- 楽韓Web - Best view with XGA(1024x768pixel) BBS This file is back number.  

2008/11/01 (土)

<コラム>外貨準備高、量よりも質(中央日報) [23:45]
 ああ、この人みたいな見方のできる韓国人が多ければ、ここまで外国人投資家が疑心暗鬼にならずに済んだのかもしれませんね。
 要するに「外貨準備高の金額を喧伝するけれども、そのうちの『真水』はどれだけなんだ?」という疑問。
 米国債、GSE債は売ることはできない。現状で塩漬けにしておく他、手立てはありません。下手に売り払ったら世界恐慌の引き金にすらなりかねないので。
 となると他の証券、国債、金、外貨現金が問題になってくるのですが、これがどれだけなのか。
 特に流動性のある証券がどれだけなのか。
 そこが問題なわけですが。これが本当の危機の中身。
 FRBとの300億ドルスワップはこれを回避したのではなく、あるのかどうか実際のところは不明ですが、あると考えられている危機を繰り延べしただけにすぎません。
 さて、どうなりますかね?(なんとなく『ぶらり途中下車の旅』風に)

【コラム】経済危機は盧武鉉政権と李明博政権の合作(朝鮮日報) [23:30]
 合作というか。
 天下餅風にいうならノ・ムヒョンがこね、ノ・ムヒョンがつきし、不況餅、食わされるのはイ・ミョンバクってとこで。
 別にイ・ミョンバクがえらいとかそういうことはないけど、ここまで状況が追い詰められた時点で政権交代させられてもどうしようもないというのが事実でしょ。
 でもって、わざわざ弾劾決議までされて辞めさせる機会もあったのに、熱狂的に支持してしまったのは韓国国民。
 自らの選択でノ・ムヒョンを選んで、政策を実行させて、こういった窮地に自らを追い込んだんだから。
 直接選挙で選んだ大統領に文句を言うのはお門違いというもの。
 どっちもどっちなんだよね。
 ま、現実的な危機を前にして内紛を起こすのは朝鮮人の癖というか、歴史的に見てもどうしようもない話。
 百済滅亡のあたりから歴史をなぞれば、危機のたびに内紛を起こしているのが理解できるはずです。
 そういう意味では破滅の一歩手前にいるっていうのは実際のところかもしれませんね。

「輸出依存度が高い韓国、困難は当分続く」(朝鮮日報) [23:30]
 最初、見出しだけを読んで「ああ、韓国人の中にも分かっている人間はいくらなんでもいるんだな……」とか思ったんですが、IMFの諮問委員をやっていたアメリカ人の教授へのインタビューでした。
 分かっている人がいてその人の声が大きいならこんな事態にはなっていませんね。そりゃね。
 これから来るのは韓国の実体経済へのダメージですが、それがどれほどのものになるのかちょっと予想はできません。
 ドミノ倒しの最初の駒にならなければいいんですが。

ケータイ:サムスン電子とノキアの2強時代へ(朝鮮日報) [12:15]
 シェアでダブルスコアつけられている1位と2位をまとめて「2強」とは言わんだろ……。
 一強皆弱の中でサムスンが比較的健闘しているとはいえるかも知れんが。

Vortex、本日の動向
 あれですわ。施術後は微妙にこわばりが残ってたけど、「一眠りしたらほとんど消えるよ」と言われたのですよ。ホントにそのとおりになるからすごいよな。
 現在、最初のこわばりの5%くらいが残っている感じ。楽。

●今日の買い物
 ・人口学への招待

老いてゆくアジア』からこっち、気にしている人口統計の話。前書きでいきなり「一般的な人口統計への間違いを正す」みたいな話が書かれててうなずかされる部分も多い。
 平均余命の話とかけっこう誤解されていることが多いですしね。半分くらいまで一気に読みました。面白い本。

過去ログ 2002 / 2003 / 2004/ 2005/ 2006 Webmaster:Vortex   No Korean E-mail recievable!