相互RSS募集中です

2022年05月

韓国メディア「韓国戦は5-1で大勝したブラジル代表、日本代表には1-0で辛勝」……韓国人は「気に入らない」に大量投票

「ネイマール決勝ゴール」日本、「韓国5対1で破った」ブラジルに0対1「敗北」(スポーツ朝鮮・朝鮮語)
日本代表チームは6日、日本東京国立競技場で行われたブラジルとの親善試合で0対1で惜敗した。 日本は、強い圧迫と堅固な守備から、ブラジルの強い攻撃をよく阻止したが、結局ネイマールに襲われてしまった。 韓国は直前の試合で、ブラジルに1対5で大敗した。

韓国戦争当時、レアル・マドリードとリバプール、欧州チャンピオンズリーグ決勝戦を行ったメンバーたちが完璧に合流していないために、ベスト戦力を構築しなかったブラジルは同日、最精鋭メンバーを立てていた。
(引用ここまで)


 いやぁ……。
 なんでしょうね。ブラジル戦ってやってもやってもどこまで行っても厚い雲に閉ざされて見えなかった山頂みたいなものだったんですが。
 今日はちらっと、本当にちらっとですが山頂とそこへ至るルートが見えた気がしますね。
 まあ、気のせいかもしれないけど。

 これまでだとスコア上は戦えているように見えていても、内容はぼっこぼこだったなんてことが普通。
 なんだったらアトランタ五輪でU-23が勝った時だって内容的にはアレでしたからね。最終的にブラジルが自滅していったというだけで。
 今日は本当にちらっと変わった気がする。
 でもまあ、まだ勝てはしないだろうけど。


 前もちらっと書きましたが、韓国のポータルサイトのニュース記事ではコメント欄が廃止されています。
 あまりにも悪口雑言がひどく、選手がそれを気にするためということで。
 ですが、当該の記事に対してどんな感情を持ったか、というアイコンには投票できるのです。で、その結果がこちら。

スクリーンショット 2022-06-06 23.33.03.png

 「怒り」が789……いま見たら1000超えてました。
 ま、韓国にとっては日本の健闘というのはあまりお気に召さない結果だったようですね。

 あ、そうそう。韓国代表はチリ戦をほぼ同時間にやってまして。
 珍しくソン・フンミンがゴールして2−0で勝利したそうです。

Twitterで更新情報をお伝えしています。フォローよろしくお願いします。→

韓国の家計負債、世界1位かつ唯一のGDP越えを達成……ひどい社会だ

「韓国家計借金、GDP対比世界1位」(アジア経済・朝鮮語)
国の家計負債が国家経済規模を考慮すると、主要36カ国の中で最も多いことが分かった。

6日、国際金融協会(IIF)の世界負債報告書によると、今年第1四半期基準で世界36カ国の国内総生産(GDP)に対する家計負債比率を調査した結果、韓国が104.3%で最も高かった。

続いて、レバノン(97.8%)、香港(95.3%)、タイ(89.7%)、イギリス(83.9%)、アメリカ(76.1%)、マレーシア(72.8%)、中国(62.1%)、日本(59.7%)、ユーロ地域(59.6%)が10位圏に入った。

韓国だけが調査対象国家のうち、家計負債が経済規模(GDP)を上回った。 (中略)

ただ、政府部門の負債のGDP比の割合(44.6%)は25位、1年間、政府負債比率の増加スピード(45.8→44.6%・-1.2%ポイント)は15位の中位圏だった。
(引用ここまで)


 韓国の家計負債が世界で唯一、自国のGDP規模を超えているというニュース。
 賃貸住宅を借りるのに多額の保証金が必要となるチョンセという制度があるので、下駄を履かされている面はあるのは確かですが。
 それにしても104.3%はさすがというか、ものすごいよねっていう。

 大きな理由として、20年ほど前までは経済成長率が5%を超えていたことから借金に対して恐怖感が少ないというものがあります。
 経済成長率が充分に高ければ借金は相対的に小さくなりますから。

 ただまあ、ここ10年ほどの成長率は3%前後ていど。
 これだと借金は小さくなりきらずに残るんですよね。
 それがじわじわと効いてきた、という感じです。


 もうひとつの要因はIMF管理下に置かれたあと、韓国は一気にクレジットカード社会になったのですね。
 あ、そうそう。この際に韓国は法定金利が青天井になったのでした。
 「お金を貸す」という事業にどんどん業者を呼びこんで、与信もそこそこにお金を貸しまくって経済成長をするという仕掛けをしたのですよ。
 当時、「みんなでお金持ちになりましょう!」というCMが流れて、当時の流行語になりました。
 LGカードのCMだったかな。
 クレジットカード持ったからってお金持ちになるわけでもないのにね。

 こんな感じで借金に対してのハードルが社会的に低くなったのですよ。
 それに加えて不動産投資もあるっていうね。そりゃ借金額も大きくなるでしょうねっていう。
 社会構造的に借金しないと生きられない。

