相互RSS募集中です

カテゴリ:大統領/候補/他の記事一覧

韓国で次世代リーダーとされていた元道知事、セクハラで実刑判決を受けて政界復帰絶望へ……

カテゴリ:大統領/候補/他 コメント:(95)
秘書に性的暴行の前忠清南道知事 控訴審で実刑判決=韓国(聯合ニュース)
元秘書に対する性的暴行の罪に問われ、一審で無罪とされた韓国の前忠清南道知事の安熙正(アン・ヒジョン)被告の控訴審判決で、ソウル高裁は1日、一審判決を破棄し、懲役3年6カ月の実刑判決を言い渡した。また、40時間の性暴力治療プログラムの履修と5年間の児童・青少年関連機関への就業制限も命じた。安被告は法廷で身柄を拘束された。

 与党・共に民主党の有力政治家だった安被告は次期大統領候補にも挙げられていたが、秘書だったキム・ジウンさんが昨年3月、テレビ番組で安被告から性的暴行を受けたと実名で告発。安被告は知事辞職に追い込まれ、キムさんに対する業務上威力による姦淫や強制わいせつの罪などで翌4月に在宅起訴された。

 昨年8月の一審判決は「被害者の心理状態がどうだったかは別として、少なくとも被告人が威力を行使したというような状況はない」として無罪とした。 (中略)

 一審ではキムさんの供述に信ぴょう性がないとの判断が示されたが、高裁は供述の重要な部分に一貫性があると判断した。キムさんが直接経験しない限り話すことができない内容や感情を供述し、信ぴょう性があるとの見方を示した。

 高裁はむしろ「同意を得た上での関係だった」と主張した安被告の供述をそのまま信じるのは難しいと判断した。
(引用ここまで)

 元秘書からセクハラで訴えられていたものの、地裁では無罪とされていたアン・ヒジョンが高裁では有罪。懲役3年6ヶ月の実刑。
 うーん。
 これで完全に政界への復帰は万にひとつもなくなったか……。
 地裁判決がそのままで無罪確定であったのなら、うまくすれば政界復帰の芽もなくはないと思っていたのですが。
 これで完全に引退を余儀なくされるでしょう。

 アン・ヒジョンは左派中道でまだマシな人材だったのですよ。
 保守派に対して一定の理解を示していたこともあって、韓国の意見をあるていど統合できる人物であるとしたら彼だけだろうな……とも思っていたのですが。
 そんな「統合の象徴」となりえる人物がセクハラ……というか性暴行で訴えられるというのもまた韓国社会の映し鏡といえるのかな。
 そういう意味で取り上げるべきニュースではあると思います。

 ま、これで3年後にめぼしい大統領候補といえるのは極左思想の持ち主であり、かつ極端な反日思想を持っているパク・ウォンスンだけになったというわけです。
 日本の知韓派、親韓派には辛い時代になったといえるでしょうね。
 楽韓さん的には日韓関係をより希薄にできる大統領となるであろうパク・ウォンスンの就任を歓迎してはいるのですが。

韓国保守派に後継者なし……今後の韓国で左派政権が続かざるを得ない理由とは

韓国党非対委員長候補に「6070親朴系」一色... 革新もオールド・ボーイが主導?(京郷新聞・朝鮮語)
自由韓国党は24日、革新非常対策委員長の人選を担当する「革新非常対策委構成の準備委員会」(以下、準備委員会)委員長に三選議員のアン・サンス議員(71・写真)を任命した。アン議員は中立性、非朴槿恵系に分類されるが派閥色が弱い。 (中略)

しかし、党内で挙げている非対委員長候補群は、ほとんど60~70台で親朴系の色彩が付着している「オールドボーイ」一色なので議論である。「革新」と「和合」という二匹のウサギを捕まえることができる非対委員長の人選が準備委の成否を行と見られる。 (中略)

