相互RSS募集中です

2024年01月

韓国人「日本はSLIMを着陸させただけでなく、アメリカと協力して月への有人飛行探査までやろうとしているのに、韓国はなにもできていない」

カテゴリ:宇宙開発 コメント:(126)
[記者コラム] 日本の月面着陸を眺めるだけなのか(京郷新聞・朝鮮語)
「2024年1月20日0時20分、月面着陸に成功しました」

先月20日、日本宇宙航空研究開発機構(JAXA)が公式ホームページに掲載したこの短い文章の意味は大きかった。 日本が世界5番目の月着陸国家になった瞬間だった。 最近、韓国には1人当たりの国内総生産(GDP)が日本のように3万ドル台を維持するという点を挙げ、韓国の国力が日本と対等な水準だと見る気流がある。 しかし、少なくとも宇宙開発分野で韓国はまだ日本の敵ではない。

日本は1970年代から宇宙技術の核心であるロケット開発に本格的に乗り出した。 01年からは「H-2A」という大型ロケットを安定的に発射している。 H-2Aは今年まで48回発射し、1回を除いてすべて発射に成功した。 日本の月面着陸船を載せたロケットもH-2Aだ。

韓国の代表ロケット「ヌリ号」は2021年に初めて発射した。 最初の打ち上げは失敗し、2回目(2022年)、3回目(2023年)の打ち上げは成功した。 ヌリ号の規模と力では着陸船を月まで送ることができない。 月面着陸船を乗せることができる新しいロケットは開発中だ。 小惑星探査など他の分野でも日本は韓国より進んでいる。

このような両国間の宇宙技術水準の差は、月の開拓を共にするパートナーを忙しく探している米国の態度から克明に表れている。 2022年5月、バイデン米大統領は岸田文雄日本首相との首脳会談を通じて、今後月に日本人宇宙飛行士を派遣すると述べた。 人間の月再着陸のための米国主導の多国籍プロジェクトである「アルテミス計画」の一環として推進するという意志だった。

一方、同月開かれた尹錫悦大統領との韓米首脳会談では雰囲気が違った。 米国は宇宙開発で協力しようと言ったが、宇宙飛行士の輩出のように破格的で手に入る提案は出さなかった。 (中略)

一方、韓国はどのような技術で、どの程度の貢献を月開拓の過程でできるかがまだ未知数だ。 そのような具体的な協力を試みて結果を得たことがないからだ。 韓国はアルテミス計画推進のための制度的体系である「アルテミス約定」に2021年に署名したが、今も事実上名前だけを載せた状態だ。 国内科学界ではどんな技術を開発するかを扱う具体的な協力よりは「今後うまくやってみよう」というような儀礼的な共感を形成する協力があまりにも多いという声が出ている。 (中略)

韓国の貢献が今のように特にないなら、権利を主張することは難しい。 月で韓国の役割を証明する時間はあまり残っていない。
(引用ここまで)


 日本が打ち上げた月探査船のSLIMについて、韓国メディアが連日報道しています。
 基本的な方向性としては「60点の成功って言ってたのに、話が違う……」みたいな部分がほんのりと漂ってきて面白いですね。

 なにしろ、ピンポイントでソフトランディングに成功。
 LEV-1、LEV-2を放出して、SLIM本体の撮影データ伝送に成功。
 太陽光パネルに光があたりはじめて、本体稼働が再開してマルチバンド分光カメラでの月面撮影に成功。
 もうね。お腹いっぱい。120点。
 影に入るとかなりの低温にさらされることになるので、今度の休眠からの復活はなかなか難しいとは思いますけども。


 んで、冒頭記事は「日本に比べて韓国の宇宙開発は独自の月着陸船を打ち上げることすらできない」ってあるんですが。
 なんかこう、高望みというか、一足飛びなんだよなぁ。
 なにもかもが。

 独自のロケットについて打ち上げを成功させたばかりで、月への貢献がどうのこうの言っている。
 アルテミス協定に名前が載っているだけでも充分だと思うんですけどね。
アルテミス計画に参加できないにしても。

