相互RSS募集中です

2021年11月

「中国に文句を言われれば即座に台湾を見捨てる」態度をはっきりと見せた韓国、有事であっても同じことが起きるはず

台湾、韓国に外交欠礼抗議…「閣僚級の演説突然取り消し」(中央日報)
台湾政府が、韓国の第4次産業革命委員会が国際カンファレンス当日に台湾閣僚による演説を突然取り消す欠礼を犯したとして公開的に抗議した。

台湾外交部は20日夜にホームページで韓国の第4次産業革命委員会が16日に開催した「2021年第4次産業革命グローバル政策カンファレンス」で唐鳳(オードリー・タン)行政院デジタル担当政務委員(閣僚級)がオンライン演説をする予定だったが、当日早朝に韓国側が取り消しを通知してきたと明らかにした。

台湾外交部は「韓国側の欠礼と関連し駐台北韓国代表処代理代表を呼び強い不満を示した。台湾の韓国駐在代表も同時に韓国側にわが政府の厳正な抗議の意を伝えた」と明らかにした。
(引用ここまで)


 正直ね、バカなんじゃねえかって思いますわ。
 韓国当局が中国から抗議を受けたら、こうなるのは100%分かりきっているんですよ。
 なんの抵抗もせずに台湾側を切り捨てるのは間違いない。
 台湾(中華民国)との断交時もそうだったように。
 今回も同じことです。

 招待した人が誰であろうとも、台湾と中国だったら中国を選ぶのが韓国です。
 韓国にとっての正解は「最初からオードリー・タン氏を呼ばない」ことだけです。
 もうね、すべてが間違っているんだよな。
 中国からの恫喝に耐える胆力なんてないんだからさ……。


 中央日報の記事にはありませんが、当日にドタキャンをかました理由は「両岸関係を考慮した」からだとされています。

台湾、韓国に「強烈な不満」表明 唐鳳氏の講演中止で(AFPBB)
韓国が台湾の唐鳳(オードリー・タン、Audrey Tang)政務委員(閣僚)を会合に招待して講演を予定しながら、「両岸関係」を理由に中止したことを受けて、韓国に抗議したと発表した。
(引用ここまで)

 「両岸関係」、つまり中台問題に配慮したということです。

 これ、要するに台湾有事の際には中国側につくという宣言ですからね?
 台湾側にオンライン演説すらやらせることができないていどの連中が、実際の戦争でまともな役割を果たすことができるのかって話です。
 ルトワックが中国4.0やラストエンペラー習近平で書いていたように、「韓国はゆっくりだが確実に、アメリカの影響圏から中国の影響圏に入りつつある」のです。

 その象徴が今回の件です。
 どうにも言い訳のできない形で、ですね。
 まあ、韓国の寝返りを防ぐためにも駐韓米軍撤退はそうはないとは思うのですが。イ・ジェミョンが大統領になれば、それはまた別の話です。

Twitterで更新情報をお伝えしています。フォローよろしくお願いします。→

ラストエンペラー習近平 (文春新書)
エドワード・ルトワック
文藝春秋
2021-07-19

中国4.0 暴発する中華帝国 (文春新書)
エドワード・ルトワック
文藝春秋
2016-03-18

韓国大統領府高官、息子が履歴書に「父親は首席秘書官」「父から支援を受けられる」と書いたことが暴露されて辞任……ザ・韓国だなぁ

韓国大統領府高官辞任 息子が入社志願書で父の権力誇示=政権への打撃必至(聯合ニュース)
 MBCテレビが20日、同問題を報じたばかりだった。民情首席秘書官は政府高官への監察などを行う青瓦台の要職で、「不適切な行為」との声が上がっていた。

 報道によると、金氏の息子は最近、企業の金融営業職にエントリー。志願書の「成長過程」の欄に「父が金晋局民情首席秘書官」とだけ記載した。「学生時代」には「父から多大な支援を受けると思う」とし、「性格の長所と短所」には「私が父に頼み、この会社の夢をかなえてあげたい」と書いたという。

