相互RSS募集中です

2021年12月

「イ・ジェミョンを支持するくらいなら離党する」と地方議員を筆頭に200人以上が脱党、野党入り……イ・ジェミョン嫌われすぎか

「良心上、李を支持できない」与党蔚山党員、200人余り脱党後、国民の力へ(朝鮮日報・朝鮮語)
ホ・ウンニョン蔚山市蔚州郡議員(無所属)、シム・ギュファン前民主党蔚州郡青年委員長、パク・ジュンソプ前民主党蔚山市党文化芸術特委委員長などは26日、蔚山市議会庁舎の前で記者会見を開き、「蔚山の未来のためにに、入党して国民の力執権を助ける」と明らかにした。

彼らは「100人余りは今日で民主党を脱党し、全体200人余りが国民の力に入党しようとしている」とし「最近の民主党の行動、蔚山が置かれた状況を見ながら良心上はっきりとできなかった」とした。 (中略)

続いて「イ・ジェミョン候補はとても信頼できない候補だ。有利、不利によって瞬間瞬間につく嘘とナロナムブルは史上最悪級だ」とし「昨年の間に民主党の唯一の道を歩んできた私たちは良心上、とても李在名候補を支持することができない。特にこれまで私たちが献身的に身を込めてきた民主的政党が合うか懐疑感に陥るだけだ」と話した。

彼らは、「私たちが身に着けていた政党を奪われることに対する批判は甘くなるだろう。しかし蔚山の未来と私たちの子孫の未来のために離党するほかはない私たちの衷心を理解して下さることを望む」として「これ以上、分断されて戦う時でなく苦痛に処した国民を生かすには国民の力が執権しなければならない」と述べた。
(引用ここまで)


 イ・ジェミョン支持はできないとして、共に民主党から200人以上の党員が離党しただけではなく最大野党の国民の力に加入するという事態に。
 蔚山はヒュンダイを地元企業とする地域で、ヒュンダイ重工業の造船やヒュンダイ自動車の工場がありまして。
 かつてはひとりあたりGDPがソウルよりも高いことで知られていました。韓国でもっとも豊かな街だったのですね。
 逆転されて久しいですけども。

 共に民主党は「すでに除名した議員なので大量離党などはない」との立場だそうです。

民主党蔚山市党「ホ・ウンニョン、シム・ギュファン除名状態、集団脱党なし」(ニュース1・朝鮮語)

 曰く、10人ていどは離党したかもしれない、とのことですが。
 とはいえ「良心的にイ・ジェミョンを支持できない」とする地方議員までいるということが分かってしまったわけで。


 これが散々、楽韓Webでお伝えしてきた「親ムン派はイ・ジェミョンを支持していない」というヤツなのです。
 共に民主党所属であっても、イ・ジェミョンを支持できない層が一定以上存在している。
 ムン・ジェインの支持率はいまだに40%以上ありますが、イ・ジェミョンの支持利率は35%前後止まり。
 この差が親ムン派による非支持部分ではないかと思われるのですよ。

 親ムン派がイ・ジェミョンの支持に回るかどうかは正直、微妙なところ。
 最終的に負けるんだったらこの差で負ける可能性すらあります。
 むしろアン・チョルスとか極左の正義党シム・サンジョンあたりに流れるほうがありえるかな。

 「イ・ジェミョンを支持するくらいなら離党する」というほどの人々がいるのだから「党自体は指示してもイ・ジェミョンには投票しない」という人はさらに多くいるわけですから。

Twitterで更新情報をお伝えしています。フォローよろしくお願いします。→

アメリカの駐韓大使として「北朝鮮制裁専門家」がバイデン政権に選ばれた意味とは?

空席続く駐韓米大使 元対北制裁調整官のゴールドバーグ氏が内定(聯合ニュース)
 1年以上空席だった駐韓米大使に、フィリップ・ゴールドバーグ駐コロンビア米大使が内定した。政官界関係者が26日伝えた。

 米政府が韓国政府に対しアグレマン(同意)を求めているという。

 ゴールドバーグ氏はトランプ政権だった2019年からコロンビア大使を務めている。オバマ政権下では国務省で対北朝鮮制裁を担当する調整官として、国連安全保障理事会の対北朝鮮制裁決議の履行のため、関係国との連携などを統括していた。
(引用ここまで)


