相互RSS募集中です

2022年09月

韓国でまたまたまたまたホールインワンの保険詐欺、6日間で2回の記録も

ホールインワンで保険金受け取った168人、韓国金融監督院が捜査依頼…6日間で2度の達成者も(朝鮮日報)
 アマチュアゴルファーのA氏は2019年、ホールインワンに6日間で2回成功したと主張し、ホールインワン保険金を2回受け取った。 (中略)

 A氏は2019年8月、ホールインワンを達成したとして、保険会社から保険金300万ウォン(約30万4000円)を受け取った。1年前にホールインワン保険に加入していたのだ。A氏は5日後、別のホールインワン保険に加入し、その翌日に再びホールインワンを達成したとして、200万ウォンを請求した。

 韓国金融監督院は9月27日、A氏のケースについて、ホールインワン保険を悪用した「偽ホールインワン」が疑われると指摘した。金融監督院は17年から20年の期間にホールインワン保険金を受け取った人を全数調査し、A氏のように不当に保険金を受け取った疑いがある168人を発見し、警察に捜査を依頼した。金融監督院は保険金の不当受領が391件、計10億ウォンに上るとみている。

 ホールインワン保険はゴルフでホールインワンを達成した際、仲間におごったり、記念品を製作したりする費用を賄う保険を指す。通常は月数千ウォンから数万ウォンの保険料を払えば、条件によって100万~600万ウォンの保険金を受け取れる。しかし、ホールインワンの証明者が共にラウンドした人とキャディーなので、保険詐欺に利用されやすいとされる。

 中には17年に3人が同じ保険プランナーを通じ、ホールインワン保険に加入した後、3人ともホールインワンに成功したという証明書を提出し、6ヵ月で計700万ウォンの保険金を受け取った例もあった。また、ホールインワンに成功した場合、祝賀パーティー費用などを支給する条項を悪用し、偽の領収書を提出したと疑われる例もある。B氏は2019年8月、ホールインワンを出した後、「仲間におごった」食事代などを決済した領収書6枚を提出するなどして、保険金600万ウォンを受け取ったが、京畿道抱川市と江原道束草市で30分間隔で異なるカードを使って決済していたことが明らかになった。
(引用ここまで)


 韓国名物ホールインワン詐欺。
 10年前にもちらと話題になりまして。
 1年に6回とか、4年に5回とかすごい頻度でホールインワンを出しているのですよ。
 「韓国人はとんでもない頻度でホールインワンを出すことのできる超ゴルフ民族なのだ」という結論を導き出すことに成功しました。

 さらに5年前にも同様に6人のアマチュアゴルファーが1年に4回のホールインワンを決めたそうで。
 やっぱり韓国人は世界最高のゴルファーが揃っているのだなぁ、と。
 しみじみと感じたものです。

 金正日がパー72のコースにはじめて出て、38アンダーの世界記録を打ち立てたなんてことも報じられていますしね。


 今回は6日間で2度、しかも違う保険会社のホールインワン保険に入ってすぐに達成という剛の者がいたそうで。
 ……なんでそれでばれないって思えるんだかな。

 韓国は世界に冠たる詐欺王国なのです。
 人口あたりでの詐欺事件の認知件数が世界一
 韓国メディからすらも「どうしたらこの状況を変えられるのか」って問いかけられるほど。

 まあ……相互に信頼できる社会になればいいんじゃない?
 どうするかはともかく。

Twitterで更新情報をお伝えしています。フォローはこちらから→

韓国高速鉄道の脱線事故、14回に渡って「保守せよ」と指摘されていた場所だった……なお、保守回数はその半分だけ

「大田SRT脱線線路、事故前14回も保守せよ」と指摘(聯合ニュース・朝鮮語)
7月、釜山発水西行きSRT列車の脱線事故が発生した大田操車場周辺の線路に事故以前から補修が必要だという指摘が何度もあったにもかかわらず、適切な補修作業が行われなかったという主張が提起された 。

線路補修が事前に適切に行われれば事故を予防できただけに、SRT脱線事故が典型的な「安全不感症」による人災という分析が出ている。
25日、国会国土交通委員会所属のパク・サンヒョク(共に民主党)議員室が韓国交通安全公団から受けた「韓国鉄道公社(コレイル)およびSR鉄道安全管理体系の検査結果」報告書によると、 SRT列車脱線の原因は温度上昇によるレール変形と推定される。
航空鉄道事故調査委員会は現在、正確な事故原因を調査中だが、軌道方向がずれて列車が脱線した可能性が大きいと見ている。
交通安全公団の随時点検の結果、事故が発生した線路は2021年1月から2022年6月まで月1回施行した軌道検測車点検で「平面性誤差」などが検測され、14回も補修が必要だという指摘を受けた。
特に該当線路は既存線路と高速専用線をつなぐ「中継レール」区間であり、構造的に事故に脆弱だった点であると把握された。高速専用線はレール1m当たり重量が60kgであるが、中継レール区間は1m当たり50kgに過ぎない。 (中略)