 結果、全世帯の1/6が可処分所得をすべて返済に廻しても間に合わない限界世帯
 そして30代は平均で可処分所得の40%以上を返済に廻しているっていう。
 まあ……しんどい社会だよね、ホントに。

Twitterで更新情報をお伝えしています。フォローよろしくお願いします。→

韓国野党で拡がる党内抗争「大統領選でも統一地方選挙でも負けたのはイ・ジェミョンのせいだ」「ムン派がもっと協力してくれれば!」……これこそ韓国ですね

親ムン「大統領選挙 - 地方選敗北の原因を明らかにしなければならない」 vs 親ミョン「文政権、党にも責任」(東亞日報・朝鮮語)
6・1地方選挙敗北で触発された共に民主党内の親ムン(親ムン・ジェイン)と親ミョン(親イ・ジェミョン)陣営間の対立が、イ・ジェミョン議員とムン・ジェイン政権をめぐる「評価攻防」に広がる様相だ。親ムン陣営が大統領選挙、地方選挙敗北評価とともに、イ議員とソン・ヨンギル前代表の公認過程も問題にしてから、親ミョン陣営は「敗北責任は文在寅政権と民主党自体にもある」と応酬した。民主党が今週の緊急対策委員会構成と全党大会開催時期、大統領選挙と地方選挙評価方式などを決定すると見て、両側の対立はさらに激化するとみられる。

チンムン議員らは仁川桂陽区の国会議員補欠選挙に出馬した李議員とソウル市長選挙に出馬したソン元代表公認過程について集中的に問題を提起した。 キム・ジョンミン議員は同日、KBSに出演して「民主党が民主主義をきちんとしているかという問題が核心」とし、「桂陽区、ソウル市長出馬決定の過程が正常な政党であればまともな決定でない」と指摘した。 シン・ドングン議員も同日、フェイスブックで「誰かの責任ではなく、みんなの責任という式に追い込むことは責任の軽重を遮る方式」と指摘した。

チンムンが敗北の評価を強調するのもその過程で公認過程の問題点まで明らかになるという展望がある。 あるチンムン議員は「非常対策委を構成し、なぜ大統領選挙と地方選挙で敗北したかどうかを調べてみたら自然に公認過程も見ざるを得ないだろう」とし、「特定の人を攻撃しようとするものではなく、問題解決のために必ず必要なプロセス」とした。

一方、親明陣営は大統領選挙と地方選挙敗北の根本的な原因は、ムン・ジェイン政権と民主党自体にあるという態度だ。 李議員と近いある議員は同日、東亜日報との通話で「地方選挙の敗北は、民主党が野党になっても『検察捜査権完全剥奪』を強行処理するなど与党のふりをしたため」とし、「イ・ジェミョン責任論よりも前に国民が握らせたろうそく権力を5年ぶりに取られたことから反省しなければならない」とした。
(引用ここまで)


 勝ったほうはパイの取り合いで争いになり。
 負けたほうは負けた責任の押しつけ合いで争いになる。
 ……とても、韓国です。

 まあ、ムン・ジェイン派、そしてイ・ジェミョン派それぞれの言い分も分からないではない。
 イ・ジェミョンにしてみたら「ムン・ジェイン大統領がもうちょっと大統領選挙に対して強く介入してくれたら0.7%の差は覆せたのではないか、と思うでしょうよ。
 不動産政策の間違いを認めてくれたら。
 あるいは経済政策の間違いを認めてくれたら。
 もしくは大統領選挙当時、1日の感染者が30〜50万人と新型コロナでピークに達していた感染対策の誤りを認めてくれたら……となるでしょうね。

 なにしろたったの25万票差でしたから。
 13万票をこっちに持ってくることができれば結果は変わっていたのに、と思うのは人情でしょう。


 ただまあ、当時の党内主流派であった親ムン派からしてみれば「同じ派閥でないどころか、外様としてもっとも遠い位置にあったイ・ジェミョンをそこまで支援する義理はない」ってところです。
 大統領選挙で負けただけでなく、イ・ジェミョンが党の顔となった統一地方選挙でも負けている。
 ほら見たことか、というのが親ムン派の気分でしょうね。

 とはいえ、親ムン派から大統領選に出馬できる人物もいなければ、現在の党の顔になれる人物もいないというのもまた現実なのですが。
 後継者とされていたチョ・グクもいなければキム・ギョンスもいない。
 あえていうなら元法務部長官のチュ・ミエくらいでしたが……なんとも小物。

 ま、どちらも考えているのは自分の陣営が前に出ることだけで、党勢を高めるなんてつもりがまったくないのが笑えるポイントではありますね。
 同じ党に属しているはずの双方が「食えない飯なら灰でも入れてやれ!」とばかりに責任の押しつけ合いをしている。
 いや、これこそ韓国ですわ。

Twitterで更新情報をお伝えしています。フォローよろしくお願いします。→