相互RSS募集中です

カテゴリ:ムン・ジェインの記事一覧

韓国で「日本からの独立を記念して作られた」という独立門への勘違いを反日に利用するムン・ジェイン……地獄の風景だな

【コラム】反中の象徴・独立門の前で反日万歳を叫んだ文大統領(朝鮮日報)
三・一節に知人とカカオトークのチャットルームで話をしていて、ソウル市西大門区の独立門は抗日独立の意志のために建てたものだと思っている人が意外に多いということを知った。独立門は、中国の圧政から抜け出すことになったのを記念するため、徐載弼(ソ・ジェピル)先生が主軸となって建てたものだ。多くの人が抗中独立門を抗日と誤解していることは、韓国社会の現代史認識の屈曲地点を示している。 (中略)

この独立門をおかしなことに抗日の象徴だと思っている人がこれほど多いのは、反日が政治の手段になっているからだ。 (中略)

 独立門に対する誤解が喜劇になってしまった事例が、文大統領の2018年の三・一節記念式典だ。文大統領は記念式典を西大門刑務所で開催し、強硬な反日演説を行った。そうして、出席者らと共に近くの独立門へと行進し始めた。大統領一行は独立門の前に立ち、一緒に万歳を三唱した。抗日イベントが反中万歳で終わったのだ。文大統領は、中国へ行って韓国を「小さな国」と卑下し、中国を「高い峰」と仰ぎ見た人物だ。その文大統領が、独立門は中国から独立したことを記念する象徴だという事実を知っていたなら、決してそこで万歳を叫びはしなかっただろう。
(引用ここまで)


 以前にちらと楽韓Webでも現地レポートしたことのある独立門のお話
 韓国人の多くが「独立門は日本からの独立を記念して作られた」と考えているのですね。
 というか、そう感じるように独立公園が作られているというべきか。
 3・1独立運動関連のものを多く配置して、独立公園を「日本からの独立の聖地」としている。
 そこに独立門を設置している。
 少なくともこの構図を描いた人間が錯誤を狙っているのは間違いないと思われます。

 結果、まともに歴史を勉強していればともかく、そうでない多くの韓国人が「独立門は日本からの独立を記念して作られた」という勘違いをしている。
 政治家もその勘違いにつけこんで愛国心を煽るために独立門を「反日の砦」として利用する。
 その様子を見て韓国人の勘違いが進む……というどうしようもない無知のスパイラルが進んでいくっていう。

 自分たちの本当の歴史を蔑ろにして、望み通りの偽史を官製補強。
 結果、反日が強化されていくという地獄。
 よく韓国人や親韓日本人は「韓国には反日本なんてない」とか言いますが、韓国人には「反日本」なんて必要ないのですよ。
 こうして根本的に反日が刷りこまれているのですから。
 日本人が「三途の川」や「閻魔大王の審判」といった仏教的な話を明白に本で読んだ覚えがなくともどこからか知っているのと同じレベルで、韓国人には反日が刷りこまれているのです。

ムン・ジェイン大統領、4月の市長選を前に釜山を視察 → 「必ず国際空港を作れ!」と同行した国土大臣に厳命

ムン・ジェイン「国土部、加徳島への意志持て」国土部長官「反対したように見えたなら恐縮」(朝鮮日報・朝鮮語)
ムン・ジェイン大統領は25日、船に乗って釜山加徳島近隣の海上を視察して新空港の必要性を力説した。加徳島新空港建設に安全性・経済性などの問題を提起した国土交通省ビョン・チャンフム長官を伴って「意志を持ちなさい」「責任感を持ちなさい」「必ず実現させよう」と事業推進を促した。ビョン長官は「恐縮である」「最善を尽くしたい」とした。野党は「大統領が露骨に選挙運動をしている」とした。

