相互RSS募集中です

韓国左派メディア「前検察総長の義母が土地投機をやっていたぞ!!!」とソウル市長選挙の投票日の前々日に暴露……まったく影響なしと思われる理由とは?

ユン前検察総長の義母、マンション事業の過程で「農地法違反」にあたる投機の疑い(ハンギョレ)
 ユン・ソクヨル前検察総長の義母C氏(75)とC氏の子らが、京畿道楊平郡(ヤンピョングン)でマンション建設事業を行う過程で、C氏が周辺一帯の農地数百坪を買い入れた事実が確認された。農業を営む農民だけが農地を買えるように定めた農地法に違反した典型的な投機手法という指摘が出ている。特にC氏は、この過程で公示地価が少なくとも2倍以上上がった土地を、買入価格のまま子らが株主となっていた家族会社に売却し、違法贈与の議論も提起されている。

 本紙の取材の結果、C氏は自身が代表である不動産開発会社ESI&Dを通じて、2006年12月6日に京畿道楊平郡楊平邑の林野1万6550平方メートルを購入し、同月、自分の名義で公興里(コンフンリ)259番地などの一帯の農地5筆(2965平方メートル、約900坪)も買い入れた。ESI&Dは、C氏とC氏の子らが株式を100%所有している家族会社だ。営農法人でない不動産開発会社は法律上農地を買うことができないため、比較的緩やかに管理されてきた個人名義での農地取得を選んだという疑惑が起きている。

 専門家らは、C氏が会社設立の翌日から1カ月間、林野数千坪と農地を相次いで購入したことについて、典型的な投機手法だと指摘している。
(引用ここまで・太字引用者)


 ……ハンギョレが必死すぎる件について。
   ユン・ソンニョル(ソクヨル)前検察総長の義母が農地として購入した土地を用途変更し、都市開発が決定してからマンションを造成して100億ウォンも儲けたのだ。土地投機の典型的手法だとしています。
 記事を読むかぎりでは、ユン氏がそれに関わっているかのような話に見えますね。
 そもそもの土地取引自体の真偽は不明ですが左派メディアであるハンギョレが報じ、オーマイニュースなども乗ってきています。京郷新聞は無視している感じですね。

 えっとですね。
 記事にもあるように、その「義母」が土地を購入したのは2006年。
 ユン氏が結婚したのは2012年のことです。
 はい、解散。

 すっかり不動産の不正取得がソウル・釜山の同時市長選挙の争点となってしまっています。キム・サンジョ政策室長が「家賃(チョンセ)上昇率は5%以下にする」という法律施行前に、自分が持つ江南の投資用マンションで14.1%という引き上げをしたことで更迭されたこと、あるいは与党側ソウル市長候補の夫が東京にマンションを持っていることで糾弾され、言い訳を小出しにして支持率を下げていったなんてところ見ても最大の争点はそこ。
 地方自治体の選挙に関係なくないか、とは思うものの。
 韓国人にとって「政治」でもっとも大きいのは不動産がどのように扱われるかですからしかたない。

 というかですね。「取材の結果」ってなってますが。
 検察総長は高位公職者の一員なので、世帯単位での財産内容公開が義務づけられています。
 なので、このことも公知であったはずです。
 だけども、ハンギョレは公開をここまで引っ張ってきた。
 明後日のソウル・釜山同時市長選挙にぶつけてきたのでしょう。
 そして「ほら見ろ、保守派だってこうやってるんだ!」と糾弾し、与党側を有利にしたいという目論見だったのでしょうけども。
 まぁ……弾がしょぼすぎるなぁ。


 ムン・ジェイン政権に向かって4年間、ふつふつとたまってきた鬱憤が噴出しようとしているのですから。
 こんな弾ではどうにもならないと思います。
 投票日に即日開票され、おそらくはムン・ジェイン大統領のレイムダック化が進む結果となることでしょう。


