相互RSS募集中です

韓国「我々の言い分が通らないかぎりユネスコで『世界の記憶』の登録作業はさせない!」……いや、それこそ日本の思う壺なんだけど……

日本、ユネスコの登録規定を「一国の反対も不可」へと変更を試みる(JTBC・朝鮮語)
慰安婦被害者ドキュメンタリーの世界記録遺産登録が挫折したのは、2017年10月。
当時ユネスコは「韓日両国が対話を通じて合意点を見つけなさい」との判断を延ばしました。
しかし、日本側の拒否によって2年間、両者は一度すら対話することがありませんでした。
仲裁の役割を引き受けたユネスコも積極性を見せていません。

ハン・ヒェイン/国際連帯委員会 事務団総括チーム長「記者会見もしてメールを送ったにも関わら実質的にユネスコから適切な答えが来ていない状態だったんです。履行していないのは、職務遺棄や同じだと考えます」

日本は、実際の慰安婦記録登載を防ぐために、最近になってユネスコの内部規定を変えようとすることが明らかになった。
現在は専門家集団の勧告に基づいて、ユネスコ事務総長が登載を決定するシステムです。
消息筋によると、日本側はこの規定を「特定の国が一カ国だけであっても反対意見を出す場合には登録審査を受けないように変えようとする」ということです。

韓国政府は「制度が変わっても慰安婦ドキュメンタリー登録は遡及適用されない」という立場です。
しかし、ユネスコ側は「今後見守らなければならない部分」とし余地を残した。
(引用ここまで)

 ユネスコの世界の記憶(世界記憶遺産)について、日本が主導して登録規定を変更しようとしているのは既知ですね。
 楽韓Webでも何度か扱っています。
 日本はユネスコに対して分担金の不払いなどで圧力をかけて、規定変更をより民主的なものにしようとしてきました。
 分担金不払いといっても最後まで支払いをしないと総会等にも出られなくなるので「変わらなければ不払いがありえるよ」という方向性でしたけどね。

 ちょうど2017年にユネスコ事務局長がフランス出身のオードレ・アズレ氏に代替わりするあたりだったので、制度改革がうまくいきました。
 で、「当事国で対話で決めてほしい」との要請を受けているのですが、決裂することが分かりきっている協議なので日本側はまったく乗ろうとしない。
 それもあって韓国の反対で登録作業が一切合切止まっている状況。
 登録したいものがある各国からは不満がたまっている、とのことです。
 現状のままであろうと、規約が変更されようと同じことなのですけどね。
 どっちにしたって日本が望む「慰安婦関連資料の登録阻止」は達成されているのですから。

 どう考えたって「政治的に紛争の元になりかねないものの登録については協議が必要」という制度のほうが民主的ですし、そもそものユネスコ、ひいては国連の理念に合致していると思いますけどね。
 だからこそ事務局長も規約が変更される以前の状況であるにも関わらず、日韓に対話を求めたわけですし。
 まあ、韓国も分担金不払いとかやってみればいいんじゃないでしょうかね?
 それが圧力になるかどうかは分かりませんが。

"韓国「我々の言い分が通らないかぎりユネスコで『世界の記憶』の登録作業はさせない!」……いや、それこそ日本の思う壺なんだけど……"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]