- 楽韓Web - Best view with XGA(1024x768pixel) BBS This file is back number.  

2010/07/20 (火)

「韓国スパイなら…」「韓国企業なら…」 米国が警戒心(中央日報) [23:15]
> 17日(現地時間)、「アイフォーン4」のアンテナ欠陥と関連した釈明記者会見を行ったアップル最高経営者(CEO)のスティーブ・ジョブズは、会見の最後に韓国企業に言及した。初期対応を誤ったのではないかという質問に対し、「人々は上手くいく組織があれば足を引っ張ろうとする。グーグルを見よ」とし「私たちが米国企業でなく韓国企業なら良いだろうか(Would you rather we were a Korean company,instead of an American company?)」と答えたのだ。

発言の核心は「猜忌心から好調な企業にけちをつけるな」ということだが、あえて韓国企業に言及したのはジョブズが韓国をそれだけ意識しているためだというのが専門家らの指摘だ。
(引用ここまで)

 この文脈から、そういう解釈にたどり着けるのはある意味で才能だな。
 世界の誰もが持ち得ない才能。
 まあ、世界の誰もが欲しがらない才能だけど。

 全文はプレスによってブレがあるんですが、だいたいこんな感じ――

>"I guess it's just human nature that if someone or some organization gets really successful there's just a group of people who want to tear it down. I see it happening with Google."
"I see some of these people jumping on us now. It's like I am not sure what you are after here. Would you rather we were a Korean company instead of an American company? You do not like the fact that we are innovating right here in America and leading the world in what we do?
(引用ここまで)

 誰かが成功を収めた時に、引きずり下ろしたいと思う人々がいる。人の常というものだ。グーグルにもそれが起きたのを見た。
 そういった人々が我々を踏みつぶそうとしている。この次はどこが犠牲になるのだろうか。アップルがアメリカ企業でなく、韓国企業であればよかったのか? アップルがここアメリカで発明をし、世界に先駆けているという事実が気に入らないのだろうか?
(翻訳ここまで)

 ――という感じ。
 つまり、韓国が最先端だからではないのですよ。
 「アップルがアメリカ企業ではなく世界の果てのどこにあるかも分からない国の企業であればいいのか?」という表現です。
 というわけで、韓国の人々には非常に残念なことなのかも知れないですが、あなたがた「世界の果てのどこかよく分からない場所」って思われてますよ(笑)。

お粗末な米と韓、中国の肘鉄で一目散(JBPress) [23:00]
 例の「国防総省報道官による『日本海』発言」のほうが大きく報じられがちな、今度の演習ですが。
 どうも最初からグダグダ感があるのは確かなんですね。
 で、それを時系列に並べてある記事なので分かり易い。
 今回のどこら辺がダメなのか、よく分かります。
 ジョージ・ワシントンの参加を発表(リーク?)した在韓米軍のミスが一番響いているっぽい。
 韓国にいると韓国的になるのかなぁ……。

‘地球最後の日’にも飛行中…空のペンタゴン(中央日報) [22:30]
> モレル報道官は先週、国防総省の定例記者会見で東海(トンへ、日本名・日本海)を「日本海」と表現したことに関し「この問題が韓国で敏感な問題であることに気づかなかった」と述べた。 「ソウルではどう話すのか」という質問に対しては「分からない」と答弁を避けた。
(引用ここまで)

 どうやら、昨日の「朝鮮半島沿岸で演習を行う」という発言の前のことのようですね。
 まあ、記者会見で『日本海』って表現して、かつ抗議された上で『トンヘ』って言い直さないっていうことは韓国の主張がアメリカにどう思われているかを明確な形で現しているんじゃないでしょうかね?

【コラム】日本の謝罪談話、ブラントを参考にせよ(上) - (朝鮮日報) [19:30]
【コラム】日本の謝罪談話、ブラントを参考にせよ(下)


> 重要なのは、外交的表現のレベルについて調製することではなく、過去の過ちに向き合い、真に正直な姿勢で韓国人の心を動かすことだ。

 ドイツはポーランドに対してそれを行った。1970年12月、ポーランドとの関係正常化条約を締結するためポーランドを訪問した西ドイツのブラント首相(当時)は、予告なくワルシャワのユダヤ人犠牲者慰霊碑を訪れ、ひざをついた。欧米でひざをつくという行為は降伏を意味する。進歩雑誌の「シュピーゲル」さえも非難する中、ブラント首相は「これは自分とドイツにとって恥ではない。自分はドイツ現代史のくびきを思い、誰もが言葉では表現できないときにやることをやったまでだ」と述べた。
(中略)
 ブラント首相のようにひざを屈せというのではない。今年8月に、「これで最後」といえるだけの日本の真実の謝罪が見たいということだ。
(引用ここまで)

 ……なにをうすらとぼけた話をしてんだ。
 おまえらの立場はドイツに対してのポーランドじゃなくて、オーストリアだろ。
 それとブラントがしたのはポーランドに対してじゃなくて、ユダヤ人虐殺に対しての話な。
 おまえらの立場はユダヤ人じゃなくて、オーストリア人な。 

Vortex、本日の動向
●今日の買い物

 ・幼年期の終わり

 近所の本屋で「夏のSFフェア」で並んでいたんですが「あれ……もしかして読んでない?」と思ったので。
 ちらと頭を読んでみたけど、やっぱり読んでない……と思う。持ってはいるはずなんだけどね。
 クラークよりもハインライン派だったからなー。
 あと新訳が出てるんね>幼年期の終わり

過去ログ 2002 / 03 / 04 / 05 / 06 / 07 / 08 / 09 Webmaster:Vortex   No Korean E-mail recievable!