相互RSS募集中です

韓国人「東京オリンピックは日本にとっての弱点だ、攻め立てろ!」と「放射能汚染」「旭日旗」「メダルデザイン」とありとあらゆる部分にいちゃもん。今度は「担当相はセクハラ大臣だ」……ですって

「旭日旗メダル」に「キスセクハラ」長官まで... いろいろ不便な「東京オリンピック」(世界日報・朝鮮語)
2020年東京オリンピック・パラリンピックのメダルの「旭日旗」(写真)を連想させる模様が刻まれて議論がある中で、国際パラリンピック委員会(IPC)委員長は、「全く問題になることはない」という立場を明らかにし、国際的非難を買っている。

そんな中、過去「キスセクハラ」波紋を起こした人が今回の日本政府の内閣改造でオリンピック賞(オリンピック長官)に任命され議論がされている。このように、東京オリンピックは開幕前にも、様々な論議に巻き込まれ「満身創痍オリンピック」という言葉まで出てきた。 (中略)

韓国障害者体育会は「パラリンピック選手団長会議」において「旭日旗は2次世界大戦当時、アジア侵略に使用された日本軍の旗であり、多くの国で、歴史的傷を想起させる象徴物」と東京オリンピックで旭日旗の競技場搬入を禁止くれ要請した。

これに対して中国側も同意の意味を明らかにし、「オリンピックとパラリンピックのような国際的なスポーツイベントで政治的な問題が浮き彫りになって大会に影響を与えることはあってはならない」と主張した。 (中略)

韓国は中国だけでなく東南アジア諸国など協力し関連対策を用意していく計画である。 (中略)

東京オリンピックを控え、オリンピック大臣の議論は、今回が初めてではない。前任のオリンピック相であった鈴木大地は放射能汚染の疑いがある福島産食材を、世界各国の選手たちに供給すると明らかに大きな波紋が広がった。

彼は「2020年東京オリンピック・パラリンピックを通じて、被災地(福島)で生産した食材を積極的に活用する。被災地の農水産物の安全性と素晴らしさを世界に知らせたい」と述べ、これに「放射能オリンピック」という汚名を生んだ。福島産グルメ、放射能汚染に対する論議はまだ継続され、東京オリンピックアキレス腱作用している。
(引用ここまで)


 韓国では東京オリンピックが「日本の弱点である」として、政府・メディアを問わずにこうして文句をつけている、というわけです。
 これまでだけでも……

「放射能オリンピックだ」とのレッテル貼り。
選手団長会議で「福島の食材は汚染されている!」と糾弾(なお賛同ゼロ)。
・与党からはボイコットの示唆
パラリンピックのメダルが旭日旗模様であるといちゃもん。
旭日旗持ち込み禁止を掲げる。

   といった嫌がらせを続けてきました。
 まあ、その延長線上で福島のあずま球場の空間放射線量計測したらソウルよりも低かったというオチだったのですけどね。
 で、今回は橋本聖子五輪担当相が「セクハラ大臣」である、と。

 ありとあらゆる部分でこうして文句をつけてきて日本が折れることを狙っているのでしょうね。
 現状、日本側はすべてのことについて撥ねつけていますが、これからは具体的な物事が進む度に同様の嫌がらせをおこなってくると思われます。
 サッカーの代表戦でもやってきたような「宿舎がひどい」とか「練習場がひどい」みたいなヤツもやってくるのでしょうね。

 今回の記事にも「韓国はオリンピックをボイコットしよう」というようなコメントが多数ついています。
 それが日本に対する最大の圧力になるのだ、みたいな文脈で。
 とっととやってもらえたらすっきりするのですけどね。

国際パラリンピック会長「メダルのデザインにまったく問題はない」「旭日旗問題は韓国の政治問題であって、それを大会に持ちこむことは許されない」と断言!

東京パラメダル、見直さず=旭日旗の懸念は「大会と無関係」-IPC会長(時事通信)
 国際パラリンピック委員会(IPC)のアンドルー・パーソンズ会長は12日、東京パラリンピックのメダルデザインが旭日旗を想起させるとして大韓障害者体育会が問題視している件について、「伝統的な日本文化の要素を扇に反映したデザインであり、全く問題ない。大会組織委員会に見直しを指示するつもりはない」と述べた。
 東京都内で同日、各国・地域のパラリンピック委員会の代表らが集まる東京パラリンピック団長会議が開かれ、韓国の代表団が組織委に対してメダルのデザインを再検討するよう要請した。 (中略)

