相互RSS募集中です

2021年12月

K防疫の欠点を指摘するとYouTubeから動画が消える……韓国メディア「政府の介入があったのでは?」

YoutubeでK防疫の欠点を指摘すると、映像が消える……ネット検閲共和国(朝鮮日報・朝鮮語)
YouTubeの「医学チャンネル雨の後」では6日、ハムイク病皮膚科医院ハムイク病院長が製作した映像物「コロナワクチン1部これ以上伝染を防ぐことはできない」が削除された。

この映像は韓国防疫当局のコロナ対応が無理だという指摘を込めた。韓国政府はいわゆる「ワクチンパス」などを通じてワクチン接種ドライブを強くかけながら、確定者数が増えないことがそのような政府政策の効果であるかのように広報してきている。チョン・ウンギョン病庁長はメディアインタビューで「ワクチン接種は感染リスクを下げる」と直接話した。

だが映像でハム院長は「ワクチンがデルタによる重症と死亡を防ぐのに効果的だが、これ以上感染を防ぐことはできない」という米国CDC責任者ロシェル・ウォレンスキーのインタビューをチョン庁長発言と対比させる。それとともに「誰かは間違った話をすることだ」と話す。「ワクチンはコロナウイルスが人体に入るもの(感染)を源泉遮断するのではなく、人体に入ったウイルスが深刻な症状につながらないように戦ってくれる役割をするものであり、ワクチン接種者も本人は病気でなくてもウイルスを他人に移すできる」という説明だ。

この映像はワクチン無用論を主張するものではない。ワクチンにコロナによる重症化率と死亡率を下げる効果があることが明らかに明らかになっている。ただ、映像でハム教授は国内コロナの確定者発生統計と米国のCDCデータなどを活用し、政府の「ワクチン接種を通じて感染を防ぐ」という論理を批判した。

YouTube側は「該当映像がYouTubeコミュニティガイドライン違反した」という以外に具体的な削除理由を明らかにしなかった。専門家の間では「政府の介入や親政府の傾向ネチズンの集団行動が背景ではないか」という疑問が提起される。ソウル市内の内科病院長は「犬の駆虫剤でがんを治療するという映像など、とんでもないいんちき医療知識映像も視聴者を惑わしているが、ハムイク院長映像が削除されたのは納得しにくい」とし「政治的圧力があったのではないか」 と言った。 (中略)

グーグルが発表する透明性報告書によると、2020年の1年間、韓国政府がグーグルに削除を要請したコンテンツ数は5万4330個。米国(9482個)や日本(1070個)、ドイツ(1941個)、英国(829個)、フランス(5475個)などに比べて圧倒的に多かった。これにはYouTubeコンテンツが含まれている。

政府が要請した5万4330件のうち、35%はグーグルが削除を拒否した。「もう消されたコンテツ」などの理由だった。それだけ政府が削除要請を乱発したという放証と解釈できる。

昨年上半期にも韓国政府はグーグルに合計2万967コンテンツをクリアするよう要求した。韓国よりこのような要求をもっと多くした国は4カ国。インドネシア、ロシア、カザフスタン、パキスタンだった。
(引用ここまで)


 韓国政府の推し進めている「K防疫」に対して異議を唱えたことで、YouTubeの動画が消されたのではないか……という疑惑が報じられています。
 確証はなく、あくまでも推定ではありますが。

 韓国政府、防疫当局は「感染予防にワクチンを」と述べているのですね。
 ただ、それはデルタ変異体にまではあるていど通用していたかもしれませんが、感染力が強いとされているオミクロン変異体には通用しないであろう話。
 それでも発症そのものや入院するような症状については相当抑制できるのは間違いないところ。

 ただ、そうした話すら韓国政府は許さないのだろうなと。
 なにしろ、韓国政府は1200億ウォンも出してK防疫を海外に向けて広報していたほどですからね?


