相互RSS募集中です

2021年12月

イ・ジェミョン「軍隊にも行ってないような連中が『滅共』とか『北朝鮮を先制攻撃しよう』などと主張している」……いや、おまえも兵役に行ってないだろうが

イ・ジェミョン「軍隊に行かなかった人間が滅共・北進統一主張」(聯合ニュース・朝鮮語)
共に民主党イ・ジェミョン大統領選挙候補は15日、「もともと軍隊が行っていなかった人間が滅共、北進統一を主張する。先制攻撃のようなことを(主張)する」と話した。

イ候補はこの日の夕方、江原仁済郡のあるカフェで軍全域の人々と進行した「名心トークコンサート」でこのように言及した。

軍役未経験者の国民の力ユン・ソクヨル候補が最近eマートでアンチョビと豆を購入、「滅共論議」を借りたのに続き、対北朝鮮「先制打撃論」を取り上げたことを直撃したものと見られる。

ただし、イ候補自身もやはり軍役未経験者であることを意識したように、その発言の終わりに「私がちょっとそんな感じなのに」と付け加えた。

イ候補は男性の軍服務について「国家のために特別な犠牲を払うことで公正に扱ってほしい。男として生まれたのが罪でもないのに」とし「どんな形でも特別な犠牲に対して相応する補償をしてくれるのが正しい」と強調した。

最近、自分の志向性について「女性偏向的」という一角の攻撃を意識した発言と解釈された。
(引用ここまで)


 イ・ジェミョン候補が「ユン・ソンニョル(ソクヨル)は軍にも行っていないのに滅共思想に偏っている」と批判コメントが出てまして。
 ……いや、軍に行ってないのはおまえも同じだろうっていう。
 ユン候補は左右の目の視力が大きく違うことで。
 イ候補は中卒後に働いていた工場で左腕を怪我したことで。
 それぞれ兵役免除となっています。

 滅共云々というのはデパートやスーパーなどを経営している財閥である新世界グループの副会長が「滅共」(共産主義者滅亡)と自分のSNSに書いたことから、保守派の議員らがそれに追随したという拡がりを見せ、ユン候補までそれに乗ったなんてことがあったためです。

韓国大企業副会長の「滅共」投稿めぐる議論、政界に広がる…野党有力者ら「投稿リレー」(中央日報)

 ユン候補は新世界グループが経営するスーパーであるイーマートで買い物をして、滅共について支持するという意思を見せたというわけです。
 それに続いてミサイル発射を受けて北朝鮮先制攻撃を主張しています。

 で、わざわざイ・ジェミョンが軍人の前でそれに反論するかのようにしてこんなセリフを軍人の前で言ったのはなぜか。


 イ・ジェミョンはフェミニスト側に立つ、とされていることが多いのですね。
 ムン・ジェイン大統領自体が「フェミニスト大統領」であるとされています。現在、ムン・ジェインの支持率は20〜30代の女性からのそこそこ高くなっているのですが。
 それはムン・ジェインがフェミニストであるから、とされています。
 で、ムン・ジェインの政策を継承するであろうイ・ジェミョンも同様であると考えられているのですね。

 それに対してユン候補は「女性家族部廃止」を公約に挙げました。
 女性家族部(省庁に相当)は正義連(旧挺対協)等に乗っ取られて、支援金を受け取る側が審査をするというねじれ現象を起こしているようなところで。
 男性側から「無駄に予算だけを費やしてなにもしないゴミ省庁」みたいな扱いを受けています。

 イ・ジェミョンはそれに対抗するようにして「軍に行った男は誇らしい存在だ(自分では行ってないけど)」とか言い出しはじめた、というわけです。
 男女間の分断をそれぞれに利用しようとしているのですね。
 現状、若い男性のほうが多いので女性を味方につけるよりは男性を味方につけるほうが票数的には有利かな……という感じでもありますか。

 ムン・ジェインは「次の大統領は統合の大統領になってほしい」なんてコメントを出しているほどなのですが。
 まあ、自分でできなかったことを他人にやらせようとするなって話でもあります。

Twitterで更新情報をお伝えしています。フォローよろしくお願いします。→

北朝鮮のミサイル発射に非難声明で歩調を合わせる日米、中国とほぼ同じコメントを出す韓国……どこに行くつもりなのやら

北朝鮮のミサイルが強くなるほど…シンクロ率高まる日米、空回りする韓国(中央日報)
バイデン政府が制裁を通した北朝鮮への圧迫を本格化している中で、日米共助は際立っている反面、韓国は温度差のあるメッセージを出す様相が繰り返されている。ともすれば米国の北核対応において、日本の影響だけ大きくなる結果につながりかねないという懸念も出ている。

