相互RSS募集中です

韓国の自殺率が極めて高い理由とは? 小負担小福祉で走り続けてきた結果……

カテゴリ:韓国社会 コメント:(62)
韓国、自殺が15年連続OECD最多だが…予防予算はわずか年218億ウォン(中央日報)
韓国の自殺率は10万人あたり24.3人で、15連続でOECD最多。リトアニアが昨年5月にOECDに加入して韓国が2位になったが、事実上1位だ。

朱昇鎔(チュ・スンヨン)議員は「政府が5年以内に自殺率を半分に減らすという目標を立てたが、日本の2.5%ほどの予算でその目標を達成できるのか分からない。自殺予防予算を増やす必要がある」と指摘した。

テーマ発表をしたキム・ドンヒョン翰林大医大予防医学教室教授は「自殺は予防可能な疾患だ。韓国は高齢者の自殺が多いことを当然と考えるが、これは社会的な災難だ。毎年自殺による社会的支出は6兆5000億ウォン(約6000億円)にのぼる。がんによる社会的費用(14兆ウォン)に続いて2番目に多い。ところが、がん予防事業に保健分野予算の1.04%が投入され、自殺予防事業には0.05%だけが投入される。自殺予防に少なくとも予算の0.5%、現在の10倍以上が投入されなければいけない」と主張した。
(引用ここまで)

 「リトアニアが加入して2位になったが事実上1位だ」という記述の意味が分かりませんが、積極的にスルーしていきますよ。
 ちなみにトップ10を書いておきますか。OECDによってピックアップされている年度が異なっているので、正確な順位ではないですけどね。おおよその傾向として見てください。
 数字は10万人あたりの自殺者数。

1.リトアニア 26.7(2016)
2.韓国    25.8(2015)
3.スロバキア 18.1(2015)
4.ラトビア  18.1(2015)
5.日本    16.6(2015)
6.ハンガリー 16.2(2016)
7.ベルギー  15.8(2015)
8.エストニア 14.1(2015)
9.アメリカ  13.8(2015)
10.ポーランド 13.5(2015)

 バルト3国にはなにがあった……。
 OECD加盟国ではない世界での統計を見るとロシアがリトアニアと同レベル、ガイアナ共和国がそれに続く……という感じか。
 旧ソ連構成国は押し並べて高いからやっぱり経済だな、どう考えても。だいたいの物事はお金の流れで判断できるものです。すべてではないにしても。
 この数字を見ても「失業率4.4%」は怪しいよな、やっぱり。

 さて、最近も何度か書いていますが、韓国は徹底した小負担小福祉なのですよ。
 ムン・ジェイン政権になってからいろいろと増やしてはいますが、それでもまだまだ低い。

 年金についてちらっとまとめておきますか。ついでですし。
 65歳以上になってもらえる基礎年金が導入されたのは2014年(その前身である老齢基礎年金は2008年)から。
 その額も10万ウォン(老齢基礎年金)、20万ウォン(基礎年金・所得下位70%が対象)。
 ムン・ジェイン政権になってから25万ウォン、30万ウォンと引き上げられてきています。さらにこれを40万ウォンまで引き上げようとしているのですが、所詮は数万円単位。
 これに国民年金に規定の20年間、フルで加入していたとしても給付額は40万ウォン。しかも、国民年金がまともに動き始めたのは1999年からなので、フルで受給できるのは今年から。
 以前調べたところでは教師、公務員、職業軍人にはそれなりの年金制度が昔からあったのですが、韓国では現状の高齢者層の大半は年金をアテにはできない状況。
 これが小負担小福祉で突っ走ってきた国家の末路か。

 韓国の社会問題は2つ。いや、正確にいうなら3つなのですが。
 自殺率の高さと少子高齢化。
 要するに経済……というよりは雇用をなんとかしないことには改善されないことなのですが。
 まあ……ムン・ジェイン政権だからね。