 また、パーソンズ会長は、東京大会の会場などで旭日旗の持ち込みを禁止するよう求める書簡を韓国側から11日に受け取ったことを明らかにした。その上で「これはあくまで政治問題。スポーツと政治を混同するつもりはない。断固としてその方針を貫く。大会とは無関係だ」と話し、韓国側の要請には応じない姿勢を示した。
(引用ここまで)


 これは援護射撃としてありがたい。
 IPC、国際パラリンピック委員会の会長から韓国の主張に対してかなりきつめに反論がありました。

 まず、パラリンピックのメダルとしてはデザインとしてなんら問題ないと断言。
 見直しを要求するつもりはない、とまで言ってくれています。
 もうこの問題はこれで終了でしょうね。
 選手団長会議で韓国が主張したことに対して、中国だけが賛同したということですから逆にいえばそれ以外の国からはスルーされた、ということですし。

 そして旭日旗の持ち込みについても「これは政治問題」としてくれました。
 つまり、韓国が旭日旗に文句をつけているのは、韓国にとっての政治問題である。
 それはそれで言っていても構わない。けれども、その問題をオリンピック・パラリンピックの場に持ちこむことを許さないということですね。

 IPCとIOCで立場の違いがあるわけがなく。
 言ってみれば両者はまさに両輪であって、立場の違いは許されません。
 協議の制限を別にすればパラリンピックで許されないことが、オリンピックで許されるわけがない。
 つまり、「旭日旗持ち込み」についての問題はここで終了したというわけです。

 いや、しかしちゃんと「旭日旗問題」について韓国側の政治問題である認識して、こうした判断をするということを最初から決めておかないとこういった対応はできません。
 韓国からの書簡を受けた時点で対応は決定していたのでしょう。
 IOCの「ケースバイケース」というのも「政治的な問題の主張」として持ちこまれるのであればともかく、それ以外は問題ないという決定なのでしょうね。

韓国政府「IOCは東京オリンピックでの旭日旗使用を禁止せよ!」 → IOC「まあ、ケースバイケースでやりますわ」

IOC、東京オリンピックでの「旭日旗禁止」の要求に「事案別に調べること」(朝鮮日報・朝鮮語)
12日(現地時間)APによると、IOCはパク・ヤンオ文化体育観光部長官から旭日旗の使用禁止を要求する書簡を受けたとし、「スポーツ競技場でどのような政治的デモもならない。ゲームの時間に(旭日旗による)懸念が発生すれば、ケースバイケースで考慮する(we look at them on a case by case basis)」という内容の声明を出した。先立って去る3日、東京オリンピック組織委員会は、韓国体育会の「旭日旗を含む競技場持ち込み禁止品目」について、「旭日旗は日本国内ではもちろん、各種国際大会でも大きな問題なく使用されている。それ自体がどのような政治的な意図を含んでいないため、禁止品目ではない」と述べた。

これに対して韓国文体部は11日、トーマス・バッハIOC委員長に宛てた書簡を通じて「旭日旗は19世紀末から太平洋戦争をはじめとする日本帝国主義のアジア侵略戦争に使用された日本軍の旗であり、現在も日本国内の極右団体の外国人に対する差別と嫌悪デモなどに広く使われている」との使用禁止措置を要請した。
(引用ここまで)


 韓国のオリンピック委員会の上位組織である文化体育観光部が長官名義でIOCに対して「旭日旗の使用を禁止すべきだ」という書簡を正式に送付したところ、IOCから「ケースバイケースで判断する」との回答しか来なかったとのこと。
 まあ、そりゃそうでしょうよ。
 ハーケンクロイツのように国際的に使用が禁じられているわけでもない。
 フランスでのパレードでも陸上自衛隊が使用している。
 外務省も英語で旭日旗の意味合いをアピールしていますしね。
 日本の文化として成立しているものである、と言われたら反論のしようがない。

 このあとに記事ではFIFAも使用を禁止していると記述されていますが、嘘ですしね。
 ラ・リーガ所属でホームユニのカラーが紅白であるアトレティコマドリーのサポーターは山ほど旭日旗を掲げていますが、FIFAやUEFAから罰せられたという話を聞いたことがありません。
 PCの他、Xbox360やPS3で全世界発売されたCommand & Conquer:Red Alert3が発売された2008年に、The Empire of Rising Sunの国旗(↓)に対して文句があったという話も出てませんね。

empireofrisingsun.jpg

 韓国の言っていることが整合していないので、IOCもそりゃまあ「ケースバイケースっすなー」くらいのことしか言えませんわ。
 今回はさらにパラリンピックのメダルに対しても「旭日旗を連想させる」ということで、公式に選手団長会議で抗議してきたとの話です。

