相互RSS募集中です

韓国メディア「韓国の特許、クズばっかりだった」……そこに気がついちゃったか……

研究開発2位の韓国、死蔵特許ばかり吐き出す(中央日報)
ただひとつだけ2等級、残りは死蔵特許。

政府出資機関所属の1万人余りが今年登録した特許技術の現住所だ。事業化につなげるにはとても不足しているというのが専門家の指摘だ。

政府出資研究所を掌握する国家科学技術研究会(NST)によると、2016~2020年の5年間に政府出資研究所が出願した特許件数は3万9263件だった。このうち特許庁に登録された特許件数は2万6513件だ。1日平均14~15件で特許を登録した計算だ。

韓国は2019年基準で国内総生産(GDP)1000億ドル当たりの特許出願件数が7779件で世界1位だ。2位である中国の5520件より2000件以上多い。だが成果は「落第生」水準だ。特許や論文は多いが「お金になる事業」につなげられずにいる。政府研究開発事業費の70%が集中する大学と出資研究所が特にそうだ。特許庁が知識財産活動実態を調査した結果によると、2018年基準で国内特許14万1361件のうち活用されている件数は57.2%の8万823件にとどまった。死蔵された未活用特許は42.8%の6万503件だった。企業の特許活用率は90.9%だったが大学と出資研究所では33.7%にすぎなかった。

実際に大韓弁理士協会が特許等級評価システムを通じて今年19の出資研究所が特許庁に登録した384件の特許を分析してみたところ、10件中6件は死蔵特許だった。弁理士446人が、出資研究所が出願した特許の有効性と範囲・レベルを基準に10等級に分類したところ、最も優秀な1等級は1件もなかった。2等級が1件(0.3%)、3等級が25件(6.5%)だった。半分以上の58.8%が5等級・6等級だった。
(引用ここまで)


 あー、これ実感します。
 韓国は国別での特許数ランキングで中国、アメリカ、日本に次いで4位なのですが。
 こう、いまひとつ特許の実効的なものが目に見えてこない。
 この記事では政府研究機関・大学とされてますが、企業でも同様です。

 たとえば2012〜13年頃にサムスン電子とアップルで繰り広げられていた一連の抗争でもそういう部分がありました。
 アップルはわりと有効な手を打ち出してくるのに比べて、サムスン電子が出してきたのが「標準特許戦略」だったのです。
 当時、サムスン電子は「我が社の技術なしではアップルはiPhoneを製造できない」と豪語してて、どんな戦略を出してくるのか注目されていたのですが。
 その結果がこれで、事情通は全員ずっこけていたものです。

 標準特許、いわゆる「FRAND特許」として標準化団体に提出して「低価格でみなさんでご利用ください」としていたものをアップルに対して再値付けしようとした、あるいはそれを根拠にiPhoneの販売差し止めを請求しようとした、というもので。
 フランスドイツオランダなどからぼっこぼこに殴られて終わるというオチだったのですけどね。
 挙げ句の果てにアメリカEUから独禁法で調査されて、サムスン電子側は半泣きになって「もうこんなことしないから許してください」ってなってました。
 その様子を韓国では「ITで遅れているEUが自国企業保護に走った」とか言ってましたし、なぜか韓国でだけはiPhoneの販売差し止めが認められてましたけどね。OINK。

 当時、サムスン電子はスマートフォン製造で垂直統合ができて我が世の春を謳歌していました。
 それでも特許関連で能動的に取れる戦略がこれだけだったのです。

 現在でも特許数はともかく、2020年版の「知財情報に基づいた革新的企業トップ100」でも韓国の企業・団体は5つだけ。

Top 100 Global Innovators(Clarivate・英語)

 日本は32社。アメリカに次いで2位。ちなみに前年は1位。

 特許って出そうと思えばいくらでも出せるのですよ。
 実現性があるとかないとか、まったく関係なしに。
 研究職に特許提出のノルマを課しているところもありますしね。時々、そうしたトンデモ特許とでも呼ぶべきものが発掘されて笑い者になってたりもします。

 韓国の場合、そういうものが多いということなのでしょう。
 とても実感がありますね、この記事。

"韓国メディア「韓国の特許、クズばっかりだった」……そこに気がついちゃったか……"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]