 それに加えて韓国政府はGoogleに対して削除依頼を依頼しまくっているわけで。
 まあ、状況証拠は揃いまくってますね。

 ムン・ジェインは無能ですけどもバカじゃないのですよ。
 ちゃんとメディア戦略はできている。ちゃんと対外広報で1200億ウォンをかけて「K防疫は人権無視の防疫ではなく、世界のトップを行く防疫手段だ」とアピールすることもできていますし、コメント部隊を雇って世論を形成することもできるのです。
 そして、GoogleにYouTubeコンテンツの削除依頼をしまくり、その一方で天安艦撃沈事件の陰謀論は放置するなんてこともやっている。

 今回のコンテンツ削除もまあ……状況証拠では真っ黒。
 心証では確実だ、っていうのはこういう場面で使うべき言葉ですね(笑)。

Twitterで更新情報をお伝えしています。フォローよろしくお願いします。→

分断され、孤立を深める韓国人……「誰にも助けを求められない」韓国人が激増中

韓国、国民3人に1人は社会的孤立…「助けを求めるところない」(中央日報)
韓国の国民3人のうち1人は孤立状態であることが分かった。統計庁によると、昨年の社会的孤立度は34.1%で過去最高だった。2年周期で調査が実施されるが、2019年(27.7%)に比べ6.4ポイント上昇した。社会的孤立度は人的・経済的・精神的な助けを求めるところがない人の比率を表す指標。新型コロナによる社会的距離の長期化が単身世帯、高齢層の増加と重なり、孤立の程度が高まった。

昨年、健康が深刻に悪化しても家のことを頼める人がいないという人の比率は27.2%にのぼった。落ち込んでいる時に話をする相手がいないという回答者も20.4%だった。共に関連調査を開始した2009年以降の最高値だ。女性より男性が、年齢が高いほど、助けを求めるところがないという人が多かった。50代は37.1%が、60歳以上では41.6%が社会的孤立状態だった。

昨年の団体参加率は35.8%で過去最低となり、2年前(66.1%)と比較して30.3ポイントも落ちた。年齢別にみると60歳以上の団体参加率が最も低く、次いで30代だった。30代は経済・社会活動が最も活発な年齢帯だが、集団に属していない比率が66%にのぼる。婚姻率が低下し、30代の単身世帯が増え、職場内の交流も減少した影響と分析される。
(引用ここまで)


 韓国を理解するためのキーワードとして「分断」が挙げられる、との話をこれまで何度かしてます。
 左右、男女、資産の有無(金匙or泥匙)、高齢層・若年層、不動産を所有しているかしていないか──韓国人はさまざまに分断されているのです。


 そして分断の中でもさらなる分断が進んでいます。
 女性だとしても生まれが金匙か泥匙か。
 男性でも兵役をしたか否かで分断……等々。

 そこにコロナ禍が加わって韓国人個々が孤立するようになってきた……というニュース。
 ひとり飯がまだまだ禁忌とされている社会背景もあり、日本での孤立より韓国での孤立のほうが社会的にはきつさが強いのでしょう。
 つながりが必要とされる社会なのに、実際には孤立・分断が深まっているっていう。


 いわゆる「ウリとナム」のウリ(我々という意味。仲間意識)もつながり。
 学閥だったり地方閥だったり。
 これまで重要視されてきたそうしたウリの関係が薄まりつつある、特に60代、そして30代では……ということですね。

 60代ということは、いわゆる「孤独な老人」であり、世界最悪の自殺率を誇る部分。
 そして30代は就職できずに、あるいはできてもパートタイムでしかないためにウリに所属できないという感じか。

 日韓それぞれのメディアでは韓国人のひとりあたりのGDPが日本人のそれを超えただの、2027年には超えるだの大騒ぎしてますが。
 個人の状態として分断されて、さらに孤立を深めるっていう人生はどうなんでしょう。
 そういった中でも個人として幸福を追求できる社会であればともかく。
 韓国がそうなっているとはちょっと思えないんだよなぁ……。

