相互RSS募集中です

2023年10月

韓国文化展で多数の間違いのあったドイツの博物館、韓国当局によって説明を修正、「胸を出した女性の写真」は撤去……やっぱり「そんな風習はなかった」ことにしたいのだな……

カテゴリ:韓国人vs.外国人 コメント:(104)
ドイツ·フンボルトフォーラム特別展で韓国遺物の説明を13%修正……「間違いではない」(聯合ニュース・朝鮮語)
100万点以上の展示品を所蔵する世界で最も大きく重要な非ヨーロッパ文化専門博物館の一つであるドイツ·フンボルトフォーラム内のアジア芸術·民族学博物館が、韓国遺物特別展の展示物の説明を大々的に見直しながらも誤りがあったとは認めていない。 (中略)

「アリラン-閉鎖された王国に対する魅惑」と名付けられた特別展では、プロイセン文化遺産財団人類学博物館に所蔵された、これまで公開されなかった朝鮮時代(1392~1910)などの韓国遺物1800点余りのうち120点を選別し、来年4月21日まで展示中だ。

ヤン・サングン駐ドイツ文化院長は「フンボルトフォーラムアジア芸術博物館側と国立中央博物館側が要請した16件の修正要求を全て反映することで協議を終えた」とし「ただし、内部担当者の病気休暇などの事情で是正が全て直ちに行われることは難しいものと見られる」と明らかにした。

聯合ニュースが3日、特別展の現場を確認した結果、16件の修正要求のうち、すでに撤去された韓国のかんざしだと紹介した日本の髪飾りと胸を表わした朝鮮女性の写真の他に、計6件の修正要求が反映された。 (中略)

フンボルトフォーラムアジア芸術·人類学博物館のラス·クリスティアン·コッホ館長は展示物撤去以後、連合ニュースと会い「これは韓国国立中央博物館などのフィードバックに対する私たちの対応で両側の研究結果を合わせ展示説明を変えていく」とし「フンボルトフォーラムは対話のためのプラットフォームであるため、これは望ましい」と話した。

彼は「所蔵品が非常に多いので私たちは柔軟に展示物を交替することもでき、外で話す話に対して対応できる」とし「このような特別展内容を固定する必要はないと見る」と話した。

今回の展示を企画した韓国館専担キュレーターのマリア·ソボトカ氏は、どのように特別展展示物の説明に誤りが16件に達することになったのかという連合ニュースの質問に対し、「これは誤りではない」とし、「学界では討論が慣例であり、その過程で特定主題に対して様々な専門的な意見がある。展示開幕後、もし展示物に対するフィードバックがある場合、これについては国立中央博物館の同僚たちと協議する」と説明した。 (中略)

ソボトカ氏は胸を表わした朝鮮女性の写真に「誇らしい母親たち」という題名の下、朝鮮時代の女性たちが息子を産むと非常に誇りに思い胸を表わしたという西欧人たちの俗説を記載した根拠としては、04年に発表された淑明女子大学のハン·ヒスク教授の論文を提示した。だが、戦時当時の説明にはこの論文前後になされたこのような俗説に対する論難が含まれなかった。
(引用ここまで)


 韓国文化の特別展「アリアリラン」を開催しているドイツのフンボルトフォーラムが韓国文化院の申し出を受け入れて、展示物の解説をいくつかすでに入れ替えた、もしくはこれから入れ替えるとのこと。
 まあ……しょうがないんじゃないですかね。

 ドイツに韓国文化の専門家なんて数えるくらいしかいないでしょうし。
 絶対的な理解度が足りないんじゃないかと思います。
 そもそもフンボルトフォーラムには韓国関連の文化財が180点ほどしか収蔵されていないって話でしたし。
 ちなみに日本も中国もその100倍の収蔵品があるそうです。

 もっとも大きなエラーは「日本人女性が使っていたかんざしを韓国のもの」として展示していたこと。
 そして「産後に胸を出した服を着ていた女性を展示していたこと」のようですね。