ムン大統領はこの日、1年ぶりに釜山を訪れた。昨年2月4・15総選挙の二ヶ月前、釜山型雇用協約式」に出席したが、今回は4・7釜山市長補欠選挙を二ヶ月前に釜山を訪れた。この日の行事には、加徳島新空港建設関連部署である国土交通省と企画財政部、海洋水産部など4つの省庁長官が行われた。イ・ナギョン代表とキム・テニョン院内代表などが付いている民主党指導部と青瓦台参謀9人も同行した。(中略)

ムン大統領は船上での関連の報告を受けてビョン長官に「意志」と「責任」に言及して叱責性の発言もした。かつて国土部は加徳島新空港の代わりに金海空港を拡張する方向性でした。しかし、ムン大統領は「2030年以前に完成するようスピード感を持ってほしい」とし「国土部の意志を持たなければならない」と述べた。それとともに「事業の方向が変わったことに対する国土部実務の困惑を十分に理解している」と言いながらも「国土部が意志を持たなければ円滑な事業進行が容易ではない。責任ある姿勢を持たなければならない」とした。ムン大統領は「新空港予定地を目で見て東南圏メガシティ構想を聞いて胸が躍る。必ず実現させよう」とした。

これに対してビョン長官は「一部のマスコミで、国土部加徳新空港に反対したかのように映って恐縮である」とし「国土部の分析レポートは当初発議された加徳島新空港特別法案の内容の事前実現可能性調査の必要性を説明するために作成されたもの」とした。
(引用ここまで)


 さすがにこれは草生えるwww
 加徳島国際空港計画について以前に解説していますが、100%選挙マター。
 経済的にも立地的にも不適当であるという結論はすでに出ているのですが、与党である共に民主党は「経済的に妥当でなくても予備調査すら行わずに建設に着手できる法律」を作ってしまっている。
 4月にソウル市長選と釜山市長選が同時に行われますが、この加徳島国際空港計画はセクハラで辞任した前市長の問題や、もともと釜山が保守派の地盤であることを吹き飛ばすほどの公共事業となり得るのですね。

 で、それを裏付けるためにわざわざムン・ジェイン大統領が大臣を4人伴って釜山・加徳島に視察に行って。
 さらに国土部長官(大臣に相当)に「覚悟を持て」「責任感を持て」と恫喝のようにすら見える言葉を重ねている。
 で、国土部長官は「(空港建設に)反対したように見えたのなら恐縮です」って言っているっていう。

 茶番。
 まあ、実際にはこの発言は大臣に向けて言っているのではなくて、釜山市民に「共に民主党からの候補が当選すれば……分かっているな?」って話をしているのですけども。
 さらにわざわざ大統領府から「この訪問は選挙対策ではない」ってアナウンスしているっていう。

韓国大統領府「文大統領の釜山訪問は選挙と無関係」(聯合ニュース)

 中立義務を持つ大統領による地方選挙への介入だ、とする野党への批判に答えた形。
 沈黙の艦隊での「我が国は核兵器を所有していない」みたいなものですね。

韓国首相「北朝鮮はハノイでの決裂を残念に思い、対話の意思があるはずだ」……まだそれが言えるのすごいわ

韓国統一部長官「北朝鮮の鉄道制裁解除を…コロナ終息したら金剛山観光から」(中央日報)
北朝鮮へのコロナワクチン支援 「状況整うならためらわず」=韓国首相(聯合ニュース)
統一部の李仁栄(イ・インヨン)長官が北朝鮮に対する国連の公共インフラ分野の制裁を解除すべきで、南北の鉄道・道路協力などをその例として挙げた。また、新型コロナウイルス状況が緩和されれば金剛山(クムガンサン)個別訪問から再開できればとの考えを明らかにした。 (中略)

李長官は南北の鉄道・道路協力を例に挙げ、「保健医療協力と民生協力がある程度活性化すれば、いまは国連が制裁を適用している非商業用公共インフラ領域程度は制裁を解除することに国際社会が共感を形成したら良いだろう」とした。

また、金剛山観光問題についても、「団体観光ではなく個別訪問形態ならば人道主義に合致したり、制裁対象とは次元が異なる問題だろう。新型コロナウイルス状況が緩和されれば金剛山に対する個別訪問から再開できることを希望する」と付け加えた。
(引用ここまで)

