相互RSS募集中です

韓国から日本企業の撤退が相次ぐ……それも「あの業種」がこぞって逃げ出すかのように……やばくない?

「強制徴用」判決後、韓国内の日本企業に撤退相次ぐ(TV朝鮮・朝鮮語)
すでにかなり前から韓国に進出した日本企業の動きが尋常でなかったことが今になって確認されました。強制徴用裁判に関連し、日本企業の多くが最高裁判決が出た昨年から着実に人員を減らすか、または撤退作業を進めてきたことが分かりました。韓国政府が資産凍結措置をとる可能性に備えたものと思われますが、政府はこのような事実自体も把握していませんでした。 (中略)

日本の三菱商事が100%出資した韓国三菱商事の本社入居ビルです。
韓国三菱商事は、最近、蔚山の製鉄設備事業など嶺南地域の事業から手を離したことが確認されました。

関係者「ビジネスの拡大維持縮小といった部分については、回答することはできません」

強制徴用裁判の被告企業三菱重工業も昨年、国内事業から撤退したと伝えました。
嶺南地域では、昨年までの2年間で三菱商事と重工業のほか、三井物産と伊藤忠商事、双日、丸紅など6つの企業が事業を折り畳んました。ソニーは4000人だった人員を300人に90%以上削減しました。

政府は、正確な現状把握すらできずにいます。

カン・ギョンファ (日本企業の撤退が相次いでいる状況をご存知ですよね?)「具体的にどのような企業が、どのように?」

昨年、日本側が最高裁判決に沿った事業撤退の可能性を取り上げていたことが知られ、政府の対応が安易であったとの指摘も出てきます。
(引用ここまで)


 日本企業による韓国からの撤退が相次いでいるというニュースなのですが。
 撤退している企業の業種がやばい。
 三菱商事、三井物産、伊藤忠、双日、丸紅。
 日本の総合商社ばっかりじゃないですか。
 いわゆる5大商社と呼ばれるうちの4つが韓国から撤退。残るひとつの住友商事は韓国に支社があることは間違いないのですが、規模がどのくらいかは不明。

 「金の臭いがするところにならどこにでも行く」とされている総合商社が、韓国から事業撤退。
 韓国に金の臭いがしなくなった、ということです。
 あるいは「戦犯企業」とされている企業と取引があった場合、資産を差し押さえられる可能性がある。そんなところにはいられない、という判断でしょうかね。
 どちらにしても総合商社が、それも複数のそれが「韓国にはいられない」と判断をしたということは凄まじい。

 ソニーは4000人いた人員を300人に削減。
 スマートフォンの新製品を出さなくなったことから、ソニーモバイルが韓国市場から撤退するのではないかとの話がでていたのは知っていましたが。
 こりゃ「出さない」というより物理的に出せないというのが実際でしょうね。サポートに必要な最低限の人員だけ残して撤退って感じかな。

 ま、これこそがムン・ジェインの、そして韓国の求めてきたことそのものなのでしょう?
 日本企業が撤退して、「キレイナ韓国」を達成することができたというわけです。
 Win-Winの関係というヤツじゃないでしょうかね?

"韓国から日本企業の撤退が相次ぐ……それも「あの業種」がこぞって逃げ出すかのように……やばくない?"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]