスとカナダはすでに反対を表明しています。
 韓国の参加について、対中国・対北朝鮮で足並みを揃えることができないと日本が反対。
 オーストラリアとインドについては具体的な反対の声は聞こえてきませんが、そもそもがG7の拡大自体に反対ということでしょう。
 対中国包囲網という枠組みを作るのでなければ、G11だかG12にする意味自体が薄いもんなぁ。
 この記者会見でも語られているようにアウトリーチとして参加国以外がゲスト参加することもできる。
 それについてはアメリカの権利であって邪魔するわけではない。
 まあ、韓国の大統領府は報道官が嬉々として「ムン・ジェイン大統領が出席するのなら一時的なものではない。G11、ないしはG12という新しい体制の正式メンバーになるということ」と語ってしまいましたから、ゲスト参加ではメンツが立たないのかも知れませんが。
 ……そうだ。韓国でなんかよく分かんないけどG11とかいう名称のイベントを開催してムン・ジェインが出席すればいいんじゃないでしょうかね?
 ほら、韓国(ハングル)が2回連続で金メダルを受けた文字オリンピックみたいに。

韓国メディア「日本が韓国のG7参加を拒んだ! 嫌韓で支持率を上げようという魂胆だ!」……君ら、招待当時に「中国包囲網となる拡大G7に韓国の参加は難しい」って書いてたよね?

カテゴリ:ニホンガー コメント:(75)
「韓国は親北 - 親中」……日本が韓国のG7参加に反対する本当の理由は(東亜日報・朝鮮語)
日本政府は、韓国の主要7カ国(G7)首脳会議に参加に反対した理由に韓国の親北と親中姿勢を打ち出している。内心では、韓国の歴史問題提起の可能性、国際社会の日本の地位低下などを複合的に懸念して韓国のG7参加に本格的に「足を引っ張る」ことに乗り出す構えだ。大統領府は公式対応を自制したが、G7を置いて韓日葛藤が再現されるとの観測も出ている。 (中略)

日本はこれまで、韓国が外交舞台での存在感を高めることをしつこく妨害してきた。代表的な事例として、2006年に潘基文前外交通商部長官が国連事務総長に選出されることも、日本が最後まで反対票を投じたことが分かった。

日本は2018年の南北対話局面でも韓国の立地と重要性が拡大されていることを牽制した。ボルトン前米ホワイトハウス国家安保補佐官は23日、出版した回顧録で2018年5月4日、自身が定義用青瓦台国家安保室長に会った日に日本の谷内正太郞国家安全保障局長(当時)と別々に会ったことを公開した。ボルトンは「谷内局長は北朝鮮の伝統的な『行動対行動」のアプローチに騙されてはならないとした」と明らかにした。

安倍晋三首相は、シンガポール1次米朝首脳会談の5日前となる2018年6月7日にトランプ大統領に会って「キム・ジョンウン北朝鮮国務委員長を信じてはいけない。北朝鮮は、自分の体制保持に命をかけている」と主張したとボルトンは伝えた。

大統領府は公式対応を自制したが、内部的には不満気流が強い。すでに韓米首脳が韓国のG7招待に共感を形成した状態で、日本が割り込む形であるからである。青瓦台に代わって政権与党の共に民主党が批判に乗り出した。国会外交統一委員長を務めている民主党の宋永吉議員は「(日本の)国内向け嫌韓政治」と「(安倍首相の)個人の支持率上昇のための無責任な行動に強い遺憾を表する」と主張した。>>
(引用ここまで)


 共同通信の「日本政府は拡大G7への韓国参加を拒んだ」というニュースに対して、韓国側はかなり大きな反応を見せています。
 NAVERニュースにはPVランキングとコメント数ランキングがあるのですが、特にコメント数でのランキングが凄かった。
 「世界のニュース」で今日未明のトップ10のうち8までがG7関連ニュース。
 そしてトップ30のうち、21までがG7関連ニュース。トップでも1000ちょっととひとつひとつへのニュースへのコメント数は決して多くないのですが、どのニュースにも400〜500以上のコメントがつくという異常事態。