バイデン政府が12日(現地時間)、北朝鮮の弾道ミサイル関連で発足後初めて独自制裁を発表すると、松野博一官房長官は13日の記者会見で「北核・ミサイル問題解決のための米国の立場を支持する」と述べた。米国に続いて日本も新規の独自制裁を科すかどうかについても「拉致、核、ミサイルといった諸懸案を包括的に解決するために何が最も効果的かという観点から不断に検討する」と述べて可能性を残しておいた。

反面、同日、韓国外交部は米国の独自制裁に対する公式立場として「対話と同時に制裁の履行が緊要だという米国の既存の立場が反映されたものと評価する」とだけ明らかにした。事実上「米国が元々してきたものを継続するだけではないか」程度の評価で、制裁自体に対する支持の有無は明らかにせず、他人事のように判断を留保したとみることもできる。あわせて北朝鮮に対して「対話に復帰せよ」と促すなど、依然と傍点は対話につけたままだった。 (中略)

先立って日米は6日(現地時間)、外交・国防2プラス2会議で極超音速ミサイルに対応するための共同で研究開発を行っていくことに合意した。世界的に極超音速ミサイル技術を保有した国は米国の他には中国、ロシアだけしかない。

ここに北朝鮮も加勢する兆しを見せている。この日の措置は中露朝の極超音速ミサイルに対処するための技術と装備を共同開発する次元とみることができる。

これに先立ち、その前日の5日(現地時間)にも日米外相は電話会談を行って北朝鮮の極超音速ミサイル発射に関連した協力について意見を交換した。当時、韓米外相間で電話会談はなかった。
(引用ここまで)


 3連発の北朝鮮による飛翔体の発射に対して、日米はほぼ同じように非難声明を出しています。
 日米は新年早々の7日に外務大臣、防衛大臣が出席する、いわゆる2+2をオンラインで開催しています。
 インド太平洋戦略へのコミットメントを確認し、5日のミサイル発射についても懸念表明を行っています。
 ここ何年かはオンライン、オフラインで1年に1度は2+2が開催され、日米同盟の強さを堅持していますね。

 一方、米韓の2+2がいつ開催されたかというと去年3月。訪日後にブリンケン長官、オースチン長官両名が訪韓をしましたね。その前は5年間に渡って行われていませんでした。
 で、去年の米韓2+2では共同記者会見でかなりアメリカ側から中国に対して強い言葉が飛び出てきました。
 共同声明では中国については一言も触れられていなかったにも関わらず、です。

 で、北朝鮮がミサイル発射を繰り返すことに対して韓国大統領府がどのようなコメントを出しているかというと、こんな感じ。

韓国大統領府、北ミサイル発射に「意図の断定はやめよう」…「誠実な挑発」などあるのか(中央日報)

 中国と韓国のコメントが似通っている、という記事。
 11日には「終戦宣言がさらに重要になった」とのコメントもあったそうですわ。


 さて、CSISのマイケル・グリーン氏が日韓関係は修復できるのか、とするコラムを書いています。

【グローバルフォーカス】大統領選後に韓日関係の転換点は来るのか(中央日報)
容易な第一歩は別の議題で雰囲気を変えてみることだ。地政学的な観点だ。日本の専門家は韓国が中国のアジア覇権の野心に同調すると感じる一方、韓国の専門家は日本がクアッド(日米豪印)と海洋民主国家連帯を強調して過度に中国と緊張を形成していると考える。しかしアジアの明るい未来を望む両国の観点は大きく異ならない。ともに中国の覇権主義を警戒し、域内の米国の強いリーダーシップを望む。解決不可能な問題に縛られて和解の可能性を低めるより、自由で開放されたインド太平洋地域のための協力、インフラ、金融と女性の力量強化、民主主義支持に両国間の協力案を模索するのがよいだろう。共有する価値と利益のために協力して信頼を積み上げながら構築した善意の関係は、両国の前にある難題を取り除く原動力になるだろう。
(引用ここまで)

 「善意の関係は両国の前にある難題を取り除く原動力になるだろう」……ですって。
 どんだけ現実から目を背けるつもりなのやら。

 マイケル・グリーン氏はアメリカが裏書きした慰安婦合意についてアメリカ側で暗躍した人物ではないかと楽韓Webは見ているのですが。
 あまりにも韓国の動き(徴用工裁判、慰安婦問題)が斜め上で足元をすくわれた人物でもありますね。

 韓国はクアッドにも加わらないどころか「クアッドはよいアイディアではない」とまで言っている状況。
 それでいてアメリカとの合同軍事演習すらやらない。
 北朝鮮がなにをしようとも非難声明すら出さない。
 アメリカにしてみれば「なんでこいつらと軍事同盟組んでるんだろう?」ってなりますわな。
 在韓米軍基地を使うためだけでもわりと利益はあるにしても。

 日本と2+2をやっていても韓国とはやっていない、というのがアメリカの答えではありますかね。
 オーストラリアとの間では円滑化協定が結ばれてますし、イギリスとは将来戦闘機についてエンジン製造で共同研究を開始。
 果たして韓国はどこに行くつもりなのやら。

