- 楽韓Web - Best view with XGA(1024x768pixel) BBS(UnderConstruction) Last Update :  

2003/04/16 (水)

花見をする女性(中央日報) [17:30]
 普通に花見をしていますな。
 この記事の写真のように韓国でも花見をしますが、これは併合中に日本から伝わった風習です。
 独立公園にもさくらが植えてあります。ただ、さくらは日本併合の象徴とされる花です。韓国人はさくらが独立公園に植えてあることが気に入らないらしく「併合中に植えられたさくらであることが判明すれば、伐採する」とまで言ったことがあります(その後、どうなったかは不明)。
 ただ、記事のように少なからず花見という風習が好きな韓国人はいるようです。しかし、さくらは韓国内ではあくまでも日本併合を象徴する花。そこで、いつものヤツが出てくるわけです。

 さくらの起源は韓国ニダ!

 この翻訳記事中の『ワングボッナム』というのが染井吉野のことなんですが、種がほとんどできずに接ぎ木でしか増やすことのできない染井吉野が済州島では自生しているらしいですよ(笑)。
 いやぁ、すごいなぁ韓国。っていうか、植物学者までこんなのばっかりなんじゃ、まともな学者は大変だな、本当に。

2次電池に韓国企業が参入(朝鮮日報) [17:00]
 なんだか、最近やたらに充電池充電池とうるさい韓国経済ですが。
 具体的にどんな電池を作っているか全然見えてこないんですが。
 しかし、なんの裏付けもなく「韓国企業の技術力が日本企業と似た水準である」って言われても。
 日本企業が昨日や今日、充電池を作りはじめたわけでもないし。
 まぁ、マーケットブレイカーたる韓国企業が入ってきたことで、またぞろいやな感じはしますね。
 もしも、リチウムイオン充電池が韓国製だったら……というのは、考えるだけでも恐ろしい。リチウムイオン充電池は、作りかたや動作のさせかたによっては爆発しますから。それも、軽いものではなく大爆発に至ります。
 あー、本当に不安だ……。