 金氏はMBCの取材に対し、「息子は不安感や強迫症などの治療を受けてきた」として、「あり得ない出来事で弁明の余地がなく、心から謝罪する」と表明。金氏の息子は「あまりにも就職がしたかった」とし、「そうしてはいけないのに、正気ではなかった」と釈明していた。
(引用ここまで)


 よいですね。
 まさに韓国。ザ・韓国って感じのやりようです。
 金氏の息子は最近、企業の金融営業職にエントリー。 志願書の「成長過程」の欄に「父が金晋局民情首席秘書官」
「学生時代」には「父から多大な支援を受けると思う」
「性格の長所と短所」には「私が父に頼み、この会社の夢をかなえてあげたい」

 パク・クネ大統領を陰で操っていたとされるチェ・スンシルの娘であるチョン・ユラが名門高校、名門大学に圧力をかけて入学したことが若者の怒りの一端でした。
 選挙権のない10代の子供たちもろうそくデモに参加していたのですが、その大きな原因がここにあったとされています。

 そもそも梨花女子大に入ったのはアジア大会の馬術で金メダルをとったことによる一芸入学だったのですが。
 その金メダル自体も「馬の能力におんぶにだっこ」だったとされています。
 サムスン電子副会長の命令で海外から超一流の馬が買い付けられて、チョン・ユラに与えられたものだったとの話。


 そして、それをなぞっているのがいわゆるチョ・グク事態。
 娘の大学、および医療専門大学院への入学の際に、やってもいないボランティア等をやったことにして感謝状を捏造したなどが罪状として挙げられています。
 現状でチョ・グクの妻であるチョン・ギョンシム教授は1審2審の両方で有罪かつ実刑判決ですでに収監中。

 それらの判決の中でチョ・グク自身による関与にも言及されているので、チョ・グク本人への有罪判決も確実であると見られています。
 この事件を起こした際にはまだチョ・グクは長官や秘書官ではなかったともされていますが、そもそもソウル大学教授(妻はトンヤン大教授)に権力がないかって話でもあるわけで。

 で、今回は大統領府の民情首席秘書官(チョ・グクの大統領府高官時代と同じ)の息子が父親の権威を笠に着て就職をしようとしていた……と。
 これこそが韓国の姿ですよ。
 パク・クネ政権時代でもムン・ジェイン政権でもまったく変わることがない。
 それが明かされるのが以前よりはマシになった部分、ということかな。

Twitterで更新情報をお伝えしています。フォローよろしくお願いします。→

韓国メディア「もう大統領選挙のネガティブキャンペーンはやめて政策論争してくれ」と叫ぶものの……

[コラム]韓国の与野党大統領選候補は大局観を見せてほしい(ハンギョレ)
 これまでいくつかの大統領選挙を経験したが、今回ほど絶望的な選挙はなかったと断言できる。自分が出した公約を取り消すほど支持率が上がる候補と、現政権に対する「復讐の達成」が唯一の出馬理由と見られる候補間の対決は、「政策」ではなく家族をめぐるスキャンダルの攻防レベルを抜け出せずにいる。激しい暴露戦の中で、真剣な政策論議がどれだけ注目されるかは分からないが、朝鮮半島をめぐる国際情勢があまりにも混乱しているため、「意味のある討論」が交わされるべきだと思われる争点をいくつかまとめてみた。

 第一に、韓国唯一の同盟である米国は、現在「二つの戦線」で厳しい対決に直面している。一つは中国と対立する台湾海峡戦線、もう一つはロシアと対立するウクライナ戦線だ。(中略)中国が台湾を侵攻することまで想定し、それぞれの場合に備えたシナリオを用意しておかなければならない。 (中略)

手に入れた軽空母をどう活用するかをめぐり、韓国の国論は分裂し、厳しく対立するだろう。台湾有事の際、軽空母を東シナ海沖に派遣し、米軍を「後方支援」するという覚悟がない限り、この事業はやめた方が良い。 (中略)

 そして最後に。両候補の話をいくら聞いても、枝葉末節だけで、大韓民国をどのような国にしたいのか、ビジョンが見えてこない。分裂した心を一つにまとめられる「価値」と真摯な大局観を示してほしい。
(引用ここまで)


