相互RSS募集中です

2021年12月

投票日から50日前でも優劣の入れ替わる韓国大統領選……有権者からは「どっちもいやだ」との声。鍵を握るのはあの人たち?

五里霧中の韓国大統領選 50日前でも支持率1位が定まらず(聯合ニュース)
 3月の韓国大統領選が50日後に迫ったが、勝者を予測できない五里霧中の情勢が続いている。

革新系与党「共に民主党」の李在明(イ・ジェミョン)前京畿道知事と保守系最大野党「国民の力」の尹錫悦(ユン・ソギョル)前検事総長の支持率が伯仲するなか、中道系野党「国民の党」の安哲秀(アン・チョルス)代表が年明けから支持を伸ばし、最近の世論調査では「2強1中」の構図となっている。

 過去の大統領選と違い、今回は50日前になっても支持率1位が定まらない混戦模様で、「こんな大統領選は初めて」との声も聞かれる。 (中略)

 過去の大統領選では、この時期に支持率1位の候補がほぼ勝利していた。 (中略)

 12年の大統領選では朴槿恵氏が大半の世論調査で支持トップに立ち、文在寅氏と安哲秀氏が候補を一本化したものの朴氏に及ばなかった。李明博(イ・ミョンバク)氏が当選した07年の大統領選でも、李氏は世論調査で安定して1位を保っていた。

 例外は盧武鉉(ノ・ムヒョン)氏が当選した02年の大統領選だ。李会昌(イ・フェチャン)氏が圧倒的な支持率1位だったが、投票の約1カ月前に盧氏が鄭夢準(チョン・モンジュン)氏との一本化に成功し、逆転勝利を収めた。

 大統領選の行方を見通せない最大の理由として、専門家は候補本人や家族を巡るスキャンダル、すなわち「候補リスク」を挙げる。李氏は城南市長時代の都市開発を巡る不正事件、尹氏は妻の経歴詐称が代表的だ。与野党は互いに相手候補のこうしたスキャンダルを追及している。

 過去の大統領選では、地域や世代などによって有権者の票が保革のどちらか一方に流れる傾向がみられたが、今回はこうした候補リスクのため変動性が非常に高まっていると分析される。
(引用ここまで)


 大統領選まで残り50日。
 投開票は3月9日ですが、いまだに混沌としている状況。
 ノ・ムヒョンが当選した2002年の大統領選挙から延々と見てきていますが、50日前でこんなんなっているの記憶にないですね。
 記事中にあるようにノ・ムヒョンとチョン・モンジュンが一本化に成功した際には1ヶ月前に情勢が変化しましたが。

 それ以降はイ・ミョンバク、パク・クネ、ムン・ジェインがそれぞれ順当勝ちでした。
 それぞれ、あるていどの政策論争はありましたが、まあ……事前にもう決まっている状況だった感じ。
 イ・ミョンバクはノ・ムヒョン政権のひどさの反動で経済に強い大統領が求められていたし、リーマンショックを経験したとはいえども経済の復活が早かったためにパク・クネにバトンが受け継がれたという部分もあります。
 ムン・ジェインはろうそくデモで確定していたも同然。


 各社の支持率はユン候補が微妙に勝ってるものの、ほとんどが誤差範囲内。
 比較的引用されることの多いリアルメーターの調査ではこんな感じ。

ユン 40.6%
イ  36.7%

 先日発表されたムン・ジェイン政権の支持率が42.2%だったので、それ以下。
 次期大統領の支持率が現在の大統領よりも低いという、韓国ではあり得ない事態になってますね。

 そしていまだに「政権交代してほしい」という回答が50%を越えているのですが。
 ユン候補もそこまで支持率を伸ばせていないっていう。

 本当に「どの候補にも入れたくない」という気分が伝わってきますわ。「どの候補もいやだ」ってされていたのは9月でしたが、そこからずっとそのまま。
 ここのところのアン・チョルスの支持率上昇具合も同じ要因なのでしょうね。「あのふたりに入れるくらいならまだアン・チョルスのほうがいい」っていう。

 いまだに親ムン派はイ・ジェミョンを支持していない人が多いようですが。
 親ムン派がキャスティングボートを握ってますね。
 たとえば親ムン派が「ユン候補が当選したら牢獄入り」と考えるようならイ・ジェミョンになるかなぁ……といったところです。