楽韓さん、本日の動向 - 今年も日傘を買うのだが

 日傘は毎年更新したほうが紫外線遮蔽能力的によいという話を聞いてAmazonで買おうとしたのだけども……。
 中国のバイヤーが入っちゃっているジャンルだとAmazonでの買い物はもはや難しいな。Bluetoothヘッドフォンとかその最たるもので、最初から買うものが決まっている以外の状況では厳しいわ。
 国産の日傘も探したのだけどもさすがに1.5~2万円とかは出せない。4~5000円くらいであればよかったのだけど。まあ、無理なのかな。
 月内にはなにか買おう。買ったら報告予定。

 あとAmazonブランドの医薬品PHARMA CHOICEがクーポン配布中
 個人的には葛根湯は身体に張りを感じたくらいでもがぶがぶ飲んでよいと思っているので(体調に合うのであれば)、安く買えるのはありがたいところ。

【Amazon.co.jp 限定】【第2類医薬品】 PHARMA CHOICE 葛根湯 葛根湯エキス[顆粒]S 30包
PHARMA CHOICE(ファーマチョイス)
2018/5/23

今日のKindle日替わりセールからのピックアップこちら。先日亡くなられた希代の日本人数学者の自伝。買う。
記憶の切繪図
志村五郎
筑摩書房
2008/6/25

朝日新聞「日本のブルーボトルコーヒーが観光に来た韓国人に大好評でソウルにも店舗ができた。日韓関係は悪化しても、日本人と韓国人のリアルライフは異なるのでは?」……観光旅行ごときで関係性がよくなるわけがないだろ

カテゴリ:日韓関係 コメント:(118)
ブルーボトルコーヒーに見るリアルライフの日韓関係(朝日新聞GLOBE+)
日韓関係は、歴史認識問題などで関係が悪化している。そんななかでも、日本に足を運ぶ韓国の人たちの流れは続いている。2018年に訪日した韓国人は750万人と過去最高になった。

韓国の人たちは今、日々の暮らしのなかで、日本の文化を何のてらいもなく受け入れている。


かつて韓国では、日本の大衆文化にかかわる本や映画などが禁じられていた。1990年代の後半、ようやく一部が開放され始めたころ、地下鉄の中で日本の小説を読んでいた私を、横に座っていた30代の会社員がこう非難したのを覚えている。「あなたは、どこの国の人なのか? 公共の場で日本語の本を読むとは何事か!」

それから20年以上がたった。韓国の大型書店には、外国小説のコーナーがある。そこのベストセラーのランキングの上位は、いつも日本の小説が占めている。
(引用ここまで・太字引用者)

 アメリカ以外では日本にしか店舗がないブルーボトルコーヒーに、韓国人が殺到しているというお話。
 SNSには日本旅行の話題のひとつとして取り上げられていると。
 で、あまりの反響具合にソウルにも1号店ができた、ということです。
 んで、いつものセリフが来るのですよ→太字部分

 何度でも書きますが、観光に行くことでその国への理解が深まったりすることなんてそうそうないから。
 「民間外交としての観光」とかよく書かれていますが、韓国人の日本旅行、あるいは日本人の韓国への旅行は2泊3日中心で飛行機代ホテル代込み1万9800円ていど。
 ただの観光でなにが得られるのかって話ですよ。記事中にも「Google Mapと自動翻訳があればどんな店でも見つけられます」ってありますが、そのていどの旅行です。
 それ自体が悪い話ってわけじゃないですが、観光客がいくら増えたところで日韓関係には関係がありませんね。
 「日本人と韓国人、あわせて年間1000万人が日韓間を行き来している。ここに希望がある」なんて話は、まるで「株取引をはじめたら経済のことがよく分かるようになった」くらいの浅薄さしかないですね。
 ここ3年で大阪、名古屋、広島、神戸、ソウル(釜山)、ロサンゼルスと旅行に出かけていますが、現地のことがよく分かったなんてこたありません。
 だって観光ですから。大学のフィールドワークじゃないもの。

 あと引用部分後半の「かつて韓国では日本の大衆文化は禁じられていたが、いまでは海外小説のベストセラーは日本のものだ」なんてありますが。
 ま、こちらも観光と同じ構造です。目黒川桜祭りでハットクとやらが売れていたところで日韓関係にはミリほども寄与しないのと同じ。
 そもそも大衆文化を禁じていた、ということ自体がおかしなことで。
 韓国はその反省からすべきじゃないの?