 左派紙であるハンギョレは現在の政権擁護を原則としています。
 ユン・ソンニョル(ソクヨル)候補の妻キム・ゴンヒ氏についても「虚偽経歴を徹底的に調査せよ」とか社説で言ってしまうレベルで左派寄り。

[社説]ユン大統領候補の妻の「虚偽履歴」、「徹底した検証」は避けられない(ハンギョレ)

 いまのところ、違法賭博、買春疑惑が取り沙汰されているイ・ジェミョンの息子についてはなんの態度も示していません。おそらくはこのままスルーで終了。
 ネガティブキャンペーンを終わらせるなら野党からだ。キム・ゴンヒ氏の虚偽経歴追求の手は緩めてはいけないというような主旨の社説まで出している始末。

[社説]「ネガティブ自制」キム・ジョンイン、国民の力から中断しなければならない(ハンギョレ・朝鮮語)

 これほどまでに左派に優しいハンギョレでも、今回の大統領選はあまりにもひどいという認識になる模様。
 「こうした政策について論争してほしい」という3つの争点を挙げています。

・台湾有事への態度
・戦時統制権返還の時期確定
・尿素水問題のような経済安全保障への取り組み

 戦時統制権返還はハンギョレの悲願なのでスルーするとして、それ以外のふたつについてはどう取り組むのか韓国側から大局観のある話を聞いたことはないですね。

 楽韓Webではこれまで2002年、2007年、2012年、2017年と大統領選挙を見てきましたが、ここまでひどい大統領選挙は見たことがない。
 政策論争ほぼゼロで、それぞれの公約も言った言わないのレベル。主としてイ・ジェミョン側で。
 まあ、現在の韓国にはふさわしい選挙戦だとは思いますけども。


 そうしたネガティブキャンペーンを受けて、大統領選への支持率は妙な動きを見せています。

李在明・尹錫悦候補の「家族リスク」で支持率争いは混戦状態(朝鮮日報)

 ここ最近で行われた世論調査は3つ。
 以下のような結果でした。

A.イ 38.0% - ユン 44.4%
B.イ 40.3% - ユン 37.4%
C.イ 37.9% - ユン 33.5%

 うーん、微妙。
 記事中では「1日ごとに新たな問題が報じられるため、調査の時期が1日か2日違えば結果は変わってくるだろう」とされています。
 実際そうなんでしょうね。
 よりひどいスキャンダルが出たほうが負け、ということか。
 でもま、いまの韓国にはお似合いの選挙戦ではあります。

Twitterで更新情報をお伝えしています。フォローよろしくお願いします。→

楽韓さん、本日の動向 - 年内のゴミ捨てスケジュールの把握はOK?

【PR】Amazon Music Unlimitedが3ヶ月無料のキャンペーン中です。

 Kindle年末年始キャンペーンを掘っていくテスト(by ascii-net)。

 アニメ化されている見える子ちゃんが3巻まで30%オフ。
 面白いとは思うけど、not for me。こういうのが好きな人にはハマるとは思うけど。

見える子ちゃん 1 (MFC)
泉 朝樹
KADOKAWA
2019-04-22


 神々がスマホーゲーを作る「神ゲーってそういうことですか」が全巻、212円?
 どことなくきららっぽいフォーマットで描かれてます。終わったのは掲載誌の都合っぽい感じ。



 あと毎度推しているゴブリンはもう十分に強いが全巻半額。この人のギャグセンスが好きなんだ(Twitterでの斧の泉の精霊のゲッタートマホークとか)。ドラクエ4コマとか好きだったら面白く読めるかも。



 それとは別ですが図書館の大魔術師が1巻無料になっているので入手しておくとよいと思います。
 んで続刊を買え。なんだかんだで連載陣が充実しているのはアフタヌーンだな。



 そして町内のごみ収集年内スケジュールが廻ってきて、燃えないゴミは年内終了だったことに気がついて愕然とする。
 年内あと1回だけの資源ゴミも気をつけないと(部屋が通販の段ボールまみれ)。

 今日のKindle日替りセールからのピックアップこちら。これは読んでおいて損がないと思います。