- 楽韓Web - Best view with XGA(1024x768pixel) BBS This file is back number.  

2010/12/12 (日)

WSJ「韓国の経済戦略は寿命を終えた」(中央日報)
>「韓国は今週G20国家指導者を迎え、不便な真実を把握することになるだろう」とし、このように指摘した。実際、韓国の成長は明確に鈍化している。潜在成長率はすでに年4%程度に落ち、10年以内に2−3%台まで弱まる見込みだ。
(引用ここまで)

 この記事、ちょうど1ヶ月ほど前の記事でして。
 「どうやって伝えようかなぁ」と元記事を読みながらと考えているうちに、旬を逃してしまったのですね。
 ちょうど、今日のふたつの記事は関連項目と言ってもいいものなので、ここで紹介しておきましょう。
 これもちょうど同じ話をしているのですね。人口成長の鈍化に伴う、成長戦略の転換の必要性。
 でも、そんなものが簡単にできるわけがないって話を明確に見せているのが日本であり、その手段として金融は成り立たないというのがアイスランドであったわけです。
 ちなみにギリシャとスペインはユーロ圏であるという「フリーランチ」にありついていたので、ちょっと情勢が異なります。
 という話はちょっとうちの専門外なので置いておいて。

 韓国政府自身、特にイ・ミョンバクはそんなことをOECDだのWSJだのにいわれなくても思い知っていることでしょうね。
 知っていても変えられるかどうかはまた別のお話であるわけですが。
 『世界10位圏内の経済大国』様ですから、なかなか舵を別の方向に切るのは難しいでしょうね。

「今年から5年間の経済成長率、韓国がOECD最高」(中央日報)
> しかし2016年に入ってから韓国経済が急落する可能性が提起されている。まず2016−2025年の実質GDP成長率は韓国が1.8%にとどまり、32加盟国のうち17位まで下がると予想された。この期間のOECD平均は2.1%という。

 韓国の潜在成長率も2016−2025年は平均1.8%と18位まで落ちると評価された。これは韓国が2016年から本格的な低成長国形態に変わることを意味している。
(引用ここまで)

 OECDの統計では韓国の人口ボーナスは2015年までで終了。それ以降は人口オーナスを受ける国となるということになるのでしょうね。
 意外と持つというか、2015年までの5年間平均ですので2015年あたりはもう均衡するようになるかもしれません。
 研究者筋でも韓国、ついで台湾の人口ボーナス享受時期が終了するのは2010年代前半とされていましたし。
 そのあたりについて詳細は老いてゆくアジアを参照してください。
 かつては北朝鮮をうまく使って……というのを目論んでいるっぽいんですけどね。開城工業団地っていうのは、そのあたりのとっかかりとしたかったんじゃないかと。
 でもま、現状はアレなのですが。

「9つの危険兆候」 韓国経済は日本に似ている(東亞日報)
> 最近、韓国の中長期的経済予測を研究する専門家の間では、「これからは日本と違う道を進まなければ、韓国も低迷する恐れがある」という懸念の声が頻繁に出ている。
(引用ここまで)

 日本よりも少子高齢化が凄まじい勢いで進んで、かつ人口ボーナスを受け取れる国から人口オーナス享受国となるのですから当然のように似た経路を辿るでしょうね。
 内需を膨らませることができればまだ延命はできると思いますが。

 というか、日本が世界の先進国に先んじてそういう構造になっているだけで、ほとんどの経済が成熟した国はこういう方向に行くんでしょうよ。
 世界的にデフレが進行しつつあって、日本という先例がありながらそれを避けることができない状況になっている。
 つまり、世界が日本のようになるのですよ。もともと持っている経済構造とかは保持しつつね。
 それに対して個人でできるだけの準備はしておくべきだと思いますけどね。

Vortex、本日の動向
 ちょうど乃木坂近くに行く用事があったので、国立新美術館を覗いてみた(1階ロビーは入場料金かからない)のだがえらい混雑で諦めた。平日になんとかしよう。

●今日の買い物

 ・MBA で学ぶ 負けない戦略思考「ゲーム理論」入門

 ホントに初歩の初歩というか概念の説明の本。まあ、パラパラと読んでいたのですがふと「あ、セイバーメトリクスってゲーム理論じゃん」って思いつけたのは収穫。
 パラメータは多いけどね。なるほど、メジャーのGMの多くがMBA取得者になったりするわけだ。

過去ログ 2002 / 03 / 04 / 05 / 06 / 07 / 08 / 09 Webmaster:Vortex   No Korean E-mail recievable!