「アン・サンス準備委」が派閥対立の解消と「適格」非対委員長を求めることができるかも未知数だ。党内では、非対委員長候補群に金秉準前国民大教授(64)、キム・ジョンイン前加え、民主党代表(77)、キム・ファンシク(69)・黄教安(61)前首相、インミョンジン牧師(72)、キム・ヒョンオ(70)・バクグァンヨン(80 )元国会議長、ホン・ジョンウク元議員(48)などが挙げられている。ホン前議員を除けば、すべて「6070」である。6・13地方選挙で、50代以下の有権者に敬遠されたことを考慮すると、60代以上の非対委員長は新規性と大衆性が落ちる。
(引用ここまで)
 何度か楽韓Webでは「これから13年間は左派政権が継続する」というような話をしています。
 ムン・ジェインの任期は5年間。
 任期中に大統領任期について改憲して、おそらく4年2期まで務められるようになるはずです。実際の改憲草案もそのようになってます。
 ムン・ジェイン本人は憲法の規定によって改憲したとしても再選することはできませんが、その後継者は何人かがいます。

 左派政権はムン・ジェインのあとには「日本は敵性国家」で知られているイ・ジェミョンや、ソウル市長である極左のパク・ウォンスンがいます。
 個人的にはアン・ヒジョンという中道左派の政治家がいてちょっと期待していたのですが、セクハラで政治家生命を断たれました
 それでもまあ、他にも何名かのムン・ジェインの後継者足りえる人材がいるわけです。

 その一方で保守派の人材のなさが挙げられます。
 保守派である自由韓国党の代表であったホン・ジュンピョが先だっての統一地方選挙での惨敗を受けて辞任したのですが。
 その後継者と目される「党非常対策委員長」の候補がほとんど60代、70代という状況。
 パク・クネのあとには誰もいなかったのですよ。

 実際にはどんな風に政局が進むのかは開けてみなければわからない部分が大きいのですが。
 それでも韓国保守派の人材不足は深刻です。次回の大統領選挙に誰を出すんだってなると……誰なんでしょうね、というレベル。
 保守派はムン・ジェイン政権によって根切りされているのも確かなのですが、それ以前に自爆しているのです。
 まあ、下手に親日政権が生まれるよりはよっぽど動きを読みやすいので、左派政権のほうが日本にとっては楽なのですけどね。


韓国政界の次世代リーダーと目されていたアン・ヒジョン、セクハラで知事辞職

忠清南道知事が秘書官に性的暴行か、8か月間で4回(朝鮮日報)
 忠清南道の安熙正(アン・ヒジョン)知事が、同道の政務秘書官に繰り返し性的暴行を加えていた疑いが浮上した。被害を受けた秘書官が5日、テレビ番組で暴露した。

 総合編成チャンネルJTBCのニュース番組に出演したキム・ジウン秘書官は、「昨年6月から8か月間で4回、知事に性的暴行された」と述べた。キム秘書官によると、性的暴行を受けたのは昨年の大統領選挙後、安知事の随行秘書として活動していた時期で、ほかにセクハラ行為も何度も受けたという。キム秘書官は、性暴力被害を告発する「MeToo」運動が拡大の様相を見せていた2月25日、安知事に呼ばれ「MeToo運動を見て、あなたを傷つけたことに気付いた。申し訳ない。大丈夫か」と言われたという。ところが安知事はこの日も性的暴行を加えようとしたため、キム秘書官は事実を暴露することを決心したとのことだ。
(引用ここまで)

 左派の共に民主党に籍を置きながら、保守派にも響く政策提言をしていて中道の次世代エースとされていた忠清南道知事のアン・ヒジョンがセクハラで告発されたとのニュース。
 これを受けてアン・ヒジョンは知事辞職を宣言。
 共に民主党は除名処分を行ったようです。

 北朝鮮への特使派遣、およびキム・ジョンウンとの対話を上回るような勢いで伸びていますね。
 韓国国内のトップニュースはこればかりになっていて、南北対話を完全に食ってしまっている状況。

 アン・ヒジョンは中道左派の穏健派として保守派からも期待されていた存在です。
 去年の大統領選挙では共に民主党内の予備選挙で20%ほどの得票率で2位。といっても1位のムン・ジェインとの票数は3倍も違っていたので太刀打ちできなかったというのが実際のところ。
 まだ52歳と若いために次、もしくはその次の大統領候補として実績を重ねていく……というところだったのですけどね。

 楽韓Webがムン・ジェインから13年(5年→憲法改正で4年2期)の左派政権が続くだろうと予想しているのは、保守派にまったく人材がいないからなのです。
 あえていうならこのアン・ヒジョンであれば保守派も左派も統合できるリーダーになるのでは……と目されていた人物でしたが、こんな下半身のスキャンダルで失脚とは。
 まったくもって韓国らしいオチですね。

ルポ 絶望の韓国 (文春新書)
牧野愛博
文藝春秋
2017/5/19

アン・チョルスが韓国第3党を結党、その目的は?