97DF508F-E7A7-415E-BED9-F3ECF788C106.pngAFCFA9F5-C624-487E-A9A0-20C433CAF2C7.png8738C6E2-E3BF-4DE2-BA1D-613D8A599118.png

 コメント内容は「日本は敵国なのだから当たり前」というものも少なくありませんが、その一方で「G7の拡大は中国包囲網だ。ムン・ジェインがこれに参加してなにを言えるというのだ」という冷静なものの見方もそこそこあります。
 でもまあ、大半は「日本は敵国だ」って方向性ですかね。

 韓国メディアからは「建前として『対北朝鮮、対中国でG7の足並みが揃わなくなる』としているものの、実際には支持率低下の対策としてやっているのだ」「アジア唯一のG7三カ国というバリューを失いたくないから韓国の参加を拒んだ」というような論調がほとんど。
 ランキングにあったほとんどの記事を読んだと思いますが、中国包囲網であるG7拡大についての言及はほぼなし。
 トランプ大統領によるG7拡大宣言の際にはそこそこ「これは中国包囲網であって招待されるムン・ジェインは難しい立場に追い込まれる」っていう論調があったのですけどね。
 日本がその「中国包囲網を韓国は形成できない」という理由で「韓国の拡大G7への参加を拒む」となると、別の回路にスイッチが入ってしまう、という感じです。
 度し難いなぁ……。

韓国政府「日本の化粧品から放射性物質検出!」 → え、こんな超極微量の放射線、どうやって検出したの……なんか検出方法間違ってない?

韓国食品医薬品安全処「日本から輸入した化粧品から放射性物質検出」…「該当製品の販売中断・回収」(中央日報)
韓国当局の「化粧品から放射性物質」発表に異議 日本メーカーに詳細な反論を聞いた(J-CAST)
プレスリリース(UZU)
食薬処によると、関税庁が輸入通関過程で表面放射線量が基準値を超過した履歴のある製品を対象に回収・検査した結果、フローフシ「モテマスカラ」7品目、「モテライナー」3品目から使用禁止原料である放射性物質トリウムとウランが検出された。

「生活周辺放射線安全管理法」に伴う年間被ばく線量の安全基準である年時1ミリシーベルトより非常に低い水準だったが、化粧品には使用できない原料が検出された。食薬処は該当の製品を購入した消費者は輸入会社や購入先に返品するよう呼びかけている。
(引用ここまで)

化粧品メーカーのフローフシ(本社・東京都港区)が2020年1月7日、韓国への輸出品から放射性物質が検出されたとして商品回収が決まったことを受け、「遺憾」であるとの声明を発表した。過去、日本の検査で「一切問題がないとの結果」が出ていると、安全性が担保されていることを説明している。日本で当該商品を回収する予定はないという。

発表によると、フローフシは韓国で異議申し立てを申請している。J-CASTニュースの取材に同社は、韓国でもこれまで放射線に関する検査を受けて「嫌疑なし」と判断されてきたと説明。今回の商品回収に関し、韓国の機関に正確な情報開示を求めていることを明かした。 (中略)

「当該製品から検出されたとされる放射線量は年間0.00000000696ミリシーベルト(マスカラ)、年間0.00000000936ミリシーベルト(アイライナー)と報道されており、これは、私たちが日常生活において自然界から浴びているとされる年間2.4ミリシーベルト(世界平均)の2.4億分の1未満、また、韓国の生活周辺放射線安全管理法や日本政府のガイドラインが定める安全基準値である年間1ミリシーベルトの1億分の1未満という極めて微量であり、当該製品の安全性には全く問題がないと考えています」
(引用ここまで)


 日本で大地から受ける放射線が年間で0.33ミリシーベルト。
 その他、宇宙線等々で受ける放射線もあわせて年間で被曝する線量は日本で1.5ミリシーベルトていど。
 ちなみに韓国では年間で受ける年間被曝線量は3ミリシーベルトとされています。
 このあたりが今回、前提として必要となる数値です。

 で、韓国がこの7日にフローフシというブランドのマスカラ、アイライナーからウラン、トリウムが検出されたとして回収を命じたとのこと。
 年間0.00000000696ミリシーベルトの放射性物質が検出されたので回収返品。
 毎時だとその1/8760。
 約0.0000000000008ミリシーベルト/hか。マイクロに直すと0.0000000008マイクロシーベルト/h。
 ゼロの数合ってるか不安になるわ。
 っていうか、そんな微小な放射線をどうやって測定したのかが気になるレベル。
 延々と測定器回してもこんな量検出できる?
 どうやって検査したの。地面の放射線拾ってない? ちゃんとシールドできてる?

