相互RSS募集中です

息子の兵役からの離脱を手伝っていたチュ・ミエ法相、「嫌疑なし」「軍の許可があった」としてすべて不起訴に……なお、国会では27回も嘘をついていた

秋美愛、国民の前で堂々と「27回のうそ」(朝鮮日報)
秋美愛(チュ・ミエ)法務部長官の息子、S氏(27)の「軍休暇特別優遇疑惑」を最初に指摘した元KATUSA(米軍を支援する韓国軍部隊)所属のH氏(26)は29日、「秋長官にうそつき扱いされた」とし、「秋夕(中秋節)の連休中に謝罪しなければ、名誉毀損容疑で告訴する」と述べた。H氏は2017年6月25日、KATUSAで当直勤務をしていた際、部隊に復帰しないS氏に電話をかけ、帰隊を促したという。これに対し、S氏の弁護人は今月2日、「S氏はH氏と電話したことはない。H氏は広がっている根拠のない話を直接経験したかのように話す『n次情報員』の典型的な例だ」と主張した。しかし、ソウル東部地検は28日、「(H氏から)部隊復帰連絡を受けたS氏の連絡でC元補佐官が支援将校のK大尉に休暇処理できないか問い合わせた」との捜査結果を発表した。H氏の主張が事実で、秋長官とS氏の主張はうそだと確認された。

 法務部は英語で「ミニストリー・オブ・ジャスティス(正義部)」と呼ばれる。いわゆる「正義を守る長官」がこれまで国会と国民の前で堂々と数十回もうそをついてきたのだ。秋長官は国会で補佐官C氏に息子が所属する部隊の支援将校に電話をかけるよう言い、休暇延長の可否を照会させたことはないという。野党議員が「国民が見守っている」とし、改めて質問した際にも、「指示したことはない」と答えた。そういう趣旨の秋長官の国会答弁は対政府質問(代表質問)などで27回も続いた。

 しかし、検察によると、秋長官はメッセンジャーアプリを使い、C氏にK大尉の携帯電話番号を知らせた。C氏はK大尉と電話した後、秋長官に結果を報告した。
(引用ここまで)


 息子の逃走兵問題で糾弾されていたチュ・ミエ法務部長官(法相に相当)が不起訴処分になりまして。

チュ・ミエ法相の疑い晴れる…検察、息子関連の疑惑を「全て不起訴」(ハンギョレ)

 休暇延長等々、すべてが軍によって許可されたものであって違法性を問えるものではない、という結論のようですね。
 つまり、大統領府はこうした疑惑よりも検察改革のほうが重要であり、推し進めていくという判断をしたことになります。
 ただ、「電話一本であっさりと休暇を延長できる」という前例を作ったことで、軍の規律は瓦解するでしょう。
 当時、与党代表であったチュ・ミエ議員の力あってこそ、でしょうから。今後、似た例が出るとも思えませんが。
 実際には相当な理由があっても数分遅れたら脱走兵扱いですからね。

 とりあえずは「不起訴」となったとしても、後に残った爪痕は相当なものであると感じます。
 少なくとも20代男性の支持率はこれ以上ないほどに下落しています。
 それ以外に波及するかというと難しいでしょうけども。
 ただ、これからもこういった不平等な事例が増えていくと、ふつふつと国民感情は煮えたぎって行くことでしょう。

 ちなみにチュ・ミエ長官は国会の答弁で分かっているだけで27もの嘘をついたことが判明しています。
 朝鮮日報の韓国版はその27回の嘘を事細かに報じています。

国民の前で27番位置し、このような方が大韓民国法務部長官(朝鮮日報・朝鮮語)

 さすがに「法務部長官」が国会の答弁でこれはなぁ……。
 まあ、韓国の法務部長官としてはふさわしい人物である、ということはいえるのかな、

"息子の兵役からの離脱を手伝っていたチュ・ミエ法相、「嫌疑なし」「軍の許可があった」としてすべて不起訴に……なお、国会では27回も嘘をついていた"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]