相互RSS募集中です

韓国政府「新型コロナに感染した公務員は問責だ」→公務員「症状が出ても検査しないでおこう」……そうなるよな

新型コロナに感染した公務員は「問責」って言うからせきや発熱も隠す(朝鮮日報)
 ソウル市内のある公共機関で働くAさん(30代)は23日、仕事を終えて帰宅してから自宅で寒気を感じたため、体温を測ったところ37.5度だった。喉の調子もおかしくせきも出るようになった。前日に道を歩いていた際、喫煙区域で別の喫煙者らと共に互いにマスクを下ろした状態で5分間たばこを吸ったことを思いだし、このことがずっと気になって仕方がなかった。しかし翌朝、Aさんは病院に行かず解熱剤だけを飲んで通常通り出勤した。上司にも体の具合について特に報告などはしなかった。理由はただ一つ。職場で「コロナに感染した職員は問責する」との方針が出されたからだ。Aさんの症状は25日には取りあえず治まった。しかしAさんがコロナだったのか風邪だったのか、あるいはAさんから感染した人がいたかどうかは誰にも分からない。Aさんは「患者は罪人のように見なされるのだから、具合が悪いことを周囲に言うのはばかげた行為だ」と不満げに語った。

 韓国政府が「コロナウイルスに感染した公務員や公共機関の職員に対しては問責する」との方針を公表したことで、官庁街にはコロナが疑われる症状が出ても「取りあえず隠そう」という雰囲気が広がっている。もし彼らの中で実際に感染者がいた場合、その人は「隠れた感染者」となり、コロナ感染拡大の起爆剤になりかねないとの懸念も指摘されている。

 人事革新処は22日、公共機関や地方の公企業に対し「公共部門での防疫管理特別指針」と題された文書を送付した。この文書には「室内でのマスク着用」「不要不急の集まりのキャンセルあるいは延期」といった防疫指針に加え、「特別指針の履行力確保のため①該当指針に違反し②感染事例・伝播(でんぱ)時にその人員に対して問責を行う計画」との内容も含まれていた。 (中略)

 問題はそのマイナス面だ。体の具合が悪くても検査を受けたくないという心理が広がっているのだ。 (中略)

 最も懸念されるマイナス面は、彼らが知らないうちに「感染させる側」となり、感染対策の初期に空白をつくりかねないという点だ。実際に韓国国内では個人が非難を受ける可能性が高いため、感染者が動線を明かさず初期の感染対策に空白が生じるケースが複数確認されている。 (中略)

 専門家は「感染者個人に責任を追及しない感染対策の必要性」を訴える。慶煕大学社会学科のキム・ジュンベク教授は「処罰を受けるとなれば、患者たちは当然隠れてしまうので、防疫の効果が下がることは当然あり得る」「強圧的な対応ではなく、感染者を罪人のように見なす社会的雰囲気を変える努力の方がより効果的だろう」と指摘する。
(引用ここまで)


 韓国で「公務員が感染したら問責」という方針が出され、公務員は風邪の症状が出ても検査を受けないという状況に陥りつつある……とのこと。
 どんなに防疫に気を遣っていたところで、感染者がすぐ隣にいたらそれでアウトなのですから感染するかどうかはほぼ運でしかない。
 でも、「公務員が感染したら問責」されるのですって。

 日曜、月曜に発表された韓国の新規感染者数は400人台でしたが、これは週末で検査数が少なかったことの反映でしかありません。
 その前の3日間は連続で500人台。
 気温・湿度が下がってきた以上、ウイルスが活性化することで感染者増加は避けられない状況。
 でも、そうした増加を個人の責任に押しつけたい、という気分も働いている。

 実は韓国にも「穢れの思想」と呼べるようなものがありまして。
 日本のそれは根本にアニミズムがあるように感じますが、韓国のそれは儒教・朱子学に根本を持つ感じがしています。まだうまく言語化できていないのですけどね。
 K防疫というのはその「穢れの思想」を利用した社会的抑圧政策である部分が少なくありません。
 「感染者の動線を公開するぞ」と脅迫することで社会の動きを抑える、という方向性ですね。

 そういった「恐怖での支配」という本質があり、それに対抗しようというのが「検査を受けない公務員」ということなのだろうなぁ。
 そうして隠している症状のほとんどはただの風邪なのでしょうが、まれに新型コロナウイルスに感染している人物がいてスプレッダーになる……というのがもっとも恐れられるケース。
 思えば3月には「過激なキリスト教とされる新天地教会の信徒」であるということを知られたくなかったために大規模集団感染を起こしていた部分がありますね。
 その再現にならないとよいのですが。

"韓国政府「新型コロナに感染した公務員は問責だ」→公務員「症状が出ても検査しないでおこう」……そうなるよな"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]