韓国政府「クアッドへの参加要請などされていない」→嘘でした

米国、韓国に「クアッド」参加を要請していた(朝鮮日報)
北朝鮮や中国に対する文在寅(ムン・ジェイン)政権とバイデン政権の同床異夢が韓米日三カ国安保室長会議、さらには韓中外相会談を通じて表面化している。韓国外交部(省に相当、以下同じ)の鄭義溶(チョン・ウィヨン)長官は2日、中国外交部の王毅部長と会談するため中国に向かったが、出国の際「韓半島平和プロセスを進展させるためには中国との協力が非常に重要だ」と述べた。それからわずか数時間前にバイデン政権のある高官は中国をけん制する米国、日本、オーストラリア、インドの4カ国連合体「クアッド」に「韓国の参加をいつでも歓迎するだろう」とコメントした。文在寅政権は南北対話の再開に死活をかけ、米中間で綱渡りを続けているが、バイデン政権は北朝鮮の非核化と中国けん制に焦点を合わせ、これに韓国も参加するよう圧力を加えているのだ。

 バイデン政権のある幹部は1日(現地時間)、電話でのブリーフィングで「(クアッドについて)韓国の友人たちと非常に緊密に協議を行ってきた。われわれが(クアッドで)始めた(新興)技術の実務グループなど、いくつかのイニシアチブに非公式で参加する機会があるかもしれないことをはっきり伝えた」と述べた。これまで文在寅政権は「米国からの参加要請はなかった」としてクアッドへの参加については明言を避けてきた。このような中で米国の方が「参加を要請した」としてすでに協議が行われている事実を公表したのだ。

 この幹部はさらに「韓国の友人たちとの一層緊密な協議や参加はいつでも歓迎するだろう」との考えも示した。3日に中国で開催される韓中外相会談を前に、韓国に対してクアッドへの参加を要請したことをメディアの前で明言したのだ。米国が進める「民主主義国家連合」から韓国を引き剥がそうとする中国にけん制球を投じたとも考えることができる。

この日のブリーフィングは、2日(現地時間)に米メリーランド州アナポリスの米海軍士官学校で開催される韓米日三カ国安保室長会議の前日に行われた。韓国のクアッド参加に関する質問が出ると、この幹部はまず「クアッドは非公式のグループであり開かれた構造であるため、自由で開かれたインド・太平洋を維持し、その支持に関心のある同じような考え方を持つ国を集めようとするものだ」と説明した。韓国に対して「非公式の形で参加が可能」と述べた発言については、「クアッドそのものが条約のような法的拘束力のない状態で形成された非公式のグループであるため、韓国の参加には何の制約もない」という意味に解釈されている。
(引用ここまで)


 これまで何度か、韓国政府はクアッドに対して「よくないアイディアだ」とか「そもそも参加を呼びかけられていない」という話をしています。
 それに対してアメリカは識者から「同盟国が中立を叫び、安保構想に参加しないとはどういうことだ」という話が述べられていますし、スティーブン・ビーガン国務副長官(当時)からは「クアッドを発展させ、NATOのような同盟機構にしたい」という話があり、さらに「そこに韓国、ベトナムなどが加わるだろう」と述べたことがありました。

 アメリカの認識としては同盟国ではないインドがクアッドに加わっているほどなのですから、同盟国である韓国が入らないなんてことはありえないわけです。
 まあ、当然のように「加入しろ」という話はしますわな。
 でも、「中国は天子の国、天朝」などと韓流のパンフレットに書いてしまう韓国としては、とてもじゃないけども中国が怖くてそんな話には乗れないという意向。

 クアッドはかなり緩い話しかしていません。
 日米豪は対中包囲網として協調していますが、中国と大きく国境を接しているインドにとっては負担が大きいのは間違いない。
 ですが、インドが参加することで「同盟国外でも利害の一致があればクアッドに入ることはできる」という認識を持たせたいがために緩めのものとなっているのですね。
 おそらく将来的にはASEANからベトナム、タイ、シンガポールあたりはなんらかのクアッドになんらかの協力をするようになることでしょう。
 イギリス、フランスは枠外から協力という形になるのかな。