これに対してKORAILは「軌道検測車保守指摘14回のうち7回保守を施行した」とし「構造的に脆弱な中継レール敷設により繰り返し間違いが発生したが、列車安全運行には影響がなかった状態だった」と反論した。
コレイルは「今回の軌道離脱は爆炎及び線路の構造的(中継レール)要因のためとみられる」とし「維持・保守とは直接的な関係がないと把握している」と説明した。 (中略)

国土交通部は、構造的脆弱性解消のために50㎏/mの中継レール区間70ヵ所を高速専用線に適した60㎏/m線路に置き換える方針だ。

線路の不十分な管理とともに、先行列車が異常を感知したにもかかわらず、後行列車の注意運転がなされていない点も事故原因と指摘される。

SRT脱線事故当時、機長と駅関係者の間の無線通信録音録によると、先行列車機長は大田操車場駅側に「私たちが出発した際に左右の衝撃が少しあるようだ」と報告したが、後続列車にはいかなる通知も行われなかった。
(引用ここまで)


 いつもの。
 7月に韓国の高速鉄道が脱線事故を起こしたのですね。
 幸いなことに脱線しただけで怪我人が11人ていどの事故で済んだものの、一歩間違えば大事故になりかねないものでした。
 当時の映像がこちらです。



 完全に乗り越えてしまっている形。


 脱線事故の起きた場所について、14回も線路を保守せよとの指摘があったにも関わらず無視。
 KORAILは「7回は対応した」って言っているので、指摘が2回あったら重い腰を上げて対応するという内規でもあるのかな。

 さらに先行車両から「衝撃があったので気をつけたし」との報告があったのだけども、それを後続車両に伝えることもなく。
 結果として脱線。


 直接的な原因はふたつあるようで。
 当日、急激に暑くなったことでレールが変形したこと。
 そして高速専用線と従来路線の切替地点であったこと、だそうで。

 っていうか、切替地点で脱線しやすいのであればもうそれは構造的なもので、SRTがどうこうとかKTXがどうこうって話じゃないのでは。
 韓国では高速鉄道で毎年4件の脱線事故が起きているとのことですが、それも当然か……。
 一応、それを意識してか「現在の中継地点の線路を高速専用線と同じ比重のレールに変更する」とはKORAILも語っているそうですが。
 じゃあ、今度はその手前の変更されていない部分がどうなるのって話なのでは。
 というか従来路線と高速路線で切り替えているという時点で、高速鉄道としては終わっているような。

 韓国のやりかたも分からないではない。
 事故が起きてしまうまで、事故は起きていないわけで(進次郎構文)。
 起きていない事故に対して対策をするなんてナンセンスなんですよ。韓国の感覚では。
 まあ、その結果が度重なる脱線だし、建築中のマンションが崩壊することなのですけどね。
 事故の確率は低いからへーき。

Twitterで更新情報をお伝えしています。フォローはこちらから→

韓国で流行する「身長を6〜13cm高くする」手術、1年のリハビリを要しても受ける男子が続出する理由とは?

「あと5㎝だけ身長が高ければ」… 「四肢延長術」の誘惑(ヘラルド経済・朝鮮語)
「四肢延長術相談を受けるために来た人たちは、10人中9人は手術を決めてきます。小さな身長のために婚約破棄されたという人から、外部の視線のために家の外に出ることが難しいという人まで。それだけ切迫した状況なのです」

「四肢延長術」。名前からして恐ろしいこの手術は「背を高くする手術」として知られている。文字通り骨の長さを伸ばす手術だ。先天的・後天的に腕・脚の奇形のある患者を治療するために考案された手術だが、美容目的で発展した。身長コンプレックスを克服するための最後の手段として、一種の成形手術であるわけだ。 (中略)

国内でも四肢延長術を受ける人が少なくない。 その裏には「身長がスペック」となる韓国社会の容姿至上主義がある。 国内外を問わず、平均的に背が低い男性は背が高い男性より年俸、社会的地位が低いという統計がある。 (中略)

Q.手術過程が非常に大変なようだ。

A.一言で骨を延長するための環境を作っておく手術だ。手術が終わると骨が切られたまま固定装置が接続されている。この時から骨を増やす延長期間だ。通常1日に1mmずつ増やすが、ふくらはぎを6㎝延長すると仮定したとき3ヶ月以上かかる。これまで車いす生活をしなければならない。以後は骨が固まる期間だ。固定装置を抜いて歩く練習をするのに1~2ヶ月。松葉杖なしで自分の力で歩くまで早ければ5ヶ月遅れれば7ヶ月かかる。完璧に自然な歩き方を回復するまでに1年ほどかかる。固定装置を抜く別の手術もしなければならない。最初の手術後、外固定装置は4ヶ月後に、内固定装置は2年後に除去する。 (中略)

Q.どんな人が四肢延長術相談を受けに来るのか?