 2度ほど楽韓Webでもこの件を扱っています。

ドイツの博物館が「韓国の乳を放り出した李氏朝鮮時代の女性」の写真を展示→韓国国会議員「日本の陰謀だ、撤去しろ!」(楽韓Web過去エントリ)
韓国国会議員「我々の文化財が欧米で評価されていないのは問題だ!」「評価の間違いを正すべきだ!」と糾弾(楽韓Web過去エントリ)

 その中で解説したのですが、韓国では「このような風習はなかった」とする方向性を見せています。
 今回の聯合ニュースでも同様ですね。

 「西洋の俗説」と切り捨てていますから。
 最初に取り上げたエントリでも「日本人が朝鮮文化を貶めるために製作した写真」って言っている議員がいましたね。

 「そのような風習がなかった」ことにしたいのです。あくまで。
 なんなら「日本の陰謀」「西洋の俗説」とまでしたい。
 まあ、それで覆い隠すことはできないとは思いますけどね。日本にはそれなりに研究者が揃っているので。

Twitterで更新情報をお伝えしています。フォローはこちらから→

韓国メディア「LK-99の超伝導性は国内外共に否定された……だが、よかった探しをしようではないか。韓国国民が超伝導に関心を持ってくれたことは成果だ」……そうですか

カテゴリ:LK-99 コメント:(70)
タグ: LK-99
ネイチャー、「常温超伝導体」米研究チームの論文撤回へ···韓国の研究も酷評(マネートゥデイ・朝鮮語)
ネイチャー(Nature)が米国研究チームが超伝導現象を日常温度で具現したと発表した論文を電撃撤回した。研究チームが発表した論文データに信頼性問題が大きいためだ。全世界の科学者たちは、今回の研究倫理問題が常温超伝導体研究の名声を毀損する恐れがあると憂慮している。

国際学術誌ネイチャーは7日(現地時間)、米ロチェスター大学のランガ·ディアス教授(RangaDias)が発表した常温超伝導体論文を撤回したと発表した。ディアス教授の論文撤回はすでに3度目だ。

先立ってディアス教授研究チームは3月、ネイチャーに最大21℃(絶対温度294K)と1Gpa(ギガパスカル·大気圧の1万倍)条件で水素·ルテチウム·窒素を合成すれば超伝導現象が具現されるという論文を発表した。

しかし、ディアス教授を除いた残りの論文著者10人のうち8人がネイチャーに論文撤回を要請した。著者たちは「材料の出所と実験測定データ、分析方法などが正確ではない」として「このような問題が論文の真実性(Integrity)を毀損する」と明らかにした。

これに対しネイチャーは論文データの信頼性を分析し、同日撤回の事実を公示した。 (中略)

ネイチャーも同日、ディアス教授の論文撤回のニュースを発表し、韓国の研究チームの論文に対しても酷評した。

ネイチャーは「韓国にある新生企業がLK99と呼ばれる超伝導体を作ったが、全世界の研究者たちはこの物質が超伝導体ではないという合意に早く到達した」として「結果を再現しようとする多くの試みがあったが、これを具現した事例はない」と話した。
(引用ここまで)


 LK-99に先立つこと4ヶ月、今年の3月にも常温超伝導物質の生成に成功した、とする論文が出たことがありまして。
 ロチェスター大学のランガ・ディアス教授は常温高圧下(摂氏21度、約1万気圧)で超伝導になる物質を発見したと発表しています。
 arXivにプレプリントを上げたLK-99とは異なり、権威ある科学ジャーナルであるnature誌に論文が掲載されたのですが。
 今日、論文撤回されました。

 ちなみにこの人、以前にも同じように常温高圧下での超伝導物質の生成を主張して、やっぱりnatureから論文撤回されています。
 なので今回も「嘘(USO - Unidentified Superconducting Object)でしょ」って思われていたのですが。
 案の定でした。

Nature retracts controversial superconductivity paper by embattled physicist(nature・英語)