 はっきり言って韓国の検査ですからね。
 なんらかの形でミスっているのではないかというのが前提であります。
 なにしろ、原発でまともな校正ができていなかった国ですからね。
 高速鉄道の信号ケーブルをミスって脱線転覆させた国でもあります。
 第三者機関を入れて再検査するなり、検査体制の開示を求めるなりするべきでしょうね。

韓国広報専門家が茂木外相に「旭日旗はハーケンクロイツだ! 勉強しろ!」とリプ → Twitter社の対応は……

「旭日旗の歴史を知らせたら「嫌悪行為」と申告した日本の大臣」(国民日報・朝鮮語)
大韓民国の歴史正すキャンペーンを展開しているソ・ギョンドク誠信女子大教授が茂木敏充外相に旭日旗関連するメッセージを送った後、受信した「不合理な対応」を公開した。

ソ教授は15日、インスタグラムに「数日前茂木外相Twitterに一石を投じたしたところ、戻ってきたのは『嫌悪行為』によるTwitterのアカウント機能の一部一時制限だった」とし「ツイッターの文と映像には反論が一言すらないのに『嫌悪行為』で申告して機能を制限させるなど、一国の大臣としてまったく恥ずかしい行為だ」と書いた。
(引用ここまで)


 元ネタはカイカイ反応通信さんから。
 ただの騒動屋であると喝破してから、楽韓Webではソ・ギョンドク教授の話を取り上げることは極端に少なくなりました。
 国際世論になにか影響力があるというわけでもありませんし、ただただ韓国国内で「FIFAにメールを出した」「IOCにメールを出した」って言っているだけの簡単な仕事で韓国人の歓心を買っているだけ。
 なんとかして「イ・ミョンバク政権に親しかった積弊勢力」という、現在のムン・ジェイン政権に睨まれる立場から脱したいというだけでじたばた騒いでいるだけの小物。
 日本に粘着して糊口をしのいでいるだけの人物です。
 まあ、いちいち言っていることをピックアップするような人物ではないのですよ。

 でも、今回のTwitterの「嫌悪行為を書き込まない」という規約違反として機能制限を食らったとのことで。
 ちょっと面白かったのでピックアップしてみました。。
 こうして小物に対しては相手にせずに粛々と通報というのはいい対応といえますね。

小物入れ ペン立て 卓上 ペンスタンド 小物ケース 小物収納 デスク 収納 デスクオーガナイザー 収納ケース 小物 ぺんたて デスク 整理 卓上ラック(约幅17.5x 奥行9x高さ9.3cm)
JFAN簡繁
2019/8/10

韓国人が「日本では放射線測定は違法行為だ」って言う大元はどうやらこのニュースサイトらしい

カテゴリ:ニホンガー コメント:(117)
日本政府が隠している本当の「放射線レベル」直接測定した日本人(インサイト・朝鮮語)
福島原発事故が来てから7年が経過した。日本政府は「もう大丈夫!」と言う。

なぜ放射能関連情報を隠すのだろうか。

実際に日本政府は個人が直接に放射線レベルを測定し、これを共有する行為を「不法」と規定する法案を新設した。

放射能関連情報は、政府だけが管理・公開するという意味だ。

しかし、日本政府が放射能数値に関する情報を隠蔽、歪曲したという疑惑が提起された。
(引用ここまで)

 今日の午前分の更新でちらっと書いた韓国における「日本では放射線計測が違法」「詳細な数字を公開することも違法」「メディアはどこもそれに従っている」という話の大元がここではないかな、という感じなのでピックアップしておきましょう。
 ただし、フェイクニュース専門のバイラルメディアに直接リンクしたくないので、URLは貼りません。

