相互RSS募集中です

2020年12月

朝日新聞記者、「新たな韓国の大使について、私の取材先で高く評価する人はいない」とカン・チャンイルをばっさり

カテゴリ:日韓関係 コメント:(121)
掟破りの人事に波紋 韓国大使という「お仕事」(Forbes JAPAN)
韓国は姜氏の大使就任について日本側の承認(アグレマン)を得ていなかった。アグレマンを得る前の公表は外交儀礼に反する行為だ。しかも、公表したのは日本の休日にあたっており、日本の事情を全く考えない独善的な行動であることは明白だった。

次に、姜昌一氏の人選を巡って、「なぜ、日本側に事前の相談がなかったのか」という不満の声が永田町や霞が関からわき上がった。姜氏は確かに東京大学で学び、日本語も流暢な「知日派」だが、日本側の評判はすこぶる悪い。 (中略)

実際、韓国大統領府は、日本はおろか、韓国外交省にも人選について相談していなかったようだ。大統領府内のインナーサークルで、姜氏の「前韓日議員連盟会長」という肩書や、「政治家を送り込めば、日本も喜ぶだろう」といった安易な判断をした可能性が高い。

そうでなくても、文在寅政権では大使の任命を巡っても「お友達人事」が目立つ。文政権は元来、大使全体の3割を外部登用とする公約を掲げてきたが、この約束を逆手に取っているという批判がある。 (中略)

今のところ、私の日本での取材先で姜昌一氏を高く評価する人はいない。逆に、姜氏が外交儀礼を尊重し、日本人と良い人間関係をつくり、相手の言い分もよく聞く大使になろうと努力すれば、あるいは日本人の評価も変わっていくのかもしれない。
(引用ここまで)


 今年頭に掲載された朝日新聞の牧野愛博氏によるカン・チャンイル大使についてのコラム。
 任命も人物そのものもダメダメだったっていう感じですね。
 特に最後の「日本での取材先でカン・チャンイル氏を高く評価する人はいない」というのはまあ……そりゃそうよね、という感じ。
 言動からカン・チャンイルという人物を判断すると「軽い」「浅薄」「思慮に欠ける」といったイメージ。

 内定が発表された時点で書きましたが、さまざまな反日行動が目立つ人物です。
 問題はその中身。
 いかにも「嫌がらせのためだけの行動」が多い。わざわざロシア経由で北方領土に上陸し、「天皇を日王と呼ぼう」と呼びかける。
 バイデン政権で国務副長官に指名されたウェンディ・シャーマン氏はオバマ政権時代に「かつての敵を悪し様にいうことで国民の歓心を買うことは簡単だが、こうした挑発は機能停止を招くだけで進歩がない」と韓国の「レキシニンシキガー」という話をばっさり切ったことがあります。
 この「安い歓心の買いかた」を演じているのが、まさにカン・チャンイル大使であるといえるでしょう。

 牧野氏のコネクションは韓国関連がやはり多いのでしょうが、高く評価する人はいない。
 韓国国内ではどうなんでしょうね?
 カン・チャンイル本人は「ムン・ジェイン大統領が私を駐日大使として選んだこと自体が日韓関係改善の強い意志の表れだ」ということを何度も語っています。
 どうも韓国国内ではそのように信じられているようなのですが……。
 ちなみに来日直前には「私は21世紀の朝鮮通信使となる」とか言ってます。

カン・チャンイル新任駐日大使「21世紀の朝鮮通信使なる 」(世界日報・朝鮮語)

 日本政府の対応等々含めて、カン・チャンイル大使の動向は追っていく予定です。

 

楽韓さん、本日の動向 - おっと、これは大当たり

【PR】Kindle Unlimitedが2ヶ月299円のキャンペーン中です。

 森田版(原作なし)の栄光なき天才たちが1巻0円、2〜4巻まで55円。

栄光なき天才たち 大合本1 1上~2下巻収録
森田信吾
ゴマブックス株式会社
2018-08-31


 伊東原作のほうがバランスが取れている気はするけども、でもまあおすすめ。

 スティーブ・ジョブスの伝記のコミカライズが1巻だけ0円。お試し版ですね。




 神田神保町の三燈舎でハーフドーサ、エビカレーのバナナ葉包み。

A9977378-C93D-4E51-B96B-192552ED1402.jpegEE5CB356-6AB8-447D-A976-D5B005D1C597.jpeg

