相互RSS募集中です

楽韓さん、本日の動向 - ブレードランナーがIMAXでかかっているだと?

カテゴリ:管理人の独言 コメント:(11)
 ブレードランナーのファイナルカットが劇場で再公開中。
 さらに池袋のグランドシネマサンシャインにある巨大IMAXシアターでやっていると聞いて急いでスケジュール調整中。朝と夜しかやっていないのか。
 そういえば今年は「ブレードランナーの年」なのだな。あそこまで酸性雨は降っていなかった。

 Kindleでは電撃コミックフェア 夏の陣 秀作が明日まで。
 ガンスリンガーガールが安かったのはこのフェアか。

名作であるのは間違いない。
GUNSLINGER GIRL(1) (電撃コミックス)
和田 裕
KADOKAWA
2014/5/1

 あとラノベのフェアが2本。
 テレビアニメ2期のダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかの原作がセール中。
 1巻無料配布。2、3巻が100円で10巻までは58%前後のオフ。

こういう機会にもらっておくのはよいと思う。
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか (GA文庫)
大森 藤ノ
SBクリエイティブ
2013/1/11

 もうひとつは「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」の新刊発売を記念して「俺妹」と「エロマンガ先生」が30~38%オフくらい。

ヒット作を複数出すというのはすごい話なのだよな、これが。
エロマンガ先生 妹と開かずの間 (電撃文庫)
伏見 つかさ
KADOKAWA
2015/9/3

今日のKindle日替わりセールからのピックアップこちら。
粥百選
高梨尚之 / 翠香園
東京書籍
2012/11/29

韓国の次期大統領候補ら、セクハラや公職選挙法違反で続々と政治生命が絶たれていく……

「ポスト文」元候補の実刑確定 韓国最高裁、女性秘書暴行で(日経新聞)
最高裁へ向かう実兄強制入院疑惑……イ・ジェミョンの政治生命は?(中央日報・朝鮮語)
韓国大法院(最高裁)は9日、元秘書への性暴力の罪に問われた忠清南道前知事の安熙正(アン・ヒジョン)被告(54)に対する懲役3年6月の二審判決を支持し、安被告の上告を退けた。実刑が確定した。革新系与党「共に民主党」出身の安被告は文在寅(ムン・ジェイン)大統領の後継者としての呼び声が高かったが、この実刑判決の確定で再起は困難になった。 (中略)

安被告は17年の韓国大統領選の候補を決める「共に民主党」の党内選挙で文氏に敗れた。文氏より10歳以上若く、端正な顔立ちで女性ファンも多く、「ポスト文氏」の最有力候補の一人だった。
(引用ここまで)

イ・ジェミョン(56)京畿道知事の政治の動きにも暗雲が垂れた。すべての容疑について無罪を宣告した1審裁判部とは異なり、控訴裁判所がこの知事に当選無効刑を宣告した。

足を引っ張られたのはこの知事に延々とつきまとう「実兄の精神病院に強制入院疑惑」である。裁判所は、この知事は実兄である故・イ・ジェソンさんの精神病院に強制入院させようとした疑い(職権乱用)に対して無罪としながらも、選挙放送でこれを否定した疑い(公職選挙法上虚偽事実公表)に対しては有罪と判断した。「事実を歪曲して選挙におけるの判断を阻害した」ということだ。 (中略)

この知事の政治生命にも打撃は避けられない。特に「実兄強制入院疑惑」は、この知事につきまとっている傷のひとつだ。1審で無罪を宣告受け起死回生したが、控訴審では一部有罪判決ながら再び危機に置かれた。実兄と関連付けられているいくつかの事件が再び広く知られたために与党の潜在的な大統領選挙走者に挙げられている彼の政治的地位にも赤信号がついた。
(引用ここまで)


 次期大統領候補として前回の大統領選挙の党内予備選に出ていたふたりが連続して政治生命をほぼ絶たれました。
 まず、イ・ジェミョンは「日本は敵性国家」発言で知られている前城南市知事で、現在は京畿道知事。
 さまざまな疑惑が持ち上がっていまして。
 反社会勢力とつながっているのではないかとの疑惑。
 さらに女優との不倫騒ぎ。
 そして実兄を精神病院に強制入院させたという疑い。

 今回は実兄の件について、政見放送で「自分は関係ない」としていた部分が虚偽であったとして有罪で300万ウォンの罰金刑。
 韓国では公職選挙法、政治資金法において罰金刑で100万ウォン以上、もしくは禁固刑以上の刑が確定した場合、当選無効となります。
   まだ最高裁が残されていますが、どちらにせよイメージは失墜どころの騒ぎではない状況。
 一時期、共に民主党の党支持率が下落しているのはイ・ジェミョンの問題があるからだとされていたほどです。
 ここから大統領候補になる……相当な大どんでん返しがなければ無理でしょうね。

