相互RSS募集中です

韓国の大統領特別補佐官、今度は「日韓関係の仲裁者に中国がなるべき」と発言……あー、つまりはこういうことね……

韓国統一外交安保特補「米国がしてきた韓日間の仲裁を中国がする時」(中央日報)
韓国の文正仁(ムン・ジョンイン)統一外交安保特別補佐官が「中国は韓国と日本の間の重要な仲裁者になることができる」とし「今までは米国がその役割をしたが、これからは中国がする時だ」と述べたと、中国メディアが報じた。

中国国営メディアのグローバルタイムズは、7、8日に中国北京で開催された第3回太和文明フォーラム期間に文特別補佐官にインタビューした内容をオンライン版に15日晩に掲載した。

文特別補佐官は韓日葛藤の仲裁のための中国の役割を問う質問にこのように答え、「韓日中3カ国の協力は北東アジアの平和と安定、共同繁栄のために非常に重要だ」とし「中国が韓日間の隔たりを狭めるのに積極的な役割をすることを望む」と述べた。

韓日軍事情報包括保護協定(GSOMIA)終了を決めた理由については「非常に簡単だ」とし「日本は韓国を信頼できないために経済制裁をすると言う。日本が我々を信頼しないのなら、どうやって敏感な軍事情報をやり取りできるのか」と語った。続いて「2015年に慰安婦問題で韓日葛藤が深まると、オバマ政権が介入して隔たりを埋めた」とし「しかしトランプ政権は介入せず韓日間の問題だと話した。これが韓日葛藤がさらに深まった理由の一つ」と説明した。

文特別補佐官はGSOMIA終了決定が韓米同盟に及ぼす影響については「GSOMIAは韓日間の協定だ。米国が韓日間の協定を締結するよう仲裁したとはいえ、米国はこの協定といかなる関係もない」と強調した。また、韓日米3カ国間の国防当局間の情報共有に関する取り決め(TISA)が別にあるとし、「GSOMIA終了決定が韓米関係にマイナスの影響を及ぼすとは見ていない」と述べた。
(引用ここまで)


 「日韓の仲裁者として中国がするべき時」と、ムン・ジョンイン大統領特別補佐官が発言。
 これ、3つくらいの意味がありますね。

 1.「アメリカの仲裁は期待できない」と韓国側が自覚している。
 ようやくそこに理解が至ったのかって話でもありますが(笑)。
 この場合の「仲裁」というのは実質的には「韓国の立場に同調しろ」「味方になれ」という話
 少なくとも韓国の認識では「仲裁」というのは単純に日韓を話しあいのテーブルにつかせるというものではない。
 この記事でも「GSOMIAでアメリカは利害がないはず」とは言っていますが、あくまでも「……という建前」なのは韓国側も分かっているはず。
 でなかったら、破棄宣言直後から「アメリカは理解している」なんてコメントが出てくるわけないですしね。

 2.おそらく韓国政府は「中国は韓国の味方になる」と考えている。
 三不の誓いを捧げているほどなので、近さという意味で韓国の味方になってくれるのではないかと考えているということでしょう。
 もちろん、文明の衝突で描かれているように韓国が中国文明の下に入っていることも含めて。
 より中国に近い立場にある韓国が「仲裁」で有利になる可能性を考えているのでしょう。

 3.今回の戦後最悪ともいわれる日韓関係の悪化は偏に徴用工裁判の結果であり、国際法を遵守できていない韓国に不利。
 河野外相(当時)が「韓国のやろうとしていることはサンフランシスコ条約をひっくりかえすようなもの」とポンペオ国務長官に説明して「それはできない」と返答を得ています。
 アメリカはあくまでも国際法遵守の立場に立つでしょう。
 ですが、「大国は国際法を守らなくてもいい」くらいの勢いで生きている中国であれば、韓国の味方に廻る可能性がある……という期待があるわけですね。
 これについて自覚しているかどうかはともかく、今回の「公債法違反の状態」についてアメリカを説得することはほぼ不可能で、中国のほうが味方になってくれそうだというのは少なくとも意識下では認識していそうです。

 まあ、中国がそういった「本当の大国」として振る舞えるのはまだまだ当分先でしょうけどね。
 韓国の気分としては「アメリカには見捨てられつつある」「だけども今度は中国の第1の子分としては振る舞えるはず」っていうのが見えてだいぶ面白い話ではないかなと感じます。
 こうして無意識の中国傾倒が進んでいくのだろうな、と。

"韓国の大統領特別補佐官、今度は「日韓関係の仲裁者に中国がなるべき」と発言……あー、つまりはこういうことね……"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]