Twitterで更新情報をお伝えしています。フォローよろしくお願いします。→

韓国大統領選を揺るがした「野党候補の妻のプライベート通話暴露」、むしろ「通話の暴露は違法なのでは?」とされて与党に爆弾として落ちた模様

同意なしに「通話中に録音」米11州では違法…尹錫悦候補の妻音声記録放映問題(朝鮮日報)
尹錫悦候補の妻の音声記録に「ゾッとした」というチョ・グク元法相、昨年は「同意のない録音は違法」と主張していた(朝鮮日報)
 韓国野党・国民の力の尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領選候補の妻・金建希氏と、動画サイト「ユーチューブ」のあるチャンネルの撮影記者が交わした通話内容が16日にテレビの報道番組で放映されたことに関連、一部から「プライバシー保護のため韓国のスマートフォンもアップルのiPhoneのように通話録音機能を削除したり、少なくとも警告音を入れたりしなければならないのではないか」という意見が出ている。

 サムスン電子が韓国で販売しているスマートフォンは、出荷時から通話録音機能が基本搭載されている。通話時に画面に出る「録音」ボタンを押すだけで、相手の同意がなくても気付かれずに録音できる。すべての通話を自動録音する機能もある。 (中略)

 一方、米アップルのiPhoneは通話録音機能を提供していない。アップル本社があるカリフォルニア州をはじめ、米国の11州では「相手方の同意のない通話録音」が違法だからだ。 (中略)

 韓国では、相手方の同意なく気付かれないように通話を録音する行為がまん延しているので、特に理由なく常時、通話を録音する人も多い。社員証に小型録音機をつけたり、スマートフォンの録音機能をオンにして職場や日常生活で周囲の人々との会話をすべて録音したりするケースもある。「会話の録音は職場でのハラスメント(嫌がらせ)や暴言などから個人を守るという面もあるが、不必要な社会対立や不信を助長する火種になる恐れもある」という懸念もついて回る。誰もが常に「相手が私との対話を録音し、流布するかもしれない」という不安から自由になれないということだ。 (中略)

 「韓国で通話の録音は違法ではない」というのは「半分は合っていて、半分は合っていない話だ」と法律専門家らは言う。相手方の同意なしに会話内容を録音した場合、通信秘密保護法に違反したわけではないが、権利侵害で民事訴訟の対象となる可能性があるということだ。
(引用ここまで)

 チョ・グク元長官は、かつてはこのような「自動通話録音」に対して批判的な見解を明らかにしていたことが分かった。チョ・グク元長官は昨年2月、釜山高等裁判所のイム・ソングン部長判事が以前、金命洙(キム・ミョンス)大法院(最高裁判所に相当)長官との通話を録音していたという騒動について、刑法学者として「民事違法」という見解を明らかにしていた。

 チョ・グク元長官は「通信秘密保護法第3条第1項の解釈と関連して、判例は「一方の当事者が他方の当事者の同意なしに録音するのは刑事違法ではなく民事違法だという考えだ」と述べた。
(引用ここまで)


 日曜日に地上波で放映された「ユン・ソンニョル(ソクヨル)候補の妻のプライベート通話」。
 期待されていた割にはこれといったスクープになるような会話があったわけでもなく。
 新たな事実が明らかになったというわけでもなく。
 大山鳴動したにも関わらず、ネズミすら出てこなかったというオチ。

 なにか犯罪でも明らかになるというのであれば、まだ「公共の利益が云々」っていえることもできたでしょうけども。
 ただ単に通話を垂れ流しただけでなにがしたかったのかもよく分からない包装になってしまったわけで。

 まだ放送日以降(16日夜)を含んだ大統領候補への支持率調査は発表されてはいないのですが、共に民主党からは「完全沈黙」という形で焦燥感が出てきています。
 びっくりするくらい番組、通話内容に対するコメントがありません。


 そんな中、タマネギ男ことチョ・グクからは「通話内容を聞いてゾッとした」とのリアクションが出てきました。
 ま、そんなチョ・グクですが、以前に「無断での通話録音は民法的に違法」と話していたのに、今回は問題ないとの考えのようです。
 ナロナムブルそのものだなぁ……。

 その一方でチョ・グクの娘で高麗大学と釜山大学医療専門大学院に不正入学したとされているチョ・ミン氏がまたもレジデントに不合格だったとの報道がありました(2週間ぶり2回目)。
 まだなんとか医師としてやっていこうとあがいているんだなぁ……。
 まあ、諦めたら韓国では人として認められていない高卒ですからね。

チョ・グクの娘チョ・ミン氏、慶尚国立大病院レジデント不合格(朝鮮日報・朝鮮語)

 公共の利益があるということで、こういう報道もOKということなのでしょう。
 正直、どっちもどっちだと思いますけどね。

Twitterで更新情報をお伝えしています。フォローよろしくお願いします。→

韓国メディア「中国製EVトラックが『輸入車の墓場』である日本で人気だ」……墓場送りになったのは韓国だけじゃない?

