相互RSS募集中です

2020年11月

韓国政府が唯一契約できてたアストラゼネカのワクチン、FDAからの承認が得られずに詰む模様

韓国唯一の契約先アストラゼネカ、年内のFDAの承認不透明(中央日報・朝鮮語)
比較的低価格と保管が容易であるという利点のおかげで、新型コロナウイルス感染症(コロナ19)大流行の救助者とされたアストラゼネカワクチンの年内米食品医薬品局(FDA)の承認が不透明になった。アストラゼネカワクチンは現在、韓国が先に購入契約を締結した唯一のコロナ19ワクチンでもある。

ニューヨークタイムズ(NYT)はアストラゼネカワクチンが米国で臨床3相試験段階にまだ入らずいるとアストラゼネカ側の意思疎通ミスが繰り返されていると8日(現地時間)指摘した。ワクチン開発の過程で、アストラゼネカ側から示されている不透明なコミュニケーション方法のためFDAの関係者が懸念しているというものである。
(引用ここまで)


 韓国政府が契約できたから、というわけではないのですが。
 なにかアストラゼネカのワクチンは微妙というか。
 特にこの火急の状況でFDAとのコミュニケーション不足が指摘されるとかどういうことなのと。
 2回接種よりも1回接種のほうが効果があったという治験結果もウイルスベクターワクチンだからこれでいいのかなー、という感じもするものの。
 なんかこう、全般にわたって透明さに欠けるということが指摘されています。

アストラゼネカ製ワクチン「杜撰な臨床試験」判明で信頼性に疑問符(現代ビジネス)

 功を焦っているのではないか、という部分がありますね。
 で、韓国政府は「4400万人分のワクチンを確保している」と宣言しているのですが、実際に契約できているのはこのアストラゼネカのもののみで1000万人分。
 ファイザーやモデルナのワクチンは韓国政府が大好きなMOUとやらにしか過ぎないもの。要するに契約できていなくて、できたとしても列の最後に並ばないといけないアレ。

 同時に「来年すぐにでも接種ははじめられる」としていたのですが、それがこのアストラゼネカのワクチンだったのですね。
 ふむ。
 こういう事態のために多くの国があらかじめ複数の製薬企業と契約を結んでいるわけですよ。
 イギリスは7社、アメリカは6社。日本はファイザー、モデルナ、アストラゼネカの3社。
 ま、韓国にはK防疫があるから大丈夫。知らんけど。


ムン・ジェインの支持率、次々と過去最低を記録……法相VS.検察の抗争激化、新型コロナ再拡散など上がる要因が見当たらない

ムン大統領の支持率35.7%... 政権発足後、過去最低(デイリーアン・朝鮮語)
ムン・ジェイン大統領のチュ・ミエ法務部長官とユンソクヨル検察総長の葛藤と関連した謝罪も支持率下落を防ぐことはできなかった。ムン大統領の支持率は35.7%で過去最低を記録した。ユン総長懲戒をめぐる葛藤激化、コロナ19再拡散、不動産問題などが影響を及ぼしたものと見られる。

デイリーアンが世論調査専門機関アルエンサーチに依頼して実施した12月第2週定例調査によると、ムン大統領国政遂行に対する肯定的評価は35.7%(非常に良い23.0%、上手編12.7%)であった。

前週比4.8%p下落したことで、2017年11月にデイリーアンとアルエンサーチが定例調査をはじめて以来の最低値だ。従来最低値は不動産政策論議が起きた今年8月第2週での調査の38.7%である。「チョ・グク事態」当時の昨年9月第3週の調査では42.1%であった。
(引用ここまで)


 下落に歯止めのかからないムン・ジェイン政権への支持率。
 デイリーアン、という報道メディアの世論調査では35.7%。
 先日のリアルメーター社の数字では37.4%でした。
 どちらにせよ就任以来最低の数字。

 というか、調査日が最新になればなるほど数字が下落してきているというのが特徴ですね。
 リアルメーターの数字は先月30日〜今月2日のもの。
 今回の数字は今週のもの。
 直近の理由としては間違いなくチュ・ミエ法務部長官とユン・ソンニョル(ソクヨル)検察総長との抗争が原因で、かつ問題は政権側にあると国民が考えている。
 これまで鉄板支持層、岩盤支持層とされてきた頭壊文(頭が壊れてもムン・ジェイン支持)が離脱しつつある。
 ここのところの独裁者しぐさにさすがに辟易している、という部分が大きいと思われます。

 もちろん、不動産政策の失敗も大きいですけどね。
 ムン・ジェイン大統領の「不動産は必ず安くなるからいまは買わないほうがいい」という言葉を信じていたら、3年ちょっとでソウル中心地の不動産価格が1.5倍になったっていう。
 支持率下落の主因はあくまでも不動産政策の失敗で、チュ・ミエ長官の暴走によって減少速度が速まった……という感じかな。
 「我々が世界で標準」とまで言い切った新型コロナ防疫がいまひとつ効いていないというのもあるでしょう。

