相互RSS募集中です

韓国メディア「WTO事務局長選、ナイジェリアからの候補は勝利者気取りで指導者のように振る舞っている!」……っていうかさぁ……

【独自】WTO事務局長選、韓国候補が撤退していないのに…ナイジェリア候補は当選者気取り(朝鮮日報)
世界貿易機関(WTO)の次期事務局長選出が遅れている中、ナイジェリア出身の候補が活発にメッセージを発信し、あたかも当選者のように振る舞っている。ライバル国のトップである文在寅(ムン・ジェイン)大統領にまで感謝の意を伝え、自信をのぞかせている。一方で兪明希(ユ・ミョンヒ)候補(韓国産業部通商交渉本部長)側は沈黙を守りながらも、撤退はないとの意思を貫いている。

 ナイジェリアの財務相などを歴任したヌゴジ・オコンジョイウェアラ候補は今月に入り、活発な動きを見せている。先月に行われた次期事務局長の支持調査で1位になったことが伝えられる中、自身への支持を表明した国と政府の指導者に感謝を伝える内容がほとんどだ。 (中略)

 一方、兪明希氏は韓国の行事と一部のラジオのインタビューに応じているだけで、対外的にはメッセージを発信していない。兪氏は先週あるラジオとのインタビューで「引き続き協議しながら加盟国間の意見の一致を導き出すために努力している」として、撤退の意思がないことを遠まわしに表明した。韓国外交部も同じ立場だ。

 こうした事態に加え、新型コロナウイルスの影響でWTO事務局長の協議手続きが遅延することが予想され、外交関係者の間ではバイデン米政権発足まで現在の膠着(こうちゃく)状態が続くとの観測も示されている。
(引用ここまで)


 当選者気取り、っていうか。
 本来だったら負けた側が辞退を宣言している時期で、当選者側は事務局長として働いているはずだったのですが。
 なぜか1/3ちょっとしか得票できなかった候補が「辞退しない」って言い張っているっていう謎の事態となっています。

 アメリカの支持があったというのが最大の理由なんでしょうが、現在のトランプ大統領の任期はあと2ヶ月弱。
 二国間交渉での「ディール」を好んだトランプ大統領と違って、バイデン次期大統領は多国間交渉を重視しています。
 アメリカは7月にWTOからの1年後の離脱を通知していますが、当然のように撤回されることでしょう。
 というか、バイデン政権下ではCPTPPに加入したってなんの驚きもありませんからね。

 バイデン政権が本格的に稼働する2月にはこのまま決まるのでしょう。
 であれば、次期事務局長として根回しをすべきだし、顔見せもしておくべき。
 韓国からは「国格を高めたい」との理由で出馬したWTO事務局長選挙でした
 「最終選にアフリカからの候補ふたりはどうだろう」といった漁夫の利で最終選まではこれましたが、それ以上を求められていないということですから。
 早いところ敗退宣言して終わらせるべきだと思いますけどね。

国際法 (ちくま新書)
大沼保昭
筑摩書房
2018-12-28

"韓国メディア「WTO事務局長選、ナイジェリアからの候補は勝利者気取りで指導者のように振る舞っている!」……っていうかさぁ……"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]