 長らく不在だった駐韓アメリカ大使が内定し、韓国にアグレマンを求めている状態だというニュースがありました。
 内定したのはフィリップ・ゴールドバーグという人物。

 このフィリップ・ゴールドバーグという人、どんな人物なのか。
 アメリカの職業外交官で2009年に行われた北朝鮮の核実験に対して国連安保理による決議を主導した人物。
 主導したのは安保理決議1874。北朝鮮に対して経済的な制裁を強化して現在まで続く人、金、物の制限を行っているものです。
 現在にいたっても続いている厳しい経済制裁の端緒となっています。
 韓国メディアからは「対北朝鮮制裁専門家」と呼ばれていますが。

新任の駐韓大使に対朝制裁専門家が内定(韓国経済新聞)

 まあ……人聞きの悪さを別にすればその通りかな、という感じ。
 つまり、対北朝鮮に強い立場でものを言う人物を駐韓大使としてアメリカは選択した、というわけです。

 かつてムン・ジェイン大統領はバイデン大統領に対して「シンガポール合意の精神に基づいて北朝鮮と対話路線を貫いてほしい」とリクエストしたことがありました。
 それに対するアメリカからの答えは「日本との関係を改善するのであれば、北朝鮮問題をそのように取り扱おう」というものであったとされています。


 以降、ムン・ジェイン大統領は東京オリンピックを契機に訪日を試みようとしていました。
 かなり無理を通そうとしていたこともあって、楽韓さんは「こりゃアメリカになにか言われているな」と解説した物でした。

 訪日交渉の最中には「我々が訪日するのだから、日本はなんとしてでも結果を出せ」とか外交的にあり得ない言いがかりをつけたりもしてきましたね。
 「結果を出せ、さもなくば訪日はしない」という意味不明な条件をつけてきて、外交的センスが皆無であることをまたも実証してくれたなんてこともありました。
 けっきょく、日本側は「徴用工問題、慰安婦問題について手土産を持ってこないのであれば、15分の会談で終わり」との態度を崩すことのないまま。
 ムン・ジェインは訪日を断念
 望んでいた対日外交関係の修復はできずに、今日まで迷走を続けているのはご存じの通り。

 それから半年、答え合わせの時間がやってきたようです。
 アメリカは韓国にあてつけるかのようにして「北朝鮮への制裁専門家」を駐韓大使とすることを表明した、というわけです。
 いまから議会聴聞等もあるので、大使就任はかなりあとになるとは思われますが。
 ムン・ジェイン大統領は幾度となく「制裁緩和からはじめよう」と言ってきましたし、終戦宣言もその一環であると考えられます。
 そのムン・ジェイン政権に対して完全にノーを突きつけた、という形になったわけですね。
 今後の米韓関係を象徴するかのような人選と言えるのではないでしょうか。

Twitterで更新情報をお伝えしています。フォローよろしくお願いします。→

 北朝鮮への国連捜査については古川氏のこの著作が本当に面白い。ちらっと姿を見せただけで隠れ蓑にしていた企業が消えたりするそうですわ。

韓国首相「K防疫が失敗したとの言葉には同意できない」「オミクロン対策で変化しただけ」……さすがにそれは苦しい言い訳だなぁ

キム総理「K防疫失敗?同意できない…オミクロン、伝播速度遅れて軟着陸」(韓国経済新聞・朝鮮語)
キム・ブギョム国務総理は28日、「K防疫が一進一退であったり、失敗したという言葉に同意できない」と明らかにした。

キム首相はこの日、自身のソーシャルネットワークサービス(SNS)を通じて「これは2年以上コロナ19と死闘を繰り広げた国民と防疫当局・医療陣の努力を解き明かす母陣の言葉」とこのように明らかにした。

検査・治療体系の転換については「以前のコロナ対応が細かいネットで診断して追跡し、拡散を断ち切ることだったら、素早く動くオミクロンをつかむために、より広いネットを迅速に広げることにした」と説明した。

それと共に「K防疫を放棄したのではなく、生物のように生きて動くオミクロンという敵に対応できるように対応戦術を改編したもの」とし「K防疫2.0というアップグレード版を次々と完成していく」と付け加えた。
(引用ここまで)


 韓国の国務総理が「K防疫を失敗したというな!」と政府の中心で叫ぶ。
 ……まあ、実際問題として韓国も日本も世界単位で見ると防疫の優等生であることに間違いはないでしょう。
 ただ、台湾やニュージーランドみたいに大成功しているかといったらそうではない、というのも確かですけども。
 ニュージーランドはオミクロン変異体が入っているのに100人前後。
 台湾なんてまだ新規感染者が2桁でがんばってるもんなぁ。まあ、この春節(旧正月)がひとつの節目になるとは思います。

