相互RSS募集中です

韓国でBTSが所属する事務所が新規株式上場→一時は公募価格の2倍以上となるものの、一気に下落で個人投資家が悲鳴

韓国「BTS (防弾少年団)」所属事務所「ビッグヒット」株価急落も個人が4000億ウォン購入(Wow Korea)
世界的アイドルグループ「BTS(防弾少年団)」の所属事務所で上場前から期待を集めていた「ビッグヒットエンターテインメント」(Big Hit)が上場二日で暴落した。

上場初日の4%台の下落に続き、翌日には20%以上株価が下がり、一時は12兆ウォンを上回った時価総額は半分になった。機関・外国人が手放した株は、個人が余すところなく購入した。株価が空しく下落する中、個人が購入したビッグヒットの株式は4000億ウォンに達する。

韓国取引所によると、16日ビッグヒットは前日より5万7500ウォン(22.29%)急落した20万500ウォンで取引を終えた。

上場初日ビッグヒットは「タサン( 公募価の2倍で始め値が形成された後、ストップ高に直行)」で取引を開始したが、差益売りが殺到し、最終的に始め値以下で取引を終えた。ビッグヒットの上場初日の取引量は650万株で、流通可能な株式670万株の97%水準だった。 (中略)

期待以下の成績について、証券街では公募価高評価の議論と共に、特定の芸能人への依存度が高いエンターテイメント株の限界が反映されている解釈が出ている。16日の終値基準ビッグヒットの株価は、証券会社が提示していた平均目標株価よりも低い。
(引用ここまで)


 BTS(防弾少年団)の所属事務所が株式上場して、一時的には公募価格の2倍をつけるなどしたものの、その後は利益確定で売りが殺到して下落の一途を辿っています。
 公募価格は13万5000ウォン。
 上場当日の最高値は35万1000ウォン。
 金曜日の終値は20万500ウォン。
 まだ公募価格よりは高いものの、期待したほどの価格にはなっていないというのが現状。

 というのも、なんでもビッグヒットエンターテインメントという会社、BTSしか売れているタレントがいないそうで。
 エースで4番の高校野球状態。
 しかも、BTSももうすぐ兵役に行くことが確定しているので、その間をどうつなぐのかが疑問視されているとのこと。
 ちょっと前にも書いたように、韓国では新規上場株を借金してまで買っているという変なブームが続いていまして。
 新規株ならなんでもいいから、買っておこう……みたいな風潮があるのですね。

 それに加えて芸能関係なので「推しグループが所属しているから、新規上場した株を記念に買っておこう」という意向もあったらしく。
 そういった思い入れがない機関・外国人は売り一辺倒。
 「初日に株を買った」という個人は大損でしょうね。まあ、韓国市場は1株単位で買えるのでそれほどの大火傷にはなってないと思うのですが。

 好きだから、とか応援したいから、というような理由で株を買うと火傷する、といういい例にはなったんじゃないですかね。

"韓国でBTSが所属する事務所が新規株式上場→一時は公募価格の2倍以上となるものの、一気に下落で個人投資家が悲鳴"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]