 で、返す刀で韓国のLK-99にも「ディアス教授のものが今年2番目の炎上案件で、最初のはこのLK−99。オンラインで話題になったけどダメだった超伝導物質のひとつ」とばっさりいっています(笑)。


 natureは9月にも「まるでパーティのようだったLK-99」とする記事を出していまして。
 「SNSで大騒ぎされたものの、偽物で終わった」としています。

Party like it’s LK-99(nature・英語)
ソーシャル メディアはネガティブなものが多いですが、結局のところ、すべての宣伝が良い宣伝になるわけではありませんが、LK-99 の物語は、思慮深く建設的な取り組みが成功する可能性があることを示しています。
(引用ここまで)

 ただ、こうして科学コミュニティがSNSで騒がれることについては好意的に報じている部分もあるのですね。
 韓国でも似たような話が出ています。

LK-99公開100日… 「夢の物質」ではないが希望を見た(東亞日報・朝鮮語)

 これまで日陰の存在であった韓国の物理学者から「超伝導物質について国民の関心を引き起こしたことで感動的であった」とのコメントがあります。
 ……まあ、今回のLK-99騒ぎでよかった探しをするのであればそこになるんでしょうかね。
 「科学ファン」みたいな存在がいないんだろうなぁ。

Twitterで更新情報をお伝えしています。フォローはこちらから→

韓国識者「ユン政権は経済政策を失敗している。なぜあそこで不動産融資の緩和をしたのだ。スタグフレーションの懸念すらある」

【コラム】金融・通貨政策の痛恨の失策=韓国(中央日報)
「ウォン高が進んで、株価が再び上昇するでしょう。物価は2%台で安定を取り戻します。上半期よりも下半期に良くなります。経済体力が以前と違いますから。何でもないことなのに危機だと大げさに騒いだ人々の声が最近は聞かなくなりましたね」。

今年の春先に会ったある高位官僚は豪気あふれるようにこう言った。彼は内心、「来年4月の総選挙までこのまま」を考えていただろう。未熟な楽観だった。7-9月期の成長率は前四半期比0.6%。マイナス成長をなんとか免れた。中東事態まで重なって10月の消費者物価上昇率は3.8%まで高まった。ほぼすべてのものが高くなった。金融市場は薄氷板だ。いつ不安定になってもおかしくない。物価不安と低成長が累積して体感景気は下半期にさらに悪化した。スタグフレーション(不況の中の物価上昇)の懸念も大きくなる。

韓国政府の行き過ぎた自信は痛恨の失策を呼んだ。年頭に住居価格の急落を防ぐと言って政策資金「特例ポグムジャリローン」40兆ウォン(約4兆6000億円)を放出した。この措置は「不動産は今が底」という誤った信号を市場に送った。マイホーム購入の最後のチャンスだと思った若者たちはローンを組んで家を買った。所得制限を設けなかったせいで富裕層もこの制度を利用した。高金利景気低迷時期に不動産投機というあきれたことが広がったのだ。それも政府主導で。 (中略)

個人向けローンは4月以降毎月2兆~7兆ウォンずつ増えた。9月末の個人向けローンは1877兆ウォン、法人向けローン1238兆ウォン、政府負債1100兆ウォンを超えた。国内総生産(GDP)の2倍、4000兆ウォンを越える莫大な借金に膨れ上がった。 (中略)

韓銀通貨政策も「緊縮はない」という誤った信号を与えている。韓銀は1月政策金利を3.5%に引き上げた後、10カ月連続で凍結した。その間に米国は政策金利を4.5%から5.5%に引き上げた。米国政策金利は韓国より2%ポイントも高い。正常ではない。
(引用ここまで)


 ちょっと前に話しましたが、現在の韓国は「ちょっと経験したことがないくらいの不況」に陥っています。
 どのくらいかというと、カード大乱の頃を超えていると思われます。