 実際、3月にアメリカの呼びかけで行われた日米豪印の首脳によるテレビ会談でも中国について言及しているのは海警法についてくらいのもので、「自由で開かれたインド太平洋」への言及があるていど。
 インドへの配慮でそのようになっているのは想像に難くないところ。
 インド側はこの4カ国テレビ首脳会談についても積極的ではなかったと伝えられていますしね。

 このていどのゆる〜い集いにすら韓国は参加しない、と頑な。
 もうすでに三不を中国に誓った時点で主権を譲り渡したと見られても、まあ不思議じゃない。
 ただ、アメリカとしても「自由主義国家から、中国への脱落」を認めるわけにもいかない。しかも同盟国ですからね。
 そういう意味では扱いが難しいところに差し掛かってはいるのです。
 「対中外交には加わらせずに、日米韓の枠組みを対北朝鮮(朝鮮半島事態)にだけ縮小する」というあたりが現実的なやりようかな……とは思うのですが。
 今月中に発表されるともされているバイデン政権の対北朝鮮方策がどのようになっているか、ですかね。
 引用外では「終戦宣言などするつもりはない」「北朝鮮の非核化が優先事項」と言及されていますが。

挺対協のユン・ミヒャンに今度は「元慰安婦が骨折しても欧州歴訪を続けさせた」疑惑……まあ、それくらいはやるでしょうね

「ユン・ミヒャン、肋骨を骨折した元慰安婦をそのままでヨーロッパ歴訪を強行」(朝鮮日報・朝鮮語)
ユン・ミヒャン議員(共に民主党所属)が過去2017年、慰安婦被害者であるキル・ウォノク祖母とヨーロッパに行った際、祖母の肋骨が折れたままで過酷な日程を消化したとの主張が提起された。

ヨ・ミョンスクゲーム物管理委員会 前委員長は3日、自身のYouTubeチャンネルを通じて「キル祖母が2017年ユン議員と欧州に行って肋骨が折れて韓国に入ってきた」と、2017年12月のキル祖母の医療明細を公開した。ユン議員とキル祖母は2017年11月30日から12月7日まで欧州を歴訪した。帰国直後の12月8日のキル祖母は病院で診療を受けた。当時診断名は「肋骨の捻挫および張り」だった。病院に行ってきた後でも、おばあちゃんが絶えず苦痛を訴えると翌日の12月9日江北三星病院で、また検査を受けた。

江北三星病院はキル祖母の「4本またはそれ以上の肋骨を負った束骨折」と診断した。ヨ前委員長は「おばあちゃん肋骨が何本も折れたという話」と「2017年には(キル祖母は)すでに認知症の診断受けた状態」とした。キル祖母の息子夫婦は最近、祖母が身体の痛みを訴えたため緊急治療室に連れて行った際に、診療記録を確認してこのような事実を知ったという。

ヨ前委員長は「(息子夫婦は2017年当時、キル祖母が)帰国すると同時に面会したいと言った。ところが、ユン議員側から「旅の疲れが残っている」とし、1週間の後に来るように言った」とし「だから(息子夫婦は)ユン・ミヒャンを信じて一週間後に母と面会した」とした。続いて「キル祖母は認知症の診断を受けたことも隠して、肋骨骨折も隠した」とし「(そうしなければ)正義連が(キル祖母を)連れ回せないからだ」とした。
(引用ここまで)


   正義連(旧挺対協)のユン・ミヒャンが元慰安婦の老婆をヨーロッパを歴訪させている最中に肋骨を折ったものの放置して帰国していた……という疑惑。

 まあ……やるでしょうね。
 何度も語っていますが、正義連にとっては元慰安婦らは金蔓にしかすぎません。
 記事のキル・ウォノク氏に対して月に数百万ウォンもの支援金がソウル市、韓国政府から振り込まれていたものの、ほぼ全額が引き出されていました。
 和解・癒やし財団の1億ウォンを拒絶した元慰安婦に対して、正義連から振り込まれた1億ウォンも即座に引き出されて、正義連にそのまま寄付した扱いにされるレベル。
 それどころか「日本の東日本大震災に寄付してほしい」としてわずかなポケットマネーを正義連に預けたところ、それもポッケナイナイ。
 で、これらのお金の行方はどこだ、と家族が問い詰めたら1週間後に自殺

