相互RSS募集中です

韓国で「私刑上等」の犯罪者晒しサイトが問題に……その背景にある刑罰の軽さとは?

[社説]深刻な弊害があらわれた「デジタル刑務所」、放置できない(ハンギョレ)
 性犯罪容疑者の身上情報を公開するホームページ「デジタル刑務所」が罪のない人々に被害を及ぼす事例があらわれ、物議をかもしている。性犯罪者に対する処罰が中途半端だという現実に対応して、公式な司法的判断とは別に“報復”の次元で身元を公開するというのがこのホームページの開設趣旨だ。だが、そのことが鬱憤に充ちた被害者を生むならば、正当性を維持しがたい。いくら名分があることでも、合理的な方法と責任ある姿勢が要求される。

 6月、このホームページに性搾取物購買者として身元が公開されたある大学教授は、警察の捜査を通じて2カ月後に嫌疑なしと確認された。その間にホームページに公開された連絡先に悪口や脅迫の電話とショートメールが殺到し、所属する学会の倫理委員会に回付されるなど、当事者は深刻な苦痛を受けた。嫌疑がないと明らかになった後に「死から抜け出したようだ」と言うほどだった。デジタル刑務所は、7月にも見当違いの個人の身元を公開し、当事者の抗議を受け誤りを認めたことがある。また、個人情報が公開されたある大学生は、潔白を主張しながら3日に自殺を図るという事件まで起きた。

 性犯罪は断固として処罰しなければならない重大な犯罪であるだけに、不当に性犯罪者の烙印を押された時に被る被害もまた甚大だ。誰かの性犯罪疑惑を公論化する時は、徹底した事実確認が前提にならなければならない。事実関係を正確に見分ける力が足りないままに正義感だけを前面に押し出すならば、性犯罪根絶という大義まで傷つきかねない。特に、個人情報の公開という方法は“社会的埋葬”に近い懲罰効果を持たらす。司法手続を通じて処罰を受けた性犯罪者だといっても、個別の審査を経て必要性が認められる場合に限り身元を公開するのはそのためだ。罪なき人に適用された時の弊害は言うまでもない。現行法の枠から外れた個人情報の公開行為は、重い法的責任を負わなければならない。
(引用ここまで)


 韓国の刑罰はとてつもなく低い水準であることが知られています。
 以前、「日本の朝鮮統治はよいものだった」と述べた95歳の老人が「何を言うか!」と激昂した男に撲殺されるという事件がありましたね。
 あれ、懲役5年です。
 「酒に酔っていたから」という理由で減刑されて。
 靖国神社の爆破未遂犯であるチョン・チャンハンに5年という求刑が出た時、家族から「重すぎる」「思いもしなかった重刑が求刑されてしまった」という声が上がっていたのですが。
 韓国での殺人犯と同じ扱いだったから、ということなのでしょう。

 なぜこれほどまでに罰が軽いのか、という話を書いたことがないので書いておきましょうか。
 韓国が軽福祉だからです。
 懲役犯を刑務所に入れるというのは実際にはとてつもない費用がかかっているのですね。
 国家が軽負担軽福祉を標榜している韓国では「罪人を刑務所に入れて養う」ということができないのです。
 年間1000人単位で孤児を輸出するほどに福祉を軽くしているのですから、ましてや罪人をや。

 殺人事件でこうなのですから、それ以外の凶悪な性犯罪であっても驚くような短い懲役しか課されないことがほとんどです。
 重犯罪者に対しては出所後もGPS足輪が課せられるのですが、あれは要するに「刑務所には(予算の問題で)入れられないが、監視はしたい」という状況を解消するためのものなのです。
 この視点で韓国の刑罰の軽さを書いた人っていないんじゃないかなー。そのうち書きたいと思っていたことなのですが、なにせ機会がなくて。

 なので韓国では「あれほどの重犯罪を犯したのに簡単に社会復帰してきた」という鬱憤がたまっているのです。
 このデジタル刑務所はそのたまった恨をはらすための期間ということになるのでしょうね。
 ま、韓国のクオリティですから、まったく関係ない相手を巻き込むというオチに終わるわけですが。
 昼の国会議員による実名公開でもわかるように、原則として私刑上等の国ですからねぇ。

"韓国で「私刑上等」の犯罪者晒しサイトが問題に……その背景にある刑罰の軽さとは?"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]