 バナナ葉包みは前から食べたかったのですが、これは大当たり。
 強化版バタープローンカレーといった感じ。味も色合いも鮮やかですわ。バナナ葉を開くというイベント的な料理でもありますね。

●土曜日投資短信
 アップル株を売りたい衝動に駆られておる。
 139ドルって。中期(3年ていど)を見据えて買っただけどもホールドかねぇ……。140株ほどなので大した額でもないのですが。
 プラ転したのでSBIインド&ベトナム株ファンドを売却。管理費年2.2%の投資信託をなぜ買った案件。インドに関してはEPIだけでいいのではないかと思われる。
 楽天4.3倍日本株ブルもそろそろ売り時かな。2万円が6万円超になっててビビる。レバレッジ怖い。
 とか言いながらSOXLを買おうと考えていたりもするのですが。

 唐突にコメントに答えるコーナー。

・韓国人の名前を漢字表記にしてほしい
 むしろ漢字表記のほうが誰だか分からなくない? 統一しておいたほうがよいでしょ。

・「拿捕に同情する」とか韓国に偏ってる! 韓国愛だ!
 「タンカー拿捕に同情する」って書かれてキミがそう思うなら、キミの視点ではそうなんだろうね。うちを見ないほうがキミにとっては幸せなんじゃないかな。

・韓国を見過ぎてて韓国的な考えかたになってませんか
 キミがそう思うなら、キミの視点ではそうなんでしょうね。

 マシュマロでも開きましょうかね。

 今日のKindle日替りセールからのピックアップこちら。

イギリス、韓国をG7にゲストとして正式招待。まだ欧州では韓国への理解が足りていない、ということか……

カテゴリ:日韓関係 コメント:(110)
韓国がG7に参加へ 政府合同対応チーム設置し準備着手(聯合ニュース)
韓国政府は6月に英国で開かれる主要7カ国(G7)首脳会議に文在寅(ムン・ジェイン)大統領が招待されたことを受け、準備に着手した。 (中略)

 外交部が準備のために構成した「G7政府合同対応チーム」はこの日初会合を開いた。同対応チームは外交部、企画財政部、科学技術情報通信部、産業通商資源部、保健福祉部、環境部、疾病管理庁で構成された。

 出席者は今回の首脳会議で韓国が参加する三つの議題である保健協力、気候変動への対応、民主的価値について意見交換した。  (中略)

 英国のジョンソン首相は文大統領に送った親書で、韓国をG7首脳会議にゲスト国として招待した。
(引用ここまで)


 アメリカG7は沙汰止みになってしまい「韓国はゲストではなく、拡大G7の正式参加国になるのだ」という野望はあっさりと瓦解。
 ただ、ロシアを除いた招待国をそのまま継承する形でイギリスでのG7開催に招待されています。
 どちらにせよ、招待国という扱いに変化はなし。

 イギリスはどうもD-10(主要民主主義国家10カ国会議)というようなものを開きたがっているようです。
 んで、そこにオーストラリア、インド、韓国を招きたいと。
 韓国を招くのは、インド、オーストラリアが入ることで英連邦の力が強くなりすぎることを避けるためでもあるのでしょうね。
 D-10中、イギリス、カナダ、オーストラリア、インドが英連邦。その目先を変えるためという意味もあるでしょう。

 ヨーロッパには中国の横暴さ加減がようやく伝わるようになってきたものの、まだ韓国という国がどのような動きをする国かというのは理解できていないのでしょう。
 日本の旧植民地でかつアメリカの同盟国だったらいけるんじゃないのってくらいの気分なのでしょうが。
 ムン・ジェイン大統領がヨーロッパ歴訪において「北朝鮮への制裁を緩和してほしい」って言い廻ったくらいでは、まだまだ真の理解には及んでないというところですかね。
 まだ「ちょっとおかしい人なのでは」というていどの扱いにしか過ぎない。

 トランプ前大統領はG7の場で「なんであんなのが大統領になれたんだ」「ムン・ジェインは信頼できない」と言っていたとのことですが。
 つきあいが深くなると理解度も深まっていく、ということでしょうね。

韓国与党「セウォル号特別捜査団が新事実を発見できなかったのは検察総長のせいだ!」「新たな特別捜査団を作らなければ」……いつまででもセウォル号の捜査が続く理由とは?