「メダルが旭日旗連想」 韓国が改めて批判 パラ選手団長会議(産経新聞)
 2020年東京パラリンピックに参加予定の各国・地域の国内パラリンピック委員会(NPC)を対象にした選手団長会議で12日、韓国の代表者が「メダルのデザインが旭日旗を連想させる」という趣旨の主張を展開し、大会組織委員会に対応を要請したことが、関係者への取材で分かった。

 組織委は韓国側に会議の場ではなく個別でやりとりするよう求めた。
(引用ここまで)

 「連想させる」とかふわっと言われてもどうしようもないのですよね。
 「それってあなたの感想ですよね」くらいの回答しかできんわなぁ。
 公式の抗議でも「お気持ち」を前面に出してきている。
 韓国がなにをどう言っても禁止する根拠がないから、回答する側もふわっとした回答しか出せないというのが実際のところなのでしょう。

GSOMIA破棄をはじめとした日韓不和に高まるアメリカからの韓国に対しての不満。韓国の北朝鮮政策にも「これ以上静かにしていられない」との警告も

日韓不和など「どうでもいい」トランプの関心(東洋経済)
米で青瓦台次長批判「ひどい大衆迎合外交」(朝鮮日報)
「トランプ大統領はGSOMIA問題自体についてあまりよくわかっていない可能性もある」と、安全保障にかかわる日本の高官は話す。「だが、韓国がアメリカの安全保障を損ない始めたことをトランプ大統領ももう理解はしているだろう」。

こうした韓国への見方は、トランプ大統領から政権内部へと広まっている。日本がその隣国と抱える問題について、アメリカ政府高官はおおむね日本に対して同情的だ。

「(国家安全保障問題担当大統領補佐官ジョン・)ボルトン氏は韓国を不愉快だと感じている」と、戦略国際問題研究所(CSIS)で日本研究プログラムを率い、政権内の高官と現在も緊密に連絡を取り合うグリーン氏は言う。「とはいえ、ボルトン氏もトランプ大統領もマイク・ポンペオ国務長官も、同盟国を味方につけておくことにあまり腐心しておらず、それがどういうことなのか理解もしてないのではないか」。
(引用ここまで)

トーマス・カントリーマン元米国務省次官補(国際安全保障・不拡散担当)は7日(現地時間)に放送された米政府系放送「ボイス・オブ・アメリカ(VOA)対談番組で、金鉉宗次長の発言に関する質問に「韓国の国家安保室第2次長は『大衆に迎合する政治的で衝動的な措置』を国家安保のための賢明な決定に包み装おうとしているようだ」「韓国と日本が北朝鮮という危険な敵に直面している時、こうした(GSOMIA破棄)措置は賢明でない」「両国が協力しなければ、両国は自らの安保を損なうだけでなく、米国との同盟関係も損なうだろう」と語った。 (中略)

 米ヘリテージ財団のブルース・クリンナー上級研究員も、GSOMIA破棄決定以降、韓米が公の場で衝突していることについて、「韓国のように核心的で重要な同盟ならば、意見の衝突は水面下に(とどめ、)維持しようと努力する」「(米国が公然と批判する)今は、韓国と日本の両同盟国の行動について、米国がますますひどい挫折を感じ、憤っているということだ」と述べた。その一方で、同研究員は1年前に対北朝鮮政策をめぐって韓米で大きな意見の違いがあり、米外交官が水面下で韓国に対し「もうこれ以上、静かにしてはいられない」と警告したことがあったと明らかにした。
(引用ここまで)


 一時期に比べたら表層に出てくる部分では穏やかになったGSOMIA破棄に対するアメリカ政府からの批難ですが、水面下ではまだまだ糾弾されており、特に実務者からの印象はひどいことになっているという話。
 東洋経済の記事はかつては韓国派の一員だったものの、ここのところすっかりムン・ジェイン政権における外交のやりように匙を投げてしまっているダニエル・スナイダー教授。
 いわく、「トランプ大統領は日韓の問題に関心がない。ただ、政府高官やシンクタンクのアジア専門家からは韓国への非難、落胆は隠せない状況になっている」とのこと。

 宇宙開発のエントリでも書きましたが、韓国政府の外交も最終的にどうなりたいというグランドデザインがないのですよ。
 なんらかの形で北朝鮮との統一を行いたい。形式はどのようなものでも構わない。ムン・ジェイン政権のレガシーとして残したい……という方向性はあって、対中対米はその補助線として活用する。
 それ以外はどうでもいい、というような感じ。
 パク・クネが行ってきた外交成果(GSOMIA、慰安婦合意等)は積弊清算としてすべてご破算。

 それが通用すると考えて実行してしまった戦犯がキム・ヒョンジョン大統領府国家安保室第2次官。
 「アメリカとは話がついている」として、GSOMIA破棄を主導してしまった結果がこれですからね……。

