相互RSS募集中です

韓国人が「ハリス米国大使は日系人だ!」と差別心丸出しの糾弾を開始。この事態が日本に有利になる理由とは……

CNN「ハリス大使を日系と批判するのは人種差別」(中央日報)
韓国で米大使の口ひげに激しい批判 背景に人種差別・歴史・政治(CNN)
ハリス氏は日本人の母親と海軍士官だった米国人の父親の間に生まれた。ネットユーザーの中には、口ひげと合わせハリス氏の出自に言及する人もいる。

ただ、ハリス氏は日本人ではなく米国人だ。日系であることを理由に非難すれば、米国ではほぼ確実に人種差別主義者とみなされるだろう。

中央情報局(CIA)の各国データ集によると、韓国は米国のような人種の多様性がない均質な社会だ。異なる人種から成る家庭はまれで、外国人嫌いの感情は驚くほど普通に残っている。

ハリス氏は記者団に「両国の間に歴史的な敵対感情が存在することは理解しているが、私は駐韓日系米国人大使ではなく、駐韓米国大使だ」と説明。「偶然日本人の母親に生まれたからといって、そうした歴史を持ち出して私に重ねるのは誤りだと思う」と指摘した。
(引用ここまで)


 アメリカは対韓国外交で強硬な姿勢を見せています。その最たるものが「韓国が北朝鮮と経済協力をするのであれば、逐一ワーキンググループと協議すべき」というもの
 韓国からは「内政干渉だ」というような声すら挙がっています。
 この発言をしたハリス大使に攻撃の矛先が向きつつあるのですね。
 以前にアンチハリスデモが行われていましたが、それをブーストしたかのような感じです。
 そして、ハリス大使の「日系人である」という部分がやり玉に上がるようになってきています。
 CNNがそういった韓国の扱いを報じる記事を書くほどになっているのですよ。

 ハリス大使には悪いですが、韓国の実状というものを見せる最善のパターンとなっています。
 今回の騒動で韓国人が「日本人」、「日本に関わりのあるもの」、あるいは「日本に関わりのある人物」、そして「日本そのもの」にヘイトの炎を燃やしているのだということが、アメリカ人にも如実にわかります。
 旭日旗へのヘイトと同じ、ということを言えるようになるわけです。
 彼らはハリス大使が日系人であるので、ここまで憎んでいるのだと。同じように旭日旗が日本のものなので憎んでいる。
 彼らの中では日本人は差別すべきものとなっていて、その血を引くハリス大使も同様の扱いを受けているのだ、という構図が描けつつあります。
 なにしろ「全権大使」に対して攻撃しているのですからね。
 韓国の国会議員からは「大使という身分をわきまえろ」とかいう話も出ているのですが、それがアメリカそのものへの発言であるということすら理解できていないようですわ。

 VANKによる東京オリンピック防護服ポスターも同様です。
 韓国人はオリンピックという「平和の祭典」を利用してまで、こうして日本へのヘイトをまき散らしているのだと。
 類例を積み上げることができている、という点を評価したいですね。

 それでもまだ韓国を擁護する人がいるのであれば、それは韓国人がやっているように日本人を憎悪しているからだということが言える。
 日本にとって悪くない状況となっていますね。
 ハリス大使については……身辺警護をしっかりとやってほしいと思います。リッパート前大使のようにならないように。

韓国で「反日教育がひどすぎる」と告発した高校生、学校から懲戒処分を受ける。裁判所が執行停止申請を受理するものの……

偏向教育を暴露した生徒に高校が懲戒処分、ソウル行政裁が「待った」(朝鮮日報)
 ソウル行政裁判所行政第2部(イ・ジョンミン裁判長)は、仁憲高校3年チェ・インホ君(18)が「学校側が下した書面での謝罪と社会奉仕活動、特別教育履修などの懲戒処分の効力を停止してほしい」として提出した執行停止申請を受理したと17日、明らかにした。これにより、裁判所が今後、該当の懲戒処分そのものが正当なのかどうかを問う本案訴訟の結論を出すまで、仁憲高校がチェ・インホ君に下した懲戒処分は効力を失う。