 もうひとりは前忠清南道知事のアン・ヒジョン。
 保守派を粛正しているムン・ジェインらとは異なり、中道左派で保守派に対しても理解を示す発言を幾度かしていました。
 次の大統領選でもまだ56歳と若く、発言も穏当なものが多いとちょっと期待していた人物であったのですけどね。
 秘書からのパワハラ&セクハラ告発で知事を辞職。
 一審では無罪判決だったものの、高裁では「知事からの圧力があった」と認定されて実刑判決。そして今回の大法院でも実刑判決。
 まあ、政治家としては終わったと言っていいでしょう。

 革新政権100年構想ともいうべきものが現在の共に民主党代表であるイ・ヘチャンから語られたことがあるのですが。
 ムン・ジェインの後継者としてアン・ヒジョン、イ・ジェミョン、パク・ウォンスンらが挙げられていました。
 しかし、そのうちふたりは政治生命を絶たれたも同然。
 今回の法相任命でいろいろと問題が噴出したチョ・グクも大統領候補はしんどいのではないかと。
 そうなると現ソウル市長のパク・ウォンスンくらいしか残っていない。
 保守側にも全然人材がいないのですけどね。

 まあ、韓国で知事や大統領候補になれるような人物が不正を重ねていないわけがない、ということですかね。
 ムン・ジェイン本人は本当に清廉っぽいけども。

なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社BOOKS)
シンシアリー
扶桑社
2019/2/8

ムン・ジェイン政権「ここまでアメリカが失望するということはGSOMIAは外交カードとして有効だということ! 11月まで圧力かけまくるぞ!」

対日強硬路線、文政権内で勢い…米の懸念逆手に(読売新聞)
 韓国ギャラップの世論調査によると、9月第1週の文氏の支持率は43%にとどまり、3週連続で不支持率を下回ったが、与党「共に民主党」の支持層に限ってみると、76%が文氏を支持している。文氏がチョ氏の法相任命を決めた理由として「原則と一貫性」を挙げたのも、支持基盤を意識した発言だ。

 日韓関係で当面の焦点は、文政権が8月22日に破棄を決めた日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA=ジーソミア)の行方だ。日米韓の連携を重視する米国は破棄の撤回を韓国側に求めているが、文政権はこうした米側の懸念を逆手に取り、協定が実際に失効する11月下旬までの間、GSOMIAを交渉カードとして最大限利用する構えだ。米国を通じて日本に圧力をかければ、日本政府による対韓輸出管理の厳格化を撤回させられるとの強硬路線が政権内で勢いを得ている。
(引用ここまで)


 「相手の嫌がることをとことんまでやれば、相手のほうが折れるに違いない」という戦略。
 複数のアメリカ、日本、韓国の識者が声を揃えて「GSOMIAを破棄すれば米韓関係は破滅だ」と警告したにも関わらず、破棄を宣言した背景が語られています。
 そうしてアメリカがGSOMIAを重視する姿勢を見せれば見せるほど、韓国はGSOMIAを外交カードとして使いまくるという悪循環に陥っているわけです。
 というよりは、韓国側はこれ以外に対日外交で有効なカードを持っていないのでGSOMIAを使う以外にないのですよ。
 なので、その価値を過大に見せようとするのであれば破棄を宣言するしかなかった。
 自動延長した時点で1年間は外交カードとして使えなくなるわけですからね。

 で、「ホワイト国リストへの復帰とGSOMIA破棄撤回を同時に行おう」とか言い出したと。
 破棄が決定される11月24日まで、この方針で日米に圧力をかけていくのですって。……日米からまともに相手をしてもらえずに終わるだけでしょうけども。
 最大の問題は「GSOMIAを対日外交カードとして、アメリカに圧力をかける」という戦略をとればとるほどアメリカ側、そして日本側からの信頼を失っていくことくらいなものですが、ムン・ジェインにはそんなことはどうでもいいのでしょう。
 もはやムン・ジェイン政権にとっては、支持層からどのように見られるかだけが重要になっていますからね。

 というような話を先日のチョ・グク法務部長官任命の際に書きましたが、まさにそのような数字が出てきました。
 ついで、任命についての世論調査でも似たような数字が出てきたのでそちらもご紹介。

韓国法務長官任命 「良くない」49.6%vs「良い」46.6%(中央日報)
「良くない」という意見は自由韓国党の支持層(良くない95.5% vs良い4.5%)で圧倒的に多かった。無党層(66.7%vs18.0%)と保守層(76.4%vs21.5%)でも大半が「良くない」と答え、中道層(55.1%vs41.7%)でも半分を上回った。 (中略)

