相互RSS募集中です

カテゴリ:アミューズメントパークの記事一覧

韓国人「テコンドーの聖地にテコンVランドを作り、33メートルのテコンV像を造るぞ! 中にも入れる!」……まーたアミューズメントパーク構想か

韓国自治体、山の頂上に72億ウォン投じてテコンV設置?…住民「発想が奇抜すぎる」(中央日報)
全羅北道茂朱郡(ムジュグン)が茂朱邑香炉山(海抜420メートル)の頂上に造成する「テコンVランド」に超大型「ロボットテコンV」の造形物が設置される計画がり、論議を呼んでいる。

茂朱郡は総事業費72億ウォン(約6億5000万円)が投入される「テコンVランド」造成事業に高さ33メートルのテコンV造形物を設置する計画という。テコンVは12階建てマンションの高さで、茂朱邑全域から見える。

茂朱郡はテコンVがニューヨークの自由の女神像のように中に入って景観を鑑賞する展望台の役割し、周囲にはテコンドーと関連したバーチャルリアリティ(VR)体験施設、スカイウォークなども造成する計画だ。

茂朱郡のある住民は9日、MBNに「山の頂上を毀損してまで設置する必要はない。発想が奇抜すぎる」と話した。MBNによると、茂朱郡庁内部でも反対の声が出ているという。

しかし茂朱郡関係者は「香炉山の頂上にテコンVの造形物ができれば、テコンドーの聖地の茂朱を広く知らせ、観光客を誘致するのに役に立つだろう」と述べた。
(引用ここまで)

 高さ33メートルのテコンV像。……自由の女神とほぼ同じ大きさですね。まあ、中にも入れるというところもあって大きさ的に意識しているのでしょうが。
 実物……というか設定上の大きさは56メートルだとのこと。
 仁川に建設予定だったロボットランドの中央には111メートルのテコンVが建設される予定だったのですが、そもそもロボットランド自体がほぼぽしゃっている上に、最初に計画取消になった部分でした。
 今回は完成できるとよいですね。

 ちなみに韓国のアミューズメント施設というものはもう本当に貧相で。
 ソウルのロッテワールドかエバーランドくらいしか選択肢がない。あとソウルランドっていうのもありますね。どれもソウルオリンピック前後にオープンした古めの施設。
 それもあって外資を巻きこんでディズニーランドができるだの奪われただの、ユニバーサルスタジオコレアができるのだの水資源公社が金がなくてできないだの奪われただの再起動した(嘘でした)だの、レゴランドができるだの大騒ぎしているのですよ。
 そういう部分での観光名所がないのですね。
 なので、なんとかして「韓国で1番のアミューズメント施設」で人の流れを作り上げ、ひいては土地の価格を高騰させたいという野望があるのですよ。
 平昌オリンピックの開催と同じですね。
 どこも予算不足でなんともなっていないのですけどね。なんでもレゴランドは英マダムタッソーの運営会社が2022年までにはオープンさせたいと言っていますがどうなることやら。

 テコンVランドか……まあ、完成したら行ってみたくはあります。ノ・ムヒョンセンターと並んで。
 かつては仁川ロボットランドに対して「行ってみたい」と言っていたのですけどね(笑)。

韓国南部に設置された亀甲船レプリカの階段が崩壊して怪我人……この亀甲船、どのようなものかというと……

麗水の亀甲船、木製の階段が崩壊……観光客7人が3m落下(ハンギョレ)
全羅南道麗水市李広場に設置された亀甲船に上がるための階段が崩れ、観光に来ていた家族7人が被害に遭った落下事故について階段が亀甲船の設置後、一度も交換されたことがないことが確認された。

警察によると、8日午後8時44分頃、全羅南道麗水市李広場の全羅左水営亀甲船に上がる踊り場が破損した。この事故で、観覧客7人が3m下に落下し、このうち5人が負傷した。

麗水市によると、長さ26.24m、高さ6.56m、幅10.62mサイズのこの造形物は、過去2014年2月李広場に26億ウォンをかけて建てられた。現在は、毎年30万人以上の観光客が訪れるなど、麗水の観光名所となっている。

しかし、造形物に登る階段は、最初のインストール後、一度も交換していないことが確認された。麗水市は最近、降った大雨で漏水チェックをしたが、階段では特別な問題が発見されていなかった。
(引用ここまで)

