相互RSS募集中です

韓国経済:日本たばこ産業、地方銀行と日本企業が韓国から撤退中……「関係悪化が理由」であればまだマシだった

JT、韓国たばこKT&G株を250億円で売却(日経新聞)
西日本シティ銀がソウル事務所を閉鎖(産経新聞)
日本たばこ産業(JT)は保有する韓国たばこ大手KT&Gの株式をすべて売却した。発行済み株式数の2.1%にあたる286万5000株で、売却額は約250億円。KT&Gに韓国市場向けたばこの生産を委託していたが、すでに自社生産に切り替えており、韓国での販売は継続する。JTは「日韓関係の悪化は影響していない」としている。
(引用ここまで)


 西日本シティ銀行は、韓国のソウル駐在員事務所を11月29日で閉鎖し、本部国際部に統合したと発表した。海外拠点の見直しを進める中で、日韓関係の悪化を背景に近年、現地法人の設立や工場建設など韓国への直接投資が減少傾向にあることが理由だ。

 同事務所は1991年に旧西日本銀行が設置した。本部から派遣された所長と現地スタッフの計2人で、進出企業の事業展開を支援していた。

 しかし、日本企業による韓国への直接投資は、李明博(イミョンバク)大統領が竹島に上陸した2012年の約5千億円がピーク。以降は減り続けて18年には約1500億円と7割減となっている。
(引用ここまで)

 JTなんですが……韓国企業の株式を売却。共同開発とかしていたのですが2年前にそれも終了。ただの輸入代理店のような関係になっているようですね。
 メビウスはそこそこ売れているとのことで、二桁に届くか届かないかくらいのシェアがあります。
 日本製品不買運動の影響でシェアは落としているものの、ビールほどではない模様。
 韓国市場への輸出は全量フィリピンから行われているので、日本の統計には入っていないとのことです。

 さてさて、その撤退理由ですが「日韓関係の悪化は影響していない」とのことですが。
 むしろ「日韓関係の悪化が原因だ」というほうが救いがありますよね、これ。
 関係悪化が原因ならまだ関係が良好になった際には戻ってくる可能性がありますから。
 投資に値しないからっていう理由で株式全売却じゃ、もう寄る瀬がないですよ。

 西日本シティ銀行の撤退も同様で。
 日本からの直接投資が激減しているからいる意味がない、ってはっきり言われちゃってる。
 韓国を去る理由が欧米のハゲタカ金融機関と同じだっていうね。
 2012年から7割減……か。
 まあ、そんな中でも韓国に投資している日本企業はありますが。
 個人的には全滅はしないと思います。戦争になるのであれば、また別ですけども。

"韓国経済:日本たばこ産業、地方銀行と日本企業が韓国から撤退中……「関係悪化が理由」であればまだマシだった"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]