 カード大乱は通貨危機によってIMF管理下に置かれた金大中政権が内需拡大のためにクレジットカード発行のハードルを下げたために起きた不況です。
 当時、「(クレジットカードを持って)お金持ちになりましょう」ってフレーズがCMに流され、流行語となりました。
 それこそ「犬でもクレジットカードが発行できる」とされるほどにクレジットカードが普及したのですが。

 政府の目論見通り、韓国人はクレジットカードでお金を借りて一時的には景気浮揚に貢献したものの、次第に借りたお金で借金を返す「回して防ぐ」(自転車操業)に陥っていきました。
 2002〜3年頃にかけて延滞率が二桁を超えるようになり、国内最大手であったLGカードが破綻するなどして金融不安が生じて500万人が信用不良者となるというオチに終わりました。
 韓国の人口は当時4800万人弱。10人いればそのうち1人は信用不良者というとんでもない事態になったのですね。
 その頃よりも辛い状況。さすがに通貨危機→IMF管理下の時ほどではないにしても、相当に厳しい経済状況といえると思います。


 で、ユン政権の経済政策ですが、記事にもあるように年初の不動産ローンの要件緩和が致命的だったと思われます。
 不動産価格が下落に向かっていたものをフォローアップに廻ってしまい、プチバブルを形成してしまったのですね。
 韓国人は機を見るに敏というか、不動産についての政策について常にアンテナを張り巡らせています。
 というわけで去年の年末くらいまでは全体が減るくらいに借金返済に向かっていたのに、一気に「一ヶ月につき数兆ウォン」の勢いで家計負債が増えているわけです。

 ちなみに韓国では不動産ローンの返済方式としてほとんどが元利返済ではなく、利息だけの返済を選択しています。
 具体的な割合、数字が不明だったのですが、ちょこちょこ参考にさせていただいているニッセイ基礎研究所のコラムで判明しました。

なぜ韓国では家計債務が高止まりしているだろうか?-韓国における家計債務の現状と高止まりの理由などについて-(ニッセイ基礎研究所)

 利息の返済だけをしている割合 53.7%
 元利返済をしている割合 15%

 ……なぜこんな「満期一時返済方式」が多いかというと、利息だけを支払って不動産価格が高騰したら売り払うのが前提だからです。
 残りの30%ちょっとは「一定期間は利息だけ払い、以降は元利返済」って方式かな。
 で、現状の高金利状況ではその「利息だけ払う」ことすら辛い状況が続いているわけですよ。
 なんかこう……状況を書いているだけなのに暗澹たる気持ちになるな、これ。

 その6〜7割くらいはムン・ジェイン政権の置き土産だと思いますが。特に不動産高騰後の後始末をやらされている件に関しては。
 ただ、今年の経済状況を「上低下高」(上半期は低調でも下半期に盛り返す)とか言っていた時点でいろいろと見えていないなぁ、とは感じます。

Twitterで更新情報をお伝えしています。フォローはこちらから→

楽韓さん、本日の動向 - 11月なのに蚊がいるじゃん……

【PR】Amazonでのお買い物はこちらから。楽韓Webに小銭が入るシステムです。

 自転車移動している時に小さな公園を見つけて「ちょっと落ち着いて飲み物でも飲んでから行くかー」ってなったと思いねえ。
 すっげえ蚊がいてびびるなどする。長袖着てたんで手に集中してきたんだけど、数匹叩いてもまだ来る。……11月だよね。
 まあ、気温は27度だったから「ようやく蚊が活動できる温度」ではあるのか。

 ドラフトキングの1、2巻188円、4巻までは45%ポイントバック、14〜17巻まで45%ポイントバック、ダイヤモンドの功罪が1巻は213円、2巻は476円、3巻は通常価格で全巻45%ポイントバック。
 どちらも買い得だと思います。




 あと「今日は全員カレーライス食っていいのか!!」「おかわりもいいぞ!」の狂四郎2030が全巻370円。あの場面は5巻ね。



 あと高額書籍漢学キャンペーンで東芝事件総決算は買っておくか。



 僕の心のヤバイやつ 9巻が今日発売。



 今日のKindle日替りセールからのピックアップこちら。