相互RSS募集中です

2024年05月

韓国の中学生、「漢字は意味不明な抽象画」としか受け取れない。漢字語も把握できず「(発音の同じ)謀議と模擬は同じ意味ですか?」となってしまう。なお、自分の名前も漢字では書けない模様

カテゴリ:漢字関連 コメント:(52)
「古宅って何ですか?」生徒たちと視察に行って戸惑う教師たち(オーマイニュース・朝鮮語)
引率教師の間で時ならぬ論争が起こった。 管内の中学生たちと東学農民革命をテーマに踏査を進行する途中だった。 すべて漢字語で書かれた遺跡地の案内板を読み取るどころか、韓国語で解いた説明さえ理解できない子供たちが大半の状況に当惑し、さまざまな意見が交わされた。

碑石や扁額などに刻まれている漢字は、子どもたちにとってはむしろ「抽象画」だった。 意味はおろか、一文字でも読み上げる子供が15人のうち、ただの一人もいなかった。 漢字を習ったこともなく、教育課程に開設された場合でも「その他の科目」であるため、決心して勉強する場合がほとんどないと言った。

子供たちは「東学革命謀議塔」で「謀議」がどんな意味なのか尋ねた。 「作党謀議」という時の謀議だと説明すると、「作党」が何かと言葉尻をつかむように問い返した。 歴史の視察が、単語の意味解釈の授業のように進められた。 さらに「模擬試験」のその模擬なのかと尋ねる時は瞬間言葉を失った。

「陰謀を企てる」と説明すれば東学農民革命を否定的に認識することになりそうで「計略を立てる」と意訳したところ、しまった、「計略」が何の話なのかまた尋ねた。 漢字語に代わる韓国語をしきりに思い出すため、何度も言葉がこじれた。 子供たちとの単語の意味解釈は一日中、後を絶たなかった。

子供たちは「古宅」を昔の家との意味で読めず、「官衙跡」を当時の官庁があった場所だと説明して初めてうなずいた。 そもそも「官衙」という単語を難しいと感じたようだ。 当初、古宅の代わりに旧家で、官衙跡の代わりに官庁跡と表記しなかった関連公務員の無関心のせいにしたりもした。

遺跡地ごとに世の中を救済するという意味の「救世」、国を助けるという「報国」、暴政をなくすという「除暴」、民を安らかにするという「安民」、倭と西洋勢力を退けるという「斥倭洋」など詳細な意味解釈なしには全く理解できない漢字であふれた。 日程に追われてこれ以上単語の意味を説明することができなかった。 漢字に遮られ、遺跡地を直接訪れても歴史の教訓を悟ることが難しい現実であるわけだ。 (中略)

このようになると、突然今まで教育課程で厄介者だった漢字教育が必要だという気さえした。 漢字でできた自分の名前3文字も書けない子供が大半を占めている現実だ。 踏査であれ読書であれ、韓国の歴史をきちんと勉強するためには、漢字に対する基本的な知識が裏付けられなければならないという点については同意する。
(引用ここまで)


 定期検索している漢字についてのニュース。
 中学校の社会科見学的なもので史跡訪問したところ、漢字で表記されている説明がさっぱりわからずに史跡の説明よりも漢字の説明に教師らが追われた、とのニュース。
 一応、教師レベルであれば漢字が読める人がまだなんとか存在している、とも読めますね。

 どれだけ漢字について理解できていないか、韓国の地下鉄に乗るとよく分かります。
 駅名を日本語表示してくれているのですが、それがすべてカタカナ表記。
 逆に日本人にとってはわかりにくい。
 たとえば東大門歴史文化公園駅は「トンデムンヨッサムンファゴンウォン」。
 目が滑る。「いいから漢字表記してくれ」って日本人の声は大きいはずなのですけどね。

 でも、韓国人の感性では「漢字表記よりもカタカナ表記のほうが分かりやすいでしょ?」ってなっているので、このように表記されているのです。
 なぜなら彼らは漢字を一切使わないから。
 多くの日本人は中国語の簡体字表記を見て判断するというオチになるわけですが。


 もう、彼らの文化の中には漢字が入る隙間はないのです。
 漢字語の解体もはじまっていますしね。
 医学用語ですら腰椎を「こしのほね」、肩甲骨を「かたのほね」とやっています。

「胸椎」や「肩甲骨」が韓国人にとっては難解な暗号?(楽韓Web過去エントリ)