 同裁判所はこの日、「各処分によって申請人に回復しがたい損害が発生する恐れがある。その損害を事前に防止するため、緊急の必要があると認められる」「執行停止により、公共福利に重大な影響を与える恐れがあると認める資料もない」と判断理由を説明した。 (中略)

 仁憲高校は先月16日、チェ・インホ君に対する学校暴力対策自治委員会を開き、15時間の社会奉仕措置を下した。また、チェ・インホ君と保護者に対して5時間ずつ「学校暴力相談センター特別教育」を受けるように指示した。チェ・インホ君が政治偏向教育の証拠として挙げた情報提供動画にほかの生徒たちの姿が写っており、これらの生徒たちの名誉を毀損(きそん)したというのが理由だった。学校側は被害生徒に対する書面での謝罪も命じたが、それらの生徒たちの顔はモザイク処理されていた。チェ・インホ君は「顔を認識できないのになぜ名誉毀損なのか」と反発している。
(引用ここまで)

 件の仁憲高校でなにが行われていたか、文藝春秋で暴露されていましたね。
 去年の12月に発売された文藝春秋1月号に掲載されていた記事です。

「日本は敵、北朝鮮は友!」 韓国“反日教育”の実態を現役高校生が暴露!(文春オンライン)

 記事に出てくるチェくんは3回ほど日本旅行の経験あり。
 もうひとりのキムくんのほうはジャンプ系アニメが好きで少し日本語が話せるとのこと。
 で、なにをされたかをざっくり書くと──

・「安倍自民を糾弾する!」とマラソン大会のポスターに書くように言われた。
・「反日スローガンを貼って走らなければゴールとは認めない」と言われた。
・授業中に「ちゃんと不買運動やっているか?」と問われる。
・歴史の教師からは「日本は昔の軍国主義が頭を離れず、慧海を征服したがっている」と言っていた。
・授業中に教師が「チェ・グク関連のニュースはすべてフェイクニュースだ」とうそぶく。


 リンク先の記事はダイジェスト版です。
 文藝春秋に掲載されている記事全体を見ると「ああ、反日教育が蔓延しているのだなぁ」と理解できます。
 「大学に行けるかどうかが死活問題」となる高校生に対して、生活記録簿(内申書に相当)を盾にとって反日行為を強要している。
 ちなみに告発したふたりは生活記録簿の作成は終了しているのでこうして告発ができた、とのこと。

 シンシアリーのブログによると裁判所に訴え出た懲戒だけでなく、退学のピンチでもあるという話。
 保守である自由韓国党の国会議員が「仁憲高校は彼を退学処分にしようとしている」と訴え、それに対して全教組(韓国の日教組にあたる組織。非合法労組)は「国会議員が学校の処分に介入するな」と声明を発表。
 この仁憲高校の反日教育を主導しているのがどこなのか分かってしまうという結果に。

 さすがに高校の処分は行きすぎだということでとりあえず執行停止とはなったものの、本当に最後まで執行が停止されるかどうかはまだ不明。
 でもまあ、執行されなくとも在校生には充分なアナウンス効果があったでしょうね。学校の反日教育の方針に従わなければこうなるのだ、ということで。
 こんな教育を受けてきた人間が「NOジャパンではない。反日行為ではない」とか言いながら日本製品不買運動をやっている、ということですねー。

文藝春秋2020年1月号[雑誌]
藤原正彦 / 塩野七生 / 池上彰
文藝春秋
2019/12/10

楽韓さん、本日の動向 - 東池袋のエーラージに食べ納めに

 東池袋のエーラージが20日までで休業に入る(店主のラジさんがインドに里帰り)するとのことで、とりあえず食べ納めに。

35A13AA6-B9CE-4BEA-BF47-C61D81AB519C.jpeg

 ノンベジミールス。プーリーをチャパティに変更。ラッサムを追加。1350円+100円+200円。
 本人は「1ヶ月ほどで帰ってくるよ~」と言ってますが、まあ寒い時期は戻ってこないのではないかと予想。インド料理2020 006。

