相互RSS募集中です

与野党支持率逆転で余裕がなくなってきた韓国政府、水害について「野党のやった4大河川事業はなんの効果もなかった!」と叫ぶ

文大統領の調査指示から2日で…環境部「4大河川の堰に洪水予防の効果なし」(朝鮮日報)
韓国環境部は12日、4大河川の堰による洪水調節効果について、「効果はなく、むしろ否定的な影響を与えるという調査がある」と指摘した。蟾津江、洛東江の堤防が崩れたことをきっかけとする4大河川事業論争が起きて以降、初の公式な立場表明だ。文在寅(ムン・ジェイン)大統領が10日、今回の洪水被害と関連し、ダム管理と4大河川の堰の影響について調査するよう指示してから2日後に見解を示した格好だ。

 環境部高官は同日、記者団と会い、4大河川事業を実施しなければ、洪水被害はさらに大きかったはずだとする主張について、「断定することは困難だ」とした。同高官は「4大河川の本流区間は4大河川事業以前にも洪水被害がほとんどなかった。今回の洪水被害も大半が支流で発生しており、4大河川と関連づけるのは困る」と話した。

 蟾津江が4大河川事業から漏れ、洪水被害が深刻だったという主張に関しても、「今回の梅雨で蟾津江下流に500年に1度という激しい豪雨が降った。100-200年の頻度で降る大雨を予想し、国家河川計画を立てるが、それをはるかに上回る豪雨が発生したものだ」と述べた。雨量があまりに多く、対応しきれなかったという説明だ。

 同高官はまた、2014年12月の4大河川事業調査評価委員会、18年7月の監査院による監査結果、昨年2月の4大河川調査・評価企画委員会の錦江、栄山江の堰処理案によると、堰には洪水予防効果がなく、むしろ洪水の水位を一部で高め、否定的な影響を与えるとの調査結果が出たと指摘した。
(引用ここまで)


 先日、ムン・ジェイン大統領が「4大河川整備事業が洪水を防いだのかどうか確認せよ」と言い出しまして。
 そのわずか2日後に環境部から「そんな効果はなかった」との指摘があった、とのこと。

 別にイ・ミョンバクを擁護するつもりはミリほどもありませんし、魚ロボット計画とかもうちょっとどうにかできただろとは思いますが。最終的には担当者が実刑食らうとかいうのはいいオチでしたけども。
 大河を浚渫して流量を増やすことに洪水防止効果はゼロだっていうのはどうなんでしょうね。
 最初からそういう結論ありきになるであろうとは思っていましたが、2日後はやりすぎなのでは。
 ま、ここのところムン・ジェイン政権は支持率ジリ貧で、ついに今日発表の調査では野党の自由韓国党に政党支持率で逆転されました。
 パク・ウォンスンのセクハラ、不動産問題でのゴタゴタ、水害ときたのだから当然といえば当然ですかね。「K防疫」でのボーナスタイム終了。

最大野党支持率が与党上回る 前政権時の16年以降で初=韓国(聯合ニュース)
韓国の世論調査会社、リアルメーターが13日に発表した政党支持率によると、進歩(革新)系与党「共に民主党」が前週比で1.7ポイント下落した33.4%、保守系最大野党「未来統合党」が同1.9ポイント上昇した36.5%となり、未来統合党が今年2月の結成後初めて共に民主党を上回った。
(引用ここまで)

 だいぶ焦ってきているのは実際なのだろうなぁ。

 ちなみに大統領選挙の次期大統領選挙の野党側候補として、ユン・ソギョル検事総長の名前が挙げられるようになっています。
 本人に出馬の意向があるかどうかはともかくとして、次期大統領への支持率としてはイ・ナギョン前首相、イ・ジェミョン京畿道知事に続いて3位につけている状況。
 これまでまったく人材がいなかった保守側の希望となっています。ムン・ジェイン政権としては検察が意のままにならない最大の問題であり、かつ次の大統領へのバトンを阻むのではないかという目の上のコブそのもの。
 なんとかしてもう一度、保守勢力を叩き潰したいというのは偽らざる本音なのでしょうが。
 昼更新の「外国メディアにいかに対北朝鮮のビラ撒きが迷惑なのか、住民に語らせた」件といい、だいぶ余裕がなくなってきているなぁ……といったところです。


"与野党支持率逆転で余裕がなくなってきた韓国政府、水害について「野党のやった4大河川事業はなんの効果もなかった!」と叫ぶ"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]