8回目調査も嫌疑なし、セウォル号特捜団の結論は「尹錫悦のせい」と主張する与党(朝鮮日報)
 検察のセウォル号惨事特別捜査団(特捜団)が旅客船「セウォル号」関連の疑惑の大部分に対し「嫌疑なし」と結論づけたことについて、韓国与党・共に民主党が「尹錫悦(ユン・ソクヨル)検察総長責任論」を主張し始めた。「第2特別捜査チーム」の検討を求める声も出ている。

 「セウォル号弁護士」として知られる民主党の朴柱民(パク・チュミン)議員はこの日、MBCのラジオ番組に出演し「(捜査結果には)非常に当惑している。怒っている」と述べた。朴議員によると、特別捜査チームが立ちあげられる際、尹総長は朴議員に直接電話し「捜査チームのリーダーという気持ちで取り組みたい」との考えを伝えたという。その上で朴議員は「捜査過程を見ると、本当に捜査を行う意思があるのか疑問に思うほどだ」として「書面での調査や、最初から調査をしないやり方で終わった」とも主張した。

 朴議員は「昨年、秋美愛(チュ・ミエ)法務部(省に相当)長官と捜査結果への懸念を事前に共有した」として、特別捜査チームの捜査結果報告を見た上で、捜査チームの再構成について検討する考えだったことも伝えた。朴議員はさらに「朴範界(パク・ポムゲ)法務部長官候補者と(第2捜査チーム構成問題について)改めて協議しなければならない」との考えも示した。今後再びセウォル号疑惑に対する捜査を行うということだ。パク・サンヒョン常勤副スポークスマンは「今後は特別検事によってセウォル号の真実を究明しなければならない」と述べ、民主党のイ・ウォンテク院内副代表もこの日「検察がまともに調査し捜査したのか疑問だ」と発言し、盧雄来(ノ・ウンレ)最高委員は「今回の捜査結果は検察発の社会的災難」と批判した。
(引用ここまで)


 ……ね?
 昨日、「彼らは望む結論が得られるまで、どこまででも捜査を続ける」という話をしました。
 セウォル号こそが現在のムン・ジェイン政権を生み、与党を躍進させるきっかけになったわけですからね。ありえないほどの恩恵を得ているわけです。
 さらに決定打を欲しがっているのです。

 彼らが主張するようにセウォル号がパク・クネ政権によって沈められていたら。
 もしくは、救助の遅れがパク・クネ政権の失敗であることが証明されたなら。
 あるいは、なんらかの隠蔽工作がパク・クネ政権で行われていたのなら。

 船舶識別装置が操作されていたら。
 あるいは韓国海軍の潜水艦と衝突していたのなら。

 もうこれは完全に決定打。
 たとえソウル市、釜山市、忠清南道で、共に民主党に所属している知事がすべてセクハラで告発されても。
 ムン・ジェインがK防疫アピールでウイルス入手で後手を踏んでも。
 不動産価格がまったく下落する様子を見せなくても。
 保守政権は今後30年は生まれなくなるでしょう。

 でもま、セウォル号沈没事故がそんな話ではないことは確実なので「疑惑」として活かし続けることしかできない。
 疑惑を活かし続けるだけでもそこそこの効果はありますからね。
 今回の特別捜査団が結果を出せなかったのは、ユン・ソンニョル(ソクヨル)検察総長の悪巧みによるものとすればOK。
 性悪な検察総長が真実を隠蔽したのだ、と。

 12月に結成された特別検察官の捜査が終わっても延々と続くことでしょう。
 彼らの求める「真実」にたどり着くまで。

みんな大好き陰謀論
内藤陽介
ビジネス社
2020-09-02

韓国で上司のスマートフォンを取り上げようとして暴行した検事、重罪で起訴されて「あれは暴行ではない」「ただ身体が密着しただけ」とか言い訳をはじめる

韓東勲検事長に飛びかかった検事「暴行ではなく偶然体の上に密着」(朝鮮日報)
 携帯電話押収の過程で韓東勲(ハン・ドンフン)検事長を暴行したとして、特定犯罪加重処罰法違反の罪で起訴された丁珍雄(チョン・ジンウン)光州地検次長検事は20日、ソウル中央地裁で開かれた初公判で「暴行の事実はない」とし、無罪を主張した。