 まさに難解な暗号でしかない。
 自分の名前すらまともに書ける人は少ないですからね。
 かつてキム・ナムギルなる俳優(?)が高麗神社で記帳をしていた際、金の上の部分をきっちり45度で書いていたなんてことがあります。

一般的と思われる韓国人による漢字の書き方(楽韓Web過去エントリ)

 これ、外国人が「よく分からない記号としての漢字」を見た時にやる行為と同じです。
 どの韓国ドラマか覚えていないのですが漢字の4字熟語をどれだけ知っているかを競ってマウントを取りあうなんてシーンがあったのを覚えています。
 これなんかも「どれだけ外国語を知っているか」に近しいニュアンスですよね。

 つまり、韓国人にとって「漢字」はそうした存在になっている、というわけです。
 基礎教養ですらなく、人々が共有している文明ではないってことですね。

Twitterで更新情報をお伝えしています。フォローはこちらから→

楽韓さん、本日の動向 - 「オルカンはもう終わり」って言いたいだけなのでは?

【PR】Kindle Unlimitedが2ヶ月499円のキャンペーン中です

 オルカンはもう終わり、みたいな記事がちょうど連続して出ているのですが。

オルカンとS&P500には「宿命的な課題」がある…新NISAの大人気商品が抱える「高株価&大型株偏重」という懸念(PRESIDENTオンライン)
「とりあえずオルカン」「投資するなら米国株」に富裕層マネー専門家が警鐘「すでにオワコンかも、という観点を」(DIAMONDオンライン)

 前者は「インデックス投資は投資のベースとして持つのにはよい」としているものでまだ納得感があるのですが。
 後者は読んでもらえれば分かるのですが「BRICsやニフティ・フィフティのようにその時の人気商品はあったが、衰退した」みたいな話になっててなにを言ってるんだって記事になってます。
 どれかの個別株が(あるいはどこかのジャンルが)下落しても、オールカントリーだったら「世界の景気全体」を拾えるんだから問題ないじゃんってなりますわ。
 オルカン(手数料0.056~0.058%)の隆盛でやばくなっている人たちがいる、ってことなのでしょうね。

ーーーーー

 ヒストリエ 12巻は無事発売になりました。
 あと望郷太郎 11巻、 成長チートでなんでもできるようになったが、無職だけは辞められないようです 23巻が今日発売。





 ニートだけどハロワにいったら異世界につれてかれたのセールが今日まで。
 1巻は84%ポイント還元。2巻は64%、3・4巻は70%。5~7巻は49%ポイント還元。
 まあ、けっこう読めます。



 竹書房のセールからは大きい女の子は好きですか?が全巻半額。
 雑兵めし物語も全巻半額となっています。重野なおきの歴史物は板について来た感じ。




 一生頭がよくなり続ける すごい脳の使い方が50%ポイント還元。
 若い時のやりかたが通用しなくなったのは認識してて、それをどうしたものかと思っていたところに巡り会った本。
 まあ、こうした「ノウハウ本」は一回やってみるのも吉。



 昨日は東池袋のエーラージでマトンビリヤニ。
 X(Twitter)で告知あったので行ってきました。 DSC06254.JPG

 マトンがほろりと繊維としてほぐれます。これも好みの味。やや辛め。
 常設メニューじゃないところが残念ですね。

 今日のKindle日替りセールからのピックアップこちら。
 最近、けっこう推しているなぜ宇宙は存在するのかの著者である野村泰紀教授の多元宇宙論集中講義は買っておきたい。


韓国の新築マンションで「ウォーターパークかよ!」って言われるくらいの水漏れが発生。想像の3倍くらいはウォーターパーク

カテゴリ:建造物 コメント:(50)
「ウォーターパーク・レストラン」「新築」大邱アパートに何が?(国民日報・朝鮮語)
真夜中、大邱北区のある新築マンションの屋上で漏水が発生し、入居者の苦情が殺到している。 先月入居して居住してから1ヵ月しか経っていないが、居住しにくいほど瑕疵が発生したということだ。 彼らは「施工会社を信じられない」として安全点検の再実施を要求している。 (中略)

問題は18日に発生した。 Aマンションの一棟で水配管が爆発し、廊下に水が溜まり始めた。 作成者は「水配管は数時間にわたり水が滝の水のように流れ出て住民たちを恐怖に震えさせ眠れない夜を過ごさせた」として「該当洞は漏水が頻繁にあったが、その度に漏水地点だけをすると処理するだけで予防には努力しなかった」と話した。