 日本みたいに月への有人飛行計画に参加するなんてところまでたどり着くには、なんらかの独自の技術がの貢献できたり、はやぶさの資料みたいに提供ができたりしてからでしょ。
 日本だっておおすみの打ち上げから50年かけてきているんだから。

Twitterで更新情報をお伝えしています。フォローはこちらから→

韓国で懲役から逃亡する「服役忌避者」が6000人を突破、5年で38%増……なるほど、法廷で即座に拘束収監されることが多いのはこれが原因か……

韓国で懲役刑確定後に逃亡した「服役忌避者」、累積6000人超(朝鮮日報)
韓国で偽物の石油製品を販売した罪で起訴されたA被告は、在宅のまま裁判を受けていた2021年10月、行方をくらました。実刑の言い渡しが予想されたことから、逃げ出したのだ。その後、欠席裁判で懲役2年が確定したが、検察はA氏を刑務所に収監できなかった。数千万ウォン(1000万ウォン=現在のレートで約110万円)台の投資詐欺の罪で在宅起訴されたB被告も21年11月、懲役6カ月の刑確定を前に逃亡し、服役を逃れた。

 1月30日に大検察庁(最高検に相当)が明らかにしたところによると、懲役・禁固などの刑は確定したものの逃走して収監されていない「服役忌避者」の数が、累積で6000人を超えた。服役忌避者は19年の4413人から、20年4548人、21年5340人、22年5912人と年々増加し、23年には6077人まで増えた。わずか5年で38%も増加したのだ。 (中略)

現在、韓国検察が服役忌避者を追跡するために動員できる手段は、携帯電話の位置追跡だ。これを基にした長期間にわたる探索と張り込みが、追跡手段の全て。服役忌避者が他人名義の携帯電話を使ったり、複数の地域をひんぱんに移動したりしたら、検挙に困難が生じることは避けられない。
(引用ここまで)


 あー、ちょっと疑問が氷解した部分がありますね。
 韓国では日本と同様に地裁→高裁→大法院(最高裁に相当)の三審制度が採用されています。
 ただ、一審や二審で実刑の有罪になった際にひょいひょいと「法廷拘束」が行われるのですね。
 あれはなんでなんだろうな、と毎度思っていたのです。

 たとえばタマネギ男ことチョ・グクの妻であるチョン・ギョンシムが一審で実刑の有罪になった際にも直後に法廷拘束が行われ、収監されました。

タマネギ男ことチョ・グクの妻、入試不正で懲役4年の実刑判決……あれ、思ったよりも重いな(楽韓Web過去エントリ)

 逃亡の恐れはほぼない状況であるにも関わらず、です。


 刑が確定していないにもかかわらず、収監してしまう。
 背景にはこうして逃亡する「服役忌避者」が多数いるからなのでしょうね。
 累計6000人超。尋常じゃない数といえます。
 すぱっと法廷拘束して収監させたほうが効率的なのでしょう。

 有名人であればあるほど法廷拘束される確率が上がる感じがするのですが、おそらくは芸能人やスポーツ選手に徴兵忌避をさせないのと同じ理屈ではないかなと思われます。
 有名人であろうとなかろうと「罪を犯せば収監されるのだ」という認識を国民に植えつけたいのでしょう。
 まあ、それでも逃亡する人間が少なくないのは先日の賃金未払いと同様でやったもん勝ちの精神が貫かれているからなのでしょうね。

Twitterで更新情報をお伝えしています。フォローはこちらから→

アジアカップのスタジアムでゴミを回収する韓国人サポを見て日本メディアから「日本文化が広まっている」と報道→韓国人「我々のほうが早くはじめていた! 日本文化などと抜かすな!」……早くはじめたならなんで継続してこなかったんですかね?

