相互RSS募集中です

2021年11月

外務省「G7外相会議で韓国とは会談しない」と前もって断言……G7首脳会談で「日本が一方的にキャンセルした」って嘘をつかれたことへの意趣返しか

 稀にやる小さめのニュースを集めるアレをやります。

「このままの傾向であれば、年末には3万人が確定することもできる」・・・政府は「特段措置」検討(ソウル経済・朝鮮語)
シム教授は前日に1週間後の15日、1日分の感染者数が1万1369人、22日には1万8559人に達するとの研究結果を出した。 (中略)

合わせてシム教授は今年中に1日の確診者が3万人に達する可能性もあると述べ、「シミュレーション結果では年末までも十分に起きえる」としながら「人々の行動パターン変化がないならばその危険は充分」と話した。
(引用ここまで)


 ソウルにある崇実大学数学科の教授が「このままの人流が続くのであれば、年末には1日に3万人の感染者があっても不思議ではない」というシミュレーション結果を発表したとのこと。
 現状では韓国政府はほぼなにも規制を敷いていません。
 「日常回復」、いわゆるウィズコロナを優先している、もしくはウィズコロナを選択したムン・ジェイン政権が間違いを認めたがっていないためですね。

 先週から今週にかけて1週間で新規感染者数は1.4倍になりました。このまま1.4倍ずつで推移するのであれば3週間後の年末にはだいたい2万人超。
 1.4倍以上に増える指数関数的増加を見せるのであれば3万人になっても不思議ではないかな。
 もちろん、これは「人流を規制しない現状が続けば」ですから、ムン・ジェインが間違いを認めるのであればまた別です。

 そんなムン・ジェイン政権のコロナ対応について、韓国国民の44%は「よくやっている」という評価をしている、という記事。

韓国政府、コロナ対応「よくやっている」57%→44%「急落」(中央日報)
 
韓国ギャラップが7-9日、全国満18歳以上の1002人を対象に新型コロナ在宅治療に対する認識を調査した結果、回答者の62%が「在宅治療がうまくいっていない」と答えた。「在宅治療がうまくいっている」という回答は29%にすぎなかった。10%は意見を留保した。 (中略)

政府の新型コロナ対応について「よくやっている」という回答は44%で、先月より13ポイント低下した。一方、「うまくやっていない」という回答の比率は先月(32%)より15ポイント上昇した47%だった。
(引用ここまで)

 これはいわゆる頭壊文、「頭が壊れてもムン・ジェイン支持」という鉄板層が存在しているからでしょうね。
 ざっくりですが30〜35%くらいは頭壊文ではないかと思われます。支持率の下限がこのあたり。ムン・ジェインに対する支持率が30%を切ることはほとんどありません。それを考えると、K防疫への評価はかなり下がりつつあるというのが実際ではないでしょうか。


 さて、大統領選挙のミニマムな話題。来年3月の大統領選挙に向けてのネガティブキャンペーンは高まる一方だという話を何度かしています。
 もっともひどいもののひとつに与党である共に民主党が「ユン・ソンニョル(ソクヨル)候補の醜聞、疑惑であればなんでも聞き取ります」として国会前にテントを設置したことを挙げました。
 今回はユン候補の夫人について「整形したのではないか」との話をしだした、というニュース。

「瞳がすごく大きくなって」… 今回は「キム・ゴンヒ整形説」を持ってきた与党圏(世界日報・朝鮮語)

 もうなんでもあり。
 韓国人女性が整形するなんてあたりまえのことなんですから放置しておけばいいものを。
 与党議員にブーメランが刺さるだけですよ……。
 最後にもう一本。

「日本、G7外交長官会議書韓国と会談しない方向」(韓国日報・朝鮮語)
共同通信はG7外交・開発長官会のきっかけ韓日外交長官会談開催問題と関連し、「(日本外務省は)韓日関係悪化を理由に韓日間正式外交長官会談はしない方向」と報道した。 (中略)

