相互RSS募集中です

朝日新聞「正義連理事が起訴され、菅総理が就任した。今こそ慰安婦合意を再評価して日韓関係を改善しよう」……何周遅れの話なんだか……

(社説)慰安婦合意 意義を再評価し前進を(朝日新聞)
 韓国の元慰安婦らを長年支援してきた団体の運営をめぐり、不正の疑惑が浮上している。団体のトップだった国会議員らが詐欺などの罪で在宅起訴され、批判が高まっている。

 寄付金の流用など疑惑の内容はさまざまあるが、真相の究明は司法の審理を待つほかない。ただ、疑惑の真偽がどうあれ、改めて元慰安婦の救済という問題に光があたっている現状を、日韓両政府とも重くとらえるべきだろう。

 2015年に両政府は被害者の支援を含む合意を結んだが、形骸化し、意義が見失われている。韓国政府は、人権問題の原点に立ち戻り、合意の再評価と履行を進める契機にするべきではないか。 (中略)

 そのためには、日本側も協力に動かねばならない。安倍政権は、合意を境に問題がなくなったかのような姿勢だったが、その冷淡な言動が韓国の反対運動を勢いづかせてきた。

 歴史問題は、一つの合意でただちに解消するものではなく、双方が合意に込めた意識と行動を未来につないでこそ意義がある。菅義偉政権はこじれた関係のリセットに向け、新たな政府間対話を始めてはどうか。

 両国はいま、徴用工問題に直面している。慰安婦合意の趣旨を双方が再確認することは、複合的な危機を回避するためにも有効だろう。
(引用ここまで)


 朝日新聞の社説。
 恐ろしいことに今日の社説。
 ユン・ミヒャンの起訴が扱われているから今日のに決まっているんですが。

 「慰安婦合意の意義を再認識し、日本も歩み寄れ」ですって。
 すごいなぁ……もう、朝日新聞は新しい読者を獲得しようなんて努力は完全にかなぐり捨てたのですね。
 自分たちの既存読者だけを相手にして、彼らに受け入れられるような話だけをしている。
 先週は「日本は韓国を相手にするときに加害者であることを忘れるな」なんて社説を出してました。
 もう戦後75年が経過しているにも関わらず、「原罪意識を持たなければならない」とか言っているわけですよ。

 朝日新聞がどんな社説を書こうとも、もはやなんの影響力もない。
 日本人の大半は慰安婦合意なんてものは「韓国(ムン・ジェイン)によって破棄されたという認識しかない。
 それによって日本人の多くは「韓国人となにを約束しても無駄」という知見を得たのですよ。
 慰安婦合意に菅官房長官(当時)が大きく関与していた、それもアメリカを巻きこんだ……という話もありましたね。
 であればなおのこと。

 ヨーロッパから中国への非難が決定的になったのは、「香港は一国二制度で民主主義下に置く。それは50年間、保証される」という約束を反故にしたからです。
 去年くらいから対中感情は悪化していましたが、決定的になったのはこれです。
 国と国の間で交わされた約束を守らないのであれば、なにひとつとして約束しても無駄。

 韓国は中国がイギリスに対してやったことと同じことを日本に対してやっている。
 朝日新聞的には「ユン・ミヒャンも起訴されて、菅総理が誕生したいまだから新たな交渉余地がある」ということなのでしょうが。
 少なくとも共に民主党がユン・ミヒャンを粛清するか、正義連(旧挺対協)の法人取り消しをするくらいまでは慰安婦合意について語ることはできませんわ。

"朝日新聞「正義連理事が起訴され、菅総理が就任した。今こそ慰安婦合意を再評価して日韓関係を改善しよう」……何周遅れの話なんだか……"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]