「輸入車の墓場」日本で中国のEVが人気を集める理由(朝鮮日報)
「輸入車の墓場」といわれる日本で、中国製の安価な電気自動車(EV)が善戦していると、ブルームバーグが17日に報じた。

 ブルームバーグは記事で、日本の物流企業SBSホールディングスなどの事例を紹介。SBSは最近、日本のEV関連スタートアップ企業「フォロフライ」を通じ、今後5年間でEV軽トラック2000台の導入を決めた。導入されるEVは東風汽車集団の子会社をはじめとする中国の自動車メーカーが製造する。 (中略)

 品質もさほど悪くないという評価だ。SBS即配部門の宮原朗次長は、中国製のEVが3‐4年使用後にも性能を維持できるかは心配だとしながらも「現状では12時間充電すれば問題なく走行できる」と話した。
(引用ここまで)


 ブルームバーグが「日本の運送業者を中心にして中国製EVトラックの需要があり、じわりと浸透しつつある」というレポートを掲載しています。

中国製EV、日本の宅配業者にじわり浸透-圧倒的な低価格武器に(ブルームバーグ)

 ざっくり中味を書くと──
・配送センターから届け先までの最後のラストワンマイルであれば、EVトラックでも航続距離は問題ない。 ・中国政府からの援助金を得ている中国メーカーに、日本の自動車メーカーは価格競争力で負けている。
・使用を続けた場合の性能は分からないが、現状では充分に使えている。
・2〜3年後は分からないが、いまは中国製EVトラックが市場を席巻している状況だ、と。

 ちなみに朝鮮日報の書く「輸入自動車の墓場」という文言はブルームバーグの記事にはありません。


 韓国製自動車、および一部のアメリカ車にとっては墓場かもしれませんけどね。
 多くの欧州車やアメリカ車でもジープなんかはシェアを伸ばしています。ジープは大躍進って言っても過言ではないレベルで増えてますね。
 要は日本車とかぶる市場を狙うのであれば極端に不利になるってだけで、むしろ趣味的な車であったり、需要のしっかりしたものであれば通用する。

 通用しないのであれば、それは市場の動向を分析しなかった企業側に問題があるんじゃないかな。
 延々と左ハンドル車しか作らなかったり、新車があるのに日本市場に投入しなかったり。
 あるいは「ヒュンダイを知らないのは日本だけかもしれない」とか消費者を小馬鹿にするような広告を作ったり。
 そういう企業は淘汰されて当然なんだよな……。

 そういえば水素燃料電池車で日本市場に再参入するとかいってたヒュンダイ改めヒョンデの話はとんと見ませんね。
 それこそ中国製EVトラックみたいなニッチに入れるつもりだったのでしょうけども。さて。

Twitterで更新情報をお伝えしています。フォローよろしくお願いします。→

楽韓さん、本日の動向 - トンガになんとかして義援金を出そう

【PR】Kindle Unlimitedが2ヶ月で299円のキャンペーン中です。

 昨日も池袋西武の味の逸品会に。
 マトンキーマビリヤニと煮干し出汁のチキンビリヤニ。あとバスマティ米のミニ海鮮丼。マトンキーマは炊きたてに近い感じでしたね。

ED1C3F6C-B51B-4E32-8A6A-E670B6E991DA.jpeg01B0C7F8-2716-40DB-AB7F-8F9F65212554.jpeg

 今日で終わりですが、今日も行ってたりする。
 海鮮丼はやばかったなぁ……バスマティ米だからさらさらっとお茶漬け感覚で行けてしまう。意外なくらいに合いました。

 トンガへの義援金は大使館経由か赤十字社経由が確実。
 路上でやっている寄付募集は9割詐欺だと思っていい。YouTuberとかが「寄付金どこに行くんですか」とかやってもよいかもね。
 年末にけっこうな額を寄付してしまったのでプールしている予算がなにもないんだけども、どうにかひねり出します。
 永寿総合病院に出したくらいはなんとか……。

 今日のKindle日替りセールからのピックアップこちら。
金利を見れば投資はうまくいく
堀井正孝
クロスメディア・パブリッシング(インプレス)
2016-01-22