相互RSS募集中です

日米韓首脳会談、NATO首脳会議の場で開催か……ってもう開催まで3日もないのに「開催か」っていうレベルなんか……

カテゴリ:日韓関係 コメント:(9)
韓米日首脳会談 29日に開催か=NATO首脳会議に合わせ(聯合ニュース)
今月末にスペインで開かれる北大西洋条約機構(NATO)首脳会議に合わせ、韓米日首脳会談が開催される見通しだ。韓国の大統領室関係者は「29日の開催が有力」と明らかにした。 (中略)

3カ国首脳会談が実現すれば、2017年9月以来、4年9カ月ぶりとなる。

 一方、尹大統領と岸田首相による首脳会談は見通しが立っていない。大統領室関係者は22日、韓日首脳会談について、「今は全く予測がつかない」として「略式会談も可能だと予想している」と述べた。
(引用ここまで)


 いまだに日米韓の3ヶ国による首脳会議があるかもしれない。きっとあるだろう、というレベル。
 なお、NATO首脳会議まであと3日。
 とはいえ、日米韓にしろ、日豪新韓(+英? +米?)にしろ開催されるとは思うのですけどね。
 現状、北朝鮮への対応を明白にしておく必要がありますし、3ヶ国の対応路線は変わらないということを見せつけることも必要です。
 ムン・ジェイン政権とは異なって、このあたりは間違いなく容易に達成できる部分でもありますし。

 さて、問題は日韓関係ですが。
 少なくともNATO首脳会議での日韓首脳会談はない模様。
 ただ、既出のように略式会談はありそうですかね。
 「就任おめでとう」くらいを言う時間をとってもよいでしょう。
 なお、うちは「韓国とは対話するな」とかの妄想は取り扱っていませんので悪しからず。
 峻厳たる現実の話をしているので。


 さて、パク・ジン外交部長官(外相に相当)は日韓間の問題について「速度感をもって解決したい」と述べたとされています。

強制動員問題 「緊張感とスピード感をもって解決策模索」=韓国外相(聯合ニュース)

 この感じだとおそらく日韓外相会談は近いでしょうね。
 先日報じられていた「協議体」を経て、なんらかの提案を持ってくるものと思われます。
 少なくとも韓国政府が「解決策」と認識しているものでしょうけども。

 ……まあ、それがムン・ヒサン案の焼き直しとかだったらもう目も当てられないのですが。
 パク・ジン長官はこれまでの経歴を見てもけっこう有能な感じがするのですよね。
 米韓外相会談後の共同記者会見を見ても「外交ができる人物」であることは間違いないでしょう。

 少なくともムン政権時代のカン・ギョンファやチョン・ウィヨンに比べたら対日関係への問題意識、日本への認識は段違いにあると思われます。
 認識があるから、有能だからといって、これまでに韓国側が上げに上げてきたハードルをどうクリアするのかという問題は残るのですがね。

Twitterで更新情報をお伝えしています。フォローよろしくお願いします。→

韓国の合計特殊出産率、2025年には0.61にまで下落? ユン政権は対策タスクフォースを稼働させるものの……

「2年後の出産率0.7人」… 「人口危機TF」稼働(ソウル経済・朝鮮語)
政府で人口危機に対応するために、部署タスクフォース(TF)を発足し、各種対策の準備に乗り出す。人口対策には深刻になる低出産基調緩和をはじめ、生産人口の減少に対応し、高齢者・女性・外国人などの経済活動参加を高める方案などが議論されるものと見込まれる。

パン・ギソン企画財政部1次官は24日、「人口危機対応TF」 1次会議を開催し、人口危機対応推進計画、10の作業班別重要議論の課題を取り上げた。ますます深刻になっている人口問題に対応するため、既存の人口政策TFを人口危機対応TFに転換し、人口政策推進体系を強化するというのが政府の説明だ。

