相互RSS募集中です

韓国大統領特別補佐官「ムン・ジェイン大統領は安倍首相に疲れ、諦めかけている」「日本は高圧的で一方的だ」……その現状認識さぁ……

(Question)最悪の日韓関係、改善への道筋は? 文正仁氏(朝日新聞)
 ――対韓輸出規制の強化と日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA〈ジーソミア〉)破棄で最悪の日韓関係ですが、対話の機運すらありません。

 「日本も韓国も、相手をたたくと人気が出る構造になっている。相手に融和的な態度をとログイン前の続きると国内政治で難しい状況に陥る。だから強い姿勢に出る。指導者間の不信もある。歴史問題が解決されないと韓国との協力は難しいと主張を繰り返す安倍晋三首相に対し、文在寅(ムンジェイン)大統領は疲れを感じ、諦めかけているようだ」

 ――関係悪化の契機は昨年10月に韓国大法院(最高裁)が出した元徴用工への賠償判決です。1965年の日韓請求権協定は(1)外交協議(2)解決しない場合は日韓と第三国の仲裁委の設置(3)第三国のみの仲裁委設置、を定めますが、ここで双方はすれ違っています。

 「日本側は一方的に(1)ができなかったと見なして次の手続きに進んだ。韓国側はその後6月に対応案を出してから(1)の協議に応じる構えを示したが、日本側は案とともに拒んだ。韓国の人々の心情を考えて形式的にでも協議に応じるべきだった。日韓ではかつては相手の立場になって考える気持ちがあったが、今回の日本は高圧的で一方的だ」

 「朴槿恵(パククネ)・前政権時の大法院長(最高裁長官)は政権の意向を受け、徴用工訴訟の進行を遅らせた罪に問われている。文政権も司法と協議すれば違法だ。文政権は朴氏弾劾(だんがい)の民意から生まれた。こうした法的、政治的な敏感さを日本が少しでも理解し、特別法制定など解決に向けて協力すれば『共通の代替案』を見いだすことができると思う」
(引用ここまで)


 ムン・ジェイン政権の外交メンターであるムン・ジョンインへのインタビュー記事。
 韓国の外交方針はムン・ジョンインに聞けばいい、というのが基本です。当初は「あれは補佐官の個人的な発言だから」というようなことになっていますが、そのうちその外交方針が政府のそれになってます。
 というわけで、ムン・ジョンインの言うことはピックアップしておく必要があるのですね。

 いや、このインタビューすごいですよ。
 もうすべての因果が逆。
 安倍総理に対して「ムン・ジェイン大統領は疲れを感じ、諦めかけている」んですって。
 慰安婦合意で歴史問題を解決したはずなのに、それを事実上破棄して財団を解散させたのは誰だって話ですよね。

 で、それがそのまま「元徴用工への賠償判決」についてもつながっている。
 韓国側が6月に出したという案は、日本企業と韓国企業が出資して財団を作るといういわゆる「1+1」と呼ばれるもの。
 いくら韓国が「財団を作ろう」とか言っても、もはや信頼は不可能なのですよ。
 どうせ都合が悪くなったら財団を解散させて、またゼロから交渉しろとか言い出すに決まっている。少なくとも日本側がそう思ってもしかたがない状況となっている。

 さらにいえば韓国側が「提案をして、協議に応じる構えを示した」って言っていますが、これは「提案を受け入れるのであれば、協議する」というもの。
 請求権協定で定められている協議には条件なんてない。
 条件の伴った協議はできない、というのが日本の立場。

 大統領補佐官の現状把握がブロガーより下。
 でもまぁ、韓国大統領府そのものの対日意識というのが、このていどのものなのだろうなぁ……というのが分かりますね。

"韓国大統領特別補佐官「ムン・ジェイン大統領は安倍首相に疲れ、諦めかけている」「日本は高圧的で一方的だ」……その現状認識さぁ……"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]