韓国の丁世均(チョン・セギュン)首相は23日公開された英BBCテレビとのインタビューで、北朝鮮に対する新型コロナウイルスワクチン支援の可能性について、「状況が整うならためらう理由がない」としながらも、「保健医療の協力と人道的な支援はいつでも可能だが、現在は対話が進んでおらず、北がどう受け止めるか(わからない)」と述べた。

丁氏は、韓国の善意がまっすぐ受け止められる必要があるとし、「人道面と保健医療の協力、スポーツ交流から始めれば南北問題の解決に役立つ」との考えを示した。

 また、北朝鮮が米国と韓国、さらに日本との対話を再開する可能性があると言及した。北朝鮮は2019年にベトナム・ハノイでの米国との首脳会談が合意に至らなかったことを残念がっており、対話を続けるだろうとの見解を述べた。
(引用ここまで)


 統一部長官と首相からそれぞれ「南北鉄道接続したい」「新型コロナのワクチンを北に供与したい」「ハノイの決裂を残念がっており、対話を続けるだろう」との発言がありました。
 いや……すごい。

 ハノイの決裂直後には北朝鮮から「仲介者気取りをやめろ」って言われて。
 去年6月には「まだ分からないのか」とばかりに南北連絡事務所を爆破されて。
 怒りの表現のために必要以上の爆薬を使われた、なんていう話もありましたね。
 ちなみに爆破の前日にはムン・ジェイン大統領から「対話の窓を閉めないでほしい」っていう発言があったのでした。

 この2年、米朝間はおろか南北間でもまともに対話なんてありませんでした。
 韓国側からはしつこいくらいに対話を求めていたのですけどね。
 あったのはキム・ヨジョンからビラ散布禁止法を作るように命じられたことと、カン・ギョンファ外交部長官の更迭命令くらいなもの。

 それでも「北朝鮮は対話を続けるだろう」って言い放てて、「ワクチンを差し上げます」って言えるっていう。
 去年、製薬企業とまともに契約する以前の状態でも「ワクチンを北朝鮮に献上したい」って言っていたんで、筋金入りですけどね。
 ムン・ジェイン政権はまだまだ南北対話、南北協力に希望があるのだなぁ……。
 ブリンケン国務長官が対北強硬派である以上、ムン・ジェイン政権が望むような方向になるとは思えないのですけどね。

ムン・ジェイン「日韓関係は日本の真の謝罪にかかっている」→数時間後、韓国大統領府「あれは原則を述べただけ。関係正常化が本来の主旨だ」……ムンくんさぁ、そういうとこだぞ?

カテゴリ:ムン・ジェイン コメント:(87)
慰安婦・徴用問題 「日本の真の謝罪にかかっている」=文大統領(聯合ニュース)
「日本は謝罪すべき」→「韓日関係重要」…数時間で話変わった青瓦台なぜ(中央日報)
 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は19日、青瓦台(大統領府)で開いた与党「共に民主党」の執行部との懇談会で、日本に旧日本軍の慰安婦と強制徴用被害者への賠償を命じた判決を巡り、「当事者の意見を排除し、政府同士で合意するには困難がある」と述べた。複数の与党関係者が聯合ニュースに伝えた。

 関係者らによると、文大統領は「単純な金の問題ではなく、当事者が認めなければならない。政府が(賠償)金を肩代わりすれば解決するというなら、すでに解決したのではないか」として、「当事者が解決したと納得しなければならない」と述べた。

 また、「原告が同意していないため、日本の真の謝罪にかかっている状況」とした上で、「党も韓日関係の正常化に役割を果たしてほしい」と呼び掛けた。
(引用ここまで)