 ちなみにブルーボトルコーヒーですが、韓国人は「プレミアム」が大好きですから大流行すると思いますよ。
 ただ、個人的には清澄白河のブルーボトルコーヒーはあまり楽しめなかったなー。カップが冷たかったのにがっかりした覚えがあります。

ブルーボトルコーヒーのフィロソフィー - The Blue Bottle Craft of Coffee - (ワニプラス)
ジェームス フリーマン / ケイトリン フリーマン
ワニブックス
2017/11/1

ムン・ジェイン政権が「自分たちの意のままになるもうひとつの検察」を作ろうと必死になる理由

【寄稿】往年の韓国民主化闘士たちがつくる恐怖の公捜処(朝鮮日報)
 高位公職者犯罪捜査処(公捜処)という名前を聞くだけでもぞっとする。権威主義時代が連想されるからだ。あの時代は、恐ろしい「化け物」が多かった。合同捜査本部、革命検察部、革命裁判所、非常軍法会議、南山(中央情報部〈KCIA〉)6局、南営洞分室、ビンゴハウスなど。彼らが現れたと聞くと、山川草木がおののいた。

 いわゆる「進歩」真っ盛りの季節にいささか声の大きい人々も、当時、あの「化け物」たちにひどくやられたことがある。ところがそんな人々も、権力を握ると、ある日突然「公捜処」をつくりたいという。国家情報院(韓国の情報機関)や機務司令部(韓国軍の情報部隊)を無力化した「民主闘士」でありながら、自分たちも「何のけん制も受けない」閻魔大王省をつくりたいというのだから、世の中は本当に変わったわけではなく、巡り巡っているらしい。 (中略)

 この過激化はあらゆる群衆革命、紅衛兵革命、永久革命の宿命なのかもしれない。1789年にフランスでひとたび群衆革命の火ぶたが切られるや、事態は日増しに過激になり、ジャコバン派の独裁へと向かった。ロシア革命のときも、ケレンスキーによる自由主義の期間はボルシェビキ革命の独裁で急転直下、飲み込まれてしまった。「アラブの春」でも、エジプトのムバラク政権が倒れるや、事態は急速にイスラム原理主義の手中へと落ちた。

 韓国でも、民主化が群集の直接行動と「広場権力」で実現したことで、「ろうそく」が偶像と化した。「ろうそく」初期に押し流されていた市民が引き揚げたところへ、韓国版ジャコバン派が入ってきたのではないだろうか。そして公捜処は、彼らの過激な考えを執行する「ジャコバン派の公安委員会」に相当するものではないだろうか。蔚山地裁の金泰圭(キム・テギュ)部長判事はこうただした。「警察、検事、判事が公捜処に膝を屈したら、けん制はおろか、一目にらむということもできるだろうか」。司法が「運動」の侍女となったら、それも恣意(しい)的支配だ。また別の権威主義が、また別の民主化運動を呼ぶ時代だ。
(引用ここまで)

 高位公職者犯罪捜査処かぁ……。
 当初、この組織の設立が企図されたのは20年ほど前。金泳三政権の頃。
 皇帝的ともされる韓国の大統領権限に対して対抗するための組織を立ち上げようとしていたものです。
 全斗煥や盧泰愚について捜査するために強大な組織が必要とされたのでしょう。
 実際には設立されずに、以降の政権でも同じような組織が設立されるような話はちらほらと出ていたのですが、それぞれで立ち消えになっていたというのが実情。

