- 楽韓Web - Best view with XGA(1024x768pixel) BBS This file is back number.  

2010/06/15 (火)

羅老号失敗:ロシア人技術者帰国、約10人が調査継続(朝鮮日報) [23:45]
> ロシア人技術者は、自らが所属するエネルゴマシュ社に対し、「第1段エンジンには異常がなかった」と報告したとのことだ。

 ロシアのインターファクス通信によると、羅老号のエンジンを開発したエネルゴマシュ社は11日(現地時間)、「もう少し検証する必要はあるが、エンジン作動にかかわる重大な発言は現地技術者から聞いていない。今回の失敗はわれわれのミスのせいではない」と述べたという。ロシア人技術者は14日以降も約10人が残り、韓国人技術者と共に原因を調査する予定だ。
(引用ここまで)

 まだオフィシャルな発言ではないようですが、より多くの情報を持っているであろうロシア側は「一段目の失敗ではない」という認識の模様。
 というか、実際の原因がどっちにあるにしたってロシア側が認めなかったら、一段目の輸入はできないんだからどうしようもないけどね。
 現実的には追加料金を支払って、もう一度やってもらう……っていうところかなぁ。

韓国、また泣き寝入り? 哨戒艦事件トーンダウン(産経新聞) [23:15]
> 脱北者の話に「北では人びとが生活苦からいっそ戦争になればいいといっている。南と一緒になれば暮らしがよくなりそうだから」というのがよくある。

 しかし韓国人は「統一より平和」を望んでいるようにみえる。「しばし“平和”を犠牲にしてでも北の同胞を解放してあげたい」といった考えはない。

 選挙結果もこれありで、韓国では哨戒艦事件の北朝鮮糾弾はしだいにトーンダウンしつつある。戦争の覚悟がなく、平和志向の韓国は北に何度やられても「泣き寝入り」するしかない。
(引用ここまで)

 基本的に「戦争になったときに韓国が失うものが大きすぎる」のですよね。
 韓国の若者に戦争に向かおうとする気概がすでになくなっていて、戦争はいやだという若者の投票動機が地方統一選の与党敗退の原因という分析もあるようです。

与党を惨敗に追い込んだ韓国の若者パワー

 けっきょく、韓国が泣き寝入りというか実効手段を持ち得ないというのはラングーン事件、大韓航空爆破事件と同じということでしょうかね。
 殉職した天安艦の乗組員も浮かばれないことで。

 ま、常に殉職した軍人が浮かばれないのは韓国では基本なんですが。
 1996年にも北の潜水艇が座礁(?)して、小競り合いで韓国側にも何人かの犠牲者が出ていますが、まったく顧みられることなくスルーされています。
 2002年のワールドカップ開催中にも同様に数人が死んでいますが、ベスト4騒ぎで完全にスルー。
 いつものことといえば、いつものことです。

韓国経済:指標は好転、体感景気は真冬(下) - (朝鮮日報) [23:00]
> 政府は9日、5月の就業者数が8年1カ月ぶりの増加幅となる前年同期比58万6000人増を記録したと発表した。しかし、20代の就業者数だけは同5万 2000人(1.3%)減にとどまった。家事、就職準備、就職断念などで仕事を探そうとしない非経済活動人口は同6万5000人(0.4%)増の1543 万4000人となった。
(引用ここまで)

 んで、こちらの朝鮮日報の記事では雇用の数字が増えていても、若年層の数字が減ったこと、および被経済活動人口が増えたことを不安視してますね。
 サムスン、LGあたりから景気のいい話が聞こえてきても、必ずしもそれが韓国全体に行き渡るものではない。
 むしろ、行き渡りにくくなっているというのが実際のところか。

就業者、8年ぶりに最大幅増加(中央日報) [22:00]
> 9日、統計庁が発表した5月の雇用動向によると就職した者は2430万6000人で1年前より58万6000人増えた。2002年4月以後、雇用増加幅が最も大きかった。尹j源(ユン・ジョンウォン)企画財政部経済政策局長は「景気とともに雇用も回復している」とし「雇用の質も全体的によくなっている」と言った。

 失業率は3.2%で2カ月連続3%台を維持した。青年失業率も6.4%で先月(8.6%)より2.2ポイント下落した。雇用率は60.0%で昨年同月に比べて0.7ポイント上がった。雇用率が60%を回復したのは2008年10月以後19カ月ぶりだ。

年齢別就業者を1年前と比べると20代(−5万2000人)減少し、ほかの年齢帯はすべて増加した。
(引用ここまで)

 20代の雇用が減少したけど、雇用率は増加……か。
 複雑な数字だな。
 それでなくても実質失業者は100万人クラスなのにねー。

Vortex、本日の動向
 岡ちゃんにオシムを継がせた協会の無能さは万死に値するけども、やっぱり負けるのはいやだ。
 というか、ちゃんとシステムが機能している。なんで今さらというか、カメルーンが機能しすぎていないのか。松井と大久保がフィジカル的に出来がいいのか。

●今日の買い物

 乙嫁語り 2巻が早売りしてた。サービスのお風呂シーンもいいけど、あとがきの──

「晴れた昼間にひとりで馬の足やら刺繍やらを描いていると、こうふつふつと…」
「ふつふつと……」
「私、今生きてる!!」

 うむ、この人には一生ついていこう。
 同じ書店でテルマエ・ロマエ 1巻も購入。笑った。
 こういう漫画が描けて、出版できて、マンガ大賞を受賞してしまうところが日本の懐の深さだなぁとしみじみ感じてみる。

過去ログ 2002 / 03 / 04 / 05 / 06 / 07 / 08 / 09 Webmaster:Vortex   No Korean E-mail recievable!