 35%はひとつの目安だと考えていたのですが、あっさりと割りそうな勢いとなってきました。
 ここでレイムダックになると反日に転じる可能性が大きい。
 ですが、バイデン政権に向けて反日姿勢を見せることは苦しい。
 そうなるとなんらかの形で「政権への不満を逸らすための他の供物」を必要とするのですが……。
 単純にチュ・ミエ更迭かなぁ。

北朝鮮ナンバー2、韓国外相に「他国の防疫に口を出すな」「妄言だ」と反論……これはちょっと面白くなってきたかも

金与正氏 韓国外相のコロナ発言を「妄言」と非難=「南北関係を冷却」(聯合ニュース)
北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)の妹、金与正(キム・ヨジョン)党第1副部長は8日、朝鮮中央通信を通じて発表した談話で、北朝鮮の新型コロナウイルスへの対応を巡る康京和(カン・ギョンファ)韓国外交部長官の発言を「妄言」と非難した。

  康氏は今月初め、バーレーン政府と英シンクタンク、国際戦略研究所(IISS)が主催する安全保障会議「マナーマ対話」の演説で、「北は感染者がいないと主張しながらもコロナを統制することに集中している。これは少し不思議な状況」と指摘した。また、韓国の防疫支援の提案を受け入れていないとし、「この挑戦(新型コロナウイルス)が北をより北らしくしている」と述べた。

 与正氏は「南朝鮮(韓国)の外交部長官、康京和がわれわれの防疫措置について、おこがましい評価をしたことを報道を通じ具体的に聞いた。妄言を吐くことをみれば、冷え込んだ南北関係をより冷却させたい様子」だと非難した。さらに、「正確に聞いたから、われわれは長く記憶する」と主張した。

 与正氏が談話を発表するのは脱北者団体の対北朝鮮非難ビラの散布に反発し、南北共同連絡事務所を爆破すると宣言した6月以来、約半年ぶりとなる。北朝鮮が康氏の発言を巡り、外相や外務省ではなく、事実上のナンバー2である与正氏が談話を出すのは異例。
(引用ここまで)


 キム・ジョンウン委員長の妹で北朝鮮の実質ナンバー2と見られているキム・ヨジョン党第1副部長がカン・ギョンファ外交部長官の話に対して「妄言だ」と反論。
 ちょっと面白い事態になってきましたね。
 というのは、これまでカン・ギョンファは外交部長官に任命されて以来、ムン・ジェイン政権の閣僚として幾度もの内閣改造を潜り抜けてきたのですよ。
 先日も国土交通部長官が不動産政策の失敗で(ポジティブな)更迭されましたが、同時に計4名の閣僚が入れ替わる小規模な内閣改造があったのです。
 そこでもカン・ギョンファ長官は生き延びていました。

 「もはや外交部には外交の実権がない」、あるいは「ムン・ジェイン政権のマスコット」みたいに言われてきたものの、この3年半は瑕疵なくやってきました。
 まあ、瑕疵もなく業績もなくという感じですけどね。
 とりあえず国民人気は高いとの話。
 GSOMIA破棄を主導したキム・ヒョンジョン国家安保室第2次長がカン長官と英語で口論になった際にも、国民からの反発を恐れたキム氏が謝罪したほどです(その際に「あいつが謝ることなんてあるんだ」と周囲から驚かれたとか)。

 そんなカン・ギョンファ長官ですが、北朝鮮のコロナ防疫政策を腐したのですね。
 「感染者がいないと主張しているのに、防疫に走り回っているなんて不思議ですね」というくらいのことを。
 で、それに対してキム・ヨジョン副部長が「妄言だ」「その台詞覚えておくからな」と反論。
 ふむ。
 これでカン・ギョンファ長官が更迭されるようなことになったら面白いですね。
 ムン・ジェイン政権はキム・ヨジョンに「北朝鮮へのビラ配布を法律でもなんでも作ってやめさせろ」って言われて、土下座するかのように即座に立法しました。
 それと同じ構造をカン・ギョンファ長官にも用いるのかどうか。
 個人的にはちょっと楽しみにしたいところ。
 支持率低下の原因となっているチュ・ミエ法務部長官と同時に更迭、なんてこともあるかな。


韓国政府「韓国の感染者数は少ないからワクチン確保はそれほど急がない」……いや、ワクチン接種はそういう意味じゃなくてね……

ワクチン接種時期、韓国ではまだ不透明(中央日報)
朴凌厚(パク・ヌンフ)保健福祉部長官はこの日のブリーフィングで、「アストラゼネカ2000万回分、ファイザー2000万回分、ヤンセン400万回分、モデルナ2000万回分を購買した」と述べた。ヤンセンは1回の接種、そのほかは2回の接種が必要だ。朴長官は「アストラゼネカとすでに先に購買契約をし、残りの企業も法的拘束力がある購買約款などを締結し、購買物量などを確定した」とし「2021年1-3月期(2、3月)から段階的に導入される予定」と述べた。これとは別に、政府は世界保健機関(WHO)などが主導した新型コロナワクチン供給の国際機構「COVAX」に加入し、1000万人分を確保した。

