相互RSS募集中です

元在韓米軍司令「2017年に北朝鮮との戦争はあり得ていた」と証言……たまたま起きなかった、というだけだよなぁ……

北朝鮮情勢緊迫の17年「戦争起き得た」 元米軍司令官(朝日新聞)
 北朝鮮情勢が緊迫した2017年、米韓連合軍の指揮もとっていたビンセント・ブルックス前在韓米軍司令官(元陸軍大将)が朝日新聞のインタビューに応じた。「北朝鮮の読み違えによって戦争は起き得た」と、一触即発の危機を振り返りつつ、米朝が今後も対話路線を続けることの重要性を訴えた。

――17年秋は北朝鮮情勢が緊迫した。

 「17年から18年初頭は米韓合同軍事演習時に米軍3万4千人が韓国に集結し、韓国軍62万人も合わせて即応態勢を整えていた。我々は当時、すべての軍事行動の選択肢を検討していた。先制攻撃や単独攻撃が実際に必要かどうかは別として、どちらの選択肢も検討する必要はあった」

 ――戦争の可能性をどうみていたか?

 「18年2月には韓国で平昌冬季五輪があり、多くの国が関心を寄せていた。各国大使らに問われた際は『我々の目的は戦争ではない。金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長の考え方を変え、外交的な路線を定着させるのが目的だ』と答えつつ、『この現実と深刻さを過小評価してはいけない。意図してではなく、読み違えを通じて戦争は起き得る』と率直に伝えていた」 (中略)

 ――退避行動が戦争の引き金を引くと?

 「我々は(戦争に)非常に近い状況にあった。どちらも望んでいなくても、読み違えによって容易に戦争に至る可能性があり、熟考して行動する必要があった」
(引用ここまで)


 2017年の朝鮮半島事態では戦争になる可能性が充分にあった、との話。
 この記事以外もいろいろとビンセント・ブルックス氏のインタビューが出ているので、興味があれば図書館等でこの日の朝日新聞をチェックするのもよいかと思います。

 以前にマクマスター元特別補佐官、そして自衛隊の前統合幕僚長の河野克俊氏がそれぞれ「2017年に軍事オプションを取る可能性はあった」との話をしていました。
 ついで当時の在韓米軍司令官であったビンセント・ブルックス氏が「戦争は起き得ていた」と証言。

 2017年4月にトランプ大統領が「数千人が死ぬとしたら朝鮮半島でだ」と宣言してましたね。
 10月には朝鮮半島周辺に3隻の空母が集結してました。
 楽韓Webでも12月に「北朝鮮と戦争に向かう4つの理由」というエントリを書きました。

 結果としては戦争は勃発せず、平昌冬季オリンピックでの合同チームや共同入場をきっかけとして対話路線に向かったわけですが。
 当時のアメリカ政府高官、自衛隊トップ、在韓米軍トップがそれぞれ「戦争は起きえていた」という証言を別々にしている以上、当時の機運はそういうものだったのでしょう。
 たまたまサイコロの目が「開戦せず」というほうに転がっただけ。

 当時、楽韓さんは「こりゃ充分に開戦の可能性があるな」と感じていましたし、そういう主旨のエントリも書いていました。
 「アメリカ人は韓国に個人資産があるのであれば、移動させるべきだ」というネルソンリポートを扱ったエントリではその主旨を肯定的に見ています。
 その予想は半ば以上は当たっていた、といえるでしょうね。
 いや、負け惜しみではなく。
 どちらかというと「検算」かなぁ。

 合っていた部分はどこなのか、間違っていたのはどこなのか。そういう部分のチェックですね。
 推論なしで結論が当たったとか当たらないとか言っても、この場合は意味がないので。
 たとえば韓国政府がGSOMIA破棄をすることも、そしてよもやそれを撤回することも楽韓Webでは読めていませんでしたが。
 あれを読めるほうがおかしい。

 同志社大学の浅羽教授が年末のAbemaTVで「それでも破棄することによって生じる利益がなんなのかまで読み切って結論を出すべきだった」と語っていましたが、いやあればっかりは無理。
 もはやそういった合理的とは思えない結論に至る可能性がある政府である、というくらいの前提はあったとしても。
 それでも合理的な思考をすればGSOMIA破棄は読めませんわ。
 で、さらにGSOMIA破棄を撤回するとも読めないでしょう。さすがに前日からの様子はおかしかったのでちらっとそれをにじませる発言はしましたが……。
 ま、そんなわけで2017年当時にどう思っていたのか、そしてその言い訳でした。

"元在韓米軍司令「2017年に北朝鮮との戦争はあり得ていた」と証言……たまたま起きなかった、というだけだよなぁ……"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]