A.身長のためにストレスを受ける人々だ。背を高くしたい160㎝代の男性が大多数だ。ある男性は他人の視線のため、1年に1、2回だけ家の外に出ると言った。182㎝男性が来たこともあるが、「モデルをしたいのに身長が小さい」と言った。女性の方は150㎝台だ。ある女性の方は結婚を約束した彼氏の母に会いに行ったのだが、「背が小さくて子供に影響を与える」と拒絶されたと言った。結局、彼氏と来て四肢延長術を受けたが手術後には別れた。
(引用ここまで)


 イリザロフ法、という身長を高くする手術がありまして。
 脚を骨折するとそちらの脚だけがやや長くなるというアレからヒントを得たもので。
 腓骨脛骨、大腿骨をわざと折って器具で離して固定し、その間を埋めさせる……というもの。
 記事にもありますが、リハビリ完了まで1年は優にかかるという大手術です。

 神経を損傷する危険性もあり、また骨が伸びる時の痛みは女性をして「子供を産む時よりも痛い」と言わせるほどのものなのだそうで。
 まあ、恐ろしい術式ではあるのですが。
 韓国ではイリザロフ法による手術を受ける人が年に600人ほどいるとの話。
 こっわ。


 日本で女性ゲーマーが「170cmないと人権ない」という発言をして大バッシングされたことは記憶に新しいと思いますが。
 韓国では「180cmなければルーザー」なのだそうですよ。
 ちなみにその発言をしていた女性も顔を整形していたことが判明するというオチなのですけどね。
 それ以外にも子供に少しでも低身長の傾向があれば、ひょいひょいと成長ホルモンを投与するのだそうで……。

 その原因は低身長によるコンプレックスなのだそうですが。
 ちなみに韓国で「n番部屋事件」というものがありまして。ここでは詳細には言及しませんが、それはもう恐ろしい事件。
 主犯は懲役42年の実刑判決を受けた、と書けばどのくらいの衝撃のあった事件か理解してもらえるかもしれませんね。

 その事件の主犯が四肢延長術を受けていたことが判明しています。

「N番部屋」チョ・ジュビン、身長170cmになるために四肢延長術を受けていた(アジア経済・朝鮮語)

 164cmだったコンプレックスを解消し、事件を起こすに至った……と。
 まあ、別にイリザロフ法が問題というわけでもないのでしょうけども。
 こうして手術を受けた人物がさらっと出てくるくらいには一般的とはいえるのではないかなと。

 なお、2018年には手術の失敗で肺血栓で死亡事故も起きています。
 両顎手術も年に5000人以上。イリザロフ法も年に600人。
 すごい国だわ……。

Twitterで更新情報をお伝えしています。フォローはこちらから→

ガタカ 4K ULTRA HD & ブルーレイセット[4K ULTRA HD + Blu-ray]
ジュード・ロウ
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
2021-11-24

楽韓さん、本日の動向 - そういえば20周年なんですよ、うち

【PR】Amazon Music Unlimitedが4ヶ月無料のキャンペーン中!

 あ、楽韓Webはこの10月で20周年を迎えます。
 だからと言ってなにをするというわけでもないのですが、とりあえずアナウンスまで。
 10周年の時も気がついた時は終わってたんですよね(笑)。  Amazonの欲しいものリストでも公開するかなぁ。備忘録半分のやつ。

【PR】通勤途中に本を聞こう! Amazon Audibleが2ヶ月無料のキャンペーン開始!

 サイエンスアイ新書がセールをしてるようで。
 「ロウソクの科学」が教えてくれることが対象タイトル。ファラデーの名著の解説板というか。分かりやすく伝えてくれる版。
 カラー写真多いのでタブレット推奨かな。



 あとクロスボーンガンダムシリーズが完結(?)ということで、半額セール中。
 外伝、ゴースト、DUSTもすべて対象かな。X-11の最新刊以外は。





【PR】Kindle Unlimitedが2ヶ月99円のキャンペーン中です

 あといま読んでいる本2冊ほど。
 感想があればまた後ほど。






 今日のKindle日替りセールからのピックアップこちら。