 まあ……またもや韓国らしい話ではありますが。
 とりあえず不意に3メートル落ちて怪我で済んだのはなにより。なによりっていうか、そんな事故ないほうがいいに決まってますが。

 現在、韓国に10を超える亀甲船のレプリカがあり、そのどれもがテキトーな造形で考証なしで好き勝手に建造されていることが知られています。
 今回、事故のあった麗水のものは2012年の博覧会をきっかけに建造がはじまり、2014年に公開されたもの。
 で、2年ほどで雨漏りがはじまったものですね。
 麗水はそもそも亀甲船が建造された場所であるとされており、それを受けてこの亀甲船のレプリカも伝統工法と伝統素材で作られた、ということになっていました。
 建造終了後には遊覧船として活用する予定のものでしたね。

 ただし、実際の木材はもちろんのこと輸入品。韓国ですから。
 そして「伝統工法」は速成建造のために雨漏りがするような手抜きが行われたものでした。
 あ、ついでに建造を担当した企業の担当者は横領で逮捕されてます。
 それと本来は水上に浮かせる予定だったのですが、なぜか地上で展示されてます。まあ、これに関してはいい判断だったと言わざるを得ませんか。
 「韓国らしさ」だけで役満上がれてます。

 しかし、こんなものに年間30万人の観光客が来るって……どれだけ観光資源がないんだか。
 躍起になってアミューズメントパークの誘致をする理由がちょっと分かりますね。

韓国で「日本のUSJの6倍の規模」となるディズニーランドが建設始動?

「韓国版ディズニーランド」建設再始動、中・日との集客合戦に(朝鮮日報)
 京畿道華城市に国際的な大規模テーマパークを建設する事業が、2度の頓挫を経て、新世界グループの主導により再始動することになった。これまで「韓国版ディズニーランド」の建設を目指しながらも12年の間に2度も計画が頓挫し、構想自体が白紙化される危機に直面したが、ようやく「主人」が決まった格好だ。土地の所有権を持つ施工主の韓国水資源公社は28日「華城国際テーマパークの優先交渉対象者に、新世界プロパティーによるコンソーシアムを最終選定した」と発表した。

 華城テーマパークは京畿道華城市の松山グリーンシティ東側に建設される予定で、面積は315万平方メートル。アジアの代表的なテーマパーク「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)」の約6倍に達する。新世界グループの直接投資額は総額4兆5300億ウォン(約4530億円)。コンソーシアムは、大型ショッピングモール「スターフィールド」を運営する新世界プロパティー(持ち株比率90%)と新世界建設(同10%)で構成される。

 テーマパークは、ジェットコースターなどのアトラクション、家族で楽しめるウォーターパーク、恐竜の卵の化石発見地帯と連携した恐竜探検パーク、子ども向けのおもちゃの国と大きく四つのテーマに分けられる。さらに、1000室規模のホテル、ショッピングモール、K-POPの公演会場、ゴルフ場も建設され、アジアを代表するテーマパークタウンが韓国の首都圏にお目見えすることになる。 (中略)

 新世界は「スターフィールド」を成功させたノウハウを華城国際テーマパーク事業にも生かすとしている。新世界の関係者は「華城国際テーマパークは、ショッピングに娯楽と飲食を融合させたスターフィールドのモデルに、アトラクションとスポーツ(ゴルフ場)、宿泊(ホテル)を追加したものだ。グループの全ての力を結集して臨む」と意欲を見せた。
(引用ここまで)

 タイトルだけ見たら「ついに韓国にもディズニーランドができるのか」と誤読してしまいそうですが。
 大規模なテーマパークだかアミューズメントパークだかができるというだけで、ディズニーランドができるというわけではないのですね。
 USJ、ディズニーランドの6倍の規模といっても4つのテーマパークに分かれているということは、個々ではさほどの差はないイメージかな。
 とはいえ、東京ディズニーリゾートとは比較にならんだろうなぁ……。
 上海にも香港にもディズニーランドあるにも関わらず、わざわざ中国から東京ディズニーリゾートに来るリピーターが多数いるように、世界観が異なっているのですよね。
 USJが復活できたのもそのあたりに遅ればせながらも気づいたことが重要でしたね。

 独自の世界観を出すことができるのか。
 入場者をパーク全体の意思としてもてなすことができるのか。
 韓国のこのアミューズメントパークにそれができるのか、ということが問題になると思うのですが。
 アミューズメントパーク云々ではなくて、なんとかして観光都市としてやっていきたいという意識が見え見えなのですよね。

 ……まあコンセプトをうまく真似ることができれば、決して不可能ではないと思います。
 ほら、ディズニーが1000億円出すから譲ってくれって懇願したポロロとかいうアニメもあることですし?

