相互RSS募集中です

ムン・ジェインの支持率、「岩盤支持層」だった40代でも下落傾向へ

文大統領の支持率36%…岩盤支持層の40代でも50%以下に(ハンギョレ)
韓国の30-40代雇用率はOECD最下位圏(朝鮮日報)
 文在寅(ムン・ジェイン)大統領の国政遂行に対する支持率が2週連続小幅な下落傾向を見せ、36%を記録した。20代の支持率が20%台で最も低く、「岩盤支持層」と呼ばれた40代の支持率も50%を下回った。

 韓国ギャラップは15日、今月12~14日に全国の成人1000人を対象に文大統領の職務遂行に関する意見を調査(信頼水準95%、標本誤差±3.1ポイント)した結果、支持率は先週より1ポイント下落した36%、不支持率は3ポイント上昇した57%だったと発表した。支持率は9月第5週に38%を記録した後、2週連続小幅下落した。年齢別にみると、20代以下で25%を記録し、最も低かった。40代では48%で最も高かったが、「岩盤支持層」と呼ばれる40代の支持率が50%を下回ったのは3カ月ぶり(7月第2週、47%)。
(引用ここまで)

「経済の要」とされる30-40代(30-49歳)の雇用率が減少を続け、昨年は経済協力開発機構(OECD)加盟38カ国のうち30位だったことが分かった。韓国経済研究院が統計庁のデータを分析して13日に発表したまとめによると、昨年の韓国の30-40代雇用率は76.2%で、ドイツ(85.8%)、日本(85.1%)、英国(85.1%)、フランス(81.9%)など主要国と大きな差があったという。

 2015年と比べると、昨年の30-40代雇用率はこれら主要国では小幅ながら上昇していたが、韓国は逆に減少していた。 (中略)

 また、求職活動をあきらめた人も大幅に増加した。同研究院が統計庁のデータを分析した結果、30-40代の求職断念者は2015年の12万9258人から2020年は17万1358人に増えたという。特に2018年からの増加傾向が著しく、2年間で年平均12%ずつ増えていることが分かった。同期間における全求職断念者の増加率(7.5%)と比べても、30-40代の数字は顕著だ。
(引用ここまで)


 ムン・ジェインの支持率が下落傾向になっています。  テジャンドン開発疑惑で不公正な取引があったのではないかとされていることが主要因。

 さて、ムン・ジェイン政権に対してはふたつの岩盤支持層があったとされています。
 ひとつが10〜20代。
 若い世代がパク・クネ政権であった「非公正」をムン・ジェインであれば正してくれるだろうという期待を持ち、圧倒的な支持率を誇っていました。
 どんな風にムン・ジェインを支持していたかは選挙直前の「インドで韓国の青年らと会ったバックパッカー」の話をごらんください。

 彼らは──
・「キャンドル革命によって韓国は変わる」
・「パク・クネの弾劾が決まった時には感動で泣いた」
・「韓国は大国間の犠牲者となっている」
 ──としており、これらは20代で共通した見解だとしていました。

 早々にムン・ジェインを見限ったのがこの世代の男性。
 理由は「チョ・グク事態を見ても非公正さは変わらなかったから」であったり、「ソウルの不動産価格がムン・ジェイン政権下で2倍にもなったから」であったりします。
 なぜかいまだに20代女性からの支持はそこそこあります。
 まあ、そんなこんなで20代からの支持率は低迷しています。今回の調査では20%台であったとのこと。


 そして、もうひとつの岩盤支持層が40代。
 青年期に金大中政権の太陽政策〜ノ・ムヒョン政権であった頃の人々であり、北朝鮮に対して融和的な感情を抱いています。
 この世代はいまだに離脱せず、ムン・ジェインを支持しているわけですね。
 テジャンドン開発疑惑が報じられてようやく50%を切るていど。
 どうしても心情的に離れられない、情での支持率ではないかと感じられます。

 それでも下落しつつあるのはなんだかんで経済問題だよなぁ、という話が2本目のニュース。
 30〜40代の雇用率は下落、求職断念者も増加。
 結果、失業率はさほど下落していないという数字のマジックはありますが、支持率は落ちつつあると。
 不動産価格問題も含めて「It's the economy, stupid」って感じだなー。

 「経済の腰」ともされている世代で、かつ晩婚化が進んでいるので女性が第1子を産むのもこのくらいの世代(32.2歳)。
 そりゃまあ、出生率も下落するわ。
 なんでいまだにムン・ジェインを支持してるのか分からないですね。やっぱり情、なんだろうな……。

Twitterで更新情報をお伝えしています。フォローよろしくお願いします。→

 

"ムン・ジェインの支持率、「岩盤支持層」だった40代でも下落傾向へ"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]