 インサイト・コ・KR/ニュース/146709

 このサイトの評価はナムウィキ(韓国独自のWiki辞典)の当該項目がよく書けていると思います。曰く「フェイクニュース専門インターネット新聞」とのこと。
 そんなとこですね。
 ただ、そういったフェイクニュース専門のバイラルメディアであっても影響力がないかといえばそんなわけもなく。

 DaumやNAVER(どちらの韓国のYahoo!のようなポータルサイト)に福島関連のニュースが掲載される度に「日本は放射線測定を違法にしているので、こんな数値が本当かどうかは分からない」というようなコメントがつくようになっています。
 日本でも「韓国が有償資金協力をまだ返していない」とかいう話を信じている連中がいるのと同じですね。
 「人は信じたいものを信じる」というアレですわな。

韓国人が「メルケルが訪日して安倍を叩いてくれるに違いない」と期待していた理由とは?

第2次大戦80周年に日本訪問……ドイツメルケル首相「過去の歴史を糾弾」するだろうか?(世界日報・朝鮮語)
第二次世界大戦勃発80周年の今年年初から、ドイツと日本の首脳会談があることで国際社会の注目が集まっている。両国は第二次世界大戦を起こした「戦犯国」に並んで名指しされて前後しばらく連合国の占領統治を受け、戦争を導いた指導者の一部が戦犯裁判に引き渡され、死刑など刑事罰を受けた点で共通している。

ちょうど2次大戦後、ドイツは徹底した過去の歴史反省を通じて、国際社会の尊敬メンバーに再合流したのに対し、日本は不十分な過去史整理せいで韓国など近隣諸国とまだ摩擦が生じている。 (中略)

第2次大戦が連合国の勝利に終わった後、ドイツは英国・米国・ソ連・フランスの4カ国では、日本は米国にそれぞれ占領された。以後、ドイツは過去の歴史に対する徹底した反省を介して、欧州連合(EU)と北大西洋条約機構(NATO)の指導国に浮上した。一方、日本は、日本軍慰安婦問題と強制徴用賠償問題に見られるよう過去の歴史を無視して、韓国など隣国国民の非難を受けている。

そのため、ドイツ国内やヨーロッパなどの国際社会では、メルケル首相が今回の訪日期間中、日本の過去の問題に対処方法についてなんらかの「骨太」な発言をするのではないか慎重な予想が検出されている。

日本は哨戒機の脅威飛行論議で韓国と激しい葛藤を繰り広げているが、この事案について記者の質問に答える形式で韓日歴史問題に言及する可能性があるということである。

実際にメルケル首相は、2015年3月の訪日当時、安倍首相との共同記者会見で記者の関連質問に、「ドイツが第二次大戦の間違いを整理することができていたので、後日、ヨーロッパ統合を達成することができた」とし「ドイツはナチスが犯した罪にどのように対応するかについての議論があった」と答えた。これは安倍政権に向かって「過去の歴史を直視せよ」と迂回的な注文をしたものと解釈された。

当時メルケル首相は韓日関係に対しても「あらゆる努力を惜しまず平和的努力をする必要がある」と助言している。
(引用ここまで)

 NAVERニュースでまったく別件で検索していたのですが、そういえばこんな記事があったなということで。
 このエントリ長くなりますよ。

 先週、ドイツからメルケル首相が訪日しました。
 その際、韓国では「同じ敗戦国でも反省を重ねてきたドイツが日本を叩いてくれるはず」「火器管制レーダー照射事件でも歴史問題から韓国側についてくれるだろう」という期待があったのですよ。
 え、そんな風に韓国側が考える理由……ですか?
 「韓国が正義」だからです。

 以前にも「アメリカは日本に歴史問題でもっと圧力をかけるべきだ」と言っていましたね。
 オバマ政権下での安倍総理のアメリカ両院での議会演説を政府単位で阻止しようともしていましたし、オバマ大統領がレガシーを意識して広島訪問をすることを「日本に免罪符を与える行為だ」として批判してきました。
 韓国人の脳内では「韓国こそが正義である」ということになっているからです。
 対日本においてはこうした「太平洋戦争での日本の主敵」であったはずのアメリカの行動が「韓国の正義の度合いを減じてしまう」という感覚があって抗議することが大きいのですけどね。
 「韓国広報専門家」のソ・ギョンドクが安倍総理の議会演説前日に「真珠湾爆撃」の広告を出して「日本はアメリカの敵だっただろう!」って必死になってアピールしていたのはそういった「正義の度合いの減少」を危惧してのものだったというわけです。