Twitterで更新情報をお伝えしています。フォローよろしくお願いします。→

正義連「慰安婦像前で水曜デモを開きたいのに保守派団体に先に申請されてしまう」……もう並んでくれるボランティアすら確保できなくなったのか

場所奪われ…「30周年水曜デモ」が少女像の前でできない理由(ハンギョレ)
 1992年1月8日に始まった「水曜デモ」が5日で30周年を迎える。第1525回水曜集会は、ソウル鍾路区(チョンノグ)の旧在韓日本大使館前の「平和の少女像」から30メートルほど離れた場所で正午から行われる。集会場所だった平和の少女像周辺を、日本軍「慰安婦」の存在を否定する極右団体が先取りしたからだ。

 極右団体の場所の先取りは2020年5月にはじまった。正義記憶連帯の理事長を務めたユン・ミヒャン議員の後援金流用疑惑が浮上したことをきっかけとして、極右系の自由連帯が平和の少女像の前での集会届を正義連に先んじて出しはじめたのだ。正義連は今も平和の少女像前の集会場所を取り戻せずにいる。集会届は30日(720時間)前から提出可能だが、極右・保守団体の会員が集会届を受け付ける鍾路警察署の待機場所で、交替しながら徹夜で居座っているため、毎回場所を奪われているのだ。昨年12月5日は今回の30周年水曜集会を届け出る日だった。正義連は届け出日の2日前から鍾路警察署で夜を明かしたが、すでに自由連帯をはじめとする極右・保守団体の会員たちが届け出場所にいたという。正義連のハン・ギョンヒ事務総長は4日、本紙の電話取材に対し「保守団体の会員たちが寝泊まりしながら居座っているため、近くの空きスペースを探して第2希望としてようやく届を提出した」と述べた。

 極右団体は第2希望の場所も先取りしていた。鍾路警察署情報課は「来週水曜日の1月12日は『母親部隊』が、現在正義連が水曜デモを行っている場所での集会届を先に提出している。両団体で協議しなければならないだろうが、おそらく母親部隊側は集会スペースの分割も許さないだろう」と述べた。

 正義連をはじめとする「慰安婦」被害者支援団体は、警察がこうした努力をきちんと行っていないと批判した。支援諸団体は5日午前、水曜集会に先立って国家人権委員会に警察を調査するよう求める陳情を行うことを決めている。正義連のカン・ギョンラン連帯運動局長は「極右団体は『水曜デモを永遠になくす』と主張して同一の場所での集会届を出している。また、セクハラ発言を日常的に行っており、こちらを侮辱する言葉をはばかることなく吐いている。国家人権委員会が緊急救済措置を取って集会現場で発生する人権侵害を調査するとともに、こうした行為を放置する警察も調査するよう、同委員会に陳情することにした」と述べた。極右団体などの集会届は、自分たちが反対する集会そのものを阻止するための「妨害集会」開催のためのものだということがはっきりしているにもかかわらず、批判を避けようとして警察は機械的に処理しているというわけだ。これについて鐘路警察署は「団体間の摩擦を懸念し、少女像を中心に区画を分けて管理しているだけ」と語った。
(引用ここまで)


 ちょっと面白いですね。
 これまで日本大使館のあった敷地前で正義連(挺対協)が水曜日にデモをするというのはおなじみの風景だったのですが。
 ユン・ミヒャンらが元慰安婦から詐欺行為をしていたことから保守派団体がその場所を延々と占有しているっていう。
 申請は早い者勝ちなのですが、常に徹夜+交代制を敷いている保守派団体に正義連が負け続けている。
 この「正義連が負け続けている」というのが面白いところで。