 ただ、K防疫はもうすでに去年のデルタ型の時点で、いわゆる3T、Trace、Test、Treatのどれも破綻していました。
 疫学調査による感染源の追跡(Trace)は12月時点で20%台になっていました。
 検査(Test)体制にいたってはドライブスルー検査を取りやめるなど縮小方向。現在ではすでに無料のPCRテストは濃厚接触者、高リスク者に対してしか行われていません。
 隔離、治療(Treat)は「重症者が1000人でも対応できる」と豪語していましたが、けっきょく医療崩壊。
 この3TをK防疫の柱として、諸外国にアピールしていた……のですけどね。病床を確保するという約束も果たさずに、対外広報費に1200億ウォンも費やして
 「K防疫」なるものは感染を抑制できる範囲ではうまく働いていたのですが、一定以上の感染者が出れば破綻せざるを得ないていどのものだったことが分かっています。


 あとはワクチン入手失敗やら、その効力がなんとも怪しいものだったりする部分もありますし。
 治療薬でパクスロビドだけを承認したなんてのも失敗のひとつかな。

 なんか最近になって「オミクロン変異体への対応である」としているのですが、そういう話をしているんじゃないんだよなぁ。
 今回の「K防疫失敗論には与しない」って話も同様で。
 去年のデルタ型が蔓延した時点でK防疫は失敗していたのですよ。

 少なくともムン・ジェイン大統領が演説で誇らしげに「我々こそが標準であり、我々こそが世界である」なんて話ではないのは間違いない。
 今日発表の新規感染者数も1万7542人と増加の一途。前週同曜の約2.5倍。

韓国の新規コロナ感染者 5日連続過去最多の1.7万人(聯合ニュース)

 そして今日から旧正月の連休がスタートします。
 日本のオミクロン株流行は年末年始にしこまれた感じでしたが。さて、韓国の場合は?
 まあ、K防疫2.0とやらがあるから大丈夫なんでしょうね。

Twitterで更新情報をお伝えしています。フォローよろしくお願いします。→

楽韓さん、本日の動向 - ナイフはいつ落ちきるのか問題

【PR】Kindle Unlimitedが2ヶ月で299円のキャンペーン中です。

 Kindleのコミックセールで秋田書店のがちょっと面白くて、BEASTARSと刃牙の板垣親子がメイン。

 BEASTARSは10巻まで220円、以降15巻まで308円、最終刊まで396円。
 グラップラー刃牙、バキも同じ割引きシステムです。





 木曜日、昼には東池袋のエーラージ。夜の整体帰りには高円寺のピピネラ。

DCB2B4D8-673C-41AD-A5D7-FCFCD75950ED.jpeg 9B7B7F8A-CC49-401F-9B69-5759E5378D2D.jpeg B376624A-74CB-4B33-B06D-27396A4BFE57.jpeg

 エーラージではランチのCセットでサンバールとラッサムでライスのみ。
 ラッサムは裏メニューというほどでもないのだけどもメニューに記載はないですが、頼めばほいほいと出てきます。ラッサムライスおいしいんだ。わりとおすすめ。
 スリランカ料理のピピネラは初見。
 いわゆるスリランカプレートですね。ラムカレーにパイナップルカレーに豆カレー。酸っぱ甘いパイナップルカレーがアクセントになってて好き。ご飯の上に乗っているココナツふりかけもよい感じ。
 どちらも2人以上の客がいないことを確認して入ってます。基本、しゃべっているのがいなければいいんだよね、要は。

●土曜日投資短信
 動きなし。いわゆる「ナイフが落ちきるタイミング」を見据えたいけど、2番底3番底もありそう。
 ナイフが落ちてバウンドしてまだ落ちる、って感じか。
 現金ポジションを確認して売れるものはちらっと売っておきたいけど、手持ちの個別株は逆行高も多くてなかなか難しい。
 投資信託はなにも考えずに積み立ててるものが多数ですしね。
 あと金価格が下落気味。んー、アメリカの金利が上がる局面ではしかたないか。
 ビットコインをはじめとした仮想通貨にはほとんど手出ししてないので問題なし。小数点以下。

 今日のKindle日替りセールからのピックアップこちら。