「国民の党」が結党大会 第3党に=韓国(聯合ニュース)
 韓国最大野党「共に民主党」(旧新政治民主連合)を離党した有力政治家、安哲秀(アン・チョルス)氏が主導する新党「国民の党」が2日、中部の大田市内で結党大会を開いた。安氏と千正培(チョン・ジョンベ)元法務部長官が共同代表を務める。

 同党には国会議員18人が参加し、第3党となる。4月の国会議員総選挙に向け、与党セヌリ党と共に民主党による二大政党体制の改編や中道層の結集などを目指す。

 国民の党は共に民主党の主流派と対立し、同党の伝統的支持基盤である全羅道を中心に新党結成を進めてきた勢力が結集する形となった。総選挙で善戦し、法案提出などが可能な院内交渉団体(20議席以上)の要件を満たす場合、二大政党体制に大きな変化をもたらすとみられる。安氏は結党大会で演説し、「韓国政治の構造を変える革命を始める」として、「崖っぷちに立った思いで選挙に私のすべてをかける」と述べた。

 元IT企業家の安氏は2012年の大統領選に名乗りを上げ、野党陣営の候補一本化により出馬は辞退したが、若者や無党派、中道派から高い支持を受けた。
(引用ここまで)

 アン・チョルスが代表となる「国民の党」が結党。
 現状、国会議員がアン・チョルスも含めて18人なのでまだ法案提出ができる政治勢力とはなっていません。
 ついでにいうとセヌリ党、「共に民主党」に続く第3党ではありますが、第三極というよりは旧民主党よりもさらに進歩的な考えなので「共に民主党」と票を分け合うだけの存在になりそうなのですよね。
 少なくともアン・チョルス個人の志向は確実に左派です。
 青年層の持っている不満の受け皿として働くことができるかどうか、微妙なところです。

 以前の記事では40代がアン・チョルスの国民の党の支持層であるということになっていました。
 でも、もっとも人口が厚いのは50代以降。そしてこの層は徹底的に保守志向。
 今朝のチョン・モンジュンもそうでしたが、4月の総選挙ではなく来年の大統領選挙に向けた動き……なのでしょうね。

 とりあえず党としての目標は、総選挙で20議席確保して法案提出ができるようにするということでしょうけども。
 4月はセヌリ党が地滑り的な勝利を得るんじゃないかなぁ……。
 それでなくても人口的に薄い支持層が分裂しているわけですからね。

ESET ファミリー セキュリティ 3年版(最新版)
キヤノンITソリューションズ
2013-12-12

 

「世界大統領パン・ギムンを大統領に!」を標榜するチンパン連合が発足……チンパン?

韓国の次期大統領に「潘基文待望論」再燃、支持者が結集=韓国ネット「卓球の名手がテニスもうまいとは限らない」「僕らにまた一つの災難が…」(レコードチャイナ)
2015年11月13日、韓国・ニューシスによると、韓国の政界に今再び「潘基文(パン・ギムン)待望論」が持ち上がっている。潘国連事務総長を韓国の次期大統領に推そうという支持者らが、このほど「親潘連帯」という政治家団体を結成した。

親潘連帯は6日、韓国中央選挙管理委員会に対し党設立のための準備委員会結成を申し出た。党設立の前段階となる準備委員会は発起人200人以上で認められる。支持者らは発起の趣旨文書の中で、「世界の大統領とも呼ぶべき国連事務総長を韓国人が担っていることはわれわれにとって大きな幸運であり、(韓国は)アジアを超え世界の指導国家へと進む機会を得たとも言える」と主張、潘事務総長を「民族の未来を開く新たなリーダーに適任」とし、17年に選ばれる次期大統領にふさわしいとしている。

「次期指導者に潘氏を」との声は以前から韓国政界で上がっていたものの、こうして公式勢力として支持者が結集したのは初めてだ。
(引用ここまで)

 「親潘」って韓国語発音だとチンパン……なのですよね。
 こういう外国語での言葉遊びはしょうもないなーって思うのですが、ちょっと面白かったのでピックアップしてみました。