「良い」という意見は共に民主党(良くない11.7%vs良い86.2%)と正義党(28.8%vs69.1%)支持層、進歩層(24.1%vs71.6%)で多かった。
(引用ここまで)

 任命についての全体の数字はほぼ拮抗。やや「好ましくない」とする数字が多いていど。
 ですが、支持政党が共に民主党の層だけを見れば11:86で支持されている。
 任命撤回したらこの数字がひっくり返る可能性があったわけですから、ここは国会の承認があろうとなかろうと、強行任命の一手です。
 さらにいえば国会での人事聴聞会があろうとなかろうと、ですね。
 95:5で任命がよくないと考えている保守派の声なんてどうだっていいのですよ。そんなものはあってもないが同然。

 あっと、別にこのことでムン・ジェインを糾弾しているというわけではないことに注意が必要です。
 以前のように80%超なんていう支持率が得られなくなった現在では、支持層がどう考えているかを考慮するのは合理的な判断である、ということです。
 日本ではあたかもムン・ジェインがチェ・グクの強行任命をしたことが合理的な判断ではないというような語られかたをしている部分があるのですが、ムン・ジェインにはムン・ジェインなりの理というものが存在しているのです。
 まあ、その路線は袋小路にしかつながっていないとは思いますけどね。

なんというか「そっちに進化したらダメなんだ」感がひどい。
わけあって絶滅しました。――世界一おもしろい絶滅したいきもの図鑑
今泉 忠明 / 丸山 貴史 / サトウマサノリ
ダイヤモンド社
2018/7/18

韓国大統領補佐官「金剛山観光事業は制裁対象ではない。再開させるために市民はアメリカ大使館の前でデモせよ」……もうメチャクチャだな

文正仁特補「南北関係最大の障害物は国連軍司令部」(朝鮮日報)
 韓国の文正仁(ムン・ジョンイン)大統領特別補佐(統一・外交・安全保障)は9日、現在の韓半島情勢について「韓米同盟を生かそうとして南北関係が駄目になっている状況」だとして「南北関係において最大の障害物は国連軍司令部」と語った。文特補はこの日、高麗大学で開かれた韓半島と北東アジア情勢に関する講演で、開城工業団地など南北経済協力に支障が出ていることについて「開城工業団地に物資やバスが向かっていくというと、全て国連軍司令部に事前申告して行くようになっている」として、このように発言した。文特補は「もし韓国国民がこれを知ったら、国連軍司令部は撤収せよと言うだろう」と語った。

 文特補は「北では韓国を信用せず、全く対話がなされていない状況」だとして「昨年作った韓米ワーキンググループは南北が推進することを米国に告げ口し、事実上米国に承認されているので、北朝鮮が理解しない」と語った。その上で「野党や保守陣営では、現在の状況を韓米同盟と南北関係が駄目になる外交惨事だというが、厳密に突き詰めれば、韓米同盟を生かそうとして南北関係が駄目になっている」と発言した。

 文特補は「われわれの基本は韓米関係ではなく南北関係だと考えるならば、解法が出てくる」と主張した。また「今の一般国民の大勢は、米国に付いて中国の浮上を防ごうという親米均衡論」とした上で「賢い人は、安全保障は米国と、経済は中国とやるべきだという現状維持論を好む」と語った。中国の一帯一路政策に対する考えを尋ねる中国の学生からの質問に、文特補は「一帯一路戦略は地政学的戦略ではなく地経学的戦略なので、米国は韓国に圧力は加えられるが、いつでも協力が可能というのが文在寅(ムン・ジェイン)政権の立場」と答えた。

 「われわれはなぜ米国の顔色をうかがうのか」という学生の質問には「駐米韓国大使が、韓国政府の意向を強力に伝えるよりも、米国政府の意向を韓国へ伝えて韓国政府の意見を変えるようにする形で社会化されている」「国連安保理の制裁決議に引っ掛からない金剛山観光をなぜ運用しないのかと、青瓦台(韓国大統領府)の前で、米国大使館の前でデモする市民の行動だけが変えることができる」と答えた。
(引用ここまで)


 ムン・ジョンイン大統領特別補佐官がいつものように舌禍を繰り広げています。
 今回は国連軍司令部に文句をつけています。
 たとえば南北鉄道接続試験においても南北の同意があっても、国連軍司令部が反対したことで行われていないのですね。
 実際、戦時統帥権を在韓米軍司令官から韓国側に委譲したとしても、国連軍司令部があるので実質的にはなんら変わらないのではないかともされています。
 半島事態が生じた際には国連軍からの依頼で自衛隊の参戦も濃厚になってきたのではないかという話が韓国左派からは語られています。
 これについてはあとで扱う予定。