 完全に国民からの支持を失っているのでしょう。
 「韓国における最高権威者の代理人」として正義連、ユン・ミヒャンが我が世の春を謳歌していたころはリストバンド販売とかやっていたほどで。
 賛同者が山ほどいて寄付金もユン・ミヒャンが「私の個人口座に入金せよ!」ってSNSで叫ぶだけでじゃらじゃらとお金が入ってくるような状況でした。

 それがいまや「正義連の水曜デモのために申請に並んでくれる人すらいない」状況になったのですよ。
 かつてであれば「おばあちゃんたちのために」みたいな言いかたをすれば手弁当で並ぶボランティアくらいいくらでもいたでしょうね。
 なのに、いまは誰もいなくなってしまった。


 ハンギョレは社説まで出して「表現の自由の問題だ」とか言い出しているのですが。
 誰もデモをするななんて言っているわけではなく。
 申請順位をうまくやれやって話に過ぎないのですけどね。

[社説]30周年の水曜デモの場所を小細工で横取りした保守団体の非常識(ハンギョレ)

 NAVER版でもさすがにハンギョレの記事についているコメントは「この親日団体が!」みたいなものが多いのですが、他メディアが報じている記事に関しては「ユン・ミヒャンの拘束もされていないのに?」とか「文災害はユン・ミヒャンをなんとかしろ」といったコメントにあふれています。
 そうそう、ムン・ジェイン大統領は水曜デモ30周年に際してコメントを出したのですが、ユン・ミヒャンについては一切触れないままでした。

文、ユン・ミヒャンを除いて「需要集会30年一緒にいた方々に感謝」(ソウル新聞・朝鮮語)

 「慰安婦問題」には触れるものの、詐欺犯・詐欺団体と化したユン・ミヒャン、正義連には触れることはできないという判断でしょうね。
 最大の支持者であり、ユン・ミヒャンを国会議員にまで推したムン・ジェインをしてこの扱いなのですから、いわゆる一般民心がどうなっているかはお察しください。

 とはいえ「悪いのはユン・ミヒャン個人であり、慰安婦は犠牲者である」という建前自体はまだ崩せていないのですが。
 でもまあ、以前に比べればだいぶ議論自体はできるようになってきたかなぁ……という感じ。
 20年かけて積み上げられてきた嘘を解きほぐすには20年かそれ以上が必要になるのですよ。

Twitterで更新情報をお伝えしています。フォローよろしくお願いします。→

楽韓さん、本日の動向 - メタバース関連株をどうするか……

【PR】Amazon Music Unlimitedが3ヶ月無料のキャンペーン中です。

 らぁ麺はやし田 池袋店で特製トビウオ塩ラーメン。
 アゴ出汁の塩は難しそうですが、しっかりとした出汁の香りが効いている味わい。
 でもここの醤油のが好みではあるな。

20220106_143225 (1).jpg

 さて、西原理恵子の毎日かあさんが全巻99円のセール中。
 鴨ちゃんとの大戦争も描かれててなかなかこう、きつい部分もあるものの基本的には息子と娘とりえぞーの成長譚。

毎日かあさん カニ母編
西原理恵子
毎日新聞出版(インプレス)
2017-09-22


 あと人生画力対決も全巻250円。



●土曜投資短信
 去年の総括は「乱高下の中よくやった」かなぁ。
 金融・商社株、半導体関連株はよく上がってくれました。
 半導体関連株は今年になってからアレですが。
 オミクロン変異体が世界を覆う中、アメリカのテーパリングがどうなるかですかねぇ。
 まあ、インデックス運用はあと20年は放置予定なので、市場がどうなろうとも買い続ける予定。

 年明けからはこれといった動きは見せてませんが、徒歩範囲内にまいばすけっとがあるのを見つけてイオン株をどうするか考え中。2月の株主優待かぁ。
 あとメタバース関連株としてユニティを考慮中。ラウンドヒルのETFも組み込み株的には悪くなさそうだけど。



 今日のKindle日替りセールからのピックアップこちら。