 その高位公職者犯罪捜査処がムン・ジェイン政権では本格的に設立されそうだ、という話ですね。
 ちょっと調べたのですが大統領に当選した2017年あたりから設立の意思を強力に推し進めてきたようです。
 独自の捜査権、独自の逮捕権、独自の公判維持権を持たせる。
 さらに検察や警察と捜査分野がかぶった場合には高位公職者犯罪捜査処がすべてにおいて優先される、という怖ろしいもの。
 2017年の9月(大統領当選からわずか4ヶ月後)には以下のような記事が出ています。

「高位公職者犯罪捜査処」設置へ 捜査員最大122人=韓国(聯合ニュース)
 捜査対象は大統領、首相、国会議員、大法院長(最高裁長官)、憲法裁判所長、最高裁判事、憲法裁判官、広域自治体の首長など。

 政務職の公務員や高位公務員、判事・検事と高位の警察官、将軍級将校も捜査対象となった。現職ではなくても退任後3年未満の元高位公職者は捜査を受ける。高位公職者の配偶者や直系尊属・卑属、兄弟姉妹も含まれる。 

 捜査対象の犯罪も幅広く規定された。贈収賄、あっせん収財、政治資金の不正授受のほかにも、恐喝、強要、職権乱用、職務放棄、選挙関与、情報機関による政治への関与、秘密の漏えいなど高位公職者と関わる業務全般と関連した犯罪が対象となった。
(引用ここまで)

 パク・クネ政権にいた官僚や関係者を狙い撃ちにしようというのでしょう。
 この記事が出た2017年の時点では「3年未満の元高位公職者は捜査を受ける」という話でしたが、現状では5年に変更されているんじゃないでしょうかね。
 セウォル号事故調査委に捜査権と起訴権を持たせようとしていた夢がついに叶うってところですか。

 え、こんなものを作ってしまったら、政権が逆転されたら自分たちを苦しめることになるんじゃないかって?
 そうさせないための保守根切り政策ですよ。
 なんだかんだでムン・ジェインから最低でも3期くらいは共に民主党からの政権が続くでしょうね。
 なにしろ保守側に人材がいないのは間違いないので。
 この組織もそのために大いに働くことでしょう。
 最近出てきたパク・クネ政権の醜聞も設立に役立ちそうですね。曰く「就任演説からチェ・スンシルが介入していた」とのことですから。

 以前、楽韓Webで「かつて国家保安法にあれだけ苦しめられていた進歩系の政治家が、攻守が変わったら風刺ポスターを描いただけの大学生を国家保安法で取り調べするとかどうなってんの」という話を書いています。
 根本的に勘違いしてました。
 彼らは自分たちがやられていやだったことを、数倍の規模にしてやり返そうとしているのですよ。
 要するにこの組織の設立というのは「自分たちの意のままに動き、かつすべての権力を集約したもうひとつの検察」を作ろうとしているということに他ならないわけですから。
 ムン・ジェインの念願といっても過言ではないでしょうね。

韓国の「失業率 4.4%」は果たして正しい数字なのだろうか? 低く抑えられている理由を見てみると……

特別な理由がない無職197万人、就職をあきらめる韓国の若者たち(朝鮮日報)
借金返済できない自営業者が増えた=韓国(中央日報)
 就職も就職活動もしない人を指す非経済活動人口は4月現在で1616万人で、前年同期を0.4%上回った。うち育児や家事、就職準備、在学・受講、高齢などの特別な理由がないまま、無職でいる人は197万1000人で、22万2000人(12.7%)も増えた。関連統計を取り始めた2003年以降で4月としては最多だ。うち20代が最も増えており、前年同月(26万8000人)に比べ4万8000人(18%)も増えた。一方、育児・家事を理由とする非経済活動人口は698万4000人で、前年同月を9万9000人下回り、在学・受講、高齢を理由とする人もそれぞれ15万1000人、9000人減少した。

 問題は特別な理由もなく無職でいる非経済活動人口の増加が一時的なものではなく、傾向となりつつある点だ。こうした人は17年5月から24カ月連続で前年同月を上回った。年別に見ると、16年の162万8000人から17年に173万6000人、18年には185万5000人に増え、今年に入って以降は4月まで平均207万人で初めて200万人の大台を超えた。