 さらにタス通信のインタビューでムン・ジョンインは「南北朝鮮は10-15年ほどでEUのような統合を行うことができる」と語り、さらに「韓国が核兵器を入手することができれば、米韓同盟は必要なくなる」だろうという爆弾発言をしています。

 まあ、爆弾発言というかいつもの持論をご開陳しただけって感じが。

 まあ、ムン・ジョンインとしては在韓米軍にせよ国連軍にせよ目の上のたんこぶといったところなのでしょう。
 ここのところ、南北関係がまったくうまくいっていないこともあって、かなりいらついた話になっている感じですね。
 キム・ヨンチョルが統一部長官になったことから、開城工業団地再開や金剛山観光事業の再開はとんとん拍子で進むのではないかと期待されていましたが、まったく動きなし。
 北朝鮮からは「南と話し合うつもりはまったくない」くらいまでに言われているほど。

 なんとかして現状の手詰まり感漂う状況を打開したいのでしょう。
 それでなくともムン・ジェインの支持層からはなにも変化がないと文句を言われている状態ですからね。南北関係が進行していないからこそチョ・グクの任命を強行しなければならなかったという側面もあるといえると思います。
 まあ、北と南とアメリカでそれぞれが見ているところがまるで異なっているので、打開は難しいかな。

5年で4兆ウォンの赤字を垂れ流している韓国GM、なぜか賃上げを求めて全面ストライキに突入!

カテゴリ:経済 コメント:(95)
韓国GM労組全面スト突入... GM買収後初の全面スト(聯合ニュース)
【取材日記】韓国GM労働組合のストライキ、雇用は守れない(中央日報)
「韓国GM労働組合が賃金引き上げを要求するのは米国本社はもちろん韓国国民も理解しがたいはず」。

イ・ホグン大徳大自動車学部教授は9-11日に予告された韓国GM労働組合の大規模ストライキについて「労働組合の無理な主張がむしろ構造調整を加速させるかもしれない」と懸念を表した。

韓国GMは過去5年間に4兆4000億ウォン(約3940億円)にのぼる累積赤字を出した。昨年2月に群山(クンサン)工場を閉鎖し、8月には産業銀行が8000億ウォンの公的資金を投入した。いわば「集中治療室の患者」だ。GM米国本社は世界自動車産業の変革を迎え、大規模な構造調整を進めている。昨年11月から北米工場5カ所と海外工場2カ所を閉鎖することにした。
(引用ここまで)

韓国GM(GM)労組が基本給の引き上げなどの賃金交渉の要求を受け入れることができないという立場を固守する使用者側に対抗して全面ストライキに突入した。

全国金属労働組合韓国GM支部は9日から全組合員が参加する全面ストに突入したと発表した。

全面ストは、秋夕連休が始まる前の11日までに行う予定である。 (中略)

韓国GM労組は基本給5.65%引き上げ、通常賃金の250%の規模ボーナスの支払い、士気高揚激励金650万ウォン支給などの内容を盛り込んだ賃金交渉団体交渉要求案を提示した。 (中略)

しかし、使用者側は、過去5年間(2014~2018年)の累積赤字(純損失基準)が4兆ウォンに達するなど、経営状況が正常化されていないため、賃金凍結は避けられないという立場を固守している。
(引用ここまで)


 韓国GMが周囲の反感や制止にも関わらず、全面ストライキに突入。
 いま、自動車業界は完全に調整局面に入っていて、どこもリストラに余念がありません。
 特にGMは去年の段階から上位5大メーカーとしては唯一、販売台数を減少させています。
 去年の年末には北米の工場を5つ、海外工場を2つ閉鎖する方針を発表していましたね。
 当時、韓国GMの工場のどれかがこの閉鎖対象になるのではないかともされていましたが、それはどうにか潜り抜けたようでした。

 ですが、韓国GMは5年間で4巨額の兆ウォンという巨額の赤字を垂れ流している状態。
 とてもじゃないですが、安心できるわけがないと思うのですけどね。
 ルノーサムスンは釜山にひとつだけ工場があるのですが、韓国GMは富平(第1、第2)、昌原、保寧の3ヶ所、4工場が存在しています。
 もちろん、これだけの赤字を出しているのでどこも生産性は本当に最低のレベル。存続できているほうが不思議なくらい。

 まあ、韓国GMの場合は事業整理のエキスパートともされる新社長を迎える際に、「これが俺たちのやりかただっ」とばかりに挨拶代わりのストライキをかましていたほどなので。
 もしかしたらストライキに対する受け止めかたが一般とは異なるのかもしれませんね。
 今回は全面ストライキですから、さらなる親しみを表現する手段なのかな。文化人類学的に考えるべき事柄なのかもなぁ……。