ただし、正式会談ではなくとも、両大臣はリバプールで何らかの方法で遭遇するしかない。両側間の最小限のコミュニケーション意志を確認する次元で、略式会談が開かれる余地は残っている。
(引用ここまで)

 共同通信の報道によると外務省幹部は「韓国語通訳は同行していない」と述べているとのこと。
 これ、G7で会談予定だったのを日本側が一方的にキャンセルしたと韓国側からいちゃもんつけられたことへの意趣返しですね。
 こうした国際会議で当初から「韓国とは会談しない」って言い切らざるを得ないところまで日韓関係はやってきている、ということです。
 ま、さほど悪いことでもないと思います。

Twitterで更新情報をお伝えしています。フォローよろしくお願いします。→

韓国メディア「韓国も第6世代戦闘機の開発はできる! KF-21を発展させ、適応させることができるのだ」……はあ、さいですか

中・ロ・日では第6世代戦闘機が数年以内にも出撃……韓国には開発計画すらない(ソウル経済・朝鮮語)
次世代武器体系の中で近未来戦場の版図を変えるゲームチェンジャーに挙げられるのは、極超音速ミサイル、第6世代戦闘機、無人戦闘体系、宇宙戦技術(攻撃衛星武器を含む)などだ。中国・ロシアはこのうち一部は開発して配置し、残りは2020年代半ばから2030年中盤まで開発する予定だ。日本も早ければ2020年代半ば~2030年代にこれらの技術の大部分を戦力化する計画だ。それに比べて韓国は早ければ2030年代にも主要技術を戦力化できると見込まれる。周辺の強国たちより半拍子遅れているわけだ。 (中略)

第6世代戦闘機の技術ギャップはもっと大きい。第6世代戦闘機は人工知能(AI)、有・無人機複合運用、低被探索(ステルス)機能、向上した超音速巡航飛行能力(あるいは極超音速飛行)、レーザー武器運用などを目指す。当該技術が実現すれば、既存の戦闘機としては相手が難しくなる。

ロシアは第6世代「ミグ41」戦闘機(別名「PAK DK」)を2028年まで開発するため、2014年に航空機メーカーミグ・スホイに共同開発を任せた。中国はすでに戦力化した第5世代戦闘機J-31をベースに、2035年までに第6世代戦闘機を開発する予定だ。日本は「JASDF」というプロジェクト名(仮称・F-3戦闘機)で第6世代戦闘機を開発中だ。製造は三菱重工業が引き受け、2024年まで試作機を出し、2031年まで量産体制を整えるものと見込まれる。計画通りに実行すれば、2030年代半ばの戦力化が可能と思われる。

韓国の第6世代戦闘機開発計画はまだ確立されていない。国防科学研究所(ADD)と韓国航空宇宙産業(KAI))は今年、試作機を生産した4.5世代国産戦闘機KF-21をベースに、今後5~6世代(仮称KF-21ブロック3、あるいはKF-XX)戦闘機を製造できると自信を持っている。だが、これを導入すべき空軍が所要提起をしていない。現行のKF-21開発が完了する2028年(ブロック2基準)以降に第6世代開発に乗り出せば、早ければ2030年代後半~2040年代半ばに国産化が可能と見込まれる。
(引用ここまで)


 ……ほう。
 極超音速ミサイル、第6世代戦闘機、無人戦闘機、宇宙戦技術で韓国はそれぞれ周辺国に遅れを取っているものの、半拍遅れでついていけるんだそうですわ。
 特にKF-21を改修して第5世代、第6世代へと適応させていくことができる……のだそうで。
 ただ、現状では空軍から求められていないのでなんともアクションが取れない、と。
 なんだろうな。もう、KF-21の未来は本当に輝いてますね。

 F-16よりも強く、F/A-18やラファールに比べてコストパフォーマンスが高い
 RCSは小さく(もちろん具体的な数値は秘匿)、機体単価は6210万ドル。
 東南アジアを含め、世界に向けて500機以上の需要が見込める。
 第5世代の維持費よりも大幅に安くなるので運用費用も安く済むために引く手数多……というのが韓国側の主張。