続けて「該当洞の漏水が疑われる地点があるということを施工会社に伝達したが、いかなる措置もなかった」として「以後、水配管が爆発し数十トンの水が階段、エレベーターに流れ込みエレベーターに入居者が閉じ込められ生命の脅威を感じる事態まで発生した」と書いた。
(引用ここまで)


 大邱の新築マンションで水漏れ。
 住民からは「ウォーターパークレストランとして有名なマンションAの住人です」みたいなブラックジョークが出てます。
 えー、想像の3倍くらいはウォーターパーク。



 ね?
 原因は水道管に圧力が加わったらこうなったそうで。
 なんだろう……こう、事前テストとかしないんでしょうかね?


 先日の「空間が確保できなかったので階段を削りました」ってあれも大邱のマンション。

【画像あり】韓国のマンションで「階段部分の空間が足りない」事態が判明、韓国人はこうやって対応した【これはひどい】(楽韓Web過去エントリ)

 楽韓Webでは扱いませんでしたが、トイレの洋式便器にひっかかって扉が閉められないなんてのも大邱のマンションでしたね。

 ……なんかこう、大邱で流行っているんですかね?
 なお、5万件の瑕疵が見つかったとされる、垂直・水平が見当たらなかった新築マンションは全羅南道でした。
 ま、韓国で新築マンションを買うとけっこうな割合でこうなっている、ってところですかね。

Twitterで更新情報をお伝えしています。フォローはこちらから→

セキュリティツール企業「韓国でブロックした悪質ソフトウェアの数、日本やベトナムより多いんだけど……」

ノードVPN「韓国で悪性SW300万個遮断」日本·ベトナムより多い」(ZDNET Korea・朝鮮語)
国内で300万個に達する悪性ソフトウェア(SW)が遮断されたと伝えられた。 日本、ベトナムなどアジア諸国の中で最も高い数値だ。

ノードVPNは19日、今年1月から5月までセキュリティ製品「脅威防止プロ」で進行したサイバーセキュリティ研究結果をこのように明らかにした。

脅威防止プログラムは各種広告と悪性プログラムをあらかじめ認識して遮断するソリューションだ。 調査期間中、全世界的に50億個を超える不要な広告、400億個の追跡機、6千万個の悪性ソフトウェア感染の試みを遮断した。 具体的に韓国では約300万件の悪性SWを遮断した。 日本では250万件、ベトナムでは210万件の悪性SWを防いだ。 (中略)

研究結果によると、悪性SWがウェブサイトを詐称する際、巧妙にスペルを変え、ユーザーのフィッシングリンクのクリックを誘導した後、感染したファイルをダウンロードさせた。 最も多く詐称されたウェブサイトは、文書作業ツールの「オフィス365」だった。その次にロシアの国営天然ガス会社のガスプロム、米通信会社のAT&T、フェイスブックの順だった。 彼らをはじめ、たった300余りのブランドが全体詐称ウェブサイトの99%を占めていることが分かった。 (中略)

ノードVPNは、このような被害を未然に防ぐための規則として、▲ウェブサイトのスペル確認▲プログラムダウンロード前に確認▲信頼できるセキュリティプログラムの設置を共有した。
(引用ここまで)


 ノードVPNは国際的な市場でVPNを売っている企業。
 国外からでも「ニホンカラ アクセスシテマース」みたいに見せかけることができる製品だと思ってくれればまあだいたい正解。

 で、その傍らで悪性ソフトウェアをブロックするツールがありまして。脅威防止プロ……はNordLockerのことかな。
 その統計を発表したところ、韓国が約300万件でトップ。
 日本で約250万件、ベトナムで約210万件。

 人口比で見てもダントツですね。
 こうしたソフトウェアによる詐欺等において、韓国は常にトップにランクされます。
 あとアダルトサイトへの課金も世界一でしたっけ。2006年時点ではひとりあたりの消費金額で2位の日本を3倍以上も大きく引き離して1位でした。
 まあ、そうした意味においては確実に「IT強国」であるといえるのですが。


 ブロックされたソフトウェアが多いということは、そもそものダウンロード数が多いわけで。
 ということは、スルーされてしまったものも多数あるはず。

 で、ランサムウェアに感染してしまって支払いを強いられるなんてことも多々あるのでしょう。
 韓国人の一般的な性質として「パルリパルリ(速く速く!)」が挙げられると思います。
 結果、まだらっこしくなるセキュリティソフトを切ってしまうのです。
 ……いや、ホントに。