 ただ、トランプ大統領が「我関せず」でいてもそれはそれで問題ないのですよ。
 政府高官や実務者、あるいはシンクタンクの専門家らがムン・ジェインに対する疑念を高まらせていくことが重要なのです。
 トランプ政権は早ければ来年、どんなに遅くても2024年までには終わり、ホワイトハウスから去ります。
 ですが、政権に影響を与えるそういった人々の中に、韓国への疑念は少なからず残るわけですよ。
 日韓は同じシーソーに乗ってゼロサムゲームを演じているわけではありませんが、アメリカとの関係は大きな意味があるのは間違いありません。
 韓国が自らの対外的な軍事、戦略における価値を減じていくのは日本にとって悪い話でもないのですよね。
 日本にとってはそれが軍事的な負担の増大になってくるのは間違いないところなので痛し痒しではありますが。

「韓国人観光客激減」は長い目で見れば日本の観光業のためになる、という話

「韓国人観光客激減」は長い目で見れば、日本のためになる理由(ITmediaビジネス)
 この「多様性」というものが、観光戦略において最も大切であることは、「観光大国」を見れば明らかだ。世界中から観光客が訪れるフランスやスペイン、タイなども隣国からの観光客が多いが、どこかの一国が半分を占めるなんてことはなく、幅広い国から満遍(まんべん)なく訪れている。このような観光客の多様性が、観光資源やサービスの多様性につながっているのだ。 (中略)

「韓国人観光客が来ないともうおしまいだ!」なんて騒いでいるうちは、観光大国にはなれないということだ。 (中略)

韓国人観光客への依存度が強い九州では、観光ビジネスとは日韓関係であり、すなわち政治だ。だから、九州選出の国会議員は地元対策として、政府に「韓国と仲良くすべきだ」と訴えるし、韓国の政治家も「日本旅行をボイコットせよ」なんて外交カードにする。

 本来、観光というのは民間交流であって、政治などとは切り離されるべきものであることは言うまでもないが、こんな不毛なやりとりを日本はもう何年も続けている。そして、現在のような「韓国依存」が続く限り、この「日韓関係によって乱高下する不安定な観光業」も永遠に続いていくということなのだ。
(引用ここまで)


 ITmediaビジネスの観光地記事面白いので以前から読んでいたのですが、そこに今回の「日韓葛藤」による対馬への観光客激減についての話。
 去年の訪日観光客の25%が韓国人でした。
 日韓関係悪化、ボイコットジャパン運動によって韓国人観光客の絶対数は減少すること間違いありません。
 ただ、7月は全体で見れば訪日観光客数は増えていましたし、おそらく年間を通じても去年と同じていどの数字は達成できるのではないかと思われます。
 韓国からの観光客もゼロになっているわけではないですしね。

 ただ、今回の韓国人による日本ボイコットは災い転じて福と成す可能性がある、ということですね。
 記事の中で対馬の観光事業はあまりにも韓国人観光客に依存していたので、危機に陥っている。あまりにも韓国人観光客に特化していたので、多様性が失われていた。
 そこで他国の観光客も誘致すべきだ、という主旨です。
 楽韓Webでも語っていた「ひとつのバスケットに卵を詰めこむな」という話に近しいのですが。


 同じITmediaビジネスに掲載されている熱海が復活しつつあるという記事で「99%が日本人観光客で、インバウンドは熱海の観光に貢献していない。これはまだ伸びしろがあるとも考えられる」といった記述がありました。

衰退している熱海になぜ観光客が増えているのか(ITmediaビジネス)

 そして、最初に取り上げた記事でも「九州エリアは韓国以外のアジア圏、欧米豪からの観光客が少ない。逆にいえば『伸び代』があるということだ」という話につながっています。
 現状では日韓でなにかある度に大きな波が来てしまう。それを避けるためには訪問客の多様性を持つべきだ、と。
 日韓関係云々だけではなく、現状のウォン安基調が続いても観光客は少なくなっていったでしょうね。
 どちらにせよ、リスクヘッジを施すべきなのですよ。

 そもそも観光業自体がギャンブル的な側面があるのは否めない事実で。
 たとえば火山の噴火でもあろうものなら周辺地域はそれだけで死にかけてしまう。
 それに比べたら観光客を多様化させるほうがよほど楽なんじゃないですかね? さすがに火山の噴火は止められませんが、多様化させる方法はあると思いますよ。

 とはいえ、現状で対馬・九州の観光事業は急激に縮小しているのは間違いないところなので低利での貸し出し等、なんらかの公的支援とかあってもよいとは思いますが。

街道をゆく 13 壱岐・対馬の道
司馬遼太郎
朝日新聞出版
2008/11/30