相互RSS募集中です

韓国人「日本の検査費は40万ウォンだってことを書けよ!」→日本の新型コロナ感染数の激減にいまだに陰謀論が跋扈中

検査減らしたか、ワクチンの効果か……日本2万5485人→391人ミステリー(国民日報・朝鮮語)
日本では最近コロナ19確定者が急減している。ところが理由が「ミステリー」だ。検査の減少、ワクチン接種率の増加、周期説などが挙げられているが専門家たちは、まだ正確な答えを出しかねしねている。

21日読売新聞など現地メディアによると、前日の基準、日本の新規感染者数は391人である。これは、わずか2ヶ月前の8月21日(2万5485人)に比べてなんと98%も下落した数値だ。首都東京でも8月に東京オリンピック開催当時の新規感染者が6000人に迫ったが、最近毎日の感染者の規模は50人以下に落ちた。

このような状況を残して一部ではコロナ19検査の減少を原因と挙げる。しかし、検査の減少に比べて感染者数が大きく急減している。現在、日本国内の毎日の検査量は4万件であり、8月の大流行時に1日の検査数16万8500件に比べて3分の1の水準である。一方、確定者数はその期間で2%水準に落ちた。大曲憲夫日本国立国際医療研究センター国際感染症センター長は「人口のほとんどが身体に強い抗体が存在するによる効果としか説明は難しい」と述べた。 (中略)

しかし、日本のミステリーとなった「防疫成功」が再び揺れる可能性が高いとの指摘が出ている。アメリカのメディアタイム誌は「日本防疫当局関係者は、今回の冬の予防接種完了者の抗体が落ちる時期と寒さのピークが重なる時期に再び大規模な集団感染事態が起こることを懸念している」と伝えた。
(引用ここまで)


 韓国の今日発表分の新規感染者は1441人。
 木曜日発表の数字で1500人を切ったのは14週ぶりだとの話。
 どうにかこうにか下落基調であるのは間違いないですが、減りきっていないのも確かです。
 ムン・ジェインが言っていた「この流行は太く短く終わらせよう」なんていうのがまんま妄言だったことが分かりますね。
 この発言は7月12日の防疫点検会議でのもの。最高レベルの防疫措置となるレベル4を発令する際の言い訳だったのですが。
 以降、3ヶ月以上そのまま続いています。

 まあ、韓国からしてみたら不思議でしょうね。
 ワクチンの接種完了率はさほど変わらないところまできています。

fullyvaccined_211021.png
グラフはourworldindataから引用

 19日時点で日本が68.3%、韓国は66.8%。その差、わずかに1.5%。しかし、日本の接種状況はすごいな。訥々とリニアに同じペースで接種が続いている。医療関係者も役所もすげえよ……。


 日本での昨日の新規感染者数は323人。実に10倍以上。
 東京のそれは36人。ソウルは502人。こちらでは10倍どころではない差がついて久しい状況です。
 ちなみに東京での新規感染者数が50人以下になったのはこれで5日連続。

 ワクチン接種率もマスクをする率もさほど変わらない。
 でも新規感染者数は明白に、10倍以上異なる。
 というわけでいまだに「日本の感染者減少はミステリー」みたいな言説になっているわけです。
 コメントも相変わらず「日本は検査が有料だから」とかいう話を嬉々としてしてますしね。

 この記事のコメントによるとついに3万円と40万ウォンに値上がりしたらしいですよ(笑)。
 懸命に「検査費が高いことをキレギ(ゴミ記者≒マスゴミ)は書け!」ってコメントしているのですが、さすがに記者もそれは嘘であることを知っているので書けませんわな……。

Twitterで更新情報をお伝えしています。フォローよろしくお願いします。→

"韓国人「日本の検査費は40万ウォンだってことを書けよ!」→日本の新型コロナ感染数の激減にいまだに陰謀論が跋扈中"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]