 あと海賊版がひどいというのも改善されつつはあるのでしょうが、原因のひとつでしょうね。
 2012年には国防部(省に相当)がマイクロソフトから「ただちに海賊版の使用を停止せよ」と2011億ウォンを請求されるなんてこともありました。

韓国国防部が「違法コピーやめろ!」とマイクロソフトから140億円を請求される(楽韓Web過去エントリ)

 海賊版はパッチを当てにくくなるのでセキュリティが甘くなってしまうのです。
 上がこうなのだから、下も同様に。

 で、最終的に「悪質ソフトウェアのダウンロードブロック数世界一」とかになってしまう、というオチだったのさ。

Twitterで更新情報をお伝えしています。フォローはこちらから→

ウェブトゥーン大手が撤退したフランスで、事業を継続するNAVERウェブトゥーン……その理由は「フランスでは日本のマンガが人気を集めているのでウェブトゥーンも受け入れられるはず」……ですって

ネイバーウェブトゥーン、カカオが落ちるフランスで孤軍奮闘…欧州進出継続(マネートゥデイ・朝鮮語)
ネイバーウェブトゥーンがフランスのパリで開かれる「アメージングフェスティバル」に3年連続で参加する。 カカオピッコマがフランス事業からの撤退を決定し、国内ウェブトゥーンプラットフォームとしては唯一フェスティバルに参加する予定だ。 ネイバーウェブトゥーンは、フランス語サービス開始以来、フランスのウェブトゥーンアプリ(アプリケーション)のうち、ストアの売上シェア1位を守っている。 (中略)

ネイバーウェブトゥーンは、フランス市場を欧州市場開拓の関門と見て、2019年から翻訳や現地作家発掘など関連事業を続けている。 ネイバーウェブトゥーンは漫画市場規模の側面から見た時、欧州市場も北米市場に劣らず大きく、フランスで特に日本漫画が人気を集めており、ウェブトゥーンも成功の可能性が高いと評価する。 (中略)

ネイバーウェブトゥーン関係者は「フランス事業はネイバーウェブトゥーンが日本と米国などグローバル事業を活発に進行するだけに当然しなければならないと認知している」として「最近日本でAPPマーケット売上1位を記録するほど良い結果を出しているだけに日本漫画が人気のあるフランスでも近いうちに良い結果が得られると期待する」と話した。
(引用ここまで)


 最近になってフランスからカカオピッコマが法人そのものを撤退させて話題になりました。
 それ以前には中国市場からもネイバーウェブトゥーンが撤退。

韓国のウェブトゥーン、中国市場から完全撤退……韓国メディア「中国でもウェブトゥーンは読まれているのになぜ?」
「日本のマンガに変わって世界の覇権を取る」はずの韓国ウェブトゥーン、中国に続いてヨーロッパ市場からも完全撤退

 さらに去年には東南アジアからも撤退しています。

NHN、東南アジアウェブトゥーン市場撤収… 「組織再整備次元」(ソウル経済・朝鮮語)

 ネイバーウェブトゥーンが2022年にはベトナムから、2023年にはタイから撤退。
 「グローバル展開」ができているかというと、そうでもない感じ。

 一応、記事にあるようにもう一方の雄であるネイバーウェブトゥーンはフランスでの事業を続けているようです。
 たしかネイバーウェブトゥーンの法人はフランスにはなかったような気がしたなぁ。


 そのフランスで事業を続ける理由も「日本のマンガがフランスでは受けているので、ウェブトゥーンが受ける下地があるはず」というもの。
 基本、ウェブトゥーンが日本の後追いであることを自白してしまっている(笑)。
 まあ、確かにコロナ禍で発行された若者向けの文化クーポン(18歳ではひとり300ユーロ)は、そのほとんどが日本のマンガ購入に使われたのではないかとされているほど。



 フランスで開かれているジャパンエキスポなんかでも韓国からの出展が少なくなかったのですが、あれも同じ構造でしょうね。
 最近では韓国系の出展は少なめになっているそうです。
 なんというかまあ、そこから「ウェブトゥーンが世界制覇」できたらよいですね(棒読み)。

Twitterで更新情報をお伝えしています。フォローはこちらから→