 韓国が自らを正義であると信じている証左に、ムン・ジェインのヨーロッパ歴訪も挙げられるでしょうね。
 ムン・ジェインがアメリカと日本に「非核化前の制裁緩和はない」と断言されたことに対して、味方を見つけようとしてヨーロッパ歴訪に向かいました。
 で、その結果としてはフランスでもイギリスでもドイツでもEUでも、さらにはその後のASEANでも「非核化が先」と言われて拒絶されました。
 これらも日本がからんでいないというだけで、構造的にはまったく同じことです。
 どれだけ拒絶されても「韓国は正義」なので、どこかにいるはずの正義を理解してくれる味方を探してさまよい続けるのですよ。
 しかし、括弧が多いエントリだな。

 というわけで、メルケル首相訪日に際して「安倍がぼこぼこに叩かれて面目を失う」ことを期待していたのですね。
 「ユダヤ人に対して良心を見せたドイツは、韓国人に親身になるべきだ」という前提があるのです。
 ですが、実際にはメルケル首相は「中国の領土的野心を防ぐためにインド太平洋地域の平和と安定を支援する」と述べて、中国に対する危機感を露わにしました。
 安倍総理も共同記者会見で「自由で開かれたインド太平洋地域の実現」に言及しています。
 いわゆるダイヤモンド安保構想が世界に受け入れられつつありますね。

 ここ1年くらい……いや、半年くらいかなぁ。
 去年後半くらいから「中国の恐ろしさ」というものの実態が、ようやくヨーロッパに届いた感覚があるのです。
 日本をはじめとしたアジア諸国が感じていたものと同質のそれを、ですね。
 すなわち、「どうもこいつら、ただ単に経済成長を遂げたというだけではなくて、世界を自分たちのいいように動かそうとしているんじゃないか?」という認識です。
 おおよそ10年遅れでようやく届いたという感じ。
 世界がフラットになったとはいえ、まだまだ地政学は有効であり、距離のある極東の出来事にヨーロッパはあまり注意を払っていないという証拠ともいえますかね。
 情報と実感は異なるものだともいえるか。

 あるいは「お金が入れば中国もまともになるのではないかと期待していたのだけども、お金が入っても傍若無人なままだった」という落胆かもしれません。
 2014年の李克強の訪英での傍若無人な振る舞いあたりから風向きが変わりつつあることは見えていたのですけどね。
 どちらにせよ、ヨーロッパに対中包囲網が必要であるという認識がどうにかこうにか生まれたことに間違いはありません。
 トルコ政府が突如として中国のウイグル族収容所を非難しはじめたのもそのあたりが理由かなぁ……と感じます。
 ま、実際には「クルド人問題を抱えるおまえが言うな」状態ではあるのですが。

 もう過去の歴史云々で日本に対してマウントとってる状況ではない、と考えている。
 というか、韓国が考えているような「韓国が正義」であるとしている国はない、ということです。
 2015年にフランスの外相が来日した際に「ドイツとフランスは和解したが、日本とアジア周辺国とは状況が異なっている」って発言がありましたし、WSJの記者も「日本がドイツのように振る舞ったとしても、中韓はフランスのように赦しはしない」と断言しています。
 過去は過去で置いておいて、必要なのは現在と未来への対応というのは当たり前の話。
 イギリスがコモンウェルスとTPP11を両輪にしようとしているように、ドイツもドイツで国内事情から日本の手助けが必要というわけですよ。
 もちろん、日本もダイヤモンド安保構想に対しての支援が必要。
 具体的にドイツ海軍がインド洋まで来るというわけではなく、中国に対して声を上げるというだけでも充分な支援になり得ます。
 ギブ&テイク。