 Kindleの社会・政治関連本フェアからまた紹介。
 日本人が知らない 最先端の「世界史」。世界史というか、戦前からこっちの歴史にはコミンテルンによる謀略が影にあったという話。
 ヴェノナに言及があるのでそちらも読んだほうがよろしいかと。

最先端の「世界史」2もありますが、そちらは未読。
日本人が知らない 最先端の「世界史」
福井義高
祥伝社
2016/6/30


 あとは映画のカイジファイナルゲーム公開記念ということでカイジシリーズが全巻セールに。
 ネットジャーゴンの語源ともなっているので読んでおいてもよいと思います。

賭博黙示録 カイジ 1
福本 伸行
フクモトプロ/highstone, Inc.
2013/7/25

 あとなぜかイザベラ・バードの日本奥地紀行が安くなっているのでチェック。

日本奥地紀行 (平凡社ライブラリー329)
イザベラ・バード
平凡社
2016/11/17

今日のKindle日替わりセールからのピックアップこちら。
ライザップ糖質量ハンドブック
RIZAP株式会社
日本文芸社
2017/6/10

韓国人「日本のオリンピックミュージアムに金メダルをとった韓国人マラソン選手が日本人として無断で掲載されている!」……だって知らせたら全力で嫌がらせしてくるでしょ、キミらは

日本オリンピックミュージアム、孫基禎氏を日本の金メダリストとして展示(ハンギョレ)
 故孫基禎(ソン・キジョン)氏(1912~2002)が、日本オリンピックミュージアムに歴代の金メダルリストとして展示されていることが確認された。

 孫基禎氏は1936年のベルリン五輪当時、日本国籍・日本の名前(ソン・キテイ)で出場した。日本のスポーツ史の一部分と捉えられ得る。だが「日章旗抹消事件」の象徴的存在であり、優勝後に「悲しい!」と友人に葉書を送った孫氏の行動から見れば、明暗が感じられる。韓国の孫基禎記念財団側は「あらかじめ展示について協議くらいあればよかったのに…」と、残念さをにじませた。 (中略)

 実際、孫基禎氏に対する国際オリンピック委員会(IOC)の公式記録では日本国籍になっている。大韓体育会は「孫基禎先生の国籍を韓国に変えるために、以前からねばり強く国際オリンピック委員会と接触してきた。しかし、国際オリンピック委員会は『歴史的な出来事』は変えることができないという立場を伝えてきた。昨年、これ以上話題にしないでほしいと最終通告までされた」と明らかにした。

 韓国のスポーツ史学界でも、国籍変更などの問題は容易ではないという意見だ。韓国体育大学のチョ・ジュンホ教授(スポーツ史)は、「韓国と日本は互いに見解が異なる。日本では日本の歴史として考えており、韓国は韓国の歴史として解釈している。ただし、国際オリンピック委員会や日本側でも孫基禎先生が日本人ではなく韓国人だという事実を伝えるために努力しているようだ」と語った。

 孫基禎記念財団のイ・ジュンスン事務総長は、「日本オリンピックミュージアムの展示については全く聞いていない。事前に知らせてくれて協議くらいできればよかったのにと思う。それが孫基禎さんに対する礼儀だと思う」と語った。孫基禎氏の孫でもあるイ・ジュンスン事務総長は、「国籍問題はどうしようもないとしても、誠意は見せるべきだ。祖父が亡くなった時、日本オリンピック委員会から弔問すら来なかった。日本側が孫基禎さんを記憶して評価するのなら、普段から最小限の関心を示すべきだ」と付け加えた。
(引用ここまで)


 日本のオリンピックミュージアムにソン・キテイが日本人の金メダル獲得者として記されている、ということが記事になる異常さよ。
 オリンピックシンボル(五輪)を勝手に使ったVANKの暴挙と違ってIOCのお墨付き。
 なんの問題もない。
 というか、この場合はソン・キテイをリストに載せないことこそが「歴史修正主義」になるでしょうよ。