 実際に最有力候補であることは間違いないのですよ。
 なにしろ、与党セヌリ党も野党の新政治民主連合も大統領候補として担ぎ上げようとしているくらい。パク・クネがアレなのでというのが大きな要因ではありましたが。

 ただ、本人はノ・ムヒョン政権で外相を担当していたくらいの人物なので、当然左派。そして反日思想のある人物です。出るとしたら新政治民主連合からでしょうかね。
 ノ・ムヒョン政権当時もいろいろと暴言を吐いていました。欧州議会も小泉総理の靖国参拝を認めない→嘘でしたという、いつもの韓国人の黄金パターンを踏襲していましたっけ。

 個人的には反日度合いはノ・ムヒョンと同じレベル、パク・クネよりも高いかな……というところでしょうか。
 つまり、過去最悪のレベルだと思っておけばいいと思います。 


 

韓国で「大統領の地下資金詐欺」が何度でも蘇る理由

カテゴリ:大統領/候補/他 コメント:(25)
「大統領の裏金を管理」 巨額詐欺容疑で3人検挙(朝鮮日報)
 大統領の裏金を管理していると称し、出資金をだまし取った容疑者3人が警察に検挙された。

 京畿道光明警察署は25日、詐欺容疑でS容疑者(66)ら2人を逮捕するとともに、K容疑者(65)を書類送検したと発表した。

 S容疑者らは2012年9月11日から27日にかけ、京畿道果川市の飲食店で女性(49)と数回会い「日本の大蔵省(2001年に財務省へ移行)が発行した5000億円の債券と前政権下の古い貨幣を供給され、現金化する事業を行っているが、これに投資すれば3億ウォン(現在のレートで約3030万円、以下同じ)の利益を得られる」と持ち掛け、5500万ウォン(約555万円)をだまし取った疑いが持たれている。

 S容疑者らはまた「大統領の裏金を管理している。中央情報局(CIA)韓国支部長と親交があり、今回の案件には国家情報院も関与している」と称し、女性をだましていたことも分かった。このほか、5000億円相当の日本の債券を偽造し、その偽債券数枚と札束、金塊などを写した写真を女性に見せ、安心させていた。

 S容疑者らは当初、女性が投資をすれば2日後に元金を返し、1-2カ月後に収益金3億ウォンを支払うと約束したが、「順調にいっている」などと繰り返して時間を稼いだ末、結局金を支払うことはなった。

 S容疑者らのかばんからは、偽造した5000億円相当の日本の債券2枚と偽の債券認証書2枚が見つかり、警察は余罪を追及している。
(引用ここまで)

 ニュースの中に織り込まれているキーワードが面白いのですよね。
 大統領の地下資金
 偽造された巨額の日本の債権

 この巨額の日本国債と大統領の地下資金というのは、韓国における詐欺のテンプレートなのです。
 逆説的にいえば、大統領の地下資金というものが韓国においてはリアリティのあるものだという話でもあるのです。

 オレオレ詐欺、振り込め詐欺がこれだけ騒がれているにも関わらず、いまだに引っかかる人が多いのはこの詐欺の手口にどこかリアリティがあるからなのですね。
 会社のお金を落とした、大きな失敗で負債を負った、痴漢で示談金が必要だ云々……現実にありそうなものだからこそ、引っかかるのです。
 完全に荒唐無稽であれば「いやいやいや」ってなれるのですが、どこかで「これはありえる」と思えるものを提示される。
 そこにつけこむ隙ができるわけです。

 で、韓国において大統領というものは地下資金を持っているものなのですよ。
 左派バリバリのノ・ムヒョンですら不正蓄財の容疑がかかって自殺したほどです。
 この権力=財産となる国で大統領が地下資金を持っていないわけがないというのは、韓国人にとっての共通認識なのです。
 で、「実は私は大統領の地下資金を管理している」と言われたら「ついに自分にもやってきた」くらいの気分になるのでしょうね。
 詐欺師的にはその気分こそがおいしいご飯ということです。
「大統領地下資金は滅びんよ。何度でも蘇るさ。それが人々の夢だからな!」といったところでしょうか。 

 実際に地下資金はあるでしょうが、そんなもん表に出てくるわきゃないのに。
 ……というのは日本から客観的にかつ冷静に見たときの感想なんでしょうね。きっと。
 まあ、それでもこんなもんに騙されないようにするためだけでも、勉強はしておくべきだなっていうのは偽らざる感想。