競技場のゴミ拾いする韓国ファンが賛辞を受けると…「日本の文化です」(中央日報・朝鮮語)
韓国サッカー代表チームが豪州との2023アジアサッカー連盟(AFC)カタール·アジアカップ準々決勝で2対1で勝った中、試合後、韓国のファンが観客席に落ちたゴミを片付ける姿が捉えられた。

カタールのメディア「アル·カスTV」は3日(現地時間)、X(旧ツイッター)に「韓国のファンがオーストラリアとの試合が終わった後、アル·ジャヌーブ·スタジアムの観客席を掃除している」と紹介し、観客席に落ちたゴミを拾う韓国のファンの姿を撮った映像を掲載した。 (中略)

映像には試合後、一部の韓国ファンが大型ゴミ袋を持ち歩きながら観客席に落ちたゴミを拾う姿が盛り込まれた。

韓国のファンは手旗、菓子袋、飲料カップ、ペットボトルなどをゴミ袋に入れた。 映像では侍の格好をした日本人とみられるファンも一緒にゴミを拾っていた。 映像を見たネットユーザーらは、「すごい。 韓国のファンの皆さんを尊敬している」などの反応を示した。

これと関連して日本のスポーツメディア「フットボールゾーン」は3日、「『すごい』日本文化への波及」というタイトルの記事で観客席に落ちたゴミを拾っていた韓国のファンに対して「日本文化が拡散した結果」と主張した。

フットボールゾーンは「日本人ファンはワールドカップなど主要大会で試合後にゴミを拾ったり掃除する姿でたびたび注目された」として「日本ファンが競技場で見せる姿は全世界で模範になった」と話した。
(引用ここまで)


 韓国メディアが──

「韓国人サポーターがスタジアムのゴミを拾っている風景が地元メディアに報道された」
「日本のメディアがそれを『日本の文化が拡がったもの』としている」

 ──と報道。
 韓国メディアがやっているのはそこまでなのですけどね。

 まあ、タイトルもあわせて「さあ、噛みつけ」って言っているのも同然。
 実際、この記事には1500近いコメントがついています。
 それ以外にも国民日報の記事には1400件ほど、ハンギョレの記事にも300ほどのコメントがついています。

韓国ファンたちごみ拾ったら日本媒体「日本文化広がり」(ハンギョレ・朝鮮語)
韓国ファンの「スタジアム掃除」に…日本メディア「日本尊敬して」主張(国民日報・朝鮮語)

 これ以外にも多数、似通った記事がありますね。


 で、そのコメントの多くに──

 「ゴミを回収するのは2002年のワールドカップで韓国サポがはじめたことだ」

 ってものがあるんですが。
 ……うーん。
 ……(とんでもない量のゴミがソウルのあちこちにあった気がするんだが)。

 まあ、たとえそれが本当だとしても。
 「遠征地でもゴミを持ち帰る」というのはJリーグのクラブサポーターらの基本方針。
 それが代表遠征でも行われているに過ぎないのですよね。
 で、それが世界で「模範的だ」と報道されたわけです。

 そうするとなぜか韓国が「我々はもっと早くにはじめている!」と言い出すって不思議さよ。
 早くにはじめたのなら、それを継続していればよかったのにね。
 なんで日本サポのように継続しなかったんでしょうかね?

Twitterで更新情報をお伝えしています。フォローはこちらから→

楽韓さん、本日の動向 - 風評加害者が市長になるようなことがなくてよかった

【PR】通勤途中に本を聞こう! Amazon Audibleが2ヶ月無料のキャンペーン実施中です

 京都市長選は風評加害者が有力候補になっていたのですが、なんとか応援していた候補が勝ててよかったなっていう。
 よい市政を敷いていって、次回以降は現職の強みを発揮してほしいですね。


 あと今日の昼から東京でも雪になるそうなので、気をつけてくださいな。
 うちはとりあえず引きこもる予定。

ーーーーー

 SBクリエイティブの科学・数学本フェア(対象タイトル一覧)ってのがやってます。
 桜の科学は韓国のソメイヨシノ韓国起源論にも言及があるもの。
 あとマンガでわかる神経伝達物質の働きは買ってみよう。おおよそ半額。




 KADOKAWAの1巻が60〜90円くらいになっているセール(対象タイトル一覧)、やったねたえちゃん!とふたつのスピカ。
 前者はうん、まあなんだ。
 ふたつのスピカ。は宇宙開発ものといっていいのではないですかね。わりと好きで読んでました。




 あとむこうぶちが50巻まとめて買っても547円とかの狂気のセール中。
 バブル時期の日本の描写としてもちょっと面白い。



【PR】Kindle Unlimitedが2ヶ月99円のキャンペーン中です

 今日のKindle日替りセールからのピックアップこちら。