 Block2ではウエポンベイを搭載してステルス性を高め、そこから派生してKF-21ネイビーが韓国型空母に搭載されたり。
 あるいは無人機の母機として活躍したりするのだそうですよ。
 いやあ、夢のある話だなぁ。


 まあ、現実的には戦力化当初は短距離対空ミサイルのIRIS-TとJDAMのついた爆弾くらいしか搭載できる予定はない。
 ルックダウン機能もなくほぼ地上攻撃はできない、かつ長距離空対空ミサイル(ミーティア)も搭載できるものがあるかどうか不明。
 維持費もいまのところ不明。

 X-2のようなステルス性能を調べるための実証機を作ったわけでもなく、実際に飛んだKF-21があるわけでもなく。
 現状で4.5世代機がほしいところにはラファールやグリペンが売れているし、スイスやフィンランドのようにロシアの脅威にさらされているところにはF-35が売れる。
 KF-21のマーケットはどこにあるんでしょうかね。
 「共同開発国」であるインドネシアにすら、そんなものが本当にあるのかどうか分からないレベルなのに。

Twitterで更新情報をお伝えしています。フォローよろしくお願いします。→

コロナ禍が直撃する韓国青年雇用……新卒で就職できれば御の字、その半分は1年未満の契約雇用

コロナ雇用ショック、もっとも過酷なのは青年層…最初の職場の半分が「契約職」(ニューシス・朝鮮語)
コロナ19拡散による雇用衝撃が前年齢のうち青年層に最も過酷だったことが分かった。感染症の拡散後、青年層の雇用率は大幅に下落し、厳しく最初の職場を救った青年たちまで47%は1年未満の契約職で調査された。

11日、統計庁の「韓国の社会動向2021」を見ると、昨年2月に大邱地域集団感染が始まった直後の3月中長年雇用が1年前より0.8%ポイント(p)下落したのに比べ、青年層雇用は1.2%p下落した。

青年層雇用は2018年以降2年間改善傾向を見せ、コロナ19拡散で大きな打撃を受けた。特に青年層内で最も大きく雇用率が減少した集団は、卒業直後の青年だった。専門大学以上の学校に在学中の青年雇用率は、コロナ19 1次流行期(2020年3~4月)、3次流行期(2020年12~2021年2月)にそれぞれ4.3%p、2.6%p減少した。

一方、卒業後1年が経過していない専門大学以上の学年の青年は、1次流行期に前年より7%p以上雇用率が減少した。専門大学以上を卒業してから1年にならない男性の場合、2次流行(2020年8~9月)時代の雇用率は前年より12.1%p減少した。女性は、高卒以下の学歴を卒業した直後に就職した場合、雇用率がそれぞれ14.4%p(1次流行)、14.9%p(2次流行)下がった。

コロナ19以降、求職活動をしなかったが就職を希望する求職断念者は増えた。卒業直後、専門大卒未就業者の20%以上がここに該当した。彼らは仕事をしたくても専攻やキャリアに合った雇用や労働条件など適切な雇用がなく、職場を探さなかったと答えた。 (中略)

青年層非経済活動人口の増加も目立った。特に専門大学以上の卒業直後、男性青年の場合、非経済活動人口の割合が前年より10%上がった。
(引用ここまで)


 それでなくとも悪かった青年層の雇用状況がコロナ禍でさらに悪化した、というニュース。
 韓国の場合、外需がメインの経済活動であって輸出さえなんとかなっていれば見かけ上の経済成長はそれなりの数字を叩き出すことができます。
 なのでムン・ジェイン大統領がいうところの「韓国経済は世界でもっとも復活が早かった」というのは実際なのです。

 リーマンショック後でも、そしてコロナ禍でも経済復活は韓国が本当に早かったのは間違いありません。
 特に半導体の輸出は製品販売前のものとなりますから、前もって販売量が増えるわけで。
 リスタートダッシュが韓国に有利な構造になっているというべきでしょうかね。