 じゃあ、韓国はなにが出せるのかって話になりますが。
 なにもないのだな、これが。
 なにもないからこそ、ヨーロッパ歴訪でもASEANでも塩対応されたということですよ。
 北朝鮮への制裁を緩和したいというのであれば、それにふさわしい土産を持っていけってことです。
 各国首脳が充分に納得するほどの規模の非核化か。
 そうでなければそれ以上のなにかを提供しろと。でなければ黙ってろ、という話なのですよ。


反日活動家のソ・ギョンドク、「FIFAに懲戒を要請した!」と大宣伝。そこまでして反日活動を行う理由とは

<W杯>徐敬徳教授、日本の戦犯旗応援でFIFAに懲戒要求(朝鮮日報)
韓国広報専門家の徐敬徳(ソ・ギョンドク)誠信女子大教授が25日、ロシアワールドカップ(W杯)の日本-セネガル戦で戦犯旗(旭日旗)を振って応援した日本応援団を懲戒処分にしてほしいという内容のメールを国際サッカー連盟(FIFA)に送った。

徐敬徳教授は28日、インスタグラムで「ドイツ戦の勝利、本当に奇跡のようだったし、本当に幸せだった。韓国の選手たちを誇りに思う」とし「今夜の日本代表の最終戦に先立ち、25日の日本-セネガル戦で登場した戦犯旗応援に対する懲戒処分をFIFA側にメールで強く要請した」と明らかにした。 (中略)

徐教授は「戦犯旗の応援について我々は非難ばかりするのではなく、民間レベルでも持続的に抗議し、FIFAが少しでも動けるようにすることが重要だ」とし「特に今は大韓サッカー協会など政府も強く対処すべきだと考える」と政府の行動を促した。

これに先立ち東京スポーツは26日、「旭日旗狩り 韓国だけで通じる戦犯旗の概念」と題した記事で「韓国だけが戦犯旗だとして言いがかりをつける。戦犯国という言葉は国際通念上存在しない」と伝えた。

徐教授は「日本政府とメディアは戦犯旗応援自体は問題にならないと主張している。このような状況の中、世界的な広報キャンペーンを続けて旭日旗とナチス旗は同じ意味の『戦犯旗』という事実をさらに知らせていく計画だ。真実は必ず勝つ」とコメントした。
(引用ここまで)

 ほう、「旭日旗を使ったことに対して、懲戒をFIFAに要請した」とな。
 で、それに対して日本サッカー協会に懲戒がなければ旭日旗の使用が認められたということでいいんだな?
 韓国サッカー協会でもなければ韓国政府でもない、ただの一個人が訴えたところでなんともなるものでもないのでしょうが。

 これほどまでにソ・ギョンドクが必死なのには理由がありまして。
 ムン・ジェイン政権からイ・ミョンバク政権の一派であると認識されているのですよ。
 大韓国人という財団法人を作り、そこにイ・ミョンバク政権からの天下りを受け入れていた
 つまり、現状の韓国において最悪の国賊といえる『積弊』そのものの存在なのですね。
 積弊を体現する人物とでも言うべきか。

 そういった自分の危うい立場を察しているためか、軍艦島には2017年7月の時点で7回も上陸していたという状況。
 なんとかして『積弊』という立場から除いてほしいというのが本音であり、自己防衛のために「ニホンガー」をより叫び続けているということなのでしょう。
 以前は「プルコギはおいしいよ」というような新聞広告を出していたりもした(そして最悪な広告の典型例として取り上げられた)のですが、そういった活動は鳴りを潜めてしまいました。
 ちょうど韓国の大統領が就任時には「私は日本と未来志向でつきあいたい」と言っておきながら、任期後半になると反日活動を行いはじめて支持率をどうにかしようとする行動に似てますね。


韓国メディア「日本の天皇は安倍の横暴に対抗するために譲位したのだ!」……ですって

カテゴリ:ニホンガー コメント:(76)
明仁天皇「戦争できる日本」に座を投げ打ち警告(中央日報)
今年5月は日本の未来に決定的に重要な時期だ。3日は日本平和憲法が公布されて70周年になる日だった。安倍晋三首相はこの日読売新聞とのインタビューで、「東京五輪が開催される2020年を『新しい憲法』が施行される年にしたい」と述べ初めて憲法改正スケジュールを具体的に示した。一生の目標である憲法改正を本格始動するという宣言だ。安倍首相は明治維新150周年を迎える2018年を前後して平和憲法を改正し、日本を「戦争のできる普通の国」に変えようと長い間準備してきた。 (中略)