実際、低出産基調の中で韓国の人口は急速に減っている。統計庁が発表した4月の人口動向統計によると、今年1月から4月までの累計出生児数は8万9300人で、前年比3.9%急減した。このような傾向が続くと、今年の出生児数は25万人を越えにくいと思われる。パン次官はこの日の会議のすべての発言で「合計出生率は毎年歴代最低値を更新しており、2024年には0.70人まで下落すると見込まれている」とし「韓国総人口が2020年(5184万人)を頂点に持続的に減少し、2070年(3766万人)には1970年代水準に戻ると見られる」と話した。

特に統計庁の保守的見通しによると、合計出産率は2025年基準で0.61人までも落ちる可能性があるという懸念さえ出ている。これに先立ち、防次官が言及した合計出産率の推移は、統計庁が最も可能性が高いと見た中位見通しだ。
(引用ここまで)


 今年の予想合計特殊出生率が0.77……か。
 すごいな。
 2011年からの韓国における合計特殊出生率の推移はこんな感じになります。

11  12  13  14  15
1.24 1.30 1.19 1.20 1.24

16   17  18  19  20
1.17 1.05 0.98 0.92 0.84

21   22  23   24  25
0.81 0.77 0.73 0.70 0.61
(22年以降は予測値。25年は最小予想値)

 さまざまな国で合計特殊出生率が下落することってままあることです。
 台湾でも干支だったかの問題で1を割ったことがありますし、香港も返還後に何年か続けて1を割ったことがあります。
 香港が最近になって再度下落しているのはもちろんアレ。
 社会的混乱はどうしても出産という一大事を減らす方向にあるのですね。

 さて韓国の場合。上の推移を見てもらっても分かると思いますが、2010年代前半はわりとがんばっていたのですよ。
 2005年に1.09という数字を叩き出して「こりゃやべえ」ってなりまして。
 2012年には1.3にまで戻っていたのです。
 この時点では「どうにか一息ついたかな……」となっていたものです。


 ところがムン・ジェイン政権になってからの下落というか、凋落というか。
 いや、改めてみてもこれすげえな……。
 韓国社会全体に「子供を育てているような事態ではない」という認識が拡がっているのが分かります。
 今年の予想値は0.77。2025年の最小予想値は0.61。

 「世界の誰も見たことのない光景」を韓国人は目にしているのです。
 まあ、ネガティブな意味でですけども。
 そういえばムン・ジェインの就任第一声は「一度も経験したことがない国を作る」でしたね。
 完全に達成したわ(地獄のミサワ感)。

 ユン・ソンニョル政権でも対策タスクフォースを作るというのが今回のニュースなんですが。
 ムン・ジェイン政権の残した傷跡を修復できるとは思えません。とても無理。
 真に偉大な大統領でしたね。

Twitterで更新情報をお伝えしています。フォローよろしくお願いします。→

楽韓さん、本日の動向 - エアコンをつける。さすがに

【PR】Amazon Music Unlimitedがプライムユーザー向けに4ヶ月無料のキャンペーン中です

 でんき予報のピーク供給率を見ながらエアコンをつける。今年初。というか、エアコン15年物だから買い換えないとなぁ。

 プライムデー先行セールでは放課後ていぼう日誌が全巻対象。
 2巻まで288円、7巻まで404円、8、9巻は462円。



 あと日経の本もいろいろ対象になっているっぽい。2030 半導体の地政学は「半導体サプライチェーンを地政学の視点から見る」という本。
 TSMCのアメリカ、日本への進出なんかも必然であったのだな、と理解できます。