政府は優先接種対象(約3600万人)を決めて早ければ来年初めから接種を始める。高齢者、集団施設居住者、慢性疾患者など新型コロナ脆弱階層と医療スタッフ、療養施設従事者、警察、消防公務員、軍人など社会必須サービス人員が優先接種対象に入ると予想される。小児・青少年は抜けた。

政府がワクチンを購買したとはいえ、実際の接種までには時間がかかる見通しだ。まず導入の時期も、接種の時期も不透明だ。政府はアストラゼネカのワクチンに限り来年1-3月期に導入されると説明し、そのほかのワクチンについては具体的に言及しなかった。ファイザーやモデルナのワクチンの場合、導入時期が未知数だ。各国政府が昨年春からワクチンを確保するため製薬会社と先を競って協議に入った半面、韓国政府は「慎重にすべき」という立場を見せてきたからだ。(中略)



政府が購買したワクチンは国民の85%が接種できる分量だ。この量が来年中にすべて導入されても、全体の人口より少ない。優先接種対象でない一般国民はいつ接種できるか分からない。一方、米国・日本などはワクチンを人口の2-5倍ほど確保したと発表した。朴長官は「国内の感染者は外国と比べてかなり少ない」とし「外国も購買のために一部の前払金を支払う程度であり、実際に倍の全量を購入するわけではない」と話した。 (中略)

専門家らはワクチン導入時期が遅れ、物量の確保が人口を下回る場合、日常生活への回復速度が遅れると憂慮している。金宇柱(キム・ウジュ)高麗大九老(クロ)病院感染内科教授は「我々がK防疫に成功したとウサギのようにうぬぼれていたところ、ワクチン分野で他国のカメに追い越された状況」と表現した。
(引用ここまで)


 韓国政府がとりあえず4400万人分のワクチンを契約した、と発表。
 ただ、来年の第1四半期に入るとされている1000万人分のアストラゼネカ以外のワクチンはいつ韓国に入ってくるかは不明。一応、「来年中には」とはしている、といったところ。
 今年を見ても本格的な冬になる前に感染が拡がるのは確実ですが、それまでにワクチンが入るかどうか不明ということですね。
 すなわち優先接種対象からワクチンを接種していこう、という戦略になったと。
 ワクチンで集団免疫を得るのではなく。

 「我々は外国諸国と異なり、国内の感染者が少ない」ので、ワクチン確保はそれほど火急の問題ではないとの話をしています。
 つまり、来年も「K防疫」で社会的抑圧を加えていきながら経済活動を抑制していくということです。
 ……どうも自分たちの政策がどの方向を向いているのか把握していない感じがするなぁ。
 集団免疫を得ないということは国民をこのまま、いつ感染するのかも分からないという状況の中で暮らさせるということなのですが。

 まだ副作用問題もあるでしょうし、価格の問題もあるでしょうけども。
 ワクチンの数量を確保するというのは国家戦略として行っておくべきじゃないのかなぁ。数を揃えてこそ、そこから選択肢を選んでいくことができると思うのですが。
 まあ、ムン・ジェイン曰く「K防疫こそが世界で標準」らしいですから。
 独自の「韓国モデル」を構築するとよいと思いますよ。

日経ビジネスの連載をまとめたもの。読んでおくべき書籍のひとつだと思います。

楽韓さん、本日の動向 - Kindleのセールからおすすめをピックアップしてみる

【PR】Kindle Unlimitedが2ヶ月299円のキャンペーン中です。
【PR】Amazon Music Unlimitedが3ヶ月無料。

 Kindleの50%ポイント還元キャンペーンに光文社も参加してて、バッタを倒しにアフリカへをはじめとした光文社新書も対象。
 新書ではないですが、ヒルビリー・エレジーをすすめておこう。
 アメリカのラストベルト出身の著者は本当に運よく軍経由で大学を卒業して弁護士になることができたという人物。
 トランプ大統領が4年前、ラストベルトを中心に支持された理由というものが見えてきますよ。



 あとこちらも併せてどうぞ。アメリカの保守派≒キリスト教原理主義の世界も見えてきます。



 あと月替わりセールで金色のガッシュ!!(講談社版)が4巻以降、飛び飛びに1冊308円。

金色のガッシュ!! 完全版(4)
雷句誠
BIRGDIN BOARD Corp.
2018-08-01


 昨日のランチで池袋の美登利寿司でさっと立ち食い。子持ちシャコの季節ですね。

DEB865FB-1807-4440-8A37-D843A8AAF4E6.jpeg4BBD4A3B-EDF7-444E-996E-10DFF17B8F80.jpeg

 今日のKindle日替りセールからのピックアップこちら。