青瓦台は何時間もたたずに文大統領の発言に対する追加の立場を出した。青瓦台の姜ミン碩(カン・ミンソク)報道官は「大統領は政府間合意がなされても被害者の同意が重要だという普段の立場を繰り返したもの。慰安婦被害者の現在の状況を説明した上で、韓日間には協力が必要で韓米日関係も重要なため党としても韓日関係正常化に向け支援してほしいと呼び掛けた」と明らかにした。その上で姜報道官は「韓日関係正常化の努力が発言の趣旨だった」とあえてもう一度説明した。

青瓦台の釈明によりハプニングのように過ぎ去ったが、これ自体が対日基調の変化と関連して韓国政府が明確な立場整理をできていないという傍証ではないのかとの解釈も出ている。ある外交関係者は「先月のソウル中央地裁判決後に外交部が『判決は尊重するが慰安婦合意が公式合意であることを想起する』という公式立場を出した時からどうすることもできない韓国政府の混乱した雰囲気が見え続けている。韓日関係を解決しようと心に決めたのならまず大きな戦略的基調から決めるべきで、それに基づいて政府各級で一貫したメッセージが出してこそ日本も韓国政府の努力を信頼できるだろう」と指摘した。
(引用ここまで)


 19日の共に民主党との懇談会でムン・ジェイン大統領は「当事者が同意しなければならない」「日本の真の謝罪にかかっている」と発言したとのこと。
 記者会見等、公の場での発言ではありませんが出席した複数の人物から同じ証言が得られているとのことなので、発言の子細はともかくこういった主旨の発言があったのは間違いないでしょう。
 要するに「ボールは日本にある」「日本が動かなければ徴用工裁判も慰安婦裁判も解決しない」といった認識を発言したということですね。

 これらの発言はかつてのムン・ジェイン大統領の発言にほぼ等しいもの。
 2019年の新年記者会見で「日本は謙虚にならなければならない」と発言し、2020年の新年記者会見では「日本側も提案を行うべきだ」と発言していました。
 それが今年の新年記者会見では一転して「慰安婦合意は公式のもの」「現金化は望ましくない」と言い出して日韓関係改善を求めるようになりました。
 とはいっても直後に日本政府からは「具体的な行動がなければ意味がない」とばっさり斬られていましたが。

 その後、大統領府からは「原則を述べただけ」「日韓関係改善は大事」っていうフォローがあったのですが。
 まあ、時すでに遅しって感じですかね。
 ムン・ジェイン大統領の本心が発言にあったことは間違いない。
 新年での関係改善を求める発言は、バイデン政権が発足することに伴って日韓関係改善への圧力があるだろうと予想されたことからとりあえず「関係改善したい」という言葉だけは出しておこうといった軽薄なものだったことが分かります。

 中央日報の記事の最後にもありますが、こうした話で大事なのは一貫性です。
 発言だけでも揃えておく必要がある。
 たとえば外相が「クアッドはよくないアイディア」と言ったら、それが政権の認識であると周囲からは見られるわけです。
 一貫して「日本との関係改善が必要だ」と言い続けることができるのであれば、それが政権の意思であるとして扱われるようになるのですね。

 でも、ムン・ジェインはそんなことすらできないのです。
 なんだろね。本当に能力に欠けているんだよな、この人。
 政治家の器じゃない。活動家。
 ただ、ポストを身内で回すだけの機微はあるから反感は持たれていないというだけで。

 経済政策も外交政策もなんもできていない。
 対北に特化しているとか言われていましたが、その対北朝鮮だってミリほどの成果も出せていない。
 それでも退任後に院政を敷くつもりでいるっぽいからなぁ……。

ムン・ジェインが韓国の伝統市場に姿を現す→地元民は歓迎のために「美白肌の文在寅」「宇宙美男」等のプラカード、横断幕を掲げる……「北朝鮮のようだ」との非難もあるものの……