 ちなみに事業主である新世界グループはeマートをはじめとしたショッピングモールを多数展開している企業で、テーマパークへの参入ははじめて。
 記事にも「スターフィールドを成功させたノウハウを活かす」ってありますが、スターフィールドは大規模なショッピングモール。イオンモールみたいなものですよ。
 まあ、この一文で逆に行ってみたいと思っていますわ。
 ノ・ムヒョンセンターK-カルチャーバレー仁川ロボットランドと行きたいところがいっぱいだなー。

韓国の観光政策が政権と一緒にくるくる変わる……けっきょく誰も来ないというオチ

政権によって変わる韓国の観光政策(中央日報)
政府はこの日、平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック(五輪)開催地を冬・スポーツ観光の拠点として育成すると明らかにした。オリンピックの遺産を利用して観光商品を開発し、冬のない東南アジア観光客を対象に広報を強化するともした。

しかし、この計画は昨年12月発表のコピー版に近い。パラリンピックが終わってから4カ月が過ぎたが、具体的な事業は何も進んでいない。五輪開催施設の今後の活用については依然として決まったものはなく、昨年五輪を控えて作った数多くの五輪遺産が消えつつある。その好事例が「オリンピックアリバウ道」だ。

昨年10月に開通した平昌五輪の唯一の公式トレイル(ウォーキング旅コース)だ。道の名前に「オリンピック」を使うために、国際オリンピック委員会(IOC)からの公式認証も受けた。トレイルを整備するだけで予算33億ウォン(約3億円)が投じられた。しかし、現在では文化体育観光部・韓国観光公社・江原道(カンウォンド)の誰として関心がない。予算もなく運営主体もない。

オリンピックアリバウ道コースを作った(社)江陵(カンヌン)バウ道のイ・ギホ事務局長は「関係当局の誰も関心がなく、民間団体がボランティア概念で道を案内している」とし「人々から継続して問い合わせがあるが、何もできないのでただ申し訳ない」と話した。 (中略)

政府の期待とは違い、地域の観光コンテンツは画一化している。現在、全国には観光目的のジップラインが42カ所運営されている。レールバイクは25カ所にあり、吊橋は50カ所にもなる。一つ二つ人気を呼ぶと先を争ってまねをした結果だ。観光当局はこれらレジャー施設の現況も十分に把握できずにいる。観光振興法対象施設なのか、遊園施設法対象施設なのかも分からない。上の統計は今月初め、中央日報が韓国観光公社に依頼して集計した。 (中略)

第2回会議で思いがけない発表があった。海洋レジャー観光活性化計画が地域観光活性化計画と共に発表された。文化体育観光部と海洋水産部はこの日、業務協約も締結した。

海洋レジャー観光推進計画を見てみると海洋観光に関連したすべての計画が網羅されている。マリーナ・クルーズ・漁村体験・水上レジャー・離島観光などすべて提示された。

李明博政府は持続可能な観光資源を開発するとして川を、朴槿恵政府は「韓国のユングフラウ」を作るとして山岳観光活性化をそれぞれ叫んだ。川と山がどちらも失敗したので、これからは海の番というわけか。文化体育観光部では海洋水産部の意志が強いとし、海洋水産部のハン・ギジュン海洋産業政策官は「かなり以前から海洋水産部は海洋観光事業を推進してきた」と説明した。果たしてそうだろうか。

推進計画7ページに「海岸ヌリ道」が登場する。離島・海水浴場・海岸ヌリ道を連結した観光コンテンツを開発するという計画でだ。海岸ヌリ道は海洋水産部が2010年に作ったトレイルだ。李明博政府当時、グリーン成長のスローガンに合わせて政府部署が競争的にトレイルを作っていた時期に海洋水産部が作った唯一のトレイルだ。しかし、政権が変わり海洋水産部の担当者が変わりながら道は消えた。自ら作って自ら捨てた道をもう一度作るということだ。海洋水産部は来年までに再び予算を投じて海岸ヌリ道の活用策について研究すると明らかにした。
(引用ここまで)

