相互RSS募集中です

韓国メディア「残り10日ちょっとでもまだ日韓首脳会談の芽はある……あるのだ」……いや、もうさすがに無理じゃね?

李洛淵首相、日韓議員連盟の額賀会長と会談…首脳会談の突破口探るか(中央日報)
韓日関係が最悪と言われている中、日韓議員連盟の額賀福志郎会長が訪韓して15日、韓国の李洛淵(イ・ナギョン)首相と会談した。28日から2日間、日本大阪で開かれる主要20カ国・地域(G20)首脳会議で両国首脳会談の開催が不透明な中で行われた会談ということから首脳会談に向けた地ならしである可能性もあるという見方もある。

これについてNHKは「李洛淵首相と額賀会長はG20首脳会議を念頭に置いて両国関係の改善のために協議を進展させていく必要があるということで意見が一致した」とこの日、伝えた。 (中略)

専門家は強制徴用問題が両国首脳会談の開催を妨げる状況だけは防ぐ必要があると指摘する。申ガク秀(シン・ガクス)元駐日韓国大使は「韓国政府が(強制徴用)問題に関連して動いているというサインを送ってある程度誠意を見せれば、問題は棚上げにして首脳会談を開くことができる」と話した。 (中略)

日本側もG20首脳会議の開催国として対面を汚さないために韓国との首脳会談を完全にあきらめるのは難しいだろうという主張も出ている。
(引用ここまで)

 「首脳会談に向けた地ならしである可能性もあるという見方もある」
 なんだその薄い可能性……。

 いやぁ、さすがにもう無理じゃない?
 開催まで10日ちょっと。ここまで「日韓首脳会談がある」というアナウンスはなし。
 もちろん、「会談をしない」というアナウンスはありえないので、最後の最後にどんでん返しであるかもしれませんけどね。
 でも、問題は日韓首脳会談をしたところで事態が展開するとは思えないところですね。
 首脳会談で事態が展開できるようなら、それ以前に日韓基本条約にある「外交協議」にも応じているでしょうし、そもそも仲裁委設置に向かっていない。
 韓国側がいつまで経っても徴用工裁判に対しての立場を明確にしないからこそ、日本側との亀裂は深まっているわけで。

 最大の問題は安倍総理とムン・ジェイン大統領が会ってなにかが変わるのか、ってことですよ。
 もう首脳会談っていえば問題解決手段としては最後の段階。ここでなにも変わらないというのであれば致命的ですらある。
 っていうか、2月の米朝首脳会談は致命的だったのを見ていただろうに……。
 であれば、やらないほうがマシという判断に傾いてもいいようなもんですけどね。

 この記事もそうですが、まだ韓国メディアの中では「いや、G20では日韓首脳会談をやるだろう」っていう見方が支配的で苦笑するしかないのですが。
 仲裁委の期日を明日に持ってきた意味とかまったく考えていないんだな……。

"韓国メディア「残り10日ちょっとでもまだ日韓首脳会談の芽はある……あるのだ」……いや、もうさすがに無理じゃね?"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]