Twitterで更新情報をお伝えしています。フォローよろしくお願いします。→

韓国マンション崩壊:内部告発者「品質管理者は3人必要なのに現場にはいつもひとりだった」……ああ、「Kコスト管理」ってヤツか

現代産業開発内部告発者「品質管理者3人必要なところを1人にした」(JTBC・朝鮮語)
現行法に明示されている品質管理者の建設現場配置基準です。
工事費1000億ウォン以上の特級品質管理工事現場は、品質管理者を3人以上配置しなければならないと書かれています。
事故が発生した光州アイパークを含め、ほとんどの大型マンション工事現場は特級品質管理対象に属します。
しかし、現代産業開発で10年間勤務した品質管理者は、工事現場でいつも一人で働いていると言います。
残りは書類上だけにある「偽勤務者」だったということです。

Aさん/元現代産業開発品質管理者「品質管理者は無条件で1人ずつ配置してました。3人にいるべきでしたが2人は書類だけで、実際に仕事をしていません」

一人で仕事をしているのであれば安全管理は正しくなされなかったといいます。

Aさん/元現代産業開発品質管理者「3人がやるべきことを1人でやれば管理がしっかりできますか? 不可能です」

Aさんはこれまでの経験で見た時、光州アイパーク工事現場にも品質管理者が一人しかなかったのか調べてみなければならないと主張します。

Aさん/元現代産業開発品質管理者」「現代産業開発は一人だと見てよいでしょう。役員や社長たちは(品質管理者の)やることがあまりない、という認識をしていますから……」

これに対して現代産業開発は「すべてのアパート工事現場は適法に3人の品質管理者が勤務している」との立場を明らかにしました。
(引用ここまで)


 大きな工事であればひとつの現場に3人が必要とされる品質管理者がひとりしか配置されていなかった、との報道。
 実際に光州アイパークの現場ではどうであったかはいまのところ不明。
 企業側は「3人配置していた」と主張。
 まあ……「嘘でした」になるパターンだな、これは。

 今回の事故は屋上部分のセメントを打っている間に起きた、とのことですから。
 もうちょっとで事故が起きないレベルにはなっていたわけです。
 いつもは絶妙なバランスを保っていたのでしょうね。

 今回はたまたま事故が起きるほうに天秤がちょっとだけ傾いてしまった、と。
 なにしろ気温がマイナス5度とかで、雪も降っているようなところで作業してましたからね。
 そりゃコンクリートも硬化しないよ……。


 崩壊する10分前の工事現場映像というものもありまして。
 コンクリートの流し込まれた型枠がへこむシーンが撮影されています。
 こんなん撮ってないでさっさと避難しろって気もしますが。



 雪が舞っているのが見えますね。こりゃ寒そう。
 ここ1週間で最低気温がマイナス10度になることもある、かぁ。
 聞こえてくる会話に中国語もあるので、外国人労働者が多かった模様。
 ま、いつまで経ってもセウォル号もどきは韓国から取り除かれることはない、ということですね。

Twitterで更新情報をお伝えしています。フォローよろしくお願いします。→

楽韓さん、本日の動向 - 映画館は換気ができている、という話だけどなぁ

 ぼくの地球を守ってが全巻半額。
 日本のマンガ史に残る名作であるのは間違いないです。
 1、2巻はブラウザ上で読めるので、知らない人もチェックしてみてくださいな(リンクをタップでそのままブラウザで読めます)。



●土曜投資短信
 長期米国国債ETFのVGLTを導入。とりあえず30株。できるだけ早めに100株まで増やしたいところ。目標はまず200株。それ以上も視野に入れてます。
 ポートフォリオの15%までっていう話もあるのですが、そこまででないにしてもそれなりに増やす予定です。ちょっと現金を削ってVGLT買っていきます。
 ISRGが下落基調。もうちょっと下落するなら買い増しチャンスかな。

 珍しく楽天でのおすすめも書いておこう。
 お買い物マラソン中ですしね。1000円の雑炊の素みたいなヤツで、これにちょっとオートミール入れてお湯を注いで食べると空腹時にうまくまぎらわせることができます。ひとつ50Kcal+オートミール分。
 なんだったらデキストリンとかも入れるとよいですね。ひとつにつきだいたいたんぱく質5グラムほど入っているのでその調節にも。1000円なのでポイントを増やすのにも有用です。




 スパイダーマン見にいきたいんだけどなぁ……。映画館は実は換気がよくできている、という話ですが。
 IMAXレーザーとかDolby ATOMOSのプレミアムシートだとスペースあるのでそれにするというのも手か。

 今日のKindle日替りセールからのピックアップこちら。
超速でわかる!宇宙ビジネス
片山 俊大
すばる舎
2021-11-17