 一貫性がないというか……一貫性がないことで一貫していると言うべきか。
 何度も語っているように韓国の政権交代は基本的に易姓革命であって、前政権をすべて否定するところからスタートします。
 保守から保守への政権交代であったイ・ミョンバクからパク・クネへの政権交代であってですらほぼすべてが否定されています。
 政権の目玉であった4大河川整備事業も「公社の赤字の原因だ」として斬り捨てているほどですからね。

 それがパク・クネ政権を否定することを主題として生まれたムン・ジェイン政権であればなおのこと。
 前政権のパク・クネ時代、さらには前々政権であるイ・ミョンバク時代に行われた政策はすべてが「積弊」として否定されなければならないのですよ。
 継続するにしても換骨奪胎して、前政権の残り香を消し去るところからスタートするのです。
 そうしないと、ウリに向けての分け前を与えられませんからね。

 そうそう、観光事業の話でしたね。
 ……いや、韓国人も知っているんでしょ。田舎に行ったところでそんなに多様性がないってことを。観光で地方振興を、という話はここ数十年に渡って延々と出ているのですが。
 李氏朝鮮時代からソウルになにもかもを集積してしまったために、地方の特殊性がそれほどでない。だから韓国人が国内旅行をするよりも日本に行ってしまうし、日本人も「一度行けばいいや」ということでリピーターも極小。
 地方自治体があれほどアミューズメントパークを招致したがっているというのは、それを覆い隠すためでもあるのですね。

 前にちらっと書いたのですが、倭城跡を巡るツアーとかいいと思うのですけどねー。ただ、島津の建てた泗川倭城とかは復元されているという話なのですが……うん。
 まあ、写真を見ただけで行かなくていいかなって感じです(笑)。
 他にも戦前の日本による建物とかあればそれ目当ての観光客とかいるでしょうに、ばんばん破壊しているからなぁ……台湾では丁寧に使われていて、日本人がひっきりなしに見学に訪れているのですけども。
 あと大連の満州鉄道本社ビルは一度行ってみたい。おっと、話がずれてしまった。

 ま、もうちょっと「人を楽しませる」という視点から考え直したほうがいいですよね。慰安婦像スタンプラリー(後援・挺対協)とかやればいいんじゃないかな。
 韓国人として巡らなくてはならないっていう使命感から来てもらえるかもしれませんよ?


ついに日韓を訪問する観光客数はダブルスコアへ……まあ、わざわざ行く国じゃないよね

遠ざかる観光立国 上半期の外国人客が日本の半分以下に=韓国(聯合ニュース)
今年上半期(1~6月)に日本を訪れた外国人観光客が訪韓外国人客の2倍以上に達したことが分かった。

 韓国観光公社と日本の観光庁によると、1~6月に韓国を訪問した外国人観光客は675万2000人となり、前年同期比で16.7%減った。

 一方、同期間の訪日外国人は17.4%増の1375万7300人となった。

 昨年の上半期は訪韓外国人が810万9800人、訪日外国人は1171万3800人で、今年に比べ差は大きくなかった。

 訪韓観光客が急減したのは、中国当局が3月に出した韓国旅行商品販売禁止措置により外国人観光客で最多だった中国人が40%以上減ったためだ。中国は米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」の在韓米軍配備に対抗する形で同措置を取った。

 また、1~3月は前年同月比で増加していた日本人客も北朝鮮の軍事挑発への懸念などから4月(5.4%減)に減少に転じ、5月(10.8%減)、6月(6.9%減)と減少が続いている。

 これに対し、上半期に日本を訪れた韓国人客は339万5900人となり、前年同期比で42.5%増加。訪日外国人のうち最も多かった。

 中国政府の韓国観光商品販売禁止が長期化するとみられるのに加え、東南アジアや米州、欧州からの観光客も減少しているため、韓国と日本の外国人観光客数の差は今後さらに広がる見通しだ。
(引用ここまで)

 中国人観光客が少なくなったことだけではなく、日本、ヨーロッパ、東南アジアからの観光客も減っている。
 かつてはライバル関係でしたが、もはや観光客数はダブルスコア。
 これ、要するに日本に観光客を全体的に奪われているってことなのですよね。
 以前にも書きましたが、移動距離や物価などを考えると日本と韓国は「観光地」としてのライバルです。
 ですが、ん韓国にはリピーターがつきづらく、日本はその逆という傾向があります。
 そういうリピーターの積み重なりで大きな差になった、ということでしょうね。
 円安が以前よりも進んでいるというわけでもありませんし。