  
 今年読んだ本の中ではおすすめしたい一冊ですね。

 あとマシュマロで勧めたのですが、ブロックチェーンを解説したブルーバックスがセール対象。30%ポイント還元になってます。



 先行キャンペーンはもうちょっと掘っておきたいなー。

【PR】Kindle Unlimitedがプライムユーザー向けに3ヶ月で99円のキャンペーン中です。

 えーっと、これいつどこで食べたダルバートだっけ……。

PXL_20220621_095930382.PORTRAIT.jpg

 えーっと、写真のデータによると21日。CHYANGRAか。店名はカシミヤヤギのこと。
 根津にあるお店でごく最近開店したところ。ダルバートセットでマトンを選択。
 ダルスープはちょっとギーを浮かせているものの、そこまでこってりじゃないタイプ。ダルとごはんはおかわりできます。
 すっごいおしゃれなお店です。カフェを居抜きで借りたっぽいなー。

https://tabelog.com/tokyo/A1311/A131106/13272794/

【PR】通勤途中に本を聞こう! Amazon Audibleが3ヶ月無料のキャンペーンをしています。

●土曜日投資短信
 これといって動きなし。
 大負けしていないコツはTSMCやアプライドマテリアルを40ドルの頃、信越化学工業を9000円台で買っていた、というように安い時代に買っていただけの話です。
 それなりに半導体関連には知識があるので、これから伸びそうな個別株に手を伸ばしたという感じ。
 信越化は東エレと最後の最後まで迷ったのですけどね。
 あとベトコムバンクとか三菱UFJなんかもそうかな。
 日本の金融機関は明らかに売られすぎでしたから。
 あと投資信託の積み立てをずいぶん長くやっている、というくらいですか。
 レバナスとかにも積み立てているんでそのあたりは失敗してますが。
 正直、投資に関しては「臆病くらいでちょうどいいのよネ」ってヤツです。

 今日のKindle日替りセールからのピックアップこちら。

韓国と中国、局長級会談で「福島汚染水の放出に反対!」と発言

カテゴリ:処理水放出 コメント:(61)
タグ: 処理水放出
韓中、第二次海洋協力対話… 「福島原発汚染水問題意見交換」(ニューシス・朝鮮語)
外交部は16日午後、中国外交部と第2次韓中海洋協力対話をテレビ会議形式で開催し、韓中間海洋協力評価、両国海洋法規及び政策、漁業など海洋関連懸案、海洋経済・科学技術・環境・安全など様々な分野の協力案について意見交換をしたと17日明らかにした。 (中略)

両国は去る1次会議に続き、今回の会議でも福島原発汚染水問題について意見を交換した。先の会議で韓中は福島原発汚染水放流決定方針に反対意思を表示し、外交・司法的対応を検討することにした。 (中略)

韓中が西海に対抗して隣接しているだけに、▲海洋関連国際法の遵守及び海洋権益に対する相互尊重を通じた海洋秩序の安定的管理両側が共感したと外交部は伝えた。
(引用ここまで)


 韓国と中国が局長級会議で「日本の汚染水放出に反対」と言い出した、というニュース。
 ちなみに今月頭に経産省は「韓国に向けた説明会」は行っているとのことでした。

東京電力福島第一原子力発電所のALPS処理水の現状に関する韓国政府向けテレビ会議説明会の開催(外務省)

 中韓のような「局長級会議」ではなく、あくまでも説明会。
 会議だと相手側の言い分を受け入れないといけませんが、説明会であればこちらから状況を「説明」するだけですから。
 2月に安全性評価のために調査団が来日し、そのレビューがすでに公開済み。

IAEAは2月に行われた東京電力福島第一原子力発電所のALPS処理水の安全性に関するレビューについて報告書を公表しました(IAEA)

 今回の説明会はこのレビューについてのもの。


 ちなみにこの安全性のレビューについては中韓の専門家も参加しています。まだ最終報告書ではないとのこと。
 最終報告書でどんな話になるのか、ちょっと楽しみにしているのですけどね。
 特に韓国の専門家がなにを言い出すのか。

 それと韓国の水産協同組合がいうには「ICA水産委員会」なる部署で汚染水放出の阻止に向けて連帯を強化する、とのことなのですが。

韓国水産協同組合中央会「世界の水産協同組合員、日本原発汚染水放出の阻止に向けて連帯強化へ」(中央日報)