 事前に連絡してくれれば協議もできた……とか言われると「それも正論かな」とか思えますけどね。
 知らせたが最後、とことんまで嫌がらせをされるに決まってます。
 ソン・キテイではなく韓国名にしろとかなんとか。名前の横に韓国国旗を書けとか。
 なにしろ韓国の国会議員がベルリンの競技場に忍び込んで、国名を書き換えて器物破損で捜査されるなんて騒ぎを起こしたほどですからね。
 しかもそれを武勇伝のように語っているっていう。
 現在、ベルリンの競技場の近くにソン・キテイの銅像が飾られているのですが、その銅像の胸には日章旗ではなく韓国国旗が彫られているっていう。
 ちなみにこの銅像を韓国側はベルリンの競技場敷地内の目立つところに設置しようとしたのですが、ドイツ側に断られて誰も来ないような片隅を提供されそうになってドイツの韓国大使館に保管されていたというオチがついてます。

 こういう部分で韓国併合は合法ではなかった。ソン・キテイは日本人ではなく当時も韓国人だ、というような話につながっているのですね。
 1919年建国説にこだわっているムン・ジェインあたりが出張ってきそうな話ではあります。

 しかし、「世界に稀に見るほどの残酷な植民地支配」なのに、その植民地から大学に入学できて、トレーニング環境を揃え、育成してもらえて、さらにはオリンピックに出場できるっていう。
 とんでもない残酷さですね(笑)。
 ソフトクッションを使い、ロッキングチェアに座らせて、ティータイムは午後3時という悪魔的拷問に近いものがありますわ。

韓国政府・与党がハリス駐韓米国大使を袋だたき……「内政干渉だ」「南北関係進展が制裁対象になるとはなにごとだ」「朝鮮総督のつもりか」……米韓関係は新年から全開です

青瓦台・統一部・与党が駐韓米国大使たたき…「内政干渉」「朝鮮総督」(中央日報)
制裁違反話し合う韓米作業部会に韓国高官「それを作ったことが最大の敗着」(朝鮮日報)
与党・共に民主党の宋永吉(ソン・ヨンギル)議員はこの日朝のラジオ番組のインタビューでハリス大使を「朝鮮総督」に例えた。「意見の表明はよいが、我々が大使の言葉に従うのなら大使は朝鮮総督なのか」と述べながらだ。宋議員は「大使としての位置にふさわしくない過激な発言」とし「大使の職分に合わせて言葉に慎重になるべきではと思う」と話した。ソル・フン最高委員も拡大幹部会議で「ハリス大使がわが政府の南北関係進展構想に制裁の基準を突きつけたことに深い遺憾の意を表す」とし「内政干渉のような発言は同盟関係にもプラスにならない」と指摘した。

統一部のイ・サンミン報道官は午前の記者会見で「対北政策は大韓民国の主権に該当するという点をもう一度強調しておく」とし「個別観光は対北制裁に抵触しないだけに、南北協力と民間交流拡大レベルでさまざまな案を検討している」と述べた。

終止符は青瓦台が打った。青瓦台関係者はこの日午後、「ハリス大使の発言に対する青瓦台の立場は何か」という質問に対し、「大使が駐在国の大統領の発言に対してメディアに公開的に言及したのは非常に不適切だ」とし「南北協力に関する部分はわが政府が決める事案」と答えた。この関係者は「米国とは常に緊密に協調、協議している」とし「政府は南北関係の実質的な進展と速やかな米朝対話のために持続的に努力していく」と述べた。
(引用ここまで)

 南北協力事業をめぐる韓米政府の確執の中心には、2018年11月に発足した「韓米ワーキング・グループ」があると17日、伝えられた。青瓦台や統一部などはワーキング・グループ会議を開かず、文在寅(ムン・ジェイン)大統領が新年の辞で言及した南北協力事業を推進したがっているが、米政府はワーキング・グループを通じて米国と協議しなければならないと明言しているものだ。ハリー・ハリス駐韓米国大使が前日、個別の観光推進などについて「制裁を触発する誤解を避けるため、ワーキング・グループを通した方がいい」と発言したのは、その延長線上にある。 (中略)

