相互RSS募集中です

韓国与党重鎮「日本は韓国の差し伸べた手を取り、関係改善に向かわなければならない」……なんで?

キム・テニョン「日本は我々が差し出した手をとらなけばならない」(毎日経済・朝鮮語)
カン・チャンイル前共に民主党議員が駐日大使に内定した中、キム・テニョン院内代表は「韓日関係が戻れない橋を渡らないためにも日本政府は韓国政府が出した手をとらなければならない」と述べた。

キム院内代表は24日、国会で開かれた院内対策会議でカン前議員の駐日大使内定に関連して「韓日政治状況と対日関係に深い見識がある内定者の期待が大きい」とし「内定者が韓日議員連盟会長ながら長い期間培ってきた経綸で日韓関係の改善にあふれてくださる信じる」と述べた。

キム院内代表は「GSOMIA終了を猶予してからちょうど1年になる日に発表された人選は韓日関係の未来のための韓国政府の外交信号」とし「先だって国情院長と韓日議員連盟の議員の相次ぐ訪日もやはり梗塞された両国関係を解くための政府と国会の積極的な動き」と表現した。彼は「日本政府は、この点を明確に認識して日韓関係に改善の前向きな態度で出なければならない」と声を高めた。

東京オリンピック関連してキム院内代表は、「東京オリンピックを平和の祭典と評判を得るためには菅政府が過去の安倍政府の桎梏から抜け出さなければならない」とし「菅政府が進むべき道は、韓日両国の不幸だった過去の歴史を直視する中で、新しいビジョンの価値を追求から始まる」と主張した。
(引用ここまで)


 韓国側からは異常なくらいに「韓国政府は日本に対して手を差し伸べているのだ」というアピールをしているのですよ。
 「GSOMIA終了を猶予してからちょうど1年になる日に(知日派として知られる)カン・チャンイル前議員を韓国大使として内定させたのは、外交信号だ」ですって。
 ……知らんがな。
 GSOMIA破棄宣言したのも、そしてアメリカに殴りつけられて首根っこ掴まれて日本の前に連れてこられて土下座させられたのも、日本の知ったこっちゃないですからね。

 同様に「日本に差し伸べられた手」とやらも日本側が望んでそうしたっていうわけじゃない。
 というか、そんな手なんか差し伸べられたところでなんの意味もないというのは、ここのところ延々と語っている話。
 日本側が求めているのは日韓基本条約、および日韓請求権問題に基づいて、徴用工裁判に伴う問題を韓国国内の問題として認識して処理することだけ。
 徴用工問題を忌避して日韓関係の改善はあり得ないのですよ。
 この2年間、日韓関係はそれだけをやってきたはずなのに、この期に及んでいまだに「知日派の大使を派遣する」だの「二階幹事長の知己を派遣する」だのやっている。

 徴用工裁判という問題を避けて通って日本に近づいてこようとしても、日本と韓国は徴用工裁判という中心をはさんで180度の場所にいる。そして、ぐるぐると公転しているようなもの。
 一歩も近づかない。
 関係を改善するには中心点をどうにかするしかないのです。小手先の外交信号とやらでどうにかできるような話ではないということを韓国が認識し、かつアメリカを含めた周辺国へと周知するしかないのです。

 元ネタはシンシアリーさんのところから。

"韓国与党重鎮「日本は韓国の差し伸べた手を取り、関係改善に向かわなければならない」……なんで?"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]