「宇宙美男」「美白肌の文在寅」赤面物の歓迎…青瓦台「指示していない」(朝鮮日報)
 文大統領はこの時、「世界最大洋上風力発電団地48兆ウォン(約4兆5000億円)投資協約式」に出席した後、近くの昔ながらの市場に立ち寄った。昨年8月に豪雨被害を視察するため全羅南道求礼郡を訪れて以来、6カ月ぶりの全羅南道訪問だった。市場前では同道庁職員十数人が文大統領訪問を歓迎しようと、花束や手作りのプラカード、横断幕を持って出てきた。「文在寅 あなたはシカ、私の心をノギョン(『溶かす』あるいは『シカの角=漢方薬の材料』の語呂合わせ)」「知ってる? わたし、グル(牡蠣〈カキ〉=同地の名産品)が好きなこと? 文在寅のオルグル(顔)」「宇宙美男」「文在寅 星に、私の心の星に」「なぜ今やっといらっしゃったんですか」「大統領様は私たちの幸せ」などの内容だった。同道庁関係者たちは与党・共に民主党のカラーである青いマスクをしていた。 (中略)

 また、青瓦台はこの時、「文大統領は(昔ながらの市場である)『新安塩辛タウン』に立ち寄り、体感景気を確認した」と明らかにした。しかし、書面の報道資料には商店関係者たちの実際の声が書かれていないとの批判もある。文大統領は総菜を購入した時、「商売はどうですか」と聞いた。すると、1人の商店関係者が「観光と旅行が減った」と答えたが、ほかの商店関係者たちは「大統領様、頑張ってください」「お元気で」と叫んだ、と青瓦台では明らかにした。
(引用ここまで・太字引用者)


 北朝鮮ではキム一族の呼称は「敬愛なる○○同志」とか「指導者が備えるべき風貌を完全に持つ親愛なる指導者」とかいったものですが。
 別にあれ、北朝鮮独自のものではないのですよ。
 韓国でも多分に似たような話は行われています。
 パク・クネ政権時代にも大統領府は「MERS禍で人気のなくなった伝統市場にさっそうとパク・クネ大統領様が!」みたいな演出をやってましたし。
 周囲も「大統領様がお歩きになった公園」みたいなことをやる。
 こうしたおもねりは権力者に対して、朝鮮半島に住まうものが行う基本的な行動なのですね。

 華々しい呼称で飾り立てていい気分にさせる必要があるのです。
 威圧するためにも、差別化するためにも。
 「まるで北朝鮮のようだ」というのは実際の感想でしょうけども、その感性というのは間違いなく韓国のほうにも根付いているのですよ。
 朝鮮中央通信のあの女性アナによる過剰なアナウンスも、韓国人にとってはさほど違和感のないものなんじゃないでしょうかね。

 朝鮮民族に内包され、歴史的に育てられてきた感覚のひとつであると感じますよ。
 南北でていどの違いこそあれども。

これがK三権分立……韓国国会が気に入らない裁判官を弾劾へ。その際に司法のトップが取った行動がこれまた……

【独自】林成根判事「辞職します」…金命洙大法院長「それでは弾劾できないではないか」(朝鮮日報)
「キム・ミョンスの嘘」録音データが公開されたその日に、イム・ソングン弾劾議決した与党(中央日報・朝鮮語)
 本紙取材を総合すると、林部長判事は昨年4月、大法院に金大法院長を訪ね、「健康状態が悪く、裁判官を務めるのが困難だ」として、辞表を提出したという。林部長判事は当時、健康悪化で手術を受けた直後だった。すると、金大法院長は「今国会で(司法介入に関与した)判事の弾劾論議が進んでいる。辞表を受け取れば弾劾ができないではないか」と語ったという。

 金大法院長の「弾劾発言」以降、林部長判事は病気休暇を取り、昨年末に裁判官の再任を放棄。今月末に退任予定だった状態で弾劾対象になった。ある裁判所長は「結局金大法院長が辞表を受理しなかったからだ」と話した。

 金大法院長による問題の発言は昨年下半期から裁判所内部で広がり始めた。それを伝え聞いた第一線の判事からは「裁判官の独立を守る大法院長が現職判事の面前で弾劾に言及したはずはない」「事実ならば金大法院長は弾劾に相当する」といった言葉が飛び出した。
(引用ここまで)