 出廷した丁次長検事は「(検察の)公訴事実はまるで私が故意に韓検事長の体の上に乗ったかのように記されているが、暴行するために押したり、上に乗ったりした事実はない」とした上で、「当時の状況で偶然に私が韓検事長の体の上に密着したのは事実だが、それは携帯電話を確保する過程でバランスを崩したものだ」と述べた。

 丁次長検事はまた、自分には「職権を乱用する意図」がなかった以上、特定犯罪加重処罰法上の「涜職(とくしょく)暴行罪」は成立しないとも主張した。

 涜職暴行は裁判所、検察、警察の公務員が職権を乱用し、他人を逮捕、監禁、暴行した場合に適用される。単純な暴行罪よりも罪が重く、5年以下の懲役と10年以下の資格停止に処される。傷害に及んだ場合には加重処罰規定があり、1年以上の懲役が加わる。
(引用ここまで)


 むー、この記事か。
 ちょっと長くなるけどチャンネルA事件というものを整理するのに書いておくか。
 チャンネルAは東亞日報傘下のケーブルテレビ局。
 そこの記者がシンラジェンという製薬企業にまつわる投資疑惑について取材する際に、「私はハン・ドフン検事長と親交がある」「証言しなければどうなるかな?」といった脅しをシンラジェンの元筆頭株主にかけたのですね。
 その件でこの記者は逮捕されています。

 んで、ムン・ジェイン政権が「ハン・ドフン検事長は実際にこの記者と共謀関係にあった」として、ユン・ソンニョル(ソクヨル)検事総長の懲罰要件のひとつに入れたのですよ。
 「メディアの記者と共謀して恐喝するとは、法曹界の風上にも置けない!」といった具合。
 ところが法務部長官の手下と言っていいレベルの懲罰委員会ですら、「記者と検事長が共謀関係にあったとはいえない」「証拠がなにもない」としてこの件での懲罰はできないとしたのです。
 要するに「記者が知っているだけの検事長の名前を挙げて取材対象に脅しをかけた」というだけの事件だったとの話。
 それを政権側が検事総長バッシングの手段としてしまったために、こんなどうでもいい話が延々と問題になり続けているわけです。

 といった感じで政権に近しい側の検察派閥であるこのチョン・ジンウン次長検事が、上司であるハン・ドフン検事長に対して「記者と癒着があるかどうか確認するためにスマートフォンを寄こせ」と押収を迫ったのですね。
 なんとしてでも記者と検事長の癒着を証明しないと、政権のメンツがたたなくなってしまうので。
 で、ハン・ドフン検事長がスマートフォンに手をかけた瞬間、「証拠隠滅だ!」と叫んでチョン・ジンウン次長検事は飛びかかってマウントポジションを取った……というのがこの暴力事件の全貌です。

 ……くっだらないなぁ。
 事件として成立しようのないものなのに、なんとかして関係性を見つけようとした結果、ですね。
 セウォル号沈没事件について、望む結果が出るまで捜査団を結成し続けるのと同じ構造です。

 当時は凱歌をあげていたチョン・ジンウン次長検事ですが、この暴力事件がただの暴行ではなく重罪の瀆職暴行罪にあたるとして起訴されてさすがに焦っている模様。
 暴行があったとしたら瀆職暴行罪に直結するので「あれは暴行ではない」「ちょっと身体が重なっただけだ」と言い訳しているとのこと。
 いやぁ……くだらない。
 ザ・キングという検察汚職を描いた韓国映画があって、いろいろと「うわ、この光景見たことあるわ」みたいな事件が出てくるのですが。
 現実のほうが映画をはるかに凌駕してしまっているという。
 韓国社会、侮れないわ……。

いつの間にかプライムビデオ対応タイトルになってました。韓国社会の理解に役立つ映画です。
ザ・キング
2018-09-05