相互RSS募集中です

韓国パラリンピック柔道代表、視覚障害者のはずが健常者ばかりだった……なお、リオパラリンピックで金メダル獲得者までいる模様

目が見えないと医師をだましてメダルまで獲得したパラリンピック韓国代表(朝鮮日報)
 健常者の柔道選手を視覚障害者であると欺き、パラリンピックなど複数の国際大会に出場させた障害者柔道・韓国代表チームの監督が身柄を拘束された。パラリンピックで金・銀・銅メダルを獲得した選手らも裁判を受けることになった。彼らが国から受け取った報奨金は総額で1億2000万ウォン(約1130万円)に上る。

 ソウル南部地検・環境保健犯罪専門部(チャン・ギョンジン部長)は1日、障害者柔道・韓国代表チーム元監督のパク某氏を業務妨害・補助金管理に関する法律違反の容疑で逮捕・起訴し、選手13人を在宅で起訴したことを明らかにした。

 パク氏は2014年7月から18年12月まで、健常者の柔道選手らを連れて病院に行き、視力検査で虚偽の結果を出させて視覚障害の診断書を受けた。選手選抜の権限があったパク氏は直後に彼らを視覚障害者・柔道の韓国代表に選抜した。

 視覚障害選手の基準は視力0.1以下だが、この診断を受けるため選手たちは目が見えない「演技」を行った。眼鏡を外して病院に行き、パク氏の腕をつかんで移動した。診断を行った医師に対しては、見えるものも見えないとうそを言った。検察は彼らの視力が悪くないことを示す別の検査結果を確保している。

 彼ら13人の「偽視覚障害者選手」は2014年に仁川で開催されたアジア・パラリンピック競技大会と、18年にインドネシアのジャカルタで開催された同大会の柔道競技に出場した。とりわけ金メダル7個、銀メダル3個、銅メダル4個を獲得したジャカルタでの大会では、韓国代表として柔道に出場した選手15人のうち11人が偽の視覚障害者だった。
(引用ここまで)


 楽韓Webではあまり過激な物言いをしません。
 ま、そんなのはやっているところがいくらでもあるので、それはそちらにお任せしてるのですね。
 でもま、これに関してはいわせてもらってもいいかな。
 クズであると。
 そうそう人間のクズっていませんが、マジにクズ。

 この話、去年の今頃にさらっと出てきた話です。
 その際には「2018年のアジア・パラ大会(アジア大会のパラリンピック版)に出場した15人と指導者5人」とのことでしたが、実際には仁川でのアジア・パラ大会(2014年)にも出場していたそうです。
 さらには11人がリオパラリンピックにも出場していて優秀な成績を収めたそうですわ。
 11人ってほぼ全階級なんですけどね。男女合わせて12階級しかないですから。

 リオパラリンピックの柔道競技を決勝だけチェックしたのですが、韓国人は男子81kg級で銀メダル、100kg級で金メダルを獲得していますね。あと女子が3位ふたりのようです。

 81kg級決勝100kg級決勝(日本パラリンピック委員会)

 「大外刈りで一本!」じゃねえんだよな……。

 原因は2014年の仁川のアジア・パラ大会でしょうね。
 地元開催でなんとしてでも優秀な成績を取りたかった、というところから視覚障害者じゃない選手をピックアップした。
 謀議が目に見えるようですわ。
 アジア・パラ大会で優秀な成績を取ってしまったのだから、リオパラリンピックにも、そしてジャカルタでのアジア・パラ大会でも出場しなければならない。
 唐突に引退するっていうのもおかしな話ですからね。

 スネ夫がいうところの「ウソをつくだろ。それがばれそうになって、ごまかすためにまたウソをつく。ウソがどんどんふくらんで手におえなくなるんだ」ってアレですね。
 このように韓国人とは「スポーツマンシップを基調にして」とか、紳士協定を結ぶことはできないのです。
 「ルールの穴だ」とばかりに破ってきますから。
 メダル剥奪とかはまた処分後、ということになるのかな。

"韓国パラリンピック柔道代表、視覚障害者のはずが健常者ばかりだった……なお、リオパラリンピックで金メダル獲得者までいる模様"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]