4日、国会がイム・ソングン釜山高裁部長判事の弾劾訴追案を可決した。立法府が裁判官弾劾案を憲法裁判所に渡したのは憲政史上初めてだ。これ主導した共に民主党は「節目ごとにあれこれ政治的理由で先送りしてきた国会の憲法上の義務を履行しなければならない」(イ・タンフイ議員)との論理を展開した。 (中略)

この日の午前イム部長判事が「辞表を受理すると弾劾の話ができない」と辞表を差し戻したキム・ミョンス長官との昨年5月にあった会話の録音データを公開したことが終盤変数になることもあった。しかし、民主党はこの日の本会議直前議員総会でも、これに対する議論を進めていた。かえって党内では「自分の去就を相談しに行った席で最高裁長官との対話を録音して公開するレベルの部長判事ならやはり弾劾することが正しい」(オサンホ議員)は、反応が出た。 (中略)

国会が弾劾訴追を議決したが、最終的な判断は、憲法裁判所がする。裁判官9人のうち6人以上が同意すれば弾劾が最終成立する。しかし、イム部長判事が今月末の任期満了に退任するため、弾劾案が本案審理に上がらもできず、却下されるだろうという見通しも少なくない。
(引用ここまで)


 簡単な要約。

・手術後も体調を崩したイム裁判長が辞職願いを提出する。
・キム大法院長(最高裁長官に相当)、「おまえは国会から弾劾のターゲットになっているから辞職はさせない」と受け取り拒否。
・上記のやりとりを朝鮮日報がすっぱ抜き。司法の立法府へのおもねりだと糾弾される。
・キム大法院長、上記のやりとりがあったことを否定。
・イム裁判長、録音データを提出。
・それでも韓国国会、圧倒的多数でイム裁判長の弾劾を決定。

 そもそもイム裁判長が弾劾にかけられている直接の話は、産経新聞の元ソウル支局長である加藤達也氏に対する名誉毀損の判決決定に圧力をかけた……とされるもの。
 この件でイム裁判長は起訴されたものの、一審で無罪判決を受けています。

 で、無罪判決を受けたのになぜ弾劾されるに至ったのかというと、これがまたこじらせていまして。
 前政権時のヤン・スンテ大法院長が職権乱用をしたということで関連したとされる裁判官が片っ端から起訴されたのですが、ほぼ全員が無罪判決を受けています。
 イム裁判長への無罪判決もその一環。

 それに業を煮やした与党側は「よろしい、司法が無罪だというなら弾劾だ」ということで裁判官弾劾に至ったと。
 明白な立法府による司法介入であると感じますけどね。
 まあ、これがK三権分立ってヤツなのでしょう。

 上の要約でイム裁判長が「弾劾するから辞職はさせない」という会話の録音データを公開して弾劾を主導する与党側に圧力を加えたのですが、「そんなことをするのであればなおのこと弾劾だ」ということで弾劾が成立したという。
 ちなみにキム大法院長はこの件について「そんなことを話した覚えはない」としていたのですが、録音データが公開されたあとに「ずいぶん前のことなので記憶にありませんでした」とかいう謝罪をしています。
 録音されているとは思わなかったのでしょうね。

 「大法院長」という司法のトップにある人間ですら、こうしてウリ(我々の意。この場合は仲間)である与党のために嘘をつくわけです。
 あ、この大法院長はムン・ジェインによって地裁所長から何人抜きしたのか分からないくらいの抜擢で司法のトップにされたという子飼いの人物です。
 大法官(大法院の裁判官)を経ないで大法院長になったのは56年ぶりの出来事だったそうですよ。
 もちろん、ムン・ジェインやそのウリである与党に頭が上がるわけがありません。
 一切の抵抗もせずに、むしろムン・ジェイン政権や与党のやりたいままにさせている、というのが実態。
 それがついに裁判官の弾劾にまで至った、というのが今回の出来事だったということです。