 働く意思はあるが就職市場の状況が厳しく、就職活動を断念した求職断念者は4月時点で48万7000人で、前年同月に比べ2万9000人(6.3%)増えた。これも現在の基準で統計を取り始めた14年以降で4月としては最多だ。求職断念者は16年の44万8000人から17年に48万1000人、18年には52万4000人に増え、今年は平均55万3000人だ。1月には初めて60万人を超えた。
(引用ここまで)
15日、金融委員会は「家計・個人史業者の融資健全性点検会議」を開いて自営業者の融資延滞率を点検した。金融委によると、1-3月期末金融圏における個人事業者の融資規模は405兆8000億ウォン(約37兆2800億円)となった。1年前より11%増加した。

個人事業者融資の平均延滞率は0.75%で昨年末(0.63%)より0.12%ポイント上がった。1-3月期末延滞率では貯蓄銀行事態(2011年)の影響が残っていた2015年1-3月期(1.09%)以降4年ぶりに最も高い水準だ。

自営業者の延滞率は保険を除いた全金融業圏で上がった。特に、唯一地方にある金融会社の延滞率が著しく上昇した。

貯蓄銀行の中でも首都圏は小幅上昇にとどまったが(3.7→3.85%)、地方は延滞率が高騰した(6.12→7.75%)。自営業者の融資延滞率は景気に敏感だ。地方であるほど延滞率上昇の勢いが著しいというのはその分地方に地域景気が厳しいところが多いという意味だ。

製造業、不動産・賃貸業、卸小売、飲食・宿泊、保健・社会福祉など全業種で延滞率が上がった。特に、飲食・宿泊業は平均延滞率が1%を上回り、最も延滞に脆弱な業種になった。
(引用ここまで)

 「マクロ的に見れば韓国経済は堅調」という大統領発言の後、ミクロ的にダメな指標が山ほど出てくるという面白さ。
 というか、「マクロ的な指標」の最大のものが経済成長率なのだから、そもそもの「巨視的に見れば~」という発言自体が間違っているのでは?
 あ、そのあたりは言及してはいけない部分か。

 求職断念者、就業意欲喪失者が多くいればいるほど、見た目の失業率は低くなるのです。
 失業率はあくまでも「求職しているが、職にありつけていない人」の割合であって、完全失業者は失業率に組み入れられないためですね。
 韓国の最新の失業率は4.4%。
 数字だけを見るとそこそこ低く抑えられているように見えるのですが、そこにはからくりがあるのですよ。

 ひとつは自営業者率の高さ。
 全就業者の25%前後が自営業とされています。おおよそOECD平均の倍。
 この自営業の主体は多くがリタイヤした40~50代の男性。
 その家族が従業者として働いている場合は、就業者としてカウントされるのですね。
 たとえ無給であろうとも。
 ふたつ目の記事にあるように借金すら返せない自営業者が家族に賃金を支払っているのか……ということですが。
 まあ、無理でしょうよ。

 同様にここ何ヶ月か農業関連への就業が異様に大きな数字になっています。政府の就労助成金が入っているようです。
 で、もちろんこの「農業へ就職」した人が家族を連れていって農作業に従事させた場合、家族に対して無給であっても失業者には組み入れられないのです。
 という感じで「実際には就労状況にないけども失業率にはカウントされない」という人が多いのですね。

 さらにそこにひとつ目の記事の求職断念者が覆い被さってくる。それも200万人クラスで。
 かねてから言われているように、韓国の場合は拡張失業率を実際の失業率として採用する必要があるのかもしれませんね。
 拡張失業率は週18時間に満たない短期バイトなんかも失業者として加える概念です。
 第1四半期の拡張失業率は13.0%。
 15-29歳の青年層拡張失業率は24.2%。

 この数字ならまあ……実際の感覚に近いんじゃないかな、と思われます。
 まあ、韓国の場合はそもそも「失業率」がILO準拠のアンケート方式ではないので、参考値にすぎないのですけどね。