だが安倍首相は昨年8月8日不意の一撃を食らった。明仁天皇がこの日ビデオメッセージを通じ譲位の意志を直接明らかにしたのだ。天皇を頂点に全国民がひとつに総意を集め侵略戦争に出た「軍国主義の追憶」を再演しようとする安倍首相の構想が巨大な伏兵に会った格好だ。 (中略)

明仁天皇は積極的な親韓派平和主義者だった。機会があるたびに平和を強調し韓国に親近感を示した。明仁天皇は1990年、「わが国によってもたらされたこの不幸な時期に貴国の人々が味わわれた苦しみを思い私は痛惜の念を禁じえません」と発言し、侵略の歴史の加害主体が日本であることを明確にした。2001年に韓日ワールドカップを控えた時期には右翼の圧迫にもかかわらず「桓武天皇の生母が百済の武寧王の子孫であり、韓国とのゆかりを感じている」と述べた。2005年のサイパン訪問時は韓国人慰霊塔も訪れた。敗戦70周年となる2015年1月には「満州事変に始まるこの戦争の歴史を十分に学び、今後の日本のあり方を考えていくことがいま極めて大切なことだ」と一喝した。過去の侵略の歴史を反省するどころかむしろ美化しようとする歴史修正主義勢力に「歴史をありのまま見つめ過去に対する痛烈な反省と未来設計の材料にしよう」というメッセージを伝えた格好だ。皇室が再び右翼政治家の添え物にはならないという意志の表現でもある。

そんな明仁天皇が生前退位の意思を明らかにしたことは意味深長にならざるをえない。平和主義者であり親韓派である彼の生前退位は安倍首相と右翼勢力を中心とする憲法改正勢力に送る警告状と解釈できるためだ。天皇を前面に出し軍国主義時代の郷愁をなだめようとする右翼の企図を明仁天皇が「座」を投げて拒否したものという解釈が出てくる理由だ。 (中略)

日本では譲位が高度な政治活動にならざるをえないという事実を歴史はよく示している。明仁天皇の譲位は民主主義時代の日本の君主の役割をよく示す事例でもある。
(引用ここまで)

 なぜか韓国では天皇陛下は親韓であるということになっています。
 今回の譲位も「憲法改正を狙う悪劣な安倍政権の狙いを覆すためのもの」となぜか韓国ではされているのですよね。

 親韓の根拠はワールドカップ前年に「続日本紀に桓武天皇の生母が武寧王の子孫であると記されていることに、韓国とのゆかりを感じます」とのお言葉があったこと。
 そしてサイパン訪問時に韓国人慰霊塔をも訪れたことが挙げられています。

 ゆかり発言に関しては楽韓Webに書いたこちらのエントリをごらんください。

日韓に見る天皇陛下による『ゆかり発言』の温度差

 当時から韓国ウォッチャーは「いやぁ、これは想像以上のリアクションだわ」とニヤニヤしながら見ていたものでした。
 後年になってこの温度差(日本側はゆかり発言をほとんど取り上げなかった)に対して韓国マスコミから「言論弾圧国家だ!」なんてバカっぽい発言もあったりしましたね。

 サイパンで韓国人慰霊塔へのご訪問も、当時は日本国の臣民であった人々であったからと考えれば普通のことです。
 例えば近年のパラオへのご訪問も激戦地であったということだけではなく、当時は臣民であったパラオの人々への感謝を表すためという同じ文脈で考えることができると思います。

 あたかも「憲法9条を守るため」に、あるいは「韓国をはじめとしたアジアの国々のため」に譲位するのだというような話が、韓国では当たり前のように語られていて苦笑するしかないのですよね。
 おまえらが政治利用するなって話ですわ。

天皇陛下の全仕事 (講談社現代新書)
山本雅人
講談社
2009/1/20