韓国の公共放送アナウンサー、与党や北朝鮮に都合の悪いニュースを完全に無視して報道……まるで北朝鮮のあのアナウンサーのような放送までしていた

カテゴリ:ムン・ジェイン コメント:(60)
KBSラジオ司会者、北・与党批判ニュース大量削除(朝鮮日報)
KBS1ラジオで北朝鮮に批判的であるか、政権与党に不利なニュースを読まなかった、いわゆる「アナウンサーがニュース編集」が相当期間繰り返されてきたことが分かった。

先月KBS1ラジオでニュースを進行しながら、記者たちが制作した原稿の一部を抜いてしまって配信したり、一部の内容を任意に追加したという疑惑が提起されたKBSキム某アナウンサーが過去にも政府に不利であったり、北朝鮮を批判したニュースについて削除して伝達したという疑惑がさらに提起された。アナウンサーがニュースを恣意的に削除または変更する「お気持ちニュース」が常習・繰り返し行われた可能性が出てきたのだ。 (中略)

キムアナウンサーは昨年10月に〜12月の3ヶ月の間に記事全体を削除して放送していない事例が6件あり、内容の一部を削除(10件)、または、原文の記事にない内容を恣意的に追加(1件)するなど進行してニュースキューシートの内容を恣意的に変更した事例が20件に達することが確認されたとKBS労組は明らかにした。 (中略)

KBS労組によると、キムアナウンサーは過去10月10日のニュースキューシートで「トップ記事】<合同参謀>「北の今日パレード実施情況捕捉」」というタイトルの記事全体を飛ばしてしまった後、2番目のニュースとして予定されていた「北のメディア、午前までパレード開催・報道しない」をトップ記事に伝達した。アナウンサーが任意に北朝鮮の深夜パレード開催のニュースを削除してしまったのだ。

キムアナウンサーは翌日の11日には天気情報を含むすべての12件に設けられたニュースキューシートで「米当局者『北、核・弾道ミサイルプログラム優先に失望』」「外信、北新型ICBM公開パレード迅速報道、『巨大なICBM』。」という2件のニュースを省略したことが分かった。キムアナウンサーはこの日、ニュースでは北朝鮮の最初の深夜パレードのニュースを伝えたニュースに、元の記事では存在しなかった「(キム・ジョンウン国務委員長は)また愛する南の同胞にも温かい心を正に送ると明らかにして、一日も早くこの保健危機が克服されて、北と南が再び手を取り合う日が訪れることを祈る、と言いました」という内容を追加したことでも明らかになった。
(引用ここまで・太字)


 以前、KBSラジオのニュース番組で特定のアナウンサーが与党やムン・ジェインにとって都合の悪いニュースを削除していた、という疑惑が報じられたことがありました。
 法務部(省に相当)のイ・ヨング第1次官が酔ってタクシー運転手に暴行を働いたという疑惑が立ち上がった際に「野党側は難癖をつけた」と報じたり、いくつかのニュースでは恣意的に内容をカットしたりといった疑惑があったのですね。
 一介のアナウンサーがニュース内容を勝手に変更して、与党側に都合のいい内容として報じていた……というものでした。

 当時、件のアナウンサーは「生放送で時間がなくなったので、自分のほうで調整しただけだ」というように言い訳をしていたのですが。
 KBSの3つある労組のうち、保守系の労組がこのキム某アナウンサーのニュース番組をチェックしたところ「偶然とは言いがたい削除が付け加えがあった」として糾弾していると。

 まあ……でしょうね。
 最初の時点で報じられた法務部次官の事件はかなり性悪な事件で、本来なら重罪になるようなものを警察が手心を加えて不問にしたというようなもの。
 タクシー運転手の首を絞めた、というものでしたから。絞めた跡がくっきり残っているほどの暴行。
 これを「との事件があったと野党が難癖をつけた」と報じる時点で、異常さは際立ってますわ。

 まあ……そうするといろいろと利点がある、ということでしょうね。
 最初に報じられた時点で楽韓さんは「このアナウンサーが次回の総選挙で出馬するようなことになるのではないでしょうか」と書いています。

 それにしても太字部分を独自に付け加えた、というのはなかなかのすごさ。
 朝鮮中央テレビのチマチョゴリを着たあのおばちゃんアナウンサー(リ・チュニ)あたりが言いそうな文言ですね。
 本場の忖度は違うわぁ……。

ムン・ジェイン、対日関係修復策がまったく評価されていない……その理由は「なにも意見を聞き入れない」から?