 ただ、内需はそうはいかない。
 というか、内需こそが悲惨。
 記事にあるように雇用は低下し、求職断念者が増え、非経済活動人口も増える。新卒で就職できれば御の字。
 その就職できた新卒も半分は1年未満の契約雇用。

 実は求人は少なからずあるのですが。
 多くは中小企業のもの。
 韓国では「就職先のステータス」が求められます。さらには大企業と中小企業では所得も倍近い差が出る(最大4倍とも)ので、延々とモラトリアム期間を過ごしてしまう。
 そして貴重な20代を一度も就職しないまま過ごす、という層が7%にも及ぶという社会ができあがったわけです。


 中公新書から出ている「韓国社会の現在」にすごく面白い記述があったので紹介します。

●韓国のキッザニアにあって、日本のキッザニアにない職業。

・国家代表選手
・難民支援機関スタッフ
・外交官
・国税庁公務員
・考古学者

●日本のキッザニアにあって、韓国のキッザニアにない職業。

・花屋
・ソーセージ職人
・消防士
・ボイラーエンジニア
・修理工
・自動車整備士
・車両整備員
・バスガイド
・ガソリンスタンド店員
・ガードマン
・コールセンター
・宅配ドライバー
・ 石鹸工場や鉛筆工場の工員

 花屋とか消防士とか体験させるには楽しそうなのですが、「キッザニアの本当の顧客」である母親から「子供に就かせたい仕事ではない」「興味を持たれたら困る」といった要望があるそうですわ。

 社会から「そういう扱い」を受ける職業には就きたくない。
 でも、能力があるわけでもない。
 というわけで「資格を取る」という名分で就職を先延ばしにする。
 けっきょく就職できないままの人生を過ごす……なんてことになるわけです。
 ノ・ムヒョンの頃から内需内需と言い続けて20年になるんだなぁ。なにも変わらない……むしろ一部では悪化してますわ。

Twitterで更新情報をお伝えしています。フォローよろしくお願いします。→


楽韓さん、本日の動向 - ルトワックの著作が50%ポイント還元中

【PR】通勤途中に本を聞こう! Amazon Audibleが2ヶ月無料のキャンペーンをしています。

 おっと、Kindle 冬のキャンペーンでかげきしょうじょ!!が1、2巻無料配信中。架空宝塚音楽学校でのお話。解説難しいな、微妙に。
 夏にアニメ化されてましたね。
 前日譚のシーズンゼロ、公式ガイドブックを含めて全巻50%ポイント還元。





 あと峯村健司の中国関連著書がどれも対象。
 これ、読ませます。とりあえず新書の潜入中国あたりよいのではないでしょうか。中国版ステルス戦闘機とされるJ-20の試験を見にいって中国当局に捕まりそうになるところとかかなり面白いし、踏み込んでいるのが分かります。



宿命 習近平闘争秘史 (文春文庫)
峯村 健司
文藝春秋
2018-06-08


 ルトワックの著作も総じて対象だなぁ。
 最新刊のラストエンペラー 習近平も含めて。明日あたりちょっと解説するかも。

ラストエンペラー習近平 (文春新書)
エドワード・ルトワック
文藝春秋
2021-07-19


【PR】Amazon Music Unlimitedが3ヶ月無料のキャンペーン中です。

●土曜日投資短信
 売買で大きな動きはなし。下落基調の日立造船をどうするか考え中。
 アップルはなにが原因でこんな急騰しているのか分からない。分割前に買っておいたのは大正解だったけども。
 xR関連での期待なのか自社株買いなのか。あるいはテーパリングに向けての逃避的投資先……? なんとも理解できない値上がりで気持ち悪いなぁ。
 マイクロンにはTwitterのマシュマロに「70ドル割ったけど大丈夫?」なんてのまで届いてましたが、むしろ買い時だと買い推奨してました。
 とりあえずは85ドル。まだ行くと思いますけどね。

 今日のKindle日替りセールからのピックアップこちら。