 浅草に行くと平日でも「ココドコー」っていうくらいに日本語聞こえてこない状況。そしてなぜか楽韓さんは英語で道を聞かれる(ヘタをすると1日3回とか)。
 京都じゃ桜のライトアップをやめるところが出てくるほど。
 もうちょっと時期と地域をずらしていかないとやばいんじゃないっていうのが実際のところです。

 以前は仁川国際空港の入国審査までは降りてから1時間くらいかかるのはざらだったのですよ。
 それを避けるためのノウハウ、たとえば持ちこむのは手荷物だけにして、なるだけ前の座席を確保する……というような話が語られるほどでした。
 うちは別に急がない人なので、ゆっくりとすごしていましたけどね。
 ところがいまや閑散としていて、入国審査も余裕があるとのこと。

 それほどまでに韓国客が減っている。
 だけども、ぼったくりは止まらないし、魅力のあるアミューズメントパークができるわけでもない。
 TDRやUSJなんかのアミューズメントパークはいまアジアからの観光客にめちゃくちゃ効いているって話ですね。
 一刻も早く韓流ウッド仁川ロボットランドをオープンさせるべきではないでしょうか。
 何度も行っているからこそ分かるのですが、ホントに魅力に欠ける国なのですよ……。
 それでいながら、あそこまでの観光客をキープできていることがむしろすごいと思います。いや、ホント。

韓国の自治体が必死になってアミューズメントパークを誘致しようとする理由とは?

名古屋レゴランドが30日に開場…先に始めても開場が遅れる韓国春川レゴランド(中央日報)
春川市観光開発事業に「暗雲」(ノーカットニュース・朝鮮語)
江原道(カンウォンド)が春川中島(チュンチョン・チュンド)に建設を推進しているレゴランドテーマパーク造成事業が5年以上、最初の一歩も踏み出せていない。

江原道より遅くれてレゴランド事業を推進していた日本が30日、名古屋レゴランドの開場を控えており、住民の不満が大きくなっている。

28日、江原道によると、道と施行社のエルエル開発は今月中に施工社と本契約を締結して工事を始める計画だった。だが、施工社入札を前にして斗山(トゥサン)建設と工事費問題などで本契約締結が遅れて着工すら始められていない。道は1月、優先交渉対象者の大林(テリム)コンソーシアムとの交渉に難航し、斗山(トゥサン)建設を新しい事業者として選定した。

着工が遅れながら懸念の声はますます大きくなっている。16日、江原道議会の道政質疑でキム・ソングン江原道議会副議長は「6年近く長引いてきたレゴランド事業の成功確率は1%に過ぎない」と指摘した。

本契約が難航しているのは工事費の精算方式のためだ。江原道が提示した工事費の精算方式は「先工事後精算」で、工事費を事業者がまず執行しなければならない。工事が完了すれば、道が開発敷地を売却して工事代金を精算・支給する方式であるため、事業者にとってはリスクが大きい。

江原道の関係者は「現在2~3つの案で交渉を進行中」とし、「レゴランドの海外投資社である英マーリン・エンターテイメンツもレゴランド建設に対する確固たる意志を持っているため、もう少し見守ってほしい」と述べた。

レゴランドは衣岩湖(ウィアムホ)内の島である中島129万1434平方メートルの敷地にレゴで作った遊園地やホテル、商店街、ウォーターパーク、アウトレットなどを誘致する事業だ。道は2011年9月、テーマパーク運営社である英マーリン・エンターテイメンツ、LTPコリアなどと共にレゴランド・コリアリゾート開発事業の投資合意覚書を締結した。2014年11月にレゴランド起工式を行ったが、現在、春川都心と中島をつなぐ橋梁工事だけが進められている。
(引用ここまで)
江原春川市が主導してサポートしていた観光開発事業が可視的な成果につながらずにいる。

23日春川市によると数年もの間、事業が中断されたままの中島(別名ハリネズミ島)の大規模な観光団地開発事業の承認が今月中にキャンセルされる予定だ。
春川市は中島大規模観光団地の民間事業者が事業を推進する意志がないと判断して中島に推進したビーテービーアイランド助成事業承認取り消しを決定したと伝えた。