 ICAで調べてもICFOで調べてもろくに情報が出てこないので、実際にはどんなプレスリリースがあったのか不明なんですけどね。
 たぶん、福島処理水の話も含めて、一般論として言っているだけのものを「汚染水放出阻止!」とか言っているだけだと思うのですが。
 まあ、こういう風に言っているというのはチェックしておきましょうか。

Twitterで更新情報をお伝えしています。フォローよろしくお願いします。→

韓国人「サムスン電子の株価が下落したぞ、いまだ!」と個人投資家が3兆ウォンの買い支え……外国人投資家はそれ以上に売っている模様

「サムスン電子結局上がるはず」… 3兆ウォンを全力買いした火アリ(韓国経済新聞・朝鮮語)
24日、韓国取引所によると今月に入って個人はサムスン電子を約3兆1140億ウォン分買った。今月純売数1位だ。2位のSKハイニックス( 3240億ウォン)の10倍規模だ。外国人が投げた3兆4000億ウォン分の「売り物爆弾」を個人がすべて抱えたわけだ。

最近、メモリ半導体の需要が減少するという見通しが出て、サムスン電子の株価は大きく下落した。今年だけ入って25.42%下がった。この日は1.74%上がった5万8400ウォンで取引を終えて6取引日ぶりに上昇傾向を見せたが、今年下半期グローバル景気低迷に対する懸念が濃くなっているだけに、長期上昇傾向に乗ることは難しいだろうという意見が多い。

しかし、個人投資家たちは借金を出しながらまでサムスン電子を一掃している。サムスン電子の12ヶ月先行株価収益率(PER)が約8倍水準に下がり、現在の株価が十分に安いと見たのだ。暴落場では信用融資残高が減るのが普通だが、むしろサムスン電子に対する信用融資残高は急増する傾向だ。韓国取引所によると去る23日基準サムスン電子の信用融資残高は1201万株に達する。約7471億ウォンだ。3ヶ月前(約850万株)対比約41%増加した。
(引用ここまで)


 韓国では階層脱出のために無理めな投機を続けている層がある、という話を何度かしています。
 暗号通貨でもビットコインやイーサリアムといった主要コインだけではなく、大きく伸びる可能性のある雑コイン(ジャブコイン、アルトコインのこと)を大きく扱っているのが韓国市場の特徴となっているほどです。
 30代の債務者は可処分所得の41%を借金返済に廻しているという統計もありましたね。

 東学アリ(アリ=個人投資家)とも呼ばれる彼ら若い投資家は、株式市場では異常なくらいにサムスン電子のような大型株を好むという方向性にあります。
 ウクライナへの侵攻がはじまった当時、「銃声が鳴ったら買い」とばかりにサムスン電子株をこぞって買いに走ったのですが。
 その後、ハイテク株は下落の一途。


 それでもまだ飽きたらずに、韓国人は信用買いでサムスン電子を山ほど買っている……っていう。
 以前から見れば割安に見えるのは間違いないですけどね。
 というか、韓国人の視点からしてみるとサムスン電子しかない、のですよ。
 この30年というもの、常に勝ってきた韓国企業ですから。

 チャートを見てもコロナ禍を経た後の上昇とかすごかったですからね。
 4万ウォン台前半になったあと、9万ウォン台にまで駆け上がりましたから。
 今回もそれと同様の軌跡を描くのではないか、と期待されている……ということなのでしょう。

 正直、ハイテク関連株は相当に厳しい、少なくとも信用買いの返済期限までに上昇が間に合うとも思えないんですけどね。
 韓国市場の返済期限は確か270日だったと記憶しているのですが。
 9ヶ月以内にサムスン電子というか、韓国市場そのものが大反騰……難しい気がします。

Twitterで更新情報をお伝えしています。フォローはこちらで!→