カテゴリ:ムン・ジェイン コメント:(83)
韓国・文大統領の「対日関係修復策」が評価されない本当の理由、元駐韓大使が解説(ダイヤモンドオンライン)
 文在寅氏は言葉ではこれまでの対応を転換したようなそぶりを見せている。しかし、そのような姿勢が、むしろ文在寅氏は信頼できないことを物語っている。文在寅氏が提案する改善策はいずれも小手先の対応であり、本質の問題に触れるものではない。したがって、日本側は文在寅氏の姿勢を評価していない。 (中略)

 文在寅氏の発言は、2点において支離滅裂である。

 第1に、これを公式合意と認めたのならば、その合意は「最終的かつ不可逆的な合意」であり、さらに交渉する余地はない。したがって、文在寅氏が言う「韓日間で協議していく」ことはない。

 第2に、これまで韓国の行政府として司法に介入できないと言ってきた。それが今になって裁判所の判決を無視して「外交的解決を探そう」というのは論理矛盾である。 (中略)

 文在寅氏による言葉だけの日韓関係改善の意欲に、日本側はしらけている。

 日本の政府、与党一体として求めているのは、日韓関係を改善したいのであれば、日本側が受け入れられる解決策を示すべきだということである。「元慰安婦問題で同意できる解決方法を日本と協議していこう」という文在寅氏の言葉は、2015年の慰安婦合意のちゃぶ台返しであると反発している。
(引用ここまで)


 元駐韓日本大使であり、「ムン・ジェインは北朝鮮のこと以外なにも考えていない」とする一連の話の提唱者である(そして大正解だった)武藤正敏氏のコラム。
 最近すごい量の原稿を各サイトに書いているような気もするのですが。
 内容に関しては全体を通して「ですよねー」としか言えない。

 カン・チャンイル大使を駐日大使として任命したこともですが、韓国のやっていることの全体が間の抜けたものになっている。
 ……まあ、ムン・ジェインがノ・ムヒョンの後継者であるとするなら、マヌケはマヌケで正しいのですが。
 ゲーツ国防長官に「あの人物は少し頭がおかしい」と言われたノ・ムヒョンと、ヨーロッパ某国の首脳に「少しおかしい人」と呼ばれたムン・ジェイン。実質一緒。

 ま、それはともかく。
 そんな間の抜けた政策の原因のひとつとして「ムン・ジェイン大統領はまともな情報を受け取っていない」というコラムが朝鮮日報に掲載されていまして。

【コラム】耳を貸さないリーダー、口を出さない参謀(朝鮮日報)

 ムン・ジェインは周囲からの意見を求めず、参謀たちもなにも言わない。
 なにしろ「世界最高の民主主義で選ばれた大統領」ですから?
 なにひとつとして間違うわけがないのですよ。理念上。

 間違えているとしたら、それは現実のほうだったり、民間のやっている不動産統計だったりするのです。
 経済が悪いのだったら、それは前政権のせいだったり、天候が暑かったり寒かったりするせい。
 そういえば、カン・チャンイルも来日直前に「いまの日韓関係が最悪になったのは前政権のせいだ」って言ってましたっけ。

カンチャンイル氏「元徴用工も慰安婦も、全て前政権のせい。私たちは汚物の片付けをさせられている」(シンシアリーのブログ)

 ムン・ジェインがヨーロッパでバカにされたのは日本のせいだったりもしましたっけ。
 常に悪いのは大統領府の外であって、彼らの問題ではないのです。
 なぜならムン・ジェインは正しいから。Q.E.D.

文在寅の謀略
武藤正敏
悟空出版
2020-03-27