2008年から推進されたこの事業は、中島に別荘型コンドミニアムとホテル、ヨットマリーナなどを備えた65万㎡観光団地を造成する事業である。
春川市がレゴランドと連携して推進したハローキティアイランド事業も事実上白紙化された。
(引用ここまで)

 いま、韓国の地方自治体は生き抜くためにアミューズメントパークをなんとかして造成できないかと、四苦八苦しているのです。
 どうも日本のディズニーリゾートとユニバーサルスタジオジャパンなんかが上手くいっているのを見て、「これはいける」というように思ったっぽいのですが。
 記事中にあるように、アミューズメントパークを誘致してコンドミニアムやホテルを一緒に作り、観光都市としてやっていこうというような目論見があるのですね。
 アミューズメントパークを中心にして、経済を回していこうというような計画です。 

 しかも、記事にあるように「先に工事をして、そのアミューズメントパークを民間業者に売り払うことで工事代金を精算する」というように、地方自治体の腹が痛まないような方式を企んでいるのです。
 リスクなしで利益だけ掠め取ろうという方式。

 この春川のアミューズメントパーク団地はレゴランド、ハローキティアイランドといったアミューズメントパークを複数誘致して、集客を目指していたのですが。
 集客があればホテルも潤い、土産物でもさまざまなアイテムが売れるだろう。
 なにより、不動産価格が上昇するに違いない(ここ大事)。

 だけども、誘致に使う金はない。 
 で、レゴランドの誘致計画という親亀がこけたら皆こけた……というわけです。
 まあ、さほど予算を使ったわけでもないでしょうから、そこだけは救いでしょうかね。 

ディズニーランド 成功のDNA
ホリテーマサロンテーマパーク研究会
PHP研究所
2014/4/24

韓国ユニバーサルスタジオの誘致に成功 → 嘘でした → 再交渉中 → 嘘でした → 期限延長 → やっぱり白紙撤回

韓国ユニバーサルスタジオ誘致事業、白紙撤回の危機に(中央日報)
韓国水資源公社(K-water)が推進しているユニバーサルスタジオ誘致事業が白紙撤回の危機に面していることが明らかになった。

4日、K-waterとユニバーサルスタジオコリア(USK)によると、京畿道華城市(キョンギド・ファソンシ)のユニバーサルスタジオ誘致事業協約が、特別な進展がなく昨年末で協約期限を満了した。

これに伴い、K-waterは先月30日に優先交渉対象者であるUSK側に事業推進についての報告を1月初旬までに提出するよう要求し、回答を待っている状況だ。USKが協約期限を追加で延長しない場合、ユニバーサルスタジオ誘致事業はこれ以上進められなくなる。

ユニバーサルスタジオ事業は朴槿恵(パク・クネ)大統領が掲げた公約の一つだ。計5兆ウォン(約4900億円)を投じて2020年までに京畿道華城にユニバーサルスタジオと韓流テーマパーク、ウォーターパークなどを誘致するという計画だ。

K-waterは2015年12月にUSKを優先交渉対象者に選定して交渉に入ったが、投資額や時期などをめぐり折り合いがつかず、昨年8月に事業協約締結を一度延期していた。
(引用ここまで)

 2005年に釜山に招致という報道があったのが最初でしたかね。
 で、その後の2014年くらいにソウルに開業という話が出たのですが、あっさりお流れ
 イ・ミョンバクの四大河川整備事業で巨額の負債を抱えていた水資源公社が「うちの土地を高く買え」と強要したことで頓挫。
 2015年末には「再度交渉をしている」と水資源公社が発表したら、米本社から「そんな交渉はしたことがない」とばっさり。
 けっきょく、交渉期限を迎えて頓挫
 今回はそれを去年年内にまで延長したのだけどもやっぱり頓挫(←今回)。

 水資源公社とユニバーサルスタジオ、お互いに最大利益を見据えているのだけどもどうしても水資源公社は土地の大規模開発が必要だという立場。
 それを言い続けている以上、交渉はまとまらずに終了なのでしょうね。
 大阪と北京にあれば東アジアの需要はまかなえるという考えなのだろうなぁ……ということを以前に書きましたが。
 ユニバーサルスタジオ本社は韓国での開業をそこまで必要としていない、というのが実際なのでしょうね。

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅 〈映画オリジナル脚本版〉
J.K. Rowling
Pottermore from J.K. Rowling
2017/3/16