 それにもかかわらず、韓米ワーキング・グループで南北協力事業の制裁違反有無を議論することについて、青瓦台などの反感はより強まっていったという。文正仁(ムン・ジョンイン)大統領統一・外交・安保特別補佐官は昨年9月、「北が私たちを信じていなから、まったく会話にならない状況だ。昨年作った韓米ワーキング・グループは南北が推進することを米国に告げ口し、事実上米国で承認を受けることなので、北朝鮮は理解できない」と語った。韓国政府当局者も先日、私的な場で、「ワーキング・グループがあるから何もできない」と言った。「青瓦台が考える最大の敗着はワーキング・グループを作ったことだ」という声さえ上がっている。

 しかし、韓国政府が一方的に突っ走ることを懸念している米国は「スピードの出し過ぎを食い止める装置」にあたるワーキング・グループの存続を強く要求しているとのことだ。
(引用ここまで)


 14日にあったムン・ジェインの記者会見で「南北関係は我々の問題だ」「経済協力をやっていく」と発言がありました。
 具体的には開城工業団地の再開、金剛山への個人による観光といったものが挙げられています。
 で、それに対して16日ハリス駐韓アメリカ大使が「南北経済協力をするのであれば、米韓のワーキンググループを通じて制裁違反になるかどうかを協議すべきだ」と発言。

 このワーキンググループは2018年の11月にアメリカからの要請で発足したものです。
 当初から「米韓のお互いが(対外的に)異なることを言わないようにするための機関」と定義されていたものでして。
 ポンペオ国務長官は「韓国の暴走を防ぐために作った」とまでは言わないものの、それを強く匂わせる言いかたをしていました。
 ワーキンググループ設立の「真の意味」を隠そうともしていませんでしたね。
 もうこの頃からすでに韓国の単独行動を監視する必要があると認識されていたということです。

 で、今回のハリス大使の言葉に対して与党の共に民主党、統一部、大統領府がそれぞれ不満を述べていると。
 与党の共に民主党所属の議員からは「ハリス大使の発言は内政干渉」「まるで朝鮮総督」といった発言が続いています。
 特に大統領府からは「ハリス大使の発言は不適切」「南北関係は我々の問題」と発言があり、反発の大きさが伺えますね。

 韓国としては引きこもり国家に戻ってしまった北朝鮮をなんとかして振り向かせたい。そのためには貢ぎ物が必要だということがよく分かっているのでしょう。
 それに対してアメリカとしては明白に効いている制裁を継続したい。
 特に同盟国である韓国に制裁破りをさせるわけにはいかないということで、ワーキンググループを活用したいと宣言している。

 韓国は「北朝鮮への個人観光であれば制裁に引っかからない」としていますが、それは安保理制裁決議に違反しないというだけ。
 ワームビア法でさらに柔軟に制裁をできるようになっているアメリカにとってはそうかもしれないし、そうでないかもしれない。
 こういった「伝家の宝刀」は抜くかも知れないし抜かないかも知れないという状況が一番怖い。
 こうなったら抜く、というのが分かればそこを避ける努力をされてしまいますからね。

 最近になってからよく楽韓さんは「ムン・ジェインは愚かだ」という話をしていますが、実は愚か者の突破力というのは侮れないのです。
 明らかに地雷が見えているのに、まっすぐに突っ走る可能性がありますからね……。
 アメリカとしてはそういった事態を避けるためにこそワーキンググループを作ったのだから、せいぜい活用させてもらおうというのが本音。

 ハリス大使の言葉が強くなっていっているのも当然で。
 それだけのことを韓国がやろうとしているということです。
 韓国人によるハリス大使個人への攻撃についてはまたもうひとつエントリを書くと思うので、そちらで。