 そんな感じで金蔓として扱ってきたモノを、ヨーロッパに連れてって客寄せパンダにしたのですから肋骨の1本や2本や4本折ったからって巡業をやめるわけないですよね。
 言ってみれば元慰安婦らは自分たちの正義の証ですから。
 それを掲げて人権の本場であるヨーロッパを練り歩く。いわばユン・ミヒャンにとっては優勝パレードですわ。
 骨折ごときでやめるわけないよなぁ……。

 

韓国製軽空母には韓国製艦載機を……KF-Xネイビーは夢物語か

軽空母に垂直離着陸機搭載... KF-Xネイビー 「検討対象ではない」(世界日報・朝鮮語)
KF-X、2千回以上の試験飛行を経て...垂直離着陸・無人機などの研究推進(YTN・朝鮮語)
米国をはじめとする世界の軍事強国が運用する空母の重要な武器は艦載機だ。

戦闘機やヘリコプターなどを搭載したまま海を駆け巡る空母は艦載機への依存度が高い。2033年戦力化を目指し、3万トンを超える規模の軽空母を建造しようとする韓国海軍は、垂直離着陸機の導入を明らかにした状態だ。F-35Bを導入するという意味だ。 来月一般に公開される韓国型戦闘機(KF-X )を改造した「KF-Xネイビー」の開発の主張も防衛産業界とのオンラインなどを中心に提起される。 これと関連し防衛事業庁の関係者は先月24日、KF-Xメディアデーで関連の質問に「現在の状態でKF-Xネイビーを考慮したことはない」と言いながらも「軽空母サイズによって航空機がどのようになるかはまだ分からない。段階的に具体化することができるだろう」と余地を残した。 (中略)

F-35Bが選ばれる可能性が高いが、国内の研究開発を優先推進できる「韓国産優先購入制度」の導入が挙げられている状況で、下手に予断するのは難しいの観測も用心深く出ており、軍当局の今後の対応に関心が集中してている。
(引用ここまで)

このほか軽空母に載せることができます垂直離着陸性能と無人化など、さまざまな研究を通して、将来の需要に備えるという方針です。
(引用ここまで)


 今月中に地上試験用の試作機がロールアウトして公開される予定となっているKF-X。当分はこのですが、以前から「韓国型軽空母の搭載機もKF-Xにすればいい」という意見が少なからずあります。
 以前から在野からはKF-Xネイビーなる構想が語られていました。
 とはいっても、KF-Xを艦載機にする場合はカタパルトが必要になるので軽空母では収まらない。
 であれば、軽空母で価格の高いF-35Bを運用するのではなく、「中型空母+KF-Xネイビー」が韓国の最適解ではないかというもの。

 まあ……いくら空母の戦力化が2030年代半ばといえども、いまからKF-Xの艦載型を開発するとか、中型空母に切り替えるとか正気の沙汰ではないので与太話として扱ってきました。
 ただ、先日は韓国軍が開催している空母についての説明会で「KF-Xネイビーを艦載機にすべきだ」との持論を語る軍事専門家が出てきまして。
 今回は軍からも「研究対象として垂直離着陸機を視野に入れている」という話が出てきました。

 それに加えて、ムン・ジェイン政権によって「自主国防路線」が敷かれています。
 3000トン級潜水艦(とその派生としての原子力潜水艦構想)、軽空母、KF-Xのどれも自主国防路線によるもの。
 KF-Xは金大中政権時代、3000トン級潜水艦はノ・ムヒョン政権時代に構想がスタートしているもの。  アメリカの軛から離脱して、自主国防というのは左派の夢、なのです。
 というわけで、どうしても「艦載機をKF-Xに」という話のすべてが妄想の類いであるとは思えない。
 どこかで本気で言っている部分があるのです。
 まあ、原則的には夢のまた夢ですけどね。

韓国メディアから「日本は河野談話を守れ!」との叫び……でもあの頃の日韓関係には戻りはしないよ?

[社説]「慰安婦強制動員」消した教科書、約束を反古にした日本(ハンギョレ)
 来年から日本のすべての高校生が習うことになる歴史教科書12種類のうち1つだけが「日本軍慰安婦」動員の強制性を叙述したことが分かった。検定を通過した12種類の教科書のうち「慰安婦」を言及したものは8種類あるが、そのほとんどが「慰安婦がいた」というだけの簡単な叙述をやむをえず入れた。こうした教科書では、日本の未来世代が「日本軍慰安婦制度は戦時性暴行」という歴史的事実すら習うことはできない。日本政府が「慰安婦」の強制性を認め、歴史教育を通じて忘れないと約束した1993年の「河野談話」を正面から無視したきわめて遺憾な措置だ。

 今回の歴史教科書検定の結果が重要なのは、来年から世界史と日本史を合わせた「歴史総合」が日本の高校生の必修課目になるためだ。検定を通過した12種類のうち、山川出版社が作った教科書1種だけが唯一「慰安婦」の強制性に言及したが、それすらも本文ではなく脚注で説明した。残りの教科書は、実態だけを短く叙述したり、実態の説明もせずに戦後補償の問題だけを言及した。

 日本政府は「2015年12・28韓日慰安婦合意の約束を韓国が守らなかった」と非難するが、今回の教科書検定を通じて誰が本当に約束を守っていないのかが明らかになった。1993年4月、河野洋平当時内閣官房長官が発表した談話は、「慰安婦」の動員と生活について強制性を明確に認め「歴史の真実を回避することなく」「歴史教育を通じて、このような問題を永く記憶にとどめ、同じ過ちを決して繰り返さないという固い決意を表明する」という内容を含んでいる。今回の歴史教科書にはこうした内容はまったく見られない。「慰安婦」問題の本質は、それが女性に加えられた拭いきれない戦争犯罪という点だ。日本政府と社会には、その歴史的真実を未来世代に明確に教える責任がある。
(引用ここまで)


 ハーバード大学のマーク・ラムザイヤー教授が「慰安婦は売春婦であった」という論文を出した際にも、韓国メディアは総じて「河野談話に違反している」として非難していましたね。
 で、今回は高校教科書から慰安婦に関する記述が激減したことを受けて「河野談話に反している」と。
 河野談話には「歴史研究、歴史教育を通じてこのような問題を永く記憶にとどめ、同じ過ちを決して繰り返さないという固い決意を改めて表明する」という文面がありまして。
 ここに反している、ということなのでしょう。

 ラムザイヤー教授の論文について「河野談話に反している」というのはナンセンスですが、日本政府がやることであれば……という部分もあるのでしょうかね。
 とはいえ、日本政府にとって河野談話は「継承はするが神聖視はしない」ていどのもの。
 そもそも「減らした」というものの、まだ高校の歴史教科書で検定を通過した12冊中 、9冊(産経新聞による。ハンギョレによると8冊)に慰安婦関連の記述がある。
 歴史教育の中身まで韓国にどうこう言われる話でもない。

 ま、慰安婦関連でもっとも苛烈な描写をしていた日本書籍、日本書籍新社ともにすでに解散。
 新しい教科書をつくる会やそこから派生した人たちは迷走していますが、まあ……正直な話をすると日本書籍を消滅させたことで役割は終わっている感がありますね。

 ここのところ、「日本は河野談話を守れ」という叫びが多く韓国側から聞こえているのは「あの頃の日韓関係が懐かしい」からでしょうね。
 「妄言だ」と叫べば閣僚すら更迭させることができたのですから。
 それが「気に入らなければそれでいい」と、外相会談